さよなら、僕のマンハッタン

『(500)日のサマー』『gifted ギフテッド』のマーク・ウェブ監督作品

映画『さよなら、僕のマンハッタン』のフル動画を無料視聴する方法を迷いなくレコメンドしています! 動画鑑賞をすぐに開始しましょう。
今すぐ『さよなら、僕のマンハッタン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Only Living Boy in New York / アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年4月14日 / 88分 / 制作:Amazon Studios / 配給:ロングライド

『さよなら、僕のマンハッタン』予告編

(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC


▼『さよなら、僕のマンハッタン』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】日本語訳
VOD2【Hulu】安定再生
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『さよなら、僕のマンハッタン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及はどんどん拡大中!
様々な葛藤や苦悩を抱えて自分の生き方を模索していくヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを使いましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。ひとつは単体作品ごとにレンタルする都度課金タイプ。少数の作品向け。もうひとつは対象作品が見放題になる定額タイプで、大勢の作品を毎日見たいときにも便利なのは後者です。

「無料」で感謝!
普通でも役に立つのにさらなるメリットとして、お試しが無料で可能という、サービス利用の促進策が初心者オンリーで使えたりします。映画全部をディスクで購入できるほどリッチな人はそういません。それができるのはよほど財布に余裕ある人だけ。これなら初回に限定されますが倹約的にデジタル鑑賞を試せます。「サービスを離脱する解約手順に条件は?」「すぐさまできることは確実に保証できるのかな」という疑問はあるかもしれませんが、特には無いです。退会の作業は瞬間的に終わるほどの手短さなので、自分が止めたいときにすぐに止めることが確実に可能です。マーク・ウェブ監督の「さよなら、僕のマンハッタン」もアリ。

ダメ動画は本当にダメダメです!
なお、巷に溢れる見るに堪えないイリーガルな動画サイトに手を出すべきではないです。カラム・ターナー出演の「さよなら、僕のマンハッタン」もダメです。ネット社会では楽しい賑やかさも満ち溢れていますが、一歩道を外れると怖い側面も顔を覗かせます。それは目をつぶるだけでは対処できません。パソコンやスマートフォンに極大な高負荷を与えたり、しつこく付き纏うような広告をぶつけたり、邪魔以外のナニモノでもない有害性です。想像してみてください。自分のパソコンやスマホが不正サイトのせいで使えないなどの被害を受ける事態を。あとはわかるでしょう。

あなたの選択は自由!
作品のデジタルビデオ供給は今や一般化しており、ディスクよりもVODで見ている人の方が多数派になる勢い。そこにコツンと面倒な小石にぶつかるのが、視聴を求める作品を扱うサービスの特定。これは小さなことに思えますが、忘れてしまうと痛恥ずかしい転倒をします。ジェフ・ブリッジス出演の「さよなら、僕のマンハッタン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。詳しい人に聞いてみるのもいいですが、身近にいないかもしれませんし、何より聞かれた本人も迷惑でしょう。このページを使えば、そんな気遣いもなく、好きなように配信をひとめで把握できてしまいます。「最新じゃないと情報には利益もない」というご要望に可能な限り答えるべく、手動でできる範囲の更新を丹念に心掛けています。「見慣れないサービスがあるなぁ」という人はむしろラッキーです。どんどん興奮を祝っていきましょう。そういう初利用の状態ならば、特別な無料視聴のビックチャンスです。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する際に入力する情報は、名前、メールアドレス、アカウントパスワード、生年月日、電話番号などだけです。仮に電話番号入力があっても実際に電話がかかってくる事態は起きません。あなたは何も悩まなくていいです。メールスパムのようなしつこい煩わしさもゼロです。これで嫌なことにはなりません。ただしメールは使えないとダメです。クレジットカードの支払い情報登録に躊躇することもあるでしょうが、これはイタズラでもなりすましでもないことを証明する役割もあります。嘘はやめましょう。登録を抹消されかねません。初回お試しなら請求無しで無料のままなので、気楽に手を出してみましょう。あとはケイト・ベッキンセール出演の「さよなら、僕のマンハッタン」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

邪魔な広告は無し!
広告が動画再生途中に急に前触れもなく表示されて鑑賞が不可になる、リンクや検索窓に触れると無関係なページが開く…。しかも消える気配がないほどのしつこさで困惑。こういった現象の起こるサイトは悪質性の高い有害サイトです。フルムビバースはそのようなことは皆無だと100%保証できます。全てにおいてセーフティな動画環境を確保することに全力を注いでおり、ピアース・ブロスナン出演の「さよなら、僕のマンハッタン」視聴を妨げません。ひと目でわかる違いがあると実感できるでしょう。スマホからこのページを閲覧しても広告量がゼロに近いほど少ないということを。画面を埋め尽くす広告などは皆無なので不快指数は最小限のフレンドリーなサイトです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか? シンシア・ニクソン出演の「さよなら、僕のマンハッタン」だって繰り返し鑑賞したくないですか? 何度も観ることでわかる新しい発見もありますし、思わぬ伏線に気づくこともあります。素敵な俳優の演技や名台詞、名シーンなら何度観ても損はしません。でもさすがに映画館だとおカネがかかりすぎます。1回の劇場料金ならまだしも2回、3回となれば数千円のコスト。熱狂的なファンならこんな出費も平気かもしれないですが、普通は躊躇います。でもVODは何度観てもそのたびに支払いは生じません。

