レッド・スパロー(2017)

ジェニファー・ローレンスがスパイをセクシーに熱演

映画『レッド・スパロー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 複数の配信サイトの中からベストを紹介。
今すぐ『レッド・スパロー』を見るなら動画リンクをチェック。

ジェニファー・ローレンスが、『ハンガー・ゲーム』シリーズのフランシス・ローレンス監督と再タッグを組んだスパイアクション。元CIA局員という経歴を持つジェイソン・マシューズによる同名小説が原作で、捜査対象を美貌で誘惑する「スパロー」と呼ばれる女スパイの活躍を描く。製作はピーター・チャーニン、スティーブン・ザイリアン、ジェンノ・トッピング、デビッド・レディ。事故でバレリーナになる道を絶たれたドミニカ。失意の中にいた彼女は、ロシア政府が極秘裏に組織した諜報機関の一員となる新たな道を歩む。それはまるで違った生き方を余儀なくされていく。そして自らの肉体を使った誘惑や心理操作などを駆使して情報を盗み出す、あらゆるテクニックを網羅したスペシャリストである女スパイ「スパロー」になるための訓練を受けていく。やがて組織の中で頭角を現したドミニカは、さっそく重要な仕事に専念する。ロシアの機密情報を探っていたCIA捜査官ナッシュに近づくというミッションを与えられる。訓練どおり的確に相手に近づき、指示どおり接近したドミニカとナッシュは互いに惹かれあいながらも、それぞれのキャリアや忠誠心、国家の安全をかけて裏側でだまし合いを繰り広げていく。

原題:Red Sparrow(「レッドスパロー」) / アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年3月30日 / 140分 / 制作:TSG Entertainment / 配給:20世紀フォックス 

映画「レッド・スパロー」予告C

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『レッド・スパロー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

魅入るほどの動画はいかが?
セクシーな女優で有名なジェニファー・ローレンスの艶めかしい姿を、この目に入れておきたい。そんな純粋な欲求に答えるのが、動画配信サービス。確かにyoutubeの予告動画でもその魅力は伝わってきます。しかし、フル視聴でこそこの作品を真価を堪能できるものです。最新映画でもすぐに配信をいち早くスタートするサービスがたくさんあります。スマホ、パソコン、テレビ、タブレットと自由に選べ、いずれも高画質なのでじゅうぶん満喫可能です。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「月額はいくらなんだろう…」と考える前に、最初であれば試用ができるので、とにかくお金を後回しに使ってみるのも一案です。この無料試用の機能は基本はリミテッドな企画ではなく、常時解放されているものがほとんどで、とりあえずサービスにそのお試しが実施されているかはトップページに行けばわかります。「動画を観終わったから退会するというのはOK?」という質問も多いですが、できればそのままずっと使い続けてほしいのが本音ですが、それは個人の自由。やめるぶんには好きにして構いません。「レッド・スパロー」も配信後すぐ。

危ない橋は渡るべからず
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「レッド・スパロー」の視聴はダメです。あなたのパソコンやスマートフォンにウイルス対策ソフト&アプリをインストールしているとしても、それは安全性を確保することにはなりません。残念ながら能動的にサイトを利用した場合のリスク回避はできないので、お手上げ状態です。自身の行動を改めましょう。当然であってあえて書くことでもないですが、違法である以上は利用者も有罪ですので、不正は必ず仇となって返ってきます。

配信しているのはコレ!
「うわー、こんな名作とか新作もラインナップにあるじゃないか!」これはもう動画を見るしかない状況でしょう。しかし、今日はあの作品が配信されていても明日も同じとは限りません。さすがにトータル・チェンジすることはなくとも、自分の視聴希望作品が消えたら意味はないです。「レッド・スパロー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。混乱する前にこのページに載っている動画リンクを含むVODレコメンド・スペースを参照してみましょう。サジェストしている情報量も多いのですが、長所はアイコンの明快なわかりやすさです。思わず定期アクセスしたくなるような全世代の映画ファンが通いたくなる、オーダーメイドなデータベースサイトがコチラです。ゆったり座って極上の体験ができる映画館が私は手放せない…そういう場合でもそのチケット代を格安にしたり、ゼロ円にしたりするVODも。

