ザ・シークレットマン(2017)

権力には屈しない。敵が大統領であったとしても…

映画『ザ・シークレットマン』のフル動画を無料視聴する確度の高い方法をレコメンドしています! 複数の配信サイトの中からベストを紹介。
今すぐ『ザ・シークレットマン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House / アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年2月24日 / 103分 / 制作:Mandalay / 配給:クロックワークス

2/24(土)公開『ザ・シークレットマン』ショート予告
動画
▼『ザ・シークレットマン』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 初心者有利

VOD2 Huluで動画を見る ノイズ無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV
FOD ▼FOD

▼『ザ・シークレットマン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

最高すぎてみんな大満足!
実在の人物を描いた作品は完全フィクションモノとは異なる独特の緊張感とリアリティがあって面白いものです。そんなサスペンスフルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。いろいろなサービスがありますが、どれもそこまで難しくありません。基本は動画サイトと同じ。見たい作品を選び、再生して、観終わったら次の作品を探す。それだけの何も考えなくていい自由なスタイルで映画を毎日見ることができます。

「無料」より安いものなし!
ハッピーは2倍に増えます。なぜかって無料お試し体験があるからです。これはもう目を惹きつけられる誘惑の虜でしょう。この耳寄りな情報は今の作業を一旦中断してでもメモしておきたいものです。なにせ一定の期間に限るかたちで無料お試しが可能なのですから、それはまるで無料動画スタイルです。「重たくないのかな?無料だと質が悪そう…」「きっと雑な画質でしかないのだろうな」VODのクオリティはバカにできません。再生動画品質はネットと言えども相当なもので、中にはフル4Kクラスのものもあり、端末機器調整でフル動画も超明瞭です。ピーター・ランデズマン監督の「ザ・シークレットマン」もアリ。

猶予できない問題もある!
なお、巷に溢れる恐ろしいものが潜んでいるイリーガルな動画サイトに手を出すべきではないです。リーアム・ニーソン主演の「ザ・シークレットマン」もダメです。無料で見られるからといって迂闊に手を出すと、理想とは全く違うことを思い知らされます。これはさっぱりでは済まない問題です。動画は非常に質が低く、鮮明には映っていないので、何が起きているのかもわからないほどです。これでは映画鑑賞どころではないので、意味がありません。「聞こえますか。今、未来からあなたの脳内に語りかけています。合法な動画を見るのです。運命の分かれ道です」…戯言じゃないです。

使うべきはどれ?
「友人に勧められていたから絶対に見ておこうと思ったのに…時間が…」そんな状況ならVODは最強の助っ人になります。一方でこんな体験談も。「昨日は配信されてたのに、今日また見たらどこにも動画がない!」こういうことが起こってしまうのがVODの取り扱い注意な弱点でもあり、注視が必要です。ダイアン・レイン出演の「ザ・シークレットマン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。1分1秒を無駄にしたくないという現代人にはタイム節約になるサポートページが役に立ちます。こちらでは該当作品を配信中のVODを探す作業を簡略化する頼もしいスーパーヘルパーになれます。ブログを羅列したランキングサイトが無数にあるページに誘導するサイトもありますが、それは上位狙いでアクセス数をミスクリックで稼ぐカラクリの動画無関係な妨害行為です。使い始めればもう後は毎日映画を見続けても観きれないほどの充実生活を送ることができるので、エンターテインメントに不足しません。「最近、暇を持て余しているな」と思う人にこそお届けします。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する際に入力する情報は、名前、メールアドレス、アカウントパスワード、生年月日、電話番号などだけです。仮に電話番号入力があっても実際に電話がかかってくる事態は起きません。それが問題になったケースは聞いたことがありません。メールスパムのようなしつこい煩わしさもゼロです。クレジットカードの支払い情報登録に躊躇することもあるでしょうが、これはイタズラでもなりすましでもないことを証明する役割もあります。初回お試しなら請求無しで無料のままなので、気楽に手を出してみましょう。あとはマートン・ソーカス出演の「ザ・シークレットマン」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

パスワードは大事
バリエーションに富むVODを最初に使い始める際に、たいてい必要なのがアカウント作成。そのときにどうしても避けられないことになります。設定するパスワードではセキュリティに気をつけましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、パスワードは複雑なものにすること(「誕生日」「辞書に載っている単語」などはダメ)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全なアイク・バリンホルツ出演の「ザ・シークレットマン」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

ホーム鑑賞のご提案
どこでアイク・バリンホルツ出演の「ザ・シークレットマン」を見るか。それは無視できないものです。大局的に見ると選択肢の候補があるのは大切です。動画サイトの存在はこれまで映画館にとって関係ないと判断されがちですが、どうしてもシアターが機能しなくなったときに大きな役割を果たすものです。若い人たちほどネット配信は利用していることが多く、そこで映画ファンになって劇場に通うことになるかもしれません。それに家での鑑賞も悪いことではなく、好きな空間でお気に入りの作品を満喫するのは格別。家族で団欒することはコミュニケーションにもなります。

