サイコキネシス 念力 / Psychokinesis

「新感染」の監督が次に描くのは超能力オヤジ

映画『サイコキネシス 念力』のフル動画を無料視聴する方法を確実保証でレコメンドしています! 視聴スタートはスピーディーにできます。
今すぐ『サイコキネシス 念力』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Psychokinesis(염력) / 韓国(2018年) / 日本公開:2018年4月(Netflix配信) / 101分 / 制作:Redpeter Film / 配給:Next Entertainment World

Psychokinesis Trailer (2018) Sang-ho Yeon Movie
動画
▼『サイコキネシス 念力』の動画リンク▼

VOD1【×】

VOD2【×】

VOD3【×】

【×】

【×】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
Netflix ▼Netflix

▼『サイコキネシス 念力』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

独創的な展開に目が離せない!
SF映画を観たい。そして韓国映画を観たい。その二つの要望にお応えするのが動画配信サービスです。とくにインパクトが強いのがNetflix。なぜならここにはオリジナル作品が多数揃っているのです。他のサービスにはない作品があるというだけで気になりますが、どれも個性派ぞろい。一目で気に入ってしまう変わり種がいっぱいです。どうしても似たり寄ったりなラインナップの中で、このNetflixだけは負けていない、輝きを放っています。

「無料」で感謝!
これでお腹一杯になるのは早いです。ファーストタッチである利用者には無料のトライアルでまずは前菜が食べられます。「家にいながらどこでも自由に映画を観たい。それこそ無料ホームシアターのように」そんな思いに答えるサービスで、お試し期間によって一定の間、本当にタダとなります。「無料期間は消費期限が短いみたいな結末に?」「夢心地になれるような暇もないのではないか」とハラハラしなくても大丈夫。その期間はたっぷりあるので動画を複数作品見ている余裕があり、自分への適応性を試験判断するのは簡単です。ヨン・サンホ監督の「サイコキネシス 念力」もアリ。

危険性は確かにそこにある!
違法な動画サイト等は油断していればやられるだけであり気を付けてください。それでリュ・スンリョン出演の「サイコキネシス 念力」の再生はダメです。動画が何度も連続的に停止するのは嫌でしょう。3秒流れてまたストップ、4秒流れてまた固まる…。しかも最終的には再生不可能になる…。そんなことになったら軽ブラウザを使えばいいのかと思うかもですが、危険動画ウェブサイトはそんな打開策は通用しません。使った時点で負けです。毎年大勢の人が人知れずに大損害を受けているので、聞き流すことなく、マニュアルだと思ってオフィシャル一択にしましょう。

使うべきはどれ?
「VODを毛嫌いしていたけど無料動画で最初は慣れてみるのもいいのかな」そういう関心の出発も良好なことです。でも、ダッシュするのはちょっと待ってください。うっかりお目当ての作品が存在しないVODに突っ込むヘマをしでかすかもしれません。それはなんとしても避けたいところ。シム・ウンギョン出演の「サイコキネシス 念力」フル動画を視聴できるVODはどれなのかという疑念がひたすらに気になると思います。その問題は考えているよりも難しくなく終わらせられます。このページのアイコン表示を見れば、ある時点における配信中サービスが一目瞭然で、一番にスピード重視という人にこそ利便性抜群です。レコメンド内容が全く同じコピペで量産するような雑な紹介はせず、個々の作品に合わせて調整を加えながら、動画配信の有無を検証しています。無料動画的な体験をしたいならば、それだけでも検討に値するはずです。登録済みのものよりも初利用となるVODを選択しないといけないので、各自のベストコースをぜひ。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は最初がどうであれ再生機器の条件を満たす必要が「サイコキネシス 念力」でもあります。VODをテレビ視聴するのは別に難しくありません。まずはインターネットに接続しましょう。次に対応機種であるならば各サービス視聴への方法があるはずです。詳しくは解説書などで確認。そこまでの複雑さは今のテレビにはないでしょう。パソコンは主要ブラウザに対応済み。アップデートは忘れずに(自動でされるはずですが)。スマホの場合はアプリのインストールという最も簡単な方法で済みます。この際はWifi環境であるべきで、なぜなら通信容量をかなり消費するからです。動画はデータ量が多いです。ダウンロード時は空き容量に注意しましょう。

邪魔な広告は無し!
こんな経験は一度はあるでしょう。動画再生中にいきなり広告に移り変わり、うざったい宣伝を見せられる。こういうのは本当に不快で邪魔でイライラします。これらを削除できるのは動画配信サービスの大きなメリット。妨害は何もありません。このフルムビバース内でもそのような苛立つ広告を表示しないように心がけています。パク・ジョンミン出演の「サイコキネシス 念力」フル動画の視聴を妨げません。このサイトを見渡すとわかるでしょうが、明らかに広告量は少ないです。スッキリしたデザインにしています。とくにスマホにありがちな追尾型のバナーやタップ連動型、画面変移型のうざったいものはゼロなので、嫌な思いをせずに済みます。

悪いサイトを追い出すために
オンデマンドで動画を楽しめるVODはただのネット配信サービスとして位置しているだけの存在ではありません。海賊版動画を排除する役割も担えるのです。なぜならフィルタリングやブロッキングなどの従来手段は大作として話題になりがちでも効果はいたちごっこ。法的規制による威嚇効果も弱いです。でも便利でユーザーを惹きつける動画サイトの存在は不正サイトの存在性を藻屑にしてくれます。こうした正規サービスを推奨していくだけでも業界はクリーンになっていき、映画クリエイターは潤うのです。「サイコキネシス 念力」合法視聴方法を好きなようにしつつも正しく拡散しましょう。

