娼年(映画)

松坂桃李が超過激な濡れ場を披露して話題沸騰

映画『娼年』のフル動画を無料視聴する方法をオール・レコメンドしています! 動画鑑賞をすぐに開始しましょう。
今すぐ『娼年』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:娼年 / 日本(2018年) / 日本公開:2018年4月6日 / 119分 / 制作: / 配給:ファントム・フィルム

4/6(金)公開 映画『娼年』予告篇

(C)石田衣良/集英社 2017映画「娼年」製作委員会

動画
▼『娼年』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 多機能視聴

VOD2 Huluで動画を見る 動画中無広告

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV
FOD ▼FOD

▼『娼年』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

どんな映画を観たい人でもOK!
あまりにも過激すぎて話題騒然となり密かに噂にもなった問題作はそれだけの面白さがあるものです。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを使いましょう。普段のテレビでは規制が入ってしまうものでも安心。加えてプライベートな空間でも誰にも邪魔されずにお楽しみできます。中には大人向けの動画を専門に扱っているサービスも併用されていたりするので、自由に使っていきましょう。

「無料」より安いものなし!
ハッピーは2倍に増えます。なぜかって無料お試し体験があるからです。これはもう目を惹きつけられる誘惑の虜でしょう。無料動画といってもYouTubeのような単に再生するだけのタダ見とは違って、特定期間だけのお試し形式で、サービスの質はそのままにフルバージョンで普通に利用するのと同じ経験が可能です。「試験的な動画の再生しかできないのでは?」「プレビューの中途半端なものなんでなんの興奮もしませんよ」という恐る恐るな不安も払拭。オープニング映像からエンディングクレジットまでフル動画をたっぷり堪能でき、欠けている映像シーンで残念な気分にはさせません。三浦大輔監督の「娼年」もアリ。

しっかり目に焼き付けたいけど!
違法な動画サイト等は安易な利用で依存症になってしまうようなものなので気を付けてください。松坂桃李出演の「娼年」もダメです。真っ黒な罪だらけのサイトは、業界委縮と健全な発展妨害をもたらすのは言うまでもないですが、コントロールできると思ったら大間違いで利用者自身も得はせず最悪の場合は破壊的な結果を招きます。映画鑑賞の無料文句で誘惑して個人情報を騙し取る手口は油断している人ほど引っかかることも多く、注意散漫ではいられません。当然であってあえて書くことでもないですが、違法である以上は利用者も有罪ですので、不正は必ず仇となって返ってきます。

配信しているのはコレ!
映画に偏りはなく古いものから新しいものまでオールド&ニューの両得状態で、オンラインな映画ショップは充実しています。あみだくじみたいにあとはVODを選んでもいいのですが、せっかくなら自分の見たい映画をたくさん配信しているやつを厳選したいものです。それには手掛かりが必要になります。真飛聖出演の「娼年」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページでは作品ごとに個別に配信中のVODを整理しています。情報は基本的に記事更新日(ページ上部に記載)の状況をベースにしていますので、目安にするにはじゅうぶんな材料です。「最新じゃないと情報には利益もない」というご要望に可能な限り答えるべく、手動でできる範囲の更新を丹念に心掛けています。絶対の配信を確約するものではないですが(今日にも変化したりするので全く何のあてにもならない場合だってあります)、事前にサイト内で確認しておけば失敗を軽減できるので大丈夫です。

家族にバレない?
VODはどの媒体でも使えるので誰でも見れてしまうのはメリットですが、その代わり「これ、見られたくないな…」という映画に関してどうするかという問題が発生します。セクシャルで過激な映像だったらなおさらです。アダルト系や残酷系というコンテンツもあり、それを回避できる安全策がしっかり用意されているのが嬉しいところ。キッズバージョンに切り替えればそうした映画はフィルタリングできます。また家族別でアカウントを切り替えることで他人に私的な視聴履歴を見られないようにもできます。これでプライベートを確保して、みんなでワイワイと満喫可能。「娼年」はかなり大人向け。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「いいね!」と思わずポチリたくなる利便性として、作品別のVOD配信状況を表示できます。全てはわかりやすくアイコンで整理中。これを自力でひとつひとつ確認しようとすると膨大な時間を浪費してしまいます。1つ2つならまだ我慢できますが、現実的に展開されているVODの数は10を超えるので、実際にやろうとするとそれだけで十数分とかかります。その作業を短縮するだけでも良し。「三浦大輔」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を思いっきり全体評判の目安にするのも完璧に機能するでしょう。感想コメントから期待をずっと膨らますのも良しです。

ホーム鑑賞のご提案
どこで冨手麻妙出演の「娼年」を見るか。それは無視できないものです。大局的に見ると選択肢の候補があるのは大切です。動画サイトの存在はこれまで映画館にとって関係ないと判断されがちですが、どうしてもシアターが機能しなくなったときに大きな役割を果たすものです。若い人たちほどネット配信は利用していることが多く、そこで映画ファンになって劇場に通うことになるかもしれません。それに家での鑑賞も悪いことではなく、好きな空間でお気に入りの作品を満喫するのは格別。家族で団欒することはコミュニケーションにもなります。

