インクレディブル・ファミリー|フル動画を無料視聴で試せます【字幕&吹替】

シリーズ第2弾。家族に新たな危機!それは育児?

映画『インクレディブル・ファミリー』のフル動画を無料視聴する方法を前作込みでレコメンドしています! 視聴画面を邪魔する広告はゼロです。
今すぐ『インクレディブル・ファミリー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Incredibles 2(「Mrインクレディブル2」) / アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年8月1日 / 118分 / 制作:Pixar Animation Studios / 配給:ディズニー / 前作:『Mr.インクレディブル

映画『インクレディブル・ファミリー』第2弾特報

(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

動画
▼『インクレディブル・ファミリー』の動画リンク▼

VOD1【×】

VOD2【×】

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

VOD4【×】

VOD5【×】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV
GooglePlay ▼Google Play

▼『インクレディブル・ファミリー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使いやすさは自信を持てます!
子どもから大人まで絶大な人気を集めるアニメーション映画の大作はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠です。そんなエンターテインメント娯楽をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを有効的に使いましょう。ディズニー・ピクサー系の作品はなかなか見放題にはありませんが、単体作品ごとにレンタルする都度課金タイプであれば取り扱いはあります。まずはウェブサイトにアクセスして確認してみるのが大事です。

「無料」を見逃すな!
「有料コンテンツではないの?」基本はそうなのですが、無料お試しできるという利用促進のボーナスが最初にあります。動画サイトは無料だけど、映画は商品なので有料コンテンツなのは当然。でもVODの初回時はお試しの機会を設けてくれているので、それに飛びつけば遊び放題で大満足空間。「試用と聞くと何か不十分なテストのような印象を受ける」「プレビュービデオでは必要はないので完全フルでお願いします」と思っている人もいるでしょう。しかし、実際は何も制約もない完全なフルサービスを試せるものなので、そんな心配は全く気にすることはないと言えます。ブラッド・バード監督の「インクレディブル・ファミリー」もアリ。

動画が見たいからと言って…
不正な動画ウェブサイトは常にリスクをばらまいているものであり、適法性・実用性の二点で非推奨。クレイグ・T・ネルソン出演の「インクレディブル・ファミリー」もダメです。とくにこの手のサイトでは不正プログラムの実害は個人情報の盗み取りだけで終わりません。過剰な動作で負荷が急激に上がり、ブラウザやパソコン自体が落ちてしまうこともあります。そうなるとせっかくの作業中のデータも吹き飛びますし、大損害です。毎年大勢の人が人知れずに大損害を受けているので、聞き流すことなく、マニュアルだと思ってオフィシャル一択にしましょう。

迷ったときは?
新作映画でも配信の速度はかなり早いので、それに応じて無料視聴の選択幅は広がるばかり。試すのもウズウズしてきます。あとは登録して視聴するのみと言いたいところでも、悩みの種になるのが配信作品の流動的な把握しづらさ。1年ごとではなく毎週レベルでの変化なので非常に複雑膨大です。ホリー・ハンター出演の「インクレディブル・ファミリー」フル動画を視聴できるVODの適正はどれなのか気になると思います。今、あなたが目にしている作品ページはただの動画リンクの列挙ではありません。配信中VODをアイコン表示。今日のこの瞬間の状態ではないかもですが、把握材料に補助利用するには大きなメリットになるはずです。「何度もリンクをクリックしても全然違うサイトに飛ばされるのだけど…」そんなアクセス稼ぎサイトと違って、フルムビバースは誘導無しの適切な客観的紹介に専念しています。「私は映画館一筋だからネット動画は興味ないよ!」それでもOKなのです。中にはシアター鑑賞料金のダウンにつながるような嬉しい特典も。

字幕・吹替、選択は自由
海外の外国語映画ならば選択しないといけないのは「字幕」か「吹き替え」か。この二択は日本特有のジレンマを発生させます。なぜなら日本語は言葉の量が長いこともあって、どうしても翻訳上の範囲におさめるためには省略が増えてしまうのです。セリフだって短いものに見えてしまいます。ピュアな気持ちとしては原語重視で楽しめると良いのですが、そんな語学力はない。となるとやっぱり翻訳してもらうしかない。どちらがいいのかという問題になります。元も子もない言い方をすれば、比べるのが最良。サラ・ボーウェル出演の「インクレディブル・ファミリー」の面白さの発見につながるかもしれません。

高画質で見られる?
細部まで作りこまれた映画なのですから、最高水準の高画質で鑑賞したいものです。VODの画質は貧相で荒いと思っているそんな先入観はだいぶ薄まってきましたが、あらためて高品質であることは保証します。そうでないと薦める意味もありません。今ではスマホですら4Kレベルの解像度再生ができたりする時代。パソコンでもディスプレイの性能の良いものも比較的高価でもありません。VODはそれらスペックのある視聴機器との相性が抜群。画質は選択できることも多く、あなたのネット環境に合わせてチューニングしながら「インクレディブル・ファミリー」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
視聴媒体が自由自在のVOD。その中でも最高級にリッチな体験ができるのはホームシアターです。自宅にホームシアターシステムを構築できれば、もはやスマホやパソコン鑑賞なんて馬鹿らしく思えるほど。映画館を家に用意してチケットも要らずに無料で出入りしているようなものです。ハック・ミルナー出演のピクサー作品「インクレディブル・ファミリー」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

