レディ・プレイヤー1

スピルバーグが贈る驚異の映像世界

映画『レディ・プレイヤー1』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画鑑賞をすぐに開始しましょう。
今すぐ『レディ・プレイヤー1』を見るなら動画リンクをチェック。

スティーブン・スピルバーグ監督が、アーネスト・クラインによる小説「ゲームウォーズ」を映画化し、日本のアニメやゲームのキャラも多数登場するSFアクション。製作総指揮はアダム・ソムナー、ダニエル・ルピ、クリス・デファリア、ブルース・バーマン。貧富の格差が極端に激しさを増し、多くの人々が荒廃した街に暮らす2045年。その夢も抱けないような世界で、退屈な世界に飽き飽きしている若者たちの唯一の希望となっているのは、世界中の人々がアクセスするVRの世界「OASIS(オアシス)」に入り、理想の人生を楽しむことだった。ここならばどんな自由な存在になることもでき、誰とでも交流ができる。そんなある日、オアシスの開発によって巨万の富を築いた大富豪のジェームズ・ハリデーが死去し、オアシスの隠された3つの謎を解明した者に、莫大な遺産とオアシスの運営権を与えるというメッセージが発信される。もしそれが本当なら誰だって手に入れたいものだった。その情報は瞬く間に広がり、世界中の人々が謎解きに躍起になった。しかし、なかなか確実な手がかりすらも見つからない。そして、17歳の孤独な青年ウェイドもそれに参加していたが、意外な展開を切り開いてしまう。ある時、謎めいた美女アルテミスと出会ったウェイドは、1つ目の謎を解き明かすことに成功。一瞬にしてオアシスで名の知れた人物となるが、ハリデーの遺産を狙う巨大企業IOI社の魔の手が迫り…。

原題:Ready Player One / アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年4月20日 / 130分 / 制作:Village Roadshow Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:1億7500万ドル / 興行収入:

映画『レディ・プレイヤー1』日本版予告【HD】2018年4月20日(金)公開

↓作中の小ネタ(イースターエッグ)の解説

READY PLAYER ONE – ALL 300+ Easter Eggs!!!

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Netflix ▼Netflix(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『レディ・プレイヤー1』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
独自の設定で観客の好奇心を惹きつけて圧倒的なワールドを展開しているスケールの大きい映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く活用しましょう。画質が心配というネット配信に対する疑問に関しては問題ありません。今ではDVDと遜色のないハイクオリティな映像を満喫できますし、テレビを使えば細部まで楽しめます。もはやブルーレイすらいりません。

「無料」を見逃すな!
「有料が無料になるなら?」そういうインセンティブ制度的な施策が、お試し期間の存在で、ほとんどで整備済みです。無料ホームシアター風とはいきませんが限りなく近いものであり、一定期間を無料動画スタイルで楽しめるので、初回の適用者はこのうえなく最高の気分でどんな時でも時間潰しができます。「無料お試しの間に見たい映画を観終わってしまい、もう観たいものがないときは、そのままとくに料金請求なく、その期間中に退会してサービス利用を止められるのか」その答えはYESです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。「私はしっかりウイルス対応ソフトをインストールしているからOKでしょう」と油断すれば、それはカモです。問題サイトではそのようなプロテクトではカバーできない手段で、こちらの個人情報等を誘い込むように盗み取ろうと巧妙に策を張り巡らしています。ベストチョイスを選ぶのは自由ですが、少なくとも変なアレよりもVODの方が健全さでは有力候補になると言い切れるでしょう。

迷ったときは?
新作映画でも配信の速度はかなり早いので、それに応じて無料視聴の選択幅は広がるばかり。試すのもウズウズしてきます。その便利さをあっさり享受できない壁になっているのが、どれを使えばいいのかという複雑さ。選ぶ基準もわからないとひたすら情報の暴力にさらされて疲れてくるばかりです。「レディ・プレイヤー1」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。闇雲に手探りで動画を探しまわるのはやる気をひたすら消耗するだけ。いい加減に時間を無駄にするのは二度と味わいたくない地獄です。このページさえあればシンプルに完了できます。掲載対象にしているVODの種類がどこよりも盛沢山で、特定のサービスをえこひいきしていないのがフルムビバースの強みです。無料動画的な体験をしたいならば、登録済みのものよりも初利用となるVODを選択しないといけないので、各自のベストコースをぜひ。