その動画サイトは使える?
ウォーレス・ショーン出演の「さよなら、僕のマンハッタン」を無料で釘付けになる快感を味わうなら、動画サイトの候補は無数に点在。動画の無限の溜まり場になっている「dailymotion」、かなりの古い時期から活躍している「Pandora」、中国エリアになっているが日本でも使える「BiliBili」「Miomio」、動画コンテンツを重めでもアップできる「openload」「mixdrop」。それらは自己責任で使用してもいいのか。それは禁止できないにせよ極めてグレーゾーンであると考えます。なぜなら違法性は否定できないからです。不正動画が無尽蔵に溢れているのはよろしいことではないです。

『さよなら、僕のマンハッタン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月5日時点での『さよなら、僕のマンハッタン』の動画配信
  • 「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『さよなら、僕のマンハッタン』をさらに知る

サイモン&ガーファンクルの名曲「ニューヨークの少年(The Only Living Boy in New York)」に乗せ、ニューヨークで暮らす青年の恋愛や成長を描いたヒューマンドラマ。製作総指揮はジェフ・ブリッジス、マリ・ジョー・ウィンクラー=イオフレダ、ジョン・フォーゲル。大学を卒業して親元を離れたトーマスは、アパートの隣室に越してきた、W・F・ジェラルドと名乗る不思議な雰囲気を漂わす中年男性と親しくなり、人生のアドバイスをもらうようになる。自分とは全く経験の異なる彼の存在は、いろいろな新鮮さに満ち溢れていた。そんなある日、トーマスは父のイーサンが愛人と密会している場面を目撃してしまい、そのような状況が目の前にあったことに動揺する。しかし、W・F・ジェラルドの言葉に後押しされ、父の愛人ジョハンナに自ら近づいてみる。謎めいた隣人W・Fと父の愛人ジョハンナとの出会いを通して、それまで退屈で平凡だったトーマスの人生に変化が訪れる。

★『さよなら、僕のマンハッタン』のスタッフ
監督:マーク・ウェブ(関連作品:『gifted ギフテッド』)
脚本:アラン・ローブ
撮影:スチュアート・ドライバーグ
音楽:ロブ・シモンセン

★キャスト(キャラクター)
カラム・ターナー(トーマス・ウェブ)、ジェフ・ブリッジス(W・F・ジェラルド)、ケイト・ベッキンセール(ジョハンナ)、ピアース・ブロスナン(イーサン・ウェブ)、シンシア・ニクソン(ジュディス・ウェブ)、カーシー・クレモンズ(ミミ・パストーリ)、テイト・ドノバン(ジョージ)、ウォーレス・ショーン(デビッド)、ジョン・ボルジャー(アーウィン・サンダーズ)、ビル・キャンプ(叔父のバスター)

★『さよなら、僕のマンハッタン』の評価

IMDbRTMETA
6.333%33
映画comY!FM
3.4???3.6
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『さよなら、僕のマンハッタン』の感想

●無料ホームシアター
ヒューマン・ドラマならこの監督にまかせろと言わんばかりにメキメキと存在感を増しているマーク・ウェブ監督。「500日のサマー」で見せたトリッキーな恋愛移り変わり模様のテンポ描写は印象的だし、「ギフテッド」では多くの観客を笑わせ、そして泣かせた。どちらにせよ役者とドラマのシンクロ具合がハンパではない。そして、この「さよなら、僕のマンハッタン」では新しいステージに突き進んだといえる。成長し続けるこの監督の実力に驚く。
●シネマトゥデイ 
蘇るあの頃の真っすぐな気持ち。主人公の運命になんだか意味もなく胸が苦しい。憧れのニューヨークは、今も人生の光と影をそのまま歌っている。劇中、流れるボブ・ディランの歌がそんなノスタルジーに拍車をかけ、観客を強制的に青春ノイローゼに引き戻すという効果を発揮する。登場人物たちの機微がストレートに突き刺さり、まるで私たちにまでその人生のステージの輝きがもれてくるような不思議な感覚。見終えれば普段の街並みさえ変わってくる。
●イオンシネマ 
この映画を観るとニューヨークの街を歩きたくなります。それをわかっているのか、公式サイトでもロケーションマップを作ってくれているので必見です。良く知っている場所から、あまり注目しない日常に溶け込んでいる場所まで、実はこの街にはいろいろな何気ない顔があるのです。そんな環境の中でモラトリアムな青春を描く映画なのかと思えば、意外な展開が。これは必ず驚くはず。どんでん返しに期待しながら、この街に足を運んでください。