その動画サイトは使える?
キャサリン・キーナー出演の子供でも大人でも楽しめるファミリーアニメーション「インクレディブル・ファミリー」を無料で鑑賞する要望があるけどそれは公式動画ではないと怒られますか? この疑問は耳にタコができるくらいには聞いています。あらためてアナウンスをしておきますが、絶対にやめましょう。動画を豊富に用意している「dailymotion」「9tsu」「openload」「Miomio」「mixdrop」。例えそれらが普通にアクセスできるものだとしても不正コンテンツを疑う要素が1ミリでもあるのならば使ってはいけないのは明白。これ以上の言うことはないです。そういう選択に悩まない世界を構築していきたいと思います。

『インクレディブル・ファミリー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月29日時点での『インクレディブル・ファミリー』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」「Google Play」です。

▼『インクレディブル・ファミリー』をさらに知る

世界的に高い評価を獲得したピクサーの大ヒット作『Mr.インクレディブル』の14年ぶりとなる続編。『インクレディブル・ファミリー』の製作総指揮はジョン・ラセター、製作はジョン・ウォーカーとニコール・パラディス・グリンドル。スーパーパワーを持つボブたち家族は派手なこともない平凡な日常を送っていたが、ある出来事をきっかけに、母ヘレンがイラスティガールとしてヒーロー活動をすることになってしまう。しかし、ひとつ困ったことがあるとすれば、家庭の問題。多忙になった彼女の代わりに家事と育児を任されたボブは、慣れない仕事でしかも底知れない能力を秘める息子ジャック・ジャックの世話に悪戦苦闘。それはヒーローで敵を倒すのとは全く違う、未経験の大変さ。そんな中、新たな敵が家族の前に立ちはだかり、事態は大きく動き出す。

★『インクレディブル・ファミリー』のスタッフ


監督:ブラッド・バード(関連作品:『トゥモローランド』)
脚本:ブラッド・バード
音楽:マイケル・ジアッキノ

★『インクレディブル・ファミリー』のキャスト(キャラクター)


クレイグ・T・ネルソン(ボブ・パー/Mr.インクレディブル)、ホリー・ハンター(ヘレン・パー/イラスティガール)、サラ・ボーウェル(ヴァイオレット・パー)、ハック・ミルナー(ダッシェル(ダッシュ)・パー)、キャサリン・キーナー(エヴリン・デヴァー)、イーライ・フシール(ジャック・ジャック・パー)、ボブ・オデンカーク(ウィンストン・デヴァー)、サミュエル・L・ジャクソン(ルシアス・ベスト/フロゾン)、マイケル・バード(トニー・ライディンガー)、ソフィア・ブッシュ(ヴォイド)、ブラッド・バード(エドナ・モード)、フィル・ラマール(ヘレクトリクス)、イザベラ・ロッセリーニ(大使)、ジョナサン・バンクス(リック・ディッカー)、ジョン・ラッツェンバーガー(アンダーマイナー)、ビル・ワイズ(スクリーンスレイヴァー)

★『インクレディブル・ファミリー』の評価

IMDbRTMETA
8.494%80
映画comY!FM
4.0???4.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『インクレディブル・ファミリー』の感想


・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●『インクレディブル・ファミリー』無料ホームシアター 
前作よりも好きです。続編というのはどうしてもマンネリ化が起こることもありますが、今作はそんなのノープロブレム。1作目を上回る面白さに驚きの連続で、観客を常に新鮮な興奮へと引き込んでくれます。ヒーローものは興味無いなんていう人も心配いりません。むしろこの映画はそういう人のために作られているところがありますから。テーマも家族のあり方というすごく普遍的なものですので、安心して見ることができると思います。
●『インクレディブル・ファミリー』シネマトゥデイ  
おかえりインクレディブルファミリー。長らく待ち続けたかいがありました。実写映画なんじゃないかってくらい迫力のあるアクションシーンで、技術レベルの進化を強烈に実感しました。結構、月日が経ちましたから、それはもうCGのリアリティが桁違いにパワーアップしています。1作目を観ておくと、余計にそう感じるはずです。今の社会をふんわりと示唆するような家族の設定もいいし、この安定感はさすがのピクサーで感心しきり。
●『インクレディブル・ファミリー』CRUNCHYROLL 
本当、笑う要素も沢山ありながら悪に立ち向かう絆で感動もするという贅沢な一作。これ一本見ておけば、しばらく映画はお腹いっぱいというくらいのボリュームです。ヒーローのファンソングが劇中で口ずさまれるのですが、それがエンドロールで流れるなどの凝り具合も最高で、あらゆる部分でこだわりが光ります。続編なんて作ってどうするんだという批判もあるかもしれませんが、そんな戯言は吹き飛ばすほどのパワフルな作品でした。