その動画サイトは使える?
猪塚健太出演のセクシャルシーンのオンパレードである「娼年」が無料で転がっていないかを探すのも良いのですが、それは違法な領域に足を踏み入れないようにしないといけません。警告エリアはいろいろあります。「dailymotion」や「Miomio」は本来は普通の動画サイトでしたが、今ではかなりの無法地帯です。「openload」「clipwatching」などは完全なアウトと断言していいレベルで問題です。それらの検索ページだけを紹介してあとはお好きにどうぞとしているサイトも見かけますが、それだってダメな行為ですので、正当なものだと勘違いをしないようにしてください。

『娼年』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月7日時点での『娼年』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」「FOD」です。

▼『娼年』をさらに知る

「娼夫」として生きる男を主人公に性の極限を描いた石田衣良の同名小説を、2015年に上演した舞台版が大きな反響を呼んだ監督・三浦大輔と主演・松坂桃李のコンビで映画化。『娼年』のエグゼクティブプロデューサーは金井隆治と津嶋敬介。プロデューサーは永田芳弘、山野邊雅祥、藤原努、石田麻衣。大学での退屈な生活に嫌気がさし、バイトに明け暮れて、特にさほどの意味も感じずに無気力な毎日を送っているリョウ。そんなある日、ホストクラブで働く中学の同級生シンヤがリョウのバイト先のバーに連れてきたのは、これまでに見たことのない世界で生きるホストクラブの客、御堂静香だった。彼女にはひとつの顔があり、それは秘密の会員制ボーイズクラブ「パッション」のオーナーというもの。なぜそんな人が自分に近づいたのか。恋愛や女性に興味がないというリョウに興味を持ったらしい。そのまま口車に乗せられるように、「情熱の試験」を受けさせ、リョウは静香の店で働くこととなる。「娼夫」という未知の仕事に最初は戸惑うリョウだったが、そこには自分でも到達したことのない刺激があった。女性たちひとりひとりが秘めている欲望の奥深さに気づき、そこに深い価値を見つけていく。リョウは彼を買った女性たちの欲望を引き出し、そして抑圧されていた彼女たちは自分自身を解放していった。

★『娼年』のスタッフ


監督:三浦大輔(関連作品:『裏切りの街』)
脚本:三浦大輔
撮影:Jam Eh I
音楽:半野喜弘、RADIQ septet

★『娼年』のキャスト(キャラクター)


松坂桃李(森中領)、真飛聖(御堂静香)、冨手麻妙(咲良)、猪塚健太(平戸東)、桜井ユキ(白崎恵)、小柳友(田島進也)、馬渕英里何(イツキ)、荻野友里(主婦)、佐々木心音(紀子)、大谷麻衣(ヒロミ)、西岡徳馬(泉川)、江波杏子(老女)、階戸瑠李

★インタビュー


・松坂桃李「本番ではすべての動きが決まっていたわけですが、今回は体での会話ですから、そうしてあらかじめ決めておかないとセリフがないのと同じです。やってはいけないと言われていたわけではありませんが、動きの面でもアドリブのようなものは一切ありませんでした」

★『娼年』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???3.1
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『娼年』の感想

●『娼年』無料ホームシアター
俳優の松坂桃李にとにかく称賛の大きな拍手を送るべきだろう。邦画ではVシネマ的な作品を除き、有名俳優が脱ぐなど邪道とされる空気もあった昨今。その空気を見事にぶち破ってくれた。下手をすれば、自分のキャリアを傷つけることになりかねないのに、こんな演技をするなんて、その度胸は素晴らしい。そして、実に艶やかな濡れ場を魅せていたのもさすがだ。今作で彼には何かしらの賞を与えないと、いくらなんでも評価が足りなさすぎる。
●『娼年』シネマトゥデイ 
肝心の性的シーンについてはあなたの想像している以上に満載です。R18ですから、手加減もありません。ガチです。性描写を誤魔化さずに描ききり、女優陣も全員当たり前のように脱いでいき、乱れていくさまは、もはや日本映画ではないみたいでした。ここまで潔く突き抜けてると、エロさや卑猥さなんて感じるスキもありません。あらゆる感情をフリーにしていく、一種のカタルシスしか残りません。これは絶対に観ておくべき映画の一本です。
●『娼年』TOHOシネマズ 
男女問わず多くの人に見てほしい作品。女はこうであるべき、男はこうであるべき、被害者、加害者、障害者はこうあるべき…というような共通認識、言い換えれば偏見を鮮やかに打ち砕く官能の極み。かなりハードなセックスシーンもあるし、女性と関係を持って手練れていく姿は、さながらダークヒーローですが、やはり松坂桃李にしかできない役です。鑑賞後その熱にあてられたかのように朦朧とボーっと作品の余韻に浸る状態になります。