Vision ビジョン(2018)

カンヌが認めた河瀬直美監督が贈る、ミステリアスな交流

映画『Vision ビジョン』のフル動画を無料視聴する方法を的確にレコメンドしています! 視聴画面を邪魔する広告はゼロです。
今すぐ『Vision ビジョン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Vision / 日本・フランス(2018年) / 日本公開:2018年6月8日 / 110分 / 制作: / 配給:LDH PICTURES

映画『Vision』予告

(C)2018「Vision」LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.

動画
▼『Vision ビジョン』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 多機能視聴

VOD2 Huluで動画を見る ノイズ無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『Vision ビジョン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

気軽に利用してみよう!
独自の設定で観客の好奇心をくすぐる不思議なテイストの作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを有効に用いましょう。スマホで視聴すれば、通勤通学途中のちょっとした時間でもタイムスケジュールに合わせて楽しめます。家に帰ればテレビを使って大画面で続きを見ることも可能。さらにどうしても監督作を連続で観たいときにも検索性の優秀さで絶大な便利さです。

「無料」より安いものなし!
ハッピーは2倍に増えます。なぜかって無料お試し体験があるからです。これはもう目を惹きつけられる誘惑の虜でしょう。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「フル動画でないと私は見向きもしないですよ」「部分的な動画を閲覧できるのは必要ないです」もちろんその需要はしっかり把握しており、そんな中途半端な動画を推薦したりは絶対にしません。お試しという言葉は動画のプレビューという意味ではないので大丈夫です。河瀬直美監督の「Vision ビジョン」もアリ。

危険が滲み出ている!
違法な動画サイト等は安易に信用していいものではなく、気を付けてください。ジュリエット・ビノシュ出演の「Vision ビジョン」もダメです。具体的な危険の事例を知りたい人も多いでしょう。例えば、動画再生途中にいきなり特大の広告が表示され、それを消そうとクリックやタップをすると別ページにリダイレクトされ、情報を盗むサイトに誘い込まれる…などの手口です。肝心の動画は品質最悪なら映画の迫力は激減し、せっかくのハイクオリティも台無しになるだけで何も意味はありません。

いちはやくウォッチ!
安心してください。こちらの紹介する動画サービスサイトは「エルマーク」という正規契約コンテンツ配信のものだけです。「これはいいじゃないか!」と紹介された瞬間は記憶に刻まれますが、喉元過ぎれば熱さを忘れるというように、いつのまにか忘却してしまい、どれで配信中かもあやふやになりがち。永瀬正敏出演の「Vision ビジョン」フル動画を視聴できるVODはどれなのか問題は議論を自分だけで重ねても意味はないし、気になると思います。こちらの作品情報ページに掲載中の配信アイコンはいつの時期の状態を示すのかというと、上部に記載している記事更新日時点のものです。さすがにリアルタイムでシンクロはできないのでご了承ください。その名のとおり、フルムビバースでは映画(ムービー)がたっぷり(フル)と共存空間(ユニバース)を構築しています。このサイトはCookieの使用を前提にしているのでシークレットモードなどのブラウザでは機能しないこともあります。気をつけてください。

情報の充実度はピカイチ
情報満載のフルムビバースは単純に動画調べに使う以上の利便性を網羅的に提供しています。例えば、インタビュー記事の引用もあって、作品の深掘りができたり。そこからの新しい面白さも見つかるでしょう。また、トリビア的な雑学を知って、意外な面白さに気づいたり。トレイラー動画を視聴するのも定番なので外せません。こちらではメイキング動画をピックアップしていることもあるので、「この映画はこうやってクリエイトされたのか~」と感心するも良し。「河瀬直美」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点をトッピングに感想コメント集から期待をガンガンと膨らますのも良しです。

パスワードは大事
バリエーション豊富なVODラインナップに夢心地になる前に「使い方」を知るべきです。いや、それよりも前に大事なのはパスワードです。「え? そんなのは自分の覚えられる簡単な数字の羅列でいいでしょ?」そんな考えだと簡単にアカウントを乗っ取られてしまいます。実はそうやって乗っ取りにあってしまう人が後を絶ちません。多くの他サービスでパスワード流用すると一気にリスト攻撃で第三者にログインされてしまうことがあります。絶対に固有のパスを考えて、面倒でもメモしておくのが推奨されます。安全な「Vision ビジョン」動画体験をするにはメモリアルにロックしておきたい大事な基礎ルールです。

海賊版サイトは無料ではありません
無料を掲げるものでも海賊船のようなサイトは立ち寄ってはいけないのです。中に入れば獰猛な野蛮人がうようよしており、あらゆる強奪のかぎりをつくし、あなたの大切な個人情報を根こそぎ奪っていくのです。プライバシー保護をすべきですがこの手の動画サイトに手を出さないのが最大防御策になります。岩田剛典出演の「Vision ビジョン」が無料で見られるからといって迂闊に手を出しては行けません。最悪の場合、甚大な被害を受けて後悔することになります。そうしたサイトとはきっぱり縁を切って、無料お試しも可能な合法的な正規のサービスを利用しましょう。

