クワイエット・プレイス(1作目)

批評家大絶賛ホラー。音を立てれば怪物がくる…

映画『クワイエット・プレイス』のフル動画を無料視聴する方法を静かにレコメンドしています! 動画鑑賞をすぐに開始しましょう。
今すぐ『クワイエット・プレイス』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:A Quiet Place(「ア・クワイエットプレイス」) / アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年9月28日 / 90分 / 制作:Platinum Dunes / 配給:東和ピクチャーズ / 製作費:1700万ドル / 興行収入:

映画『クワイエット・プレイス』予告編

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

動画
▼『クワイエット・プレイス』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 字幕or吹替

VOD2 Huluで動画を見る 不快広告無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『クワイエット・プレイス』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

思わず声を上げてしまう嬉しさ!
いつもの日常が一瞬にして恐怖に塗り替わる映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなスリル満載の極上のホラーをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く使用しましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりもはるかに便利で面白いです。なによりも同じようなジャンルの作品をどんどん検索できるので、趣味に合わせやすいのが魅力。他にも視聴メディアを自由に切り替えて、お好みのスタイルにできるのも大きな利点です。

「無料」を嫌う人はいない!
これでお腹一杯になるのは早いです。まだまだメインメニューを見てください。ファーストタッチである利用者には無料のトライアルでまずは前菜が食べられます。「空腹ならぬ金欠状態で映画を食べ歩きたくても手が出せない…」そんなジレンマはこれで解消しましょう。初回に限ってのトライアル・チケットはあなたの数少ないチャンス・ターンです。「動画を観終わったから退会するというのはOK?」という質問も多いですが、できればそのままずっと使い続けてほしいのが本音ですが、それは個人の自由。やめるぶんには好きにして構いません。ジョン・クラシンスキー監督の「クワイエット・プレイス」もアリ。

平静ではいられない!
不正な動画ウェブサイトは絶叫をしたくなるような被害もあり得て、適法性・実用性の二点で非推奨。エミリー・ブラント出演の「クワイエット・プレイス」もダメです。「私はしっかりウイルス対応ソフトをインストールしているからOKでしょう」と油断すれば、それはカモです。一発で撃ち落とされてしまいます。問題サイトではそのようなプロテクトではカバーできない手段で、こちらの個人情報等を誘い込むように盗み取ろうと巧妙に策を張り巡らしています。当然であってあえて書くことでもないですが、違法である以上は利用者も有罪ですので、不正は必ず仇となって返ってきます。

迷ったときは?
新作の配信は大々的に宣伝されながらアピールされているので、使っていれば気づくのは難しくないでしょう。視聴意欲が急上昇する中でおあずけする嫌がらせをしたくはないのですが、VODは10を超える種類が各社で乱立しており、一体どれがベストなチョイスなのか悩んでしまいます。ミリセント・シモンズ出演の「クワイエット・プレイス」フル動画を視聴できるVODはどれなのかという疑念は残りますし、気になると思います。こちらのページに記載されているのは記事更新日もしくはログに明記されている時期の配信VODです。リアルタイム反映できればいいのですがさすがにそれは常時変更されるので公式視認の方が確実です。似たサイトが蔓延する中で、フルムビバースは一歩先を行くために、情報量の多さと鮮度で勝負しており、見る価値はあります。体験をできる機会はいつあるかもわかりませんので、何も確かな断言はできないのですが、観たいと思ったときが観る方が良いでしょう。

字幕・吹替、選択は自由
外国語の映画鑑賞(とくに英語)では、字幕と吹替の2バージョンが存在することが多く、どちらを見るかを選別しなくてはいけません。深刻ではないのですが、考えてしまうことはあります。キャスト陣の声をダイレクトに耳にするならば字幕一択ですが、目で文字を追いかけるのが大変で、肝心の映像への集中ができません。一方の吹替は映像に専念できますが、声をあてた人の力量に左右されてしまうので、作品イメージがガラッと変わってしまうことも。一長一短があるので、少し比較してみるのも新しい「クワイエット・プレイス」の面白さの発見につながるかもしれません。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。映画の数は無限大でどうしても目移りしてくるものです。あれも観たい。これも観たい。それもいいな。そんな魅惑の作品のオンパレードに心を奪われて忘れてしまう前に、とりあえずリストアップしましょう。「Favorite」をチェックすれば、後々またページにたどり着きたいときに検索しないで済みます。ノア・ジュプ出演の「クワイエット・プレイス」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早くウォッチするべく適宜この機能をフル活用してみましょう。

