ママレード・ボーイ(実写映画)

両親たちがパートナーをチェンジ!?

映画『ママレード・ボーイ』のフル動画を無料視聴する方法をオール・レコメンドしています! 動画鑑賞をすぐに開始しましょう。
今すぐ『ママレード・ボーイ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:ママレード・ボーイ / 日本(2018年) / 日本公開:2018年4月27日 / 127分 / 制作:プラスディー / 配給:ワーナー・ブラザース

映画『ママレード・ボーイ』予告【HD】 2018年4月27日(金)公開

(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

動画
▼『ママレード・ボーイ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 解約簡単

VOD2 Huluで動画を見る 動画中無広告

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu
⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『ママレード・ボーイ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使ってみればすぐにわかる!
いろいろな想いを抱えながら自分の気持ちを相手にぶつけていくヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなロマンチックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信はメリットも山ほどあります。俳優好きで出演作を検索したいときも一気に表示可能。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、その利便性を含む面白さがあちこりで評判になっています。

「無料」を嫌う人はいない!
これでお腹一杯になるのは早いです。ファーストタッチである利用者には無料のトライアルでまずは前菜が食べられます。いそいそとお金を用意する前にまずはお試しを忘れずに。無料です。「へ~こういう作品動画があるのか~これもいいな」という試着気分で体感できるので失望するリスクは最小限に。「ニコニコ動画とは大きな違いはあるの?」「汎用的なものとして考えていいのかな」そんな疑問にもお答えすると、このサービスはオフィシャルなコンテンツだけを公式提供で配信するものなので、誰でも投稿できるサイトのような乱雑さは無し。廣木隆一監督の「ママレード・ボーイ」もアリ。

誘惑はいろいろあるけど!
違法な動画サイト等にはやりすぎなくらいの警戒を持っていいので気を付けてください。桜井日奈子出演の「ママレード・ボーイ」もダメです。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。想像してみてください。自分のパソコンやスマホが不正サイトのせいで使えないなどの被害を受ける事態を。あとはわかるでしょう。

あなたの選択は自由!
作品がデジタル配信で一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。明日は明日の風が吹く。VODも気まぐれなもので、配信作品なんてガラリと変わってしまうことも。場合によっては1日で100作以上が配信終了になるパターンもあります。吉沢亮出演の「ママレード・ボーイ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。人の見たい映画は個人で違うものです。世間が騒ぐ作品を視聴したい要望も、マニアックな珍作を求める声も全部拾うなら、大変なことですが、VODの入り組んだ配信状況はここで確認してください。必ずどんな作品でも同じVODを推薦してくるサイトもあり、それは量産型の方法でページが作られています。一方、こちらは全部がオリジナルで個別対応。ずっと機会があるとは考えないでください。焦らせるつもりはありませんが、でも失望するのも嫌なので忠告をしておきます。残念ながらいつかは配信も終わります。せっかくの無料動画でも意味なしです。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の最初の段階になってくる料金の支払い方ですが、佐藤大樹出演の「ママレード・ボーイ」を見たい気持ちをまずは抑え、標準的にクレジットカードの登録がベーシックとなります。サービス各社によっても違いますが、スマホなどで利用中のキャリア決済も対応している場合も(とくにケータイ企業のVOD)。クレジットカードは基本はどの会社でも対応可ですが、使えるものではないと意味はないので事前に確認をしておきましょう。プリペイド型のタイプは制限があるので要注意(個人確認ができないため)。持っていない人は所有している人に相談するか、自分で新規に作成することを検討するのも良い機会でしょう。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、民放の番組で映画が放映されているときはたいてい複数のシーンがカットされています。中には30分以上の大幅カットも珍しくないです。これでは映画の本来の面白さが大きく消失してしまい、その作品を100%見たとは言えません。でも、VODならそこも抜かりありません。決められた尺がないので最初から最後のエンドクレジットまで映画全編を鑑賞できます。優希美青出演の実写映画「ママレード・ボーイ」をフル視聴(full)できるけれどもCMに悩まされるテレビメディアでも妥協できるならいいですが、VODの方が優れているのは誰が見ても明らかです。

原作もついでに見よう
映画の原作になっているものを見てみたいと思うのは普通の欲求。どういうふうに改変されているのか、あのキャラクターの知らない姿はあるのか、続きが気になる…というワクワクが映画で呼び覚まされるものです。でもネットショップを漁ったり、リアルなストアに行くのは大変。そこで動画配信サービスの中でも原作の電子媒体もセットで揃えられるものは役に立ちます。動画と書籍のシームレスな体験はエンターテインメントをますますパワーアップして、垣根を消去できるでしょう。夢中になるのは確実です。「ママレード・ボーイ」も必読。

