ボーダーライン ソルジャーズ・デイ

麻薬戦争の闇が再び、牙をむく

映画『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴画面を邪魔する広告はゼロです。
今すぐ『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』を見るなら動画リンクをチェック。

アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争の過酷な現実を描いたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作『ボーダーライン』の続編。製作にはベイジル・イバニク、エドワード・L・マクドネル、モリー・スミス、サッド・ラッキンビルなどが名を連ねる。メキシコの麻薬カルテルがメキシコとアメリカの国境線でテロリストの売買をしているとの怪しい情報をつかんだCIAは、拡大していく麻薬戦争の戦場に国防総省のマット・グレイヴァーを送り込んだ。これによってこの混沌とした状況を自分たちに有利に進めたいと考える。しかし、相手の底知れぬ力は恐ろしく、さらなる戦力のためにコロンビア人のアレハンドロと再チームを組むこととなる。

原題:Sicario Day of the Soldado(「ボーダーライン」「シカリオ:デイ・オブ・ソルダード」) / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年11月 / 122分 / 制作:Black Label Media / 配給:KADOKAWA / 前作:『ボーダーライン』

映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』予告編

(C)2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3

▼『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキの恐ろしいサスペンスはそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く利用するのがオススメ。ネット配信はメリットもいっぱい。店に探しに行く必要もなく、貸し借りの煩雑な作業もなし。面倒なこともないので、安心して映画を最短時間で観れます。テレビでもOKなので、大画面で観たいときでもDVDには負けません。

「無料」を見逃すな!
「財布と相談しよう」そんな一歩待つ姿勢は必要ないかもしれません。無料お試しがあるので後々で支払いは先送りできます。いくら資産があっても映画に全投資できるようなハイパーリッチは少ないです。みんなは財布とにらみ合い、生活を考えながらも楽しみを映画に見いだそうとしてます。VODは助けになります。「登録自体の難しさに不安が残る…」そんな心配も払しょくできます。やってみればすぐにわかりますが、肝心の登録内容は実にシンプルで、子どもでも入力できるような基礎ばかりです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。「動画が見れるからいいや」なんて淡い期待で手を出すつもりならそれは大きく裏切られます。再生なんてろくにスムーズにいかず、広告が映像の邪魔をしてきます。それを閉じようとしても不快な別ページに飛ばされてしまい、戻ることもできません。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

どれを選べばいい?
「(*‘∀‘)え~っと、新作は結局見れるのですか?」ネット配信されさえすれば、見れない事態は考えにくいです。しかし、VODは流動的すぎるという難点がこびりついています。展開する企業の多さも尋常ではなく、配信作品の顔ぶれも毎日のように変化して、追いかけるのもやっと。「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの作品情報ページに掲載中の配信アイコンはいつの時期の状態を示すのかというと、上部に記載している記事更新日時点のものです。さすがにリアルタイムでシンクロはできないのでご了承ください。映画の始まりのオープニングから最後の余韻が残るエンディングまで、フル動画をたっぷり満喫できるのがVODの素晴らしさ。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

字幕・吹替、選択は自由
「やっぱり役者さんの演技の声を聴きたいので字幕は必須だよね~」「字幕なんて省略されて翻訳されているから吹き替えの方が自然だよ」「いやいや吹き替えは芸能人起用で最悪のケースもあるし…」そんな喧々諤々のエンドレスな討論もVODには無縁です。どちらがいいかは選択可能(作品によりますが)。映画を英語字幕で見て外国語学習に応用することもできたりします。どちらが間違いということもなく、別の価値があるこそ、双方を体感してこれまで気づかなかった「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」の面白さの発見につながるかもしれません。

パスワードは大事
バリエーション豊富なVODラインナップに夢心地になる前に「使い方」を知るべきです。いや、それよりも前に大事なのはパスワードです。「え? そんなのは自分の覚えられる簡単な数字の羅列でいいでしょ?」そんな考えだと簡単にアカウントを乗っ取られてしまいます。多くの他サービスでパスワード流用すると一気にリスト攻撃で第三者にログインされてしまうことがあります。絶対に固有のパスを考えて、面倒でもメモしておくのが推奨されます。安全な「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ステファノ・ソリマ
脚本:テイラー・シェリダン
撮影:ダリウス・ウォルスキー
音楽:ヒルドゥル・グズナドッティル

★キャスト
ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、キャサリン・キーナー、イザベラ・モナージェ、フリー・ドノヴァン、マシュー・モディーン、クリストファー・ハイアーダール、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、イアン・ボーエン、レイチェル・デ・ラ・トーレ、ジェイク・ピッキング、デイビット・カスタニーダ

★『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』の評価

IMDbRTMETA
7.664%60
映画comY!FM
3.8???3.9
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
前作はその張り詰めるような緊張感に吐き気さえ感じるほどで、ゾクゾクを通り越して息が詰まった死にそうになったのですが、それの続編となったらどうなるんだという心配もよそに映画自体はとても優れたシナリオに支えられて、やはり緊迫の映画体験を見せてくれました。今、アメリカではメキシコとどう付き合うかを考えるという意味では非常に同類の問題に直面しており、この映画が描くものは安易にフィクションとして片づけるわけにはいかない。
●TOHOシネマズ 
アメリカとメキシコの国境というのは日本人には全く想像ができない。そもそも日本には陸地の国境がないのだから、当然なのだが。そして、その実態がこれだとしたら恐怖以外のなにものでもない。前作の洗練された緊張感はドゥニ・ヴィルヌーヴ監督ならではと思ったが、今回のステファノ・ソリマという監督もなかなか良いものを持っている。もちろんアプローチの仕方は違っているので、完全に前作の流れを引き継いでいるわけではないのだが。
●109シネマズ 
ベネチオデルトロの渋い演技がたまりません。こういう何食わぬ顔で暴力に手を染める役が似合っているのが最高。おそらく前作の視聴者で一番印象に残っているのが彼でしょうから、今作で登場した時に自然とテンションがあがりますね。しかも、1作目の展開を知っていると、存在しているだけで緊張感が…。2作目となる今作はどう展開させるのか疑問だったのですが、こうきたかと。無難というよりは、そっちがあったかという変化球でした。