スターリンの葬送狂騒曲

スターリンが死んだ! 権力争いの時間だ!

映画『スターリンの葬送狂騒曲』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴できる動画サイトをすぐさま紹介。
今すぐ『スターリンの葬送狂騒曲』を見るなら動画リンクをチェック。

フランスのグラフィックノベル「La mort de Staline」を原作に、スターリンが死亡したことでソ連最高権力の座をめぐって熾烈に繰り広げられる争いをブラックユーモアたっぷりに描いたコメディ。製作はヤン・ゼヌーとローラン・ゼトゥンヌ、製作総指揮はケビン・ローダー。1953年3月2日、一人の男が危篤に陥る。その人物とは、ソ連の絶対的独裁者、ヨシフ・スターリン。国を根幹から支え、まさに彼を中心に国が動いていたが、もうこの世にはいない。つまりこれは新しい権力者の誕生の瞬間でもある。今、うまく立ち回れば、自分に後釜のチャンスがと、最高権力の座を目指し、色めき立つ側近たち。そして姑息で熾烈な頭脳戦はやがて次々と珍妙な展開を迎えていく。

原題:The Death of Stalin(「ザ・デス・オブ・スターリン」「デスオブスターリン」) / 製作:イギリス・カナダ・フランス・ベルギー(2017年) / 日本公開:2018年8月3日 / 107分 / 制作:Main Journey、Quad Productions / 配給:ギャガ

THE DEATH OF STALIN – OFFICIAL TRAILER [HD]

(C)2017 MITICO – MAIN JOURNEY – GAUMONT – FRANCE 3 CINEMA – AFPI – PANACHE -PRODUCTIONS – LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE – DEATH OF STALIN THE FILM LTD


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『スターリンの葬送狂騒曲』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
社会で起きている問題を風刺してコミカルにアレンジしてしまったユーモアあふれる映画はそれだけで魅力があります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く利用するのがオススメ。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという統計もあり、その普及率はレンタル店でDVDを借りるよりもハイペース。もはやスタンダードな方法であり、まだ使っていない人でも簡単に使用をスタートできます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「どうせ素人には全然扱えないんじゃないの?」なんて怖がらず、リラックスしてください。どちらかといえば、普段はネット系のサービスに慣れていないお年寄りにさえもラクラク利用できるほどです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。もし動画視聴が原因で犯罪に巻きこまれたら、それこそ警察がなんとか…いいえ、それは自己責任が大半です。

迷ったときは?
新作配信のスピードはネット映画鑑賞の普及率の上昇にともない、需要も増しており、無料視聴への期待も高まっています。ただし、世の中は障害物を設置してくるもので、これを取り除かないといけません。具体的には配信VODの特定というハードルをぴょんとジャンプしないとダメです。「スターリンの葬送狂騒曲」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。必ずどんな作品でも同じVODを推薦してくるサイトもあり、それは量産型の方法でページが作られています。一方、こちらは全部がオリジナルで個別対応。無料動画的な体験をしたいならば、登録済みのものよりも初利用となるVODを選択しないといけないので、各自のベストコースをぜひ。

試写も良いけど…
最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。ご存知のとおり、比較的扱いの大きい作品では試写が開催されており、事前に申し込んでおけば抽選でウォッチする機会を手に入れることができます。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、それぞれの各サービスを基本的には公平(フェア)に取り扱っているため、他サイトにときどき見られるように特定のものを贔屓したり、スポンサーとして特別扱いしていることはありません(コンプライアンスとして重視しています)。各々が固有の長所短所を持っているものなので、どれがフィットするかはユーザーしだいです。単純に「スターリンの葬送狂騒曲」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

『スターリンの葬送狂騒曲』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『スターリンの葬送狂騒曲』をさらに知る

★スタッフ
監督:アーマンド・イアヌッチ(関連作品:『チューブ・テイルズ』)
脚本:アーマンド・イアヌッチ

★キャスト(キャラクター)
スティーブ・ブシェーミ(ニキータ・フルシチョフ)、サイモン・ラッセル・ビール(ラヴレンチー・ベリヤ)、ルパート・フレンド(ワシーリー・スターリン)、ジェイソン・アイザックス(ゲオルギー・ジューコフ)、マイケル・ペイリン(ヴャチェスラフ・モロトフ)、アンドレア・ライズボロー(スヴェトラーナ・アリルーエワ)、ジェフリー・タンバー(ゲオルギー・マレンコフ)、オルガ・キュリレンコ(マリヤ・ユーディナ)、パディ・コンシダイン

★『スターリンの葬送狂騒曲』の評価

IMDbRTMETA
7.296%88
映画comY!FM
3.2???3.4
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『スターリンの葬送狂騒曲』の感想

●無料ホームシアター 
政治家の権力争いを徹底的に風刺しまくった一作であり、今作の舞台はロシア。スターリンが死んだら、お悔やみムードかと思いきや、そんなの役に立たないと早々に切り上げ、私が次のトップだ!と勝手に椅子取りゲームを開始。勝手にしてろよという感じですが、いかんせんこれは国の未来に関わる話。好き勝手にされたらかなわないのですが、当人たちはまず自分の利権が一番大事。国民など二の次。どこの国もいつの時代も同じものですよ。
●FILMAGA
これはプーチン激怒映画なんじゃないかと思ったら、案の定、ロシアはこれは反ロシア戦略の一環だと反発しているようです。でもこういうユーモア作品とは相手が怒れば怒るほど、逆にオイシイので効果なしですね。そして、そんな現実とシンクロするように映画内でもみっともない国家の見栄のためのバトルが勃発しているさまを面白おかしく描いています。さすが、イギリス製作なだけあってジョークが上手い。もう誰も殺されませんよ! 本当です!
●ユナイテッドシネマ
スターリンが可哀想になってくるくらいの、何度もツッコミを入れざる負えない惨めな政治闘争が、コミカルに映し出されます。批評家からの評価も高いことからわかるように、非常に風刺コメディとしては秀逸な作品で、皮肉がピリピリと効いています。本作の主題はロシアですが、こういう権力をめぐる政治家の喧嘩はどの国でも共通していますから、皆が笑えるのですよね。スターリンの死がここまで面白い映画になったら、本人も笑ってくれるかな…?