いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち

嘘のような現実に大学教授たちがブチ切れた!

映画『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴スタートはスピーディーにできます。
今すぐ『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』を見るなら動画リンクをチェック。

社会からはじき出された理系学者たちが合法ドラッグ製造で人生の一発逆転を狙う姿をユーモア&皮肉たっぷりに描き、イタリアでスマッシュヒットを記録したユニーク痛快コメディ「いつだってやめられる 7人の危ない教授たち」の続編。製作はドメニコ・プロカッチとマッテオ・ロベーレ、原案はシドニー・シビリア、フランチェスカ・マニエーリ、ルイジ・ディ・カプア。大学を追われてしまい職を失った神経生物学者ピエトロ・ズィンニは、仲間たちと一儲けを企んだのは合法ドラッグ製造。これで自分たちの恨みを晴らすことができると思った。しかし、その試みも虚しく逮捕されてしまう。刑務所に収監されたピエトロは、社会に蔓延している新型ドラッグの蔓延に手を焼いていたパオラ・コレッティ警部から取引を持ちかけられ、自分の過去に刻まれている犯罪履歴の帳消しと引き換えに捜査に協力する。かつて合法ドラッグを一緒に製造した仲間たちに個性の強い新たなメンバーも加わり、さっそく事件解決に挑むが…。

原題:Smetto quando voglio: Masterclass / 製作:イタリア(2017年) / 日本公開:2018年5月26日 / 119分 / 制作: / 配給:シンカ、樂舎 / 前作:『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』

映画『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』予告編

(C)2017 groenlandia srl /fandango srl


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る

▼『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
ユニークな設定で観客の心を湧きたたせるコメディ映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く利用して堪能しましょう。パッケージディスクを手にしてしまった後に配信に気づいてしまったら、それはもうガッカリです。本当なら店に行ったりせずに済んだのにと心残りが起きるだけ。そうなる前にまずはウェブサイトにアクセスして事前にしっかり下調べしておくと良いです。

「無料」より安いものなし!
ハッピーは2倍に増えます。なぜかって無料お試し体験があるからです。これはもう目を惹きつけられる誘惑の虜でしょう。なんともグッドニュースではありますが、これはスタート時点から一定の期間に限って、動画視聴も自由気ままに無料試用可能で、機能制限は基本ないので安心です。「試用と聞くと何か不十分なテストのような印象を受ける」と思っている人もいるでしょう。しかし、実際は何も制約もない完全なフルサービスを試せるものなので、そんな心配は全く気にすることはないと言えます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。あなたのパソコンやスマートフォンにウイルス対策ソフト&アプリをインストールしているとしても、それは安全性を確保することにはなりません。残念ながら能動的にサイトを利用した場合のリスク回避はできないので、お手上げ状態です。自身の行動を改めましょう。問題性が欠片もない公式サービスは何一つ気に悩むことも後ろめたいこともないのです。何を躊躇う必要があるでしょうか。

いちはやくウォッチ!
バラエティに富む多様な映画が並べば、あなたの「観たい欲」を満たせるのは確実。目移りするほどの充実さ。顔面蒼白ではないけれど、ちょっと悩んでしまうのがVOD各社の多さ。種類があるのは選択肢も増えていいのですが、選び方に悩んでしまい、迷いが多くなると時間だけが浪費されます。「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。1分1秒を無駄にしたくないという現代人にはタイム節約になるサポートページが役に立ちます。こちらでは該当作品を配信中のVODを探す作業を簡略化する頼もしいスーパーヘルパーになれます。巷に群生している動画紹介サイトの中にはランキングウェブサービスのアクセス数を稼ぐためのリンクばかりを並べるものが少なくありません。でもここでは皆無です。「また今度でいいかな」と体験チャンスを後回しにしていると、本当に動画が見たいときに配信が綺麗さっぱり無くなっているというオチもありえます。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、とにかくスムーズに閲覧がしたいユーザーの気持ちを逆なでする酷いものもあり、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」視聴を妨げません。問題視されて業界事業者が「良くない」として排除している広告というものがあります。どれもユーザーエクスペリエンスを減退し、満足度を損傷させるものばかりであり、本サイトでもそんな広告とは関わりを断っています。

