大アマゾンの半魚人

半魚人が美女を襲う! 名作モンスター映画

映画『大アマゾンの半魚人』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 複数の配信サイトの中からベストを紹介。
今すぐ『大アマゾンの半魚人』を見るなら動画リンクをチェック。

1954年に製作された、アマゾンの秘境に棲みつく半魚人が人々を次々と襲う姿を描いたモンスターホラー。その水辺にはアイツがいる。アマゾンの奥地を探検中のカール・マイア博士は、デボン紀の地層から水かきのついた手の化石が発見された知らせを受ける。それは世紀の大発見であり、早急な調査が必要となる。未知の生物の痕跡に関する報告を受けたブラジルの海洋生物研究所から、所長のウィリアムズ博士と魚類学者のリード博士、所長助手のケイ・ローレンスが調査に向かうが、そこで恐ろしい事態に遭遇するとは思ってもいなかった。マイアのキャンプの留守をあずかる現地人2人の無残な死体が発見されてしまう。これは一体何事なのか。不穏な空気に包まれる一行は現地人が「魔物が住む」という化石が発見された黒い入江を潜水調査するが、そこでついに事態の真相に巡り合う。ウィリアムズとリードが不在の間、泳いでいたケイは人型の全身に鱗を持つ見たこともない異形の怪物・半魚人に襲われる。

原題:Creature from the Black Lagoon / 製作:アメリカ(1954年) / 日本公開:1954年7月12日 / 79分 / 制作:Universal Pictures / 配給:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン

予告 大アマゾンの半魚人 1954年

Public Domain


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『大アマゾンの半魚人』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
不朽の名作として脈々とマニアの間で語り継がれているレジェンドな映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなオールドムービーをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手い具合に使いましょう。その前にその作品がパブリックドメインかどうかを確認するのも大切です。その後にさらに高画質で観たいなら、ネット配信を検討するのがいいでしょう。もっとも旧作では画質が古いと低くなるのですが、クリーンになっていることも。

「無料」の恩恵にあずかろう!
お金を出し渋る必要はありません。そもそも最初はお金が要らないのです。無料トライアルで一定の間はタダになるのですから。いくら便利便利と連呼されても自分の目が最大の信頼源ですから、初回無料を活用してサービスが自分の趣味嗜好やライフスタイル、保有機器に適しているか判断しましょう。「無料といっても期間が短時間なら意味はない」と心をソワソワしなくても大丈夫。動画を見るうえでも必要である時間以上に、それこそ何作も見られるほどの日にちの余裕があるので吟味可能です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。ネット社会では楽しい賑やかさも満ち溢れていますが、一歩道を外れると怖い側面も顔を覗かせます。パソコンやスマートフォンに極大な高負荷を与えたり、しつこく付き纏うような広告をぶつけたり、邪魔以外のナニモノでもない有害性です。想像してみてください。自分のパソコンやスマホが不正サイトのせいで使えないなどの被害を受ける事態を。あとはわかるでしょう。

使うべきはどれ?
「関心を持っている映画があちらこちらにあるので前から気になってたのよね」それならばもう気に悩むことはないです。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「大アマゾンの半魚人」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示アイコン画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。レコメンド内容が全く同じコピペで量産するような雑な紹介はせず、個々の作品に合わせて調整を加えながら、動画配信の有無を検証しています。配信の変わり映えっぷりは思っている以上に凄まじく、一挙に数十作品が配信停止になってしまうこともあり、見逃すと大きな痛手です。

古い作品ならもしかして…
動画配信サービスを使わなくても映画を合法的に無料で見られる場合があります。これはその作品がかなり昔の映画の場合に限って使える手法です。その作品がパブリックドメインであれば、実はネットにアップロードされたフル動画を視聴しても何ら問題はありません。このパブリックドメインというのは、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを指し、映画にも著作権が切れるタイミングがあるため、該当する作品は基本的に保護されておらず自由に扱えるというものです。

見たい動画をメモしよう
自分のお気に入り作品をリストアップしてまとめてみたいなら、フルムビバースの「ウォッチリスト」を活用しましょう。各作品ページの「Favorite」ボタンで気軽に専用リストに追加できます。そのボタンを再度使えばリストからすぐ外せるので、どんどん追加していきましょう。この機能はブラウザのCookie(クッキー)に基づいているので当サイト内で個人情報を保存したりしていません。なので完全プライベート。「大アマゾンの半魚人」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

『大アマゾンの半魚人』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『大アマゾンの半魚人』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジャック・アーノルド
脚本:ハリー・エセックス、アーサー・A・ロス
撮影:ウィリアム・E・スナイダー
音楽:ロバート・エメット・ドーラン、ヘンリー・マンシーニ、ミルトン・ローゼン、ハンス・サルター、ハーマン・ステイン

★キャスト
リチャード・カールソン、ジュリー・アダムス、リチャード・デニング、アントニオ・モレノ、ネスター・パイヴァ

★『大アマゾンの半魚人』の評価

IMDbRTMETA
7.084%??
映画comY!FM
?????3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『大アマゾンの半魚人』の感想

●無料ホームシアター
昔の映画だからと馬鹿にするなかれ。半魚人ギルマンは着ぐるみなんですけどクオリティが凄く高い。表情はちょっとマヌケですが、呼吸時にエラのようなものがしっかり動くギミックもよくできているし、全体のフォルムがシャープでしっかり泳ぐのに適しているスタイルなのがいいです。水中での遊泳シーンも見どころで、その自然な動きは圧巻。陸と水中では別役者がギルマンを演じているようですが、よくあんな動きができるなと感心してしまいます。
●シネマトゥデイ  
1950年代製作の古き良きホラー。アマゾンの川でふと泳ぎだす美女や、いきなり腕が突き出している化石モドキなどツッコミポイントはありますが、そこは目を逸らして、半魚人の造形には感動。日本の「ウルトラQ」の海底原人ラゴンの回なんかは、この映画のオマージュと言っていいでしょう。とにかく後世の作品に多大な影響を与えたメモリアルな一作なので見て損はないです。水中撮影の技術力の高さは、今の映画界に匹敵するくらいですよ。
●TOHOシネマズ 
ギレルモ・デル・トロ監督の作品で世界中の映画祭で賞を総なめにした「シェイプ・オブ・ウォーター」はこの映画を基にしているらしい。確かになるほどである。一見すると美女が半魚人に襲われる話ではあるが、見方を変えれば、人間の女性に恋をする半魚人が果敢にアプローチするも、その怖い見た目から敵視され、攻撃を受けて追い込まれていく悲しいラブストーリーにも思えてくる。あのラストシーンの切ない後ろ姿には人間的な哀愁を感じる。