その動画サイトは使える?
藤原季節出演のピュアな感情がぎゅうぎゅうに詰まっている「ママレード・ボーイ」を無料で鑑賞する? 欲望がムクムクと膨張していったときは破裂する前になんとかしたいものです。でも何が目に入るでしょうか。それは信じられるのでしょうか。例えば「openload」、別を言えば「mixdrop」、お次は「clipwatching」、もしくは「dailymotion」、いや「Miomio」。どちらにせよそれは放置した方がいいでしょう。嫌がらせで言っているわけではありません。なぜならそれらは違法コンテンツビデオになっているケースがほとんどだからです。アクセスログは保存されたままなので無知を装っても無理です。

『ママレード・ボーイ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月13日時点での『ママレード・ボーイ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ママレード・ボーイ』をさらに知る

1990年代に集英社の少女コミック誌「りぼん」で連載され、多くのファンに愛され続けている吉住渉の人気コミックを実写映画化。桜井日奈子と吉沢亮が共演し、互いの両親がそろって離婚&再婚したために一緒に暮らすことになった男女の恋模様を描く。『ママレード・ボーイ』のエグゼクティブプロデューサーは小岩井宏悦と伊藤響、プロデューサーは松橋真三、北島直明、里吉優也。女子高生の小石川光希は、ある日、両親から衝撃の告白を受ける。それはまさかの親たちの行動だった。ハワイ旅行で出会った松浦夫妻と意気投合して母親がその夫、父親がその妻と恋に落ち、互いのパートナーを交換して再婚するというのだ。しかも、それだけでもじゅうぶんにショッキングなのに、まだエピソードはあった。松浦夫妻の息子で光希の同じ年の遊も含め、皆で一緒に暮らすことになってしまう。つまり、家族が激変するということになる。突然の家族の一変に光希は整理もできぬまま戸惑いながらも、クールな中に優しさを秘めた遊に徐々に惹かれていく。

★『ママレード・ボーイ』のスタッフ


監督:廣木隆一(関連作品:『伊藤くん A to E』)
脚本:浅野妙子
撮影:鍋島淳裕
音楽:世武裕子

★『ママレード・ボーイ』のキャスト(キャラクター)


桜井日奈子(小石川光希)、吉沢亮(松浦遊)、佐藤大樹(須王銀太)、優希美青(秋月茗子)、藤原季節(三輪悟史)、遠藤新菜(鈴木亜梨実)、竹財輝之助(名村慎一)、寺脇康文(三輪由充)、筒井道隆(小石川仁)、谷原章介(松浦要士)、檀れい(小石川留美)、中山美穂(松浦千弥子)

★インタビュー


・吉沢亮「魅せなきゃいけないシーンにはこだわりました。例えばキスシーンとかって、こういう作品においてすごく重要なシーンだと思うんです。一つの物語が完結する瞬間が、少女漫画のキスシーンにはある気がします。だから、速度とか、角度とか、単に芝居というのとはまた違った部分でもすごく気を遣いました」

★『ママレード・ボーイ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.8???2.8
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ママレード・ボーイ』の感想

●『ママレード・ボーイ』無料ホームシアター 
もともとありえない設定の漫画原作だからか、原作を整理するにしても展開が早すぎて相当飲み込むのは大変な物語だと思います。恋愛に至るまでの過程もかなり断片的でシーン集みたいですから。それを踏まえたうえで「映画はダイジェスト」のつもりで鑑賞するのが違和感を最小限に抑える効果になるかな?とも。これで終わりにせず、このままの流れで原作も見てほしいです。また映画で受けた印象が少し深みのあるものに変わってくるのではないかな。
●『ママレード・ボーイ』BILIBILI 
とてもピュアで胸キュンな作品でした。ありがちな王道なのですがそういうのが大好物な人はドハマりすると思うのです。こういうキラキラしたロマンスのお約束をじゅうぶん理解した人なら問題ないのですけど。ただ1つ残念だったのが桜井日奈子さんの唇。撮影だから仕方ないのかも知れないですが、高校生役でありながら…色付きリップか?口紅か?それとも元々唇が赤いのか?ああいうアレンジは若い子でもさすがに変だなと感じるポイントなのにな…。
●『ママレード・ボーイ』DAILYMOTION 
原作の各場面を繋げた感じはありますが、しょうがないのかなと納得。開幕の設定からしてユーモアたっぷりのおふざけ気味のラブコメかと思っていましたが、予想外にシリアスな展開に「そうくるか?」と驚き。恋愛要素ありきでない家族や親子の熱さがあります。といってもメインの魅力は、演じるキュートで無邪気な桜井日奈子ちゃんとクールで綺麗な吉沢亮くんなのは言うまでもないですが。いろんな秘密が絡み合ってラストシーンは穏やかで好きです。