カメラを止めるな!

映画ファンが大熱狂。口コミで話題を集めた日本ゾンビ映画の異色作

映画『カメラを止めるな!』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴画面を邪魔する広告はゼロです。
今すぐ『カメラを止めるな!』を見るなら動画リンクをチェック。

自主制作映画ながら一部で公開されるやいなや話題騒然となり映画ファンから大きな注目を集めたゾンビ・パニック映画。映画専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ「シネマプロジェクト」の第7弾として製作された作品で、前半と後半で大きく赴きが異なる異色の構成や緻密な脚本、30分以上に及ぶ長回しなど、さまざま挑戦に満ちた野心作。2017年11月に「シネマプロジェクト」第7弾作品の「きみはなにも悪くないよ」とともに劇場で上映されて好評を博し、2018年6月に単独で劇場公開。プロデューサーは市橋浩治。とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画の撮影をしていたが、なにか不吉な気配を感じる。そこへ信じられないことに本物のゾンビが襲来。パニックになりながらも、ディレクターの日暮はこれはチャンスと大喜びで撮影を続けるが、撮影隊の面々は次々とゾンビ化していき…。

原題:カメラを止めるな! / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2018年6月23日 / 96分 / 制作: / 配給:ENBUゼミナール / 製作費/興収:

映画『カメラを止めるな!』予告編

(C)ENBUゼミナール


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『カメラを止めるな!』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
SNSで話題沸騰、映画ファン全てがざわついた2018年に最もマニアを驚かせて興奮させた邦画。公開劇場数が非常に少なかったので、見ようと思っても見られない人も多数いたと思いますが、そんな人にとってはレンタル&配信されたときはすぐさまチェックしたいもの。そんなときに役立つのが動画配信サービスです。パソコン、スマホ、対応テレビなど、いつでもどこでも自由に鑑賞することができる夢のような体験を提供してくれます。初回無料を利用すれば、ファースト利用者に限定して、タダで動画コンテンツを楽しめることができます。すでに利用している人はそのままお楽しみください。視聴できる動画配信サービスについては、このページ内で紹介されているものを参考にしてください。いち早く情報を更新していきます。レコメンドされたサービスに該当するVODリンクの先で動画の有無を確認して、最終チェックをしましょう。配信状況は日々変化するような流動性のともなうものなので、最後は元の動画サイトで実際に映画を探すようにしてください。間違ってもネタバレは厳禁です。この楽しさは「知らない」からこその満足を保証してくれるものです。観た後は他の人にオススメしつつ、あなた自身も動画コンテンツを紹介してあげましょう。

「無料」より安いものなし!
ハッピーは2倍に増えます。なぜかって無料お試し体験があるからです。これはもう目を惹きつけられる誘惑の虜でしょう。例えば最初の1か月は月額の支払いが無くなるというもので、サービスによってその期間は異なりますが、どちらにせよお得度が非常に高く、初心者に優しい親切設計だということです。「十数年前の観飽きた作品ばかりだと魅力はないな…」とテンション低めならば、一気に期待を爆上げしましょう。配信開始した新作もいち早く取り揃え、即視聴できるサービスが期待を高めてくれます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「カメラを止めるな!」の再生はダメです。とくにこの手のサイトでは不正プログラムの実害は個人情報の盗み取りだけで終わりません。過剰な動作で負荷が急激に上がり、ブラウザやパソコン自体が落ちてしまうこともあります。そうなるとせっかくの作業中のデータも吹き飛びますし、大損害です。現実的に合法的にも理想的にも、最良の正攻法はいつでも変わらないので、過ちを犯さないようにしましょう。

