リバーズ・エッジ(2018)

欲望と焦燥の中で生きる、衝撃の青春ストーリー

映画『リバーズ・エッジ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 複数の配信サイトの中からベストを紹介。
今すぐ『リバーズ・エッジ』を見るなら動画リンクをチェック。

1993年に雑誌「CUTiE」で連載されていた岡崎京子の同名漫画を、行定勲監督のメガホンで、二階堂ふみと吉沢亮の共演で実写映画化。エグゼクティブプロデューサーは金吉唯彦と遠藤日登思、プロデューサーは小川真司、吉澤貴洋、古賀俊輔、杉山剛。女子高生の若草ハルナは、元恋人の観音崎にいじめられている同級生・山田一郎を助けたことをきっかけに、一郎からある秘密を打ち明けられる。その秘めたモノとは河原に放置された人間の死体の存在だった。それは知る人ぞ知る、他人には絶対に公にはできない禁断のシークレット。ハルナの後輩で過食しては吐く行為を繰り返すモデルの吉川こずえも、この異様な存在感を放つ死体を愛していた。人の歪んだ心は歪んたものによって欠落を埋めることができるのか。一方通行の好意を一郎に寄せる田島カンナ、父親の分からない子どもを妊娠する小山ルミら、それぞれの事情を抱えた少年少女たちの不器用でストレートな物語が進行していく。

原題:リバース・エッジ / 製作:日本(2018年) / 日本公開:2018年2月16日 / 118分 / 制作:ザフール / 配給:キノフィルムズ

『リバーズ・エッジ』本予告(2/16公開) 2018年ベルリン国際映画祭出品作品

(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『リバーズ・エッジ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
様々な葛藤や苦悩を抱えて自分の感情を相手にぶつけていくヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを使いましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。ひとつは単体作品ごとにレンタルする都度課金タイプ。もうひとつは対象作品が見放題になる定額タイプ。双方ともに非常に有用な観点で優れているので試してみる価値ありです。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。いくら便利便利と連呼されても自分の目が最大の信頼源ですから、初回無料を活用してサービスが自分の趣味嗜好やライフスタイル、保有機器に適しているか判断しましょう。「無料という都合のいいフレーズにイマイチ信用を持てない…」その疑いも綺麗にクリアにできるのがVOD。別にわざと大袈裟に言っているわけではなく、本当に無料で試せるのですから偽りなしです。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あるネット問題に詳しい専門家の意見では「VODの普及で動画視聴は健全化し始めている」とも指摘されており、希望の光です。

いちはやくウォッチ!
あっちにも動画、こっちにも動画…こんなエンタメに囲まれてしまえば、何十年あっても見きれないだけの量にクラクラします。当サイトでは闇雲な楽観主義で紹介するのではなく、多くの人に知ってほしいアテンションとして注意事項も喚起しています。真っ先に覚えるべきは配信確認という最優先ステップです。「リバーズ・エッジ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。人の見たい映画は個人で違うものです。世間が騒ぐ作品を視聴したい要望も、マニアックな珍作を求める声も全部拾うなら、大変なことですが、VODの入り組んだ配信状況はここで確認してください。ブログ順位ランキングサービスへのリンクを張っているクリック誘導サイトは信用しないようにしましょう。ろくなページではないです。こちらではダミーリンクは1つもないです。提示されているアイコンのサービス群の中から、初見のものを選択しましょう。おそらく数分後にはあなたは無料で動画を見ることができているはずです。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「リバーズ・エッジ」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。不用意に雑な扱いでブラウザを使っているとメモリの消費量やCPU負荷が増大して動画再生の妨げになるので注意です。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、とにかくユーザーの体感を邪魔するような鬱陶しいことをしてくるものもあって、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、「リバーズ・エッジ」視聴を妨げません。パブリッシャーやサイトへの規制は広がっていても結局は広告を適宜審査しながら「これはダメだろう」というユーザー配慮が欠かせないものです。このページでは利用者第一で不快な広告をクリーンアップしています。

『リバーズ・エッジ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『リバーズ・エッジ』をさらに知る

★スタッフ
監督:行定勲(関連作品:『ナラタージュ』)
脚本:瀬戸山美咲
撮影:槇憲治
音楽:世武裕子

★キャスト(キャラクター)
二階堂ふみ(若草ハルナ)、吉沢亮(山田一郎)、上杉柊平(観音崎)、SUMIRE(吉川こずえ)、土居志央梨(ルミ)、森川葵(田島カンナ)

★インタビュー
・二階堂ふみ「行定監督からも、あまり具体的な指示はなかったです。最初の本読みの段階で、僕は彼らの世代から遠く離れてしまって、全くわからないところにいるから、逆に聞かせてほしいとおっしゃっていて」
・吉沢亮「(決められたセリフとアドリブの)両方ありつつ、監督が現場で聞いてくることに答えるという形で。撮る前に監督に言われたのが、“山田とそれを演じている吉沢亮の中間のようなものが見たい”ということ。90年代を舞台にした『リバーズ・エッジ』という作品を演じている、いまの若者の声を入れたいと」

★『リバーズ・エッジ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.33.283.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『リバーズ・エッジ』の感想

●無料ホームシアター 
キャストも雰囲気も背景も忠実に再現されていて、漫画の実写化というよりは漫画がこの実写世界から影響を受けて描かれたような錯覚にさえ陥るほど。息苦しい時代の束縛みたいなものを感じる作品で、あの時間性をそのまま冷凍保存して解凍してきたようである。「あーこういう感じの子いたいた」的な感じも体験できるし、「そうそうこんな時期だったよな」という年代の再現に共感したり。思えば自由なようで自由ではない時代だったようにも思える。
●シネマトゥデイ
バブル崩壊後、そして阪神淡路大震災の1年前が1994年。何故未来の震災についてこの作品の紹介として必ず語られるのだろうと観るまでは思っていたのだけど、時代の転換点になりうる現象の手前の時期から、もう世界は少しずつ動き出していたのかもしれない。あえて現代にこの作品を公開し、1994年を知らない世代を観客にしても、これは理解してもらえると思ったのは、今の時代に似ている部分もあるからか。まさに裏返しの関係なのだろうか。
●BILIBILI
二階堂ふみの虚無的な演技が好きで、個人的に今作にも期待していました。その狙いは当たりでこの映画では、凛と立つ勇ましい裸も披露し、その持てる存在感をフルに発揮していました。メンヘラ、ヤク中、ビッチ、同性愛、摂食障害、援助交際など荒れまくる要素を全て網羅したような内容。それでもただの雑さにはなっていないのは演技力の高さでしょう。何を考えているのか分からないのがハルナですが、何かに突き動かされているのはわかるのです。