その動画サイトは使える?
トニー・ゴールドウィン出演のポリティカルサスペンス「ザ・シークレットマン」を無料で釘付けになる快感を味わうなら、動画サイトの候補は無数に点在。動画の無限の溜まり場になっている「dailymotion」、かなりの古い時期から活躍している「Pandora」、中国エリアになっているが日本でも使える「BiliBili」「Miomio」、動画コンテンツを重めでもアップできる「openload」「mixdrop」。それらは自己責任で使用してもいいのか。それは禁止できないにせよ極めてグレーゾーンであると考えます。なぜなら違法性は否定できないからです。不正動画が無尽蔵に溢れているのはよろしいことではないです。

『ザ・シークレットマン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月5日時点での『ザ・シークレットマン』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」「FOD」です。

▼『ザ・シークレットマン』をさらに知る

「ウォーターゲート事件」の全容と事件を内部告発したFBI副長官の姿を、リーアム・ニーソン主演で実話をもとに映画化したサスペンスドラマ。『ザ・シークレットマン』の製作総指揮にはイェール・バディック、デス・ケアリー、コリン・ウィルソン、ピーター・グーバーなどが名を連ねる。アメリカ合衆国史上初めて任期半ばで辞任に追い込まれたリチャード・ニクソン大統領。その引き金となったウォーターゲート事件の捜査の指揮にあたったFBI副長官マーク・フェルトは、ある事情を知ってしまう。なかなか進展しない捜査の裏にホワイトハウスが捜査妨害をしていることを察知し、そうやって捜査の邪魔をしているだけでなく、実は事件自体がホワイトハウスの陰謀によるものであることを悟る。これが本当であれば、もはや政府そのものが闇に落ちている証拠でしかない。一方で大統領に忠実なL・パトリック・グレイFBI長官がいるため、肝心の捜査協力が期待できないとも感じていた。これでは手詰まりになる。そんな中、フェルトは事件の真相を明るみにするため、大胆な決断をする。

★『ザ・シークレットマン』のスタッフ


監督:ピーター・ランデズマン(関連作品:『コンカッション』)
脚本:ピーター・ランデズマン
撮影:アダム・キンメル
音楽:ダニエル・ペンバートン

★『ザ・シークレットマン』のキャスト(キャラクター)


リーアム・ニーソン(マーク・フェルト)、ダイアン・レイン(オードリー・フェルト)、マートン・ソーカス(L・パトリック・グレイ)、アイク・バリンホルツ(アンジェロ・ラノ)、トニー・ゴールドウィン(エド・ミラー)、ブルース・グリーンウッド(サンディ・スミス)、マイケル・C・ホール(ジョン・ディーン)、ブライアン・ダーシー・ジョーンズ(ロバート・クンケル)、ジョシュ・ルーカス(チャーリー・ベイツ)、エディ・マーサン(政府機関の男)、ウェンディ・マクレンドン=コービ(キャロル・ツシューディ)、マイカ・モンロー(ジョアン・フェルト)、トム・サイズモア(ビル・サリバン)、ジュリアン・モリス(ボブ・ウッドワード)、ケイト・ウォルシュ(パット・ミラー)、ノア・ワイリー(スタン・ポッティンガー)

★『ザ・シークレットマン』の評価

IMDbRTMETA
6.435%49
映画comY!FM
3.4???3.4
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ザ・シークレットマン』の感想

●『ザ・シークレットマン』無料ホームシアター
ウォーターゲート事件において、強力な情報を晒し、勇敢にも内部告発をおこなった「ディープスロート」なるFBI副長官マークフェルトにスポットを当てて、彼の視点から描いた作品です。彼の高潔な姿勢とFBIは何ものにも侵されるべきではないという三権分立の基本理念が観客の脳裏に刻まれます。偶然なのか、狙ったのかは不明ですが、トランプ大統領をめぐるロシア疑惑と完全にシンクロを見せているのが、この映画の鋭さをより際立たせるのです。
●『ザ・シークレットマン』FILMAGA 
過去の事件を扱った映画ですが、現代にも通じる批判もあり。現代のトランプ政権を彷彿とさせる演出で、ラストにニクソンに「アメリカ、ファースト」という退陣演説で締めるあたりが、皮肉な意図を示す警鐘なのでしょう。FBIと大統領の対立は今に始まったことじゃないのですね。犬猿の仲です。そういう歴史もわかるので、勉強にも最適。それにしてもリーアム・ニーソンがめちゃくちゃカッコいいです。アクションしていない彼も本当に渋い。
●『ザ・シークレットマン』TOHOシネマズ 
観てください。この男前。リーアム・ニーソンと言えば、つい最近まで「96時間」シリーズで無敵の殺人マシーン役が大ヒットしていたわけですが、本作では特殊メイクもして実年齢以上の老け役。でも魅力は落ちていません。お話の方ですが、アメリカ史上最大の政治事件を描いた本作は、現在進行中のアメリカともリンクして、まさに「今、観ずしていつみる」な映画です。ぜひ往年の名作「大統領の陰謀」もあわせてみてほしいと思います。