あなたはどっち派?
海外映画をウォッチングする際に気にかける要素として「字幕」と「吹き替え」の選択問題は語らないわけにはいきません。オリジナル言語で楽しめる語学力のある人はなんの心配もないでしょうが、基本は日本語で触れる人が多いはず。日本語字幕がいいのか、吹替がいいのかは、判断の悩みの種。「いや、私はいつも決まっている」そんな方にもVODの対応力は満足できるでしょう。「レッド・スパロー」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「レッド・スパロー」を見るには飛び越えるべき段差がひとつ。まずはクレジットカードです。VODは支払い情報先が必須。これで信頼性を獲得しています。キャリア決済もある場合もあって、それだとスマホ料金と一緒になります。簡単に買えるプリペイド系はユーザーを偽装できるので原則使えないのがほとんどです。クレジットカードを1枚も保持していない人でも残念がる必要はなく、代替手段も用意されています。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

スタートは意外にテキパキ
初めてVODに登録する際に入力するインフォメーションは、ユーザー名、お使いのメールアドレス、セキュリティを守るアカウントパスワード、個人を確かめるための生年月日、電話番号などだけです。勝手に向こうから電話がかかってくることはなく、頻繁にメールが届くこともないので、警戒するような煩わしさもないです。あとはクレジットカードの支払い情報を入力するのみですが、すぐに料金が発生するのではと困惑しなくても大丈夫で、あくまであなたが初回お試しの条件を満たしているという点でOKなら、そのまま無料で使って動画を観ることもできます。複雑ではないでしょう。あとは「レッド・スパロー」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

俳優好きにも必須
俳優を見るのは好きですか? 映画鑑賞が趣味なら当然俳優だって見るはずです。まさか役者がでるたびに目をつぶっている人はいないでしょう。そんな動画鑑賞の素晴らしいサポートになってくれるVODは俳優別に作品を検索できるという大きなメリットがあります。これならば「あの人の顔をずっと見ていたい!」という要望にもお応え。「ジェニファー・ローレンス」の本気が突き刺さる迫力には参ってしまいます。この役者のファンをひとりでも多く生み出したい…そんな応援の情熱もVODならばサポート可能。ガンガンと「これがいいよ」と推薦しまくって伝染させましょう。

『レッド・スパロー』の無料動画を探すには、上記の動画リンクへ

▼『レッド・スパロー』をさらに知る

★スタッフ
監督:フランシス・ローレンス(関連作品:『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』)
脚本:ジャスティン・ヘイス
撮影:ジョー・ウィレムズ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

★キャスト(キャラクター)
ジェニファー・ローレンス(ドミニカ・エゴロワ)、ジョエル・エドガートン(ネイト・ナッシュ)、マティアス・スーナールツ(ワーニャ・エゴロフ)、シャーロット・ランプリング(監督官)、メアリー=ルイーズ・パーカー(ステファニー・ブーシェ上院議員)、ジェレミー・アイアンズ(コルチノイ将軍)

★『レッド・スパロー』の評価

IMDbRTMETA
6.451%54
映画comY!FM
3.63.853.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『レッド・スパロー』の感想

●無料ホームシアター 
華やかなハリウッドでは綺麗な女優はたくさんいますが、美しさと強さを兼ね備えた女優として名前を挙げられる筆頭にはジェニファー・ローレンスを外すことはできません。彼女の美貌は出演した映画を観た誰もが魅了されるほどであり、今さら言及することではないものです。しかし、そのビューティーなパワーを最大に発揮した映画は今までなかったと思います。そんな不満を抱えている人は安心してください。この映画が満足を与えてくれるのですから。
●シネマトゥデイ 
予告からも伝わるだろうが、ジェニファー・ローレンスがセクシーを武器に戦いまくる。実にシンプルなスパイ映画だ。一方で、ただのお色気映像集ではなく、しっかりスパイとしての葛藤も描いており、ドラマにも注目してほしい。アクションについては極端にド派手さはないものの、意外なくらいグロいというか残酷なシーンは割と多めに含まれている。このあたりは「アトミックブロンド」と同じで痛々しさを感じるスパイ映画をいえるだろう。
●DAILYMOTION 
「ハンガーゲーム」シリーズでジェニファー・ローレンスをずっと見てきた監督フランシス・ローレンスの手がける新しい作品ということで、この女優の魅せ方を最も理解している手腕はいかんなく効いている。とくに今作はある程度間口を広くしている「ハンガーゲーム」と違って、がっつりスパイ映画なので表現もより遠慮がない。それでも随所に過去作らしい要素も感じるのは作家性なのか。現代のセクシャリティなヒロインとして王道である。