配信しているのはコレ!
数か月前の公開映画から数年前、十数年前と、その範囲は自由自在な新旧ハイブリット・ラインナップがあなたを待っています。明日は明日の風が吹く。VODも気まぐれなもので、配信作品なんてガラリと変わってしまうことも。場合によっては1日で100作以上が配信終了になるパターンもあります。「カメラを止めるな!」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題は考えているよりも難しくなく終わらせられます。このページのアイコン表示を見れば、ある時点における配信中サービスが一目瞭然で、一番にスピード重視という人にこそ利便性抜群です。安全な動画を保証するフルムビバースは、掲載する動画リンクは正規のものであり、不快な誘導などをするページはひとつもなし。ビデオ・オン・デマンド特有の映像コンテンツ(オリジナル作品)など、複合的な視点でサービスをチョイスするのもアリです。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「カメラを止めるな!」でもあります。パソコンやスマホだけでしか視聴できないと思っている人もいますが、家にあるテレビでも鑑賞可能です。ただし、条件が発生します。どんなテレビでも良いわけではなく、対応可能な機種でないといけません。詳しくは各テレビメーカーの公式サイトの取扱説明書などを確認すると良いです。最新のテレビならば最初からVOD関連の機能が追加されているので迷うこともないはずです。大画面で鑑賞すれば圧倒的な映像体験を堪能できます。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。素人考えだとフィルタリングでじゅうぶんな効果がありそうですが、これはただのブラックリストなのでどんどん新設される危険サイトの増殖に追い付けません。ブロッキングもドメインを変えられると意味がないです。そこで正規サービスを推薦して定着させるのが重要。VODはまさに適役。不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「カメラを止めるな!」合法視聴方法を拡散しましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。ずっと使い続けたいのはやまやまだけど、いつかはサービス利用をやめるときだって来るかもしれません。そもそも自分に全然合わなかったら困ります。そこで気になるのが解約の手続き。スマホなどは解約に面倒なイメージがあるせいで、VODも同じではないかと危惧する人もいますが、全くそんなことはありません。用意済みの退会ページに移動して契約解除をポチっとするだけ。それで終わり。スマホから普通にできるので、お待たせする時間もゼロで、スピード解決します。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「カメラを止めるな!」を観て「あぁー良かった」と自己完結するだけではもったいない。家族や友人など本当にすぐそばにいるだけの人に気持ちを語るのもいいですが、インターネットという最高の武器を使えば、簡単にあなたの熱量で全国に言葉を届けることができます。コミュニケーション促進によって映画好き仲間が無料で生まれるチャンスです。恐れず素直に語り合いましょう。

『カメラを止めるな!』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『カメラを止めるな!』をさらに知る

★スタッフ
監督:上田慎一郎(関連作品:『4/猫 ねこぶんのよん』)
脚本:上田慎一郎
撮影:曽根剛

★キャスト(キャラクター)
濱津隆之(日暮隆之)、真魚(日暮真央)、しゅはまはるみ(日暮晴美)、長屋和彰(神谷和明)、細井学(細田学)、市原洋(山ノ内洋)、山崎俊太郎(山越俊助)、大澤真一郎(古沢真一郎)、竹原芳子(笹原芳子)、吉田美紀(吉野美紀)、合田純奈(栗原綾奈)、岩地紗希奈(松浦早希)、秋山ゆずき(松本逢花)、山口友和、藤村拓矢、高橋恭子、イワゴウサトシ

★『カメラを止めるな!』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.44.434.3
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『カメラを止めるな!』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
面白い!観ないと損をする!という強烈な推薦に背中を強引に押されて鑑賞。見る前に感じていた予想を1000倍は上回る、とんでもない大傑作でした。でも、この展開というか、この中身は誰にも想像はつかないでしょう。よくぞこんな傑作を作ってくれましたよ。ネタバレした状態でもう一度鑑賞するとさらに面白い。この加速し続けるエンターテインメント性が映画という設定と絶妙にマッチして凄いことになっていく。これは見ないとわかりませんよ。
●シネマトゥデイ  
コメディ部門ならぶっちぎりでトップ!いや邦画では今年ベスト。この映画を見たという経験が自慢になる。それだけで明らかに他の映画鑑賞とは断然違う別次元に足を踏み入れたという達成感を得られる。最高なのです。この興奮を伝えられないのが本当に悔しい。練りに練られた脚本、劇場内に溢れる笑い声。これは2018年6月に小さな映画館で起こっている、一種の大事件。それが大半の日本人には知られていないなんて悲しい。だからオススメ!
●BILIBILI  
観た後に色々な作品が頭に浮かびましたが、上田慎一郎監督の今後の作品に期待してしまいます。あと5回は見たいなと。なぜこの映画を見てこんなにも涙を流しているのだろうか。公開前から界隈で大絶賛されていただけのことはある。練り尽くされた脚本による伏線回収のカタルシス、面白すぎて爆笑! あらゆる刺激が観客の五感を全て刺激して、観終わった後は語りたくなる魔法。これぞ映画の呪い、いや映画のドラッグ、危険な劇物なのだ!