10回でも100回でも
お気に入りの映画を何回も観たいと内心ではずっと思ったことはありませんか? 摩訶不思議な映像体験が大暴れしている映画「サイコキネシス 念力」を何度も見るのは愚かではありません。それで得られた発見の数々は糧になります。新発見というトリビアありきではありません。あなたの経験や年齢変化、自分を取り巻く状況の変動は映画鑑賞の感性を思っている以上に激変させます。それは体験してみればわかることでしょう。つまらないと思っていた映画が傑作に見えてきたり、予期せぬシーンで感動できるようになったり。そういうことは普通に起こるものです。余分な追加出費なしで何度も視聴できるのはVODというライトな手段の取り柄です。

『サイコキネシス 念力』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月16日時点での『サイコキネシス 念力』の動画配信
  • 「Netflix」です。

▼『サイコキネシス 念力』をさらに知る

韓国製ゾンビ映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」で世界的に注目されて一気に名をあげたヨン・サンホ監督の手がけた、超能力を手に入れてしまった男の顛末を描くSFアクション・サスペンス。この力を何に使うのか、それがあなたの決断で決まる。商店街は悪徳な建設会社の横暴な土地開発に計画によって存続の危機に立たされていた。人気のチキン店を経営する若い女性もその脅威にさらされ、もみ合いの乱闘の末、母を失ってしまう。このように蹂躙されていく状況が続けば、最悪の事態すら起こりかねない。一方で、その若い女性の父はある日、唐突に不思議な力を手に入れてしまう。自分の意志でモノを動かせることに気づき、この力を何かに活かせないか考え始める。これならばその気になれば、欲望のままになんでも可能にできてしまう。そして、この二人の人生は交差していき、商店街で起こる未曽有の大事件の渦中に飛び込んでいくのだった。

★『サイコキネシス 念力』のスタッフ


監督:ヨン・サンホ(関連作品:『新感染 ファイナル・エクスプレス』)
脚本:ヨン・サンホ

★『サイコキネシス 念力』のキャスト


リュ・スンリョン、シム・ウンギョン、パク・ジョンミン、キム・ミンジェ、チョン・ユミ

★『サイコキネシス 念力』の評価

IMDbRTMETA
5.883%??
映画comY!FM
?????3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『サイコキネシス 念力』の感想

●『サイコキネシス 念力』無料ホームシアター 
「新感染」という歴代ゾンビ映画の中でもエンターテインメントとドラマ性を巧みに融合して驚くべき傑作を作り上げたヨン・サンホ監督の次回作。一躍、有名になってしまったおかげで注目度も高くなるのも無理はないですが、その次作となるのはこれまた変わったネタでした。超能力を持った男の話。日本だと超能力を変態なことに使う若者を描く話がありましたが、こちらはそういう方向ではないものの、かなり奇抜な路線、そして韓国らしい風刺でした。
●『サイコキネシス 念力』シネマトゥデイ  
日本だとNetflix配信で視聴できることになったのですが、お試し期間の利用で無料で見れるとはいえ、ちょっと盛り上がりは少なめで、あの「新感染」公開時のSNSの賑わいが懐かしいものです。やはり動画配信サービスはムーブメントにしづらいのでしょうか。内容は結構笑えるコメディ色が強く、とくにエスパー的な物体浮遊能力を使うシーンの顔芸みたいなノリは完全にお笑いです。それがまさかのカッコいいシーンにつながるというのは爽快ですが。
●『サイコキネシス 念力』ユナイテッドシネマ 
「跳念力 ファースト・サイコキネシス」とか、そういう邦題にすべきでしたね。なんかこのタイトルだと普通過ぎて全然記憶に残らないです。映像技術などは凄いし、決してチープではないのですけど。むしろ邦画よりは上。最近の日本映画はCGで派手にすればいいくらいの感じになっており、ゴチャゴチャしているものも多いです。でも今作は丁寧にカットに気をつかっており、見やすい。これはさすがヨン・サンホ監督と称賛できる部分だと思います。
●『サイコキネシス 念力』イオンシネマ  
ある日、男の身に備わってしまったその超人的パワー。ある奴は、秘密組織に属してキャプテンなんちゃらを名乗り、ある金持ちは科学力で無敵のスーツで飛び回り、ある研究者はその凶暴な力に怯えてコントロールに苦しむ。そんなアメコミ界隈に対抗するかのように颯爽と現れたのは韓国のヒーロー。そいつはタダのオヤジだった。クソみたいな社会不適合者的ダメさにも関わらず、力を持ってしまった男の運命は…。その力を何のために駆使するのか…。
●『サイコキネシス 念力』VUDU
全然かっこよくない主人公の姿に爆笑。そして、その熱い活躍に感動。惨めな人生を送ってきた男の一発逆転のストーリーで、思わず手に力が入る最高の展開も待っている。正直、暇つぶしで動画を見てこんな作品に巡り合えたら、いい気分になるのは無理もない。だってそこには等身大のヒーローがいるのだから。スーパーパワーは何に使うかというテーマに、素直に答えてくれるこのオヤジを私は忘れない。きっと今日もどこかで空を飛んでいるのだから。