トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム

それは禁断の悪魔のゲーム

映画『トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画鑑賞をすぐに開始しましょう。
今すぐ『トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Truth or Dare / アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年12月(DVDスルー) / 100分 / 制作:Blumhouse Productions / 配給:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

『トゥルース・オア・デア ~殺人ゲーム~』12月5日(水)ブルーレイ+DVDセットリリース!

(C)2018 Universal Studios. All Rights Reserved.

動画
▼『トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る

VOD2 Huluで動画を見る

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
AuVideo ▼TELASA
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
日常の安寧をひっくり返す恐ろしい事態が巻き起こるホラー映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなスリル満載のサスペンスをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く使いましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、加えて認知度も急速に高まっているため、昔のようにスマホ世代だけが使っているサービスでもなくなってきました。まだ使っていない人でも始めるのに難しさは何もありません。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「おカネは利用の鉄則になること」それは条件になるものですが、しかし無料トライアル中には別に出費はありませんので安心。私たちはいろいろな出費を余儀なくされる生き物です。美味しい食べ物も食べたい。欲しい衣服がある。旅行にだって行きたい。せめて映画くらいは安く観てもバチはあたらないはず。「数十年前の比較的過去の作品がほとんどでは?」と内容の偏りを気にしているかもしれませんが、準新作も順次続々と配信を開始しているサービスもあるので話題作のネタも後追いできるでしょう。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツは危ない要素だらけです。サイバー攻撃を受けるのは大企業だけではありません。個人でもサイバー犯罪者は姑息に狙いを定めてきます。とくに怖いのは動画サイト特有の広告妨害。「✖」マークを閉じれば消せると思ってタップすると、怪しい無関係ページに飛ばされてしまいます。法律的な問題性を説教されるよりも、こうした身に降りかかる危険の周知の方が行動を変える動機になるでしょう。

配信しているのはコレ!
映画の歴史は長いので80年前の作品もあれば、ついこの間の作品もありますが、新旧問わず要望に叶えられるのは最高です。一方で「VODなんてわかりにくいんだよ!」と激怒を招くのはサービス数の多さと配信作品の変動具合。その顔ぶれの掴みづらさは動画にたどり着くのを不用意に面倒にしています。「トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。闇雲に手探りで動画を探しまわるのはやる気をひたすら消耗するだけ。いい加減に時間を無駄にするのは二度と味わいたくない地獄です。このページさえあればシンプルに完了できます。動画リンクがもしかしたらダミーで実はフィッシングサイト詐欺だったら…という不安もフルムビバースには必要ありません。安全オンリーです。体験をできる機会はいつあるかもわかりませんので、何も確かな断言はできないのですが、観たいと思ったときが観る方が良いでしょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム」でもあります。ホームテレビを利用するなら、対応しているものである必要があるのでテレビの機種をネット検索して使えるか確認しましょう。PCの場合は、SafariやChromeなどのどのブラウザでもだいたいは使用可能なので心配することもないでしょう。不用意に雑な扱いでブラウザを使っているとメモリの消費量やCPU負荷が増大して動画再生の妨げになるので注意です。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて無反応で思っていたとおりにならない! このようなエラー状態になっていませんか? それはサイトに表示される広告をブロックするツールのトラブルかもしれません。ネット閲覧で邪魔になる大量の広告画像を消すために、広告非表示を求めるユーザーの間で支持されていますが、思わぬ障害の原因になることも。「トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

『トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム』をさらに知る

大ヒットホラー映画を生み出すBlumhouse Productionsが贈る、「真実か挑戦か」ゲームで地獄を味わう人の恐怖を描くホラー。『トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム』の製作総指揮はジェフ・ワドロウ、クリス・ローチ、ジャネット・ボルトゥルノ、クーパー・サミュエルソン。YouTuberのオリヴィア・バロンは大学の友人たちと共にメキシコ旅行に向かった。現地に到着した一行は酒盛りに興じて大騒ぎをしつつ、そのままの流れで「真実か挑戦か」ゲームを行うことになった。別に特殊なものではなく、よくあるいつものパーティゲーム。誰もが軽い気持ちでゲームに参加したが、それは一般的に知っているあのゲームとは違うものだった。それは人知を超えた言葉では説明のできない悪魔が支配するゲーム。真実ではなく嘘を述べたり、挑戦に失敗したりした者には容赦なく死が与えられる。その事態に戦慄が走るが…。

★『トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム』のスタッフ
監督:ジェフ・ワドロウ
脚本:ジェフ・ワドロウ、ジル・ジェイコブズ、クリストファー・ローチ、マイケル・ライス
撮影:ジャック・ジューフレ
音楽:マシュー・マージェソン

★『トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム』のキャスト(キャラクター)
ルーシー・ヘイル(オリヴィア・バロン)、タイラー・ポージー(ルーカス・モレノ)、ヴァイオレット・ビーン(マーキー・キャメロン)、ヘイデン・セットー(ブラッド・チャン)、ランドン・リブロン(カーター)、ノーラン・ジェラード・ファンク(タイソン・カラン)、ソフィア・テイラー・アリ(ペネロープ・アマリ)、サム・ラーナー(ロニー)、オーロラ・ペリノー(ジゼル・ハモンド)、トム・チョイ(ハン・チャン)、ゲイリー・アンソニー・ウィリアムズ(カラックス)

★『トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム』の評価

IMDbRTMETA
4.514%35
映画comY!FM
?????3.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム』の感想

●『トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム』無料ホームシアター 
アメリカの映画を見ているとよくやっている「真実か挑戦か」ゲーム。パーティや何か関係性を深めたいとき、暇つぶしなどいろいろな場面での定番ですが、それを題材にしたホラーということで、いかにもアメリカ人ウケしそうです。おそらくそういう企画で作られたのでしょうが、実際のところ恐怖としてはベターなつくりでした。元ネタが時間つぶしの余興ですから、この映画も見る時間があればの、そんな扱いでいい程度のエンタメといった感じですね。
●『トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム』ユナイテッドシネマ 
英題は「Blumhouse’s Truth or Dare」で、「ゲット・アウト」や「スプリット」など低予算スリラーを連発して、最近では大ヒットもさせて一躍有名になっているBlumhouse Productionsの作品である。タイトルにその名前を冠するまでのブランド力を形成したことに驚きだ。といってもその作品は常に一定の水準とも限らず、同じホラーでもテイストはバラバラなので、各作品を見るまではわからない。今作についてはとりあえず女性陣は可愛かった。