無料動画サイトとの違い
Youtubeなどの巨大な動画プラットフォームは無料であることもあり、今やプライベートでもビジネスでも、子どもでも大人でも、グローバルに利用されている日常化したサイトです。しかし、不便さもあるのは重々承知の事実。無料という言葉は品質を保証するものではなく、中身のないコンテンツも溢れており、映画をフルで見られると偽った嘘のタイトルやサムネイルの動画もあります。VODはそんな残念体験をさせません。心配事を杞憂にさせる、素晴らしいフル品質の、「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』をさらに知る

★スタッフ
監督:シドニー・シビリア
脚本:シドニー・シビリア、フランチェスカ・マニエーリ、ルイジ・ディ・カプア
撮影:ブラダン・ラドビッチ
音楽:ミケーレ・ブラガ

★キャスト(キャラクター)
エドアルド・レオ(ピエトロ・ズィンニ)、グレタ・スカラーノ(パオロ・コレッティ)、バレリア・ソラリーノ(ジュリア)、バレリオ・アプレア(マッティア・アルジェリ)、パオロ・カラブレージ(アルトゥーロ・フランティーニ)、リベロ・デ・リエンゾ(バルトロメオ・ボネッリ)、ステファノ・フレージ(アルベルト・ペトレッリ)、ロレンツォ・ラビア(ジョルジョ・シローニ)、ピエトロ・セルモンティ(アンドレア・デ・サンクティス)、マルコ・ボニーニ(ジュリオ・ボッレ)、ロザリオ・リスマ(ヴィットリオ)、ジャンパオロ・モレッリ(ルーチョ・ナポリ)、ルイジ・ロ・カーショ(ヴァルテル・メルクリオ)

★インタビュー
・シドニー・シビリア監督「ある数学教授の話ですが、40歳くらいの男性で大学からの収入は月に約300ユーロでした。三ヶ月ごとの短期契約で非常に不安定な生活です。ある日、両親に数学の他に現実的にやれることはないのかと諭されて、コメディアンならやってみたいと言ったそうです。その後、彼は本当にスタンダップコメディアンとして成功しています」

★『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』の評価

IMDbRTMETA
6.9??%??
映画comY!FM
3.5???3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』の感想

●無料ホームシアター
アイディア勝ちです。ユーモアと皮肉混じりの笑いが絶えない作品としての完成度は高め。実力はあるものの、運が悪かったり、処世術が下手だったりで、なぜか監獄暮らしの教授たちという発想が、風刺が効いています。しかも、これは全部フィクションとして切り捨てられるものでもなくて、実際に苦労に苦労を重ねている教授のリアルな現実があるらしく…。どこの国でも格差というのがあって、搾取されている人たちはいるものなのですね。
●シネマトゥデイ 
第1作を見ていなくても十分面白い。その点は保証できる。とあるミッションに向けたドタバタ劇なのだが、セリフがいちいち笑える。もうツボに入るものばかり。私のお気に入りは記号学者と碑銘学者のコンビ。彼らが出てくると目が離せない魅力がある。全員が分野のプロフェッショナルで優秀なのに、なぜか社会では下に見られているという現実。この映画はそのクソみたいな世の中に笑いで勝負している。全国の教育関係者は必見の映画です。
●VUDU 
天才と馬鹿は紙一重というが、ほんと絶妙。通常続編は無駄に豪華になるだけで、なんだかイマイチなノリになってしまうことも多い中、この作品はさらにブーストをかけてきた。スケールも格段にがあがり、なおかつ中身が凝縮しまくってとんでもない密度になっている。個人的には全然知らない俳優なのに、皆を大好きになっている自分がいる。こんな体験、初めてだ。ここまで見事なコメディはなかなか見つかりません。大げさではなくマジで。