あなたはどっち派?
海外映画をウォッチングする際に気にかける要素として「字幕」と「吹き替え」の選択問題は語らないわけにはいきません。オリジナル言語で楽しめる語学力のある人はなんの心配もないでしょうが、基本は日本語で触れる人が多いはず。日本語字幕がいいのか、吹替がいいのかは、判断の悩みの種。「いや、私はいつも決まっている」そんな方にもVODの対応力は満足できるでしょう。「レディ・プレイヤー1」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

高画質で見られる?
細部まで作りこまれた映画なのですから、最高水準の高画質で鑑賞したいものです。VODの画質は貧相で荒いと思っているそんな先入観はだいぶ薄まってきましたが、あらためて高品質であることは保証します。今ではスマホですら4Kレベルの解像度再生ができたりする時代。パソコンでもディスプレイの性能の良いものも比較的高価でもありません。VODはそれらスペックのある視聴機器との相性が抜群。画質は選択できることも多く、あなたのネット環境に合わせてチューニングしながら「レディ・プレイヤー1」の動画を楽しみましょう。

『レディ・プレイヤー1』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『レディ・プレイヤー1』をさらに知る

★スタッフ
監督:スティーブン・スピルバーグ(関連作品:『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』)
脚本:ザック・ペン、アーネスト・クライン
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:アラン・シルベストリ

★キャスト(キャラクター)
タイ・シェリダン(パーシヴァル/ウェイド・ワッツ)、オリビア・クック(アルテミス/サマンサ・エブリン・クック)、ベン・メンデルソーン(ノーラン・ソレント)、リナ・ウェイス(エイチ/ヘレン)、サイモン・ペッグ(オグデン・モロー)、マーク・ライランス(アノラック/ジェームズ・ハリデー)、フィリップ・チャオ(ショウ/ゾウ)、森崎ウィン(ダイトウ/トシロウ)、T・J・ミラー(アイロック)、ハナ・ジョン=カーメン(フナーレ)、ラルフ・アイネソン(リック)、スーザン・リンチ(アリス)、パーディタ・ウィークス(キーラ)

★『レディ・プレイヤー1』の評価

IMDbRTMETA
8.176%64
映画comY!FM
3.94.114.1
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『レディ・プレイヤー1』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式・映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
これはスピルバーグはまた伝説を作ってしまったなと思います。鑑賞中は常に鳥肌がたちまくり、映像に釘付け。この巨匠はいつになっても夢を届ける、最高のサンタクロースです。何から語ればいいかわからないくらいの情報量。あのキャラだ、あそこにアレもある、ここはアソコか、ここでこのセリフか!という感じで、観客の脳みその引き出しを次から次へと引っ張って開けてくるようなテンション。最後はもう放心状態でお腹が満たされました。
●FILMAGA 
公開前から「約束された大興奮大傑作」ということは確定していたので、それを確認するだけの作業。そして、映画が始まった瞬間に親指をグッとして、涙がポロリ。ありがとう、スピルバーグ。本当に感謝してもしきれない。声を大にして言いますが、全てのエンターテインメントが好きな人は、この映画に集まるべきです。そして、この感動を共有しましょう。これはバーチャルではない、本物の興奮、そして体験なのですから。最高すぎます。
●ユナイテッドシネマ 
誰もが知っている作品からマイナー作まで色々なアニメに漫画、ゲームのキャラクターをごちゃ混ぜにして作られた夢のおもちゃ箱映画。トランプ政権を危惧して「ペンタゴン・ペーパーズ」を作りながら、一方でこんなハイクオリティのエンタテインメントの極みのような映画をいとも簡単に作ってしまう。このバランス感覚が素晴らしいし、才能の塊だなとあらためて思い知らされる。これは絶対に観ないと損する映画史に残る脅威の映画です。