高評価作品は観る価値あり
映画をどれにしようかなと品定めする瞬間こそが一番楽しいというものです。でも時間がない人も中にはいます。忙しい時、どうやって効率性を得るのか。駄作回避の作戦としては、レビューサイトなどの評価はもちろん、受賞実績をチェックするのもいいです。アカデミー賞は有名でしょうし、他にも賞はいっぱいあります。オリジナルなレビュワーの視点というのは独自で面白いもので一般人とは違う目線を持っているのです。スリルが持続する恐怖のホラームービー「クワイエット・プレイス」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的にベストヒットしたものというのはそれなりの背景があるのです。

その動画サイトは使える?
絶対に声を出してはいけないで話題となった「クワイエット・プレイス」を無料で!という大声が聞こえてきそうですが、そのやり方は説明したはずです。これ以外の方法を試すことはやめてほしいです。具体的には「Pandora」「Miomio」「dailymotion」「openload」「mixdrop」などの動画サイトであり、なぜなら違法性が極めて高いからです。こちらはそんなものを支持しません。動画視聴を無料で可能そうに偽っていますが、見分けはすぐにつきます。自己責任を匂わせて紹介している他リーチサイトも何の保証もなく、ただ不正コンテンツへと誘導して突き落とそうとしているだけです。

『クワイエット・プレイス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月22日時点での『クワイエット・プレイス』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『クワイエット・プレイス』をさらに知る

静かな世界に忍び寄る恐怖の存在を描き、批評家から高く評価されたホラー。『クワイエット・プレイス』の製作はマイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッドリー・フラー。2020年、宇宙から侵入してきた怪物の存在によって世界中が恐怖に陥っていた。その根本的な原因である怪物は盲目であったが、極めて鋭敏な聴覚を有しており、それを利用して人間を残酷に食い散らかしていた。そこでは当然のように音をたてれば即死を意味する。そんな世界を、工夫によって逞しく生き延びていたのがアボット一家であった。生きるには並大抵のことではないが、家族には強みがあった。一家は手話を使用することで音を立てずに意思疎通を図って、この過酷な世界で生存していた。音のない静かなコミュニケーション。それはほんの少しの油断によって凄惨へと変わる。物資を補充した帰り道、一家の末っ子であるビューは音を立てたばかりに容赦なく怪物に殺されてしまった。それから一年後、アボット一家は引き続いて音を立てない生活を心がけていたが、怪物の方は一家の存在を感知していた。

★『クワイエット・プレイス』のスタッフ


監督:ジョン・クラシンスキー
脚本:ブライアン・ウッズ、スコット・ベック
撮影:シャルロッテ・ブルース・クリステンセン
音楽:マルコ・ベルトラミ

★『クワイエット・プレイス』のキャスト


エミリー・ブラント、ジョン・クラシンスキー、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュプ

★『クワイエット・プレイス』の評価

IMDbRTMETA
8.397%82
映画comY!FM
3.3???3.4
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『クワイエット・プレイス』の感想


・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●『クワイエット・プレイス』無料ホームシアター 
これはまたとんでもないホラーが生まれてしまった。「ドントブリーズ」「ゲットアウト」に続くアメリカスリラー映画の新鋭がここに堂々の誕生である。ネタバレすると面白さが半減するので慎重に名言する必要があるが、予告動画の再生数が史上最大クラスで伸びていったことからもわかるように事前の本国での注目は高く、それに加えて公開後の称賛からその凄さは伝わるのではないか。その映像力と演出の洗練されたクオリティに夢中になる。
●『クワイエット・プレイス』FILMAGA 
話題沸騰で映画館を賑わした傑作のホラーです。これは観てしまえばもう誰かに勧めたくなること間違いなし。トレイラー映像でヤバさは伝わると思うのですが、本編はそれ以上の恐怖。ヤバい。この言葉に尽きるほど、観ている最中はガクブルです。演出が上手すぎるでしょう。アイディア自体は特段フレッシュというほどでないのに、基本的なテクニックで観客を魅せていく。加えて、アメリカの政治に対する風刺がさりげなく入っているのもユニークです。
●『クワイエット・プレイス』イオンシネマ 
今作はエフェクトの使い方が上手い。「あの存在に聞こえる音を立てたら殺される」という設定の中で、可能な限り日常を過ごそうとする世界観があったりと、単なる恐怖のシチュエーションでギャーギャー騒ぐ映画ではないのです。それでも襲いかかる恐怖の一瞬。この映画を観ると、家で何気なくトイレにいるとき、シャワーにはいるとき、ベッドで眠りにつくとき、異常な怖さに憑りつかれる状態になってしまいます。どんな目に遭っても知りませんよ。