マンハント(2018)

ジョン・ウー監督と福山雅治がタッグを組む!

映画『マンハント』のフル動画を無料視聴する方法を軽快にレコメンドしています! 多くの配信サイトから動画をチョイス。
今すぐ『マンハント』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:追捕 Manhunt / 中国(2018年) / 日本公開:2018年2月9日 / 110分 / 制作: / 配給:ギャガ

映画『マンハント』本予告 2月9日(金)全国公開

(C)2017 Media Asia Film International Ltd. All rights Reserved


▼『マンハント』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】翻訳対応
VOD2【Hulu】機能充実
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
dTV ▼dTV(31日間)
Netflix ▼Netflix(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
FOD ▼FOD(1か月)

▼『マンハント』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

多くの人々を虜にする!
様々な葛藤や苦悩を抱えて自分の力を全開にして困難を乗り越えていくヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを効果的に利用するのがオススメ。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりもはるかに便利。店に行く必要もなく、貸し借りの煩雑な作業も解放されます。忙しい現代人ほどその利点を味わうことができるでしょうし、一日を有意義に過ごせるでしょう。

「無料」を見逃すな!
「有料が無料になるなら?」そういうインセンティブ制度的な施策が、お試し期間の存在で、ほとんどで整備済みです。いくら便利便利と連呼されても自分の目が最大の信頼源ですから、初回無料を活用してサービスが自分の趣味嗜好やライフスタイル、保有機器に適しているか判断しましょう。「アカウントは具体的に何に使うのですか?」「それがないと始まりもしないの?」その漠然とした問いかけに答えるなら、VODで見た動画などの視聴状況を把握し、支払いを管理するものです。詳しくは各社サイトをご確認ください。ジョン・ウー監督の「マンハント」もアリ。

連携しながら危険は追い払えない!
不正な動画ウェブサイトはどんなに厳重な防御でもまず根本的に適法性・実用性の二点で非推奨。チャン・ハンユー出演の「マンハント」もダメです。無料で見られるからといって迂闊に手を出すと、理想とは全く違うことを思い知らされます。それはあなたの思い通りにはいきません。動画は非常に質が低く、鮮明には映っていないので、何が起きているのかもわからないほどです。これでは映画鑑賞どころではないので、意味がありません。あるネット問題に詳しい専門家の意見では「VODの普及で動画視聴は健全化し始めている」とも指摘されており、希望の光です。

配信しているのはコレ!
新旧ミックスな配信バリエーションがあるので、映画趣味の人のあらゆるアツい需要にも適材適所でピッタリ動画を提供できます。ところがどのサービスも全部同じ作品というわけはなく…(それはそれで困りますが)。変動制になっており週単位・月単位で大きく激変することもあり、把握は苦労します。福山雅治出演の「マンハント」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。VOD自体が明快に配信通知システムを広く展開してくれると嬉しいのですが、現実的に厳しいので、まずはこのページで配信確認を補助して視聴の準備に使ってください。もちろんこのサイトは何も登録は求めません。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フルムビバースは無意味な誘導リンクはゼロです。「パッと見た限りだと、私は使っていないちょっと知らないサービスの名前があるな…」そうだとしたらむしろ初回お試し可能なので幸運じゃないでしょうか。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、かたや一方では登録した月のラストの日までとなるパターンもあります。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「福山雅治」をスルーしてしまいかねません。つまり戦略的な動画鑑賞の段取りが要ります。「まずはこれを見て、次はこれで、明日はこの2つ」そんな感じで動画の優先順位をつけておくと良いです。

邪魔な広告は無し!
広告が動画再生途中に急に前触れもなく表示されて鑑賞が不可になる、リンクや検索窓に触れると無関係なページが開く…。こういった現象の起こるサイトは悪質性の高い有害サイトです。それだけでも離れるべきです。フルムビバースはそのようなことは皆無だと100%保証できます。全てにおいてセーフティな動画環境を確保することに全力を注いでおり、チー・ウェイ出演の「マンハント」視聴を妨げません。スマートフォンでのサイト閲覧では広告がしつこいほどに画面に表示され続けるという嫌な体験をした人もいるでしょう。しかし、このページにはそんな邪魔広告はありません。間違ってタップしてしまうこともないです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか? ハ・ジウォン出演の「マンハント」だって繰り返し鑑賞したくないですか? 何度も観ることでわかる新しい発見もありますし、思わぬ伏線に気づくこともあります。素敵な俳優の演技や名台詞、名シーンなら何度観ても損はしません。でもさすがに映画館だとおカネがかかりすぎます。1回の劇場料金ならまだしも2回、3回となれば数千円のコスト。熱狂的なファンならこんな出費も平気かもしれないですが、普通は躊躇います。でもVODは何度観てもそのたびに支払いは生じません。