その動画サイトは使える?
森山未來出演のセンチメンタルでユニークなヒューマンドラマ「Vision ビジョン」を無料で見る方法をサーチ中ならば、さまざまな動画サイトが目につくでしょう。動画がズラリと並んでいる「dailymotion」、昔から利用者も多い「Pandora」、中国系のサイトとして重大な存在感のある「Miomio」「BiliBili」、動画ファイルをアップロードできてシェアする「openload」。これらを欠点をあげつつも自己責任で使用を促すような紹介サイトもありますが、その手に騙されてはいけません。その違法ページの検索リンクを掲載しているサイトは無責任ですので、関わらない方がいいでしょう。

『Vision ビジョン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月25日時点での『Vision ビジョン』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」です。

▼『Vision ビジョン』をさらに知る

河瀬直美監督が永瀬正敏とフランスの名女優ジュリエット・ビノシュを主演に迎え、生まれ故郷である奈良県でオールロケを敢行したヒューマンドラマ。『Vision ビジョン』のエグゼクティブプロデューサーはEXILE HIRO、プロデューサーは宮崎聡、マリアンヌ・スロ、河瀬直美。フランスの女性エッセイストで、世界各地をめぐって紀行文を執筆しているジャンヌは、あるリサーチのために奈良の吉野を訪れた。その場所で自分を変えるような出来事が待っているとは思ってもいなかった。そこで出会ったのは、山間に暮らす山守の男。彼の名は智と言って、山で自然とともに暮らす老女アキからジャンヌとの出会いを予言されていて、その言葉通りに出会ったのだった。これは何かを意味しているのか。2人は、本来であれば交流を阻害する文化や言葉の壁を超えてコミュニケーションをおり重ね合い、次第に心を通わせ、さらに山に生きる者たちとの運命が予期せぬ形で交錯していく。

★『Vision ビジョン』のスタッフ


監督:河瀬直美(関連作品:『光(2017)』)
プロデューサー:宮崎聡、マリアン・スロット、河瀬直美
脚本:河瀬直美
撮影:百々新

★『Vision ビジョン』のキャスト(キャラクター)


ジュリエット・ビノシュ(ジャンヌ)、永瀬正敏(智)、岩田剛典(鈴)、美波(花)、森山未來(岳)、白川和子、ジジ・ぶぅ、田中泯(源)、夏木マリ(アキ)

★インタビュー


・河瀬直美監督「ジュリエットと共に映画を創りたいと思った瞬間から、すべての準備がパズルのピースように次々と奇跡的にはまっていき、カンヌから帰国して3カ月ほどで、ゼロからの企画が立ち上がりました。ジュリエットの映画に対する姿勢とフレームの中の存在感は圧倒的です」

★『Vision ビジョン』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.9???3.0
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『Vision ビジョン』の感想

●『Vision ビジョン』無料ホームシアター
これはかなりの人を選ぶ、崇高な世界に到達している芸術性の高い一作。ある人が見れば退屈極まりないと吐き捨てるでしょうが、別の人が見ればその空間に浸って満足できるはずでしょう。テレンス・マリックと同じ空気感があるので、その監督が好きな人は気に入るはずです。ピノシュや夏木マリをとても美しく撮っているという意味では、相変わらず人物の撮り方が素晴らしく文句のつけようがなかったのは事実なのですが、難しい作品ですね。
●『Vision ビジョン』FILMAGA
人間の痛みを癒すというVisionが、最終的に命のサイクルとしての母性に重なるという言葉で表現出来たような気もしないでもないが、理解したとはとてもじゃないが言いづらい。誰か詳細に解説してほしいくらいだ。この作品は本当に合うか合わないかだと思うのだが、単純に駄作だワーストだと切り捨てるたぐいではない。例えるなら、自分の信仰していない宗教の儀式に参加してしまったような、そんな場違い感を感じるのだろう。
●『Vision ビジョン』BILIBILI 
考察が進む映画でした。じっくり何度も見たくなります。素数ゼミ(13年ゼミ、17年ゼミ)の話をジャンヌが語るあたりは、絶対に意味があるし、吉野の森のストーリーと映像に、生物の進化、破壊と再生のイメージを多重に織り交ぜる構成は、他にはマネできない。これをよく撮ろうとしたものだが、ジュリエット・ビノシュの懐の広さにあらためて感服した。幻の植物を探すシナリオはあのタルコフスキーの「ストーカー」を彷彿とさせます。