その動画サイトは使える?
國村隼出演のアツい男たちの友情が濃厚に描かれていく「マンハント」を無料で見ないと気が済まないならそれも否定はしませんが、利用する動画サイトは要注意。昔から存在感を密かに持っている「dailymotion」、中国発進の巨大サイトである「Pandora」「Miomio」、動画の重たいファイルデータもやりとりされている「openload」「clipwatching」「mixdrop」。こういうものは検索リンクなどを通して掲載している他サイトのページに行き当たるかもしれませんが、不正な流入になっているのであなたの人生に下手をすれば罪歴がつくことになるかもしれません。無視がベストです。

『マンハント』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月25日時点での『マンハント』の動画配信
  • 「U-NEXT」「dTV」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」「FOD」です。

▼『マンハント』をさらに知る

名匠ジョン・ウーが、チャン・ハンユーと福山雅治をダブル主演に迎え、日本でオールロケを敢行し、1976年に高倉健主演で映画化された西村寿行の小説「君よ憤怒の河を渉れ」を再映画化したサスペンスアクション。製作はゴードン・チャンとチン・ヒンカイ、製作総指揮はピーター・ラムとラ・ペイカン。製薬会社の顧問弁護士をつとめる男ドゥ・チウは、パーティの翌朝、社長秘書・希子の死体の横で目を覚ます。一体何が起こっているのかは、さっぱりわからない。現場の状況証拠からはドゥ・チウが犯人であることが濃厚で、罠にはめられたと気付いた彼は逃亡を図る。なんとか無実を証明したが、それは一筋縄ではいかないものだった。独自の捜査でドゥ・チウを追う敏腕刑事・矢村は、ドゥ・チウに近づけば近づくほど事件に違和感を抱くようになり、混乱が増していく。やがてドゥ・チウを捕らえた矢村はドゥ・チウの無実を確信し、警察に引き渡さずともに事件の真相を追うことを決意する。

★『マンハント』のスタッフ
監督:ジョン・ウー(関連作品:『レイン・オブ・アサシン』)
撮影:石坂拓郎
音楽:岩代太郎

★キャスト(キャラクター)
チャン・ハンユー(ドゥ・チウ)、福山雅治(矢村聡)、チー・ウェイ(遠波真由美)、ハ・ジウォン(レイン)、國村隼(酒井義廣)、竹中直人(伊藤)、倉田保昭(坂口秀夫)、斎藤工(犯人A)、アンジェルス・ウー(ドーン)、桜庭ななみ(百田里香)、池内博之(酒井宏)、TAO(田中希子)、トクナガクニハル(浅野雄二)、矢島健一(堂塔)、田中圭(北川正樹)、ジョーナカムラ(青木)、吉沢悠(犯人B)

★インタビュー
・ジョン・ウー監督「高倉さんが亡くなられたことが悲しく、残念でした。高倉さんを記念する映画を撮れたらと思っていたところに、香港の映画会社であるメディア・アジアから『マンハント』を撮らないかというオファーをもらったんです」
・福山雅治「プレッシャーはとてもありました。チャンさんは弁護士役で僕が刑事役なので、戦いのプロとしての役割は僕が担わなければならない。これはますます大変だなと(笑)」

★『マンハント』の評価

IMDbRTMETA
5.553%69
映画comY!FM
2.6???2.9
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『マンハント』の感想

●無料ホームシアター
とりあえずジョン・ウー監督には日本でこれだけのアクションを作ってくれてありがとうと感謝の言葉を述べたい。海外の巨匠と呼ばれる人間が日本を好きでいてくれる、それだけでなく日本を舞台に映画を製作するなんて、非常に贅沢な体験です。本当はもっと増えてほしいのですが、日本は必ずしも映画の撮りやすい環境ではないので難しいのが残念。こういう作品の存在をきっかけに日本を海外の人に映画を撮影してもらう良い環境にしようと動けばなぁ。
●BILIBILI 
ストーリーはむちゃくちゃすぎて途中からもう考えるのはいいかなと思考を放棄するのですが、それがジョン・ウー作品の正しい楽しみ方。ツッコミは厳禁だ、考えるな感じるんだ、これが基本。白いハト、スローモーション、二丁拳銃、体を滑らしての乱射。よくもまあ、このお約束を毎回作品にねじ込んでくるものである。大阪を中心に日本でのオールロケを敢行しているので、知った場所が映るのはなんとも変な気分。ジョン・ウー世界線との邂逅でした。
●イオンシネマ 
オープニングのミスリードからの異常なキレが最高。ストーリーのダメさをジョン・ウー成分で大胆に補強しているので、別次元の楽しさがあります。映画を考察して楽しむタイプの人にとっては地獄。映画をノリで感じる人にとっては天国。ベタベタのハードボイルドで塗り固めた福山雅治の、福山雅治でしかない演技は普通はアウトなのだけど、この作品なら許せるという不思議。日本舞台の映画でこんだけ派手に人が死ぬ作品は他にないです。必見!