虹色デイズ(実写映画)|フル動画を無料視聴している配信は?【選択肢多め】

いつもの毎日に七色のキセキが輝く

映画『虹色デイズ』のフル動画を無料視聴する方法をオールビデオでレコメンドしています! 動画再生画面を妨害する広告は無いです。
今すぐ『虹色デイズ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:虹色デイズ(RAINBOW DAYS) / 日本(2018年) / 日本公開:2018年7月6日 / 109分 / 制作:松竹撮影所 / 配給:松竹 

映画『虹色デイズ』予告編
映画『虹色デイズ』 フジファブリック「虹」が男子たちの青春を彩る!本編オープニング映像

(C)2018「虹色デイズ」製作委員会 (C)水野美波/集英社

動画
▼『虹色デイズ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 解約簡単

VOD2 Huluで動画を見る サブスク動画

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu
⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『虹色デイズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも映画になれる!
大迫力の映像と音響で映画を体験する。それは劇場だけの極上体験。それをできるかぎり安く見る方法はありますが、動画配信サービスのポイント特典を利用することで、割引することができるのをご存知でしょうか。しかも、それはただの割引だけでなく、ポイント量によっては実質無料になることもあります。もちろんこの映画が通常の動画配信として視聴できるようになった際は、すぐにネット鑑賞も可能になるでしょう。そのためには配信しているサービスの特定が必須です。フルムビバースではすばやく配信サイトの状況を整理しており、紹介している動画サイトのVODリンクから動画を鑑賞しましょう。初めての人は最低限のステップで動画にアクセスできるようになります。「虹色デイズ」の爽やかな世界に飛び込みましょう。

「無料」は全て初心者のため!
考える前にまずはもっと情報を聞いてください。あなたのような初心者には特別な無料トライアルがプラスされます。利用料金を支払うことになるのが基本的な当たり前ですが、無料試用登録では一定期間が終了した後に、おカネの請求が発生するので、その間に利用を続けるか検討できます。「アカウントは具体的に何に使うのですか?」「登録の意味はよく私にはわからないのですが…」その漠然とした問いかけに答えるなら、VODで見た動画などの視聴状況を把握し、支払いを管理するものです。詳しくは各社サイトをご確認ください。飯塚健監督の「虹色デイズ」もアリ。

危険しかないのだから…
違法な動画サイト等は重大なリスクで晴れやかになることもないので気を付けてください。それで佐野玲於出演の「虹色デイズ」の再生はダメです。具体的な悪い事例を頭に入れておきたい人もいるはず。例えば、一見すれば無料で見られる動画でもいきなり邪魔な広告にブロックされ、そこからひたすらに困り事ばかりになってしまい、それを取り除こうとすると関係ないページに遷移し、ウイルス感染…などの極めて悪質なトラップです。怖い体験をしてからでは修復は不可能になりますから、最初から安心の空間に身を投じていくのが賢い選択です。

配信しているのはコレ!
数か月前の公開映画から数年前、十数年前と、その範囲は自由自在な新旧ハイブリット・ラインナップがあなたを待っています。ただし、勢いまかせで登録してしまった後に配信が無いことに気づくとガッカリです。覆水盆に返らず。悔いを残すことにならないためにも、確認はしておきましょう。中川大志出演の「虹色デイズ」フル動画を視聴できるVOD(ビデオオンデマンドサービスのベストなもの)はどれなのか気になると思います。その問題は考えているよりも難しくなく終わらせられます。このページのアイコン表示を見れば、ある時点における配信中サービスが一目瞭然で、一番にスピード重視という人にこそ利便性抜群です。本サイトは「フルムビ」の名のとおり、フルでムービーの情報を完備しています。痒い所に手が届く、他のデータベースにはない情報も密かに掲載中です。このサイトはCookieの使用を前提にしているのでシークレットモードなどのブラウザでは機能しないこともあります。気をつけてください。

配信はいつ終わる?
ビデオオンデマンドはサブスクであろうとなかろうと永遠に映画コンテンツを所有できることを保証していません。いつかは別れになってしまうのはネットの見放題系の性です。配信が終了したりもします(無論、DVDも壊れれば見れませんが)。VODの各作品の配信が終わる日時は表示されていることもありますが、絶対ではありません。延長することも多々あり、そのたびに一喜一憂していても疲れます。まずはフルムビバースで一括確認しておきましょう。高杉真宙出演のキラキラと光り輝く青春が詰まっている「虹色デイズ」を見逃さずに。後悔しないためにも自分のできる範囲で視聴できるときに素直に視聴するのが一番つらくないですし、思い残すこともない安全策です。

情報の充実度はピカイチ
どんなVODでこの映画は配信されているのか。それは永遠の知りたい疑問ですが、なかなか全部をお知らせするサイトはありません。それはかなり大変になってしまうものですから。Googleの検索に表示されるものは本当にごく一部。データベースサイトも企業契約の問題がある。でもこのフルムビバースは自由に対応しているフレキシブルさが持ち味になっています。しかも独自の作品紹介もあるので、さらに映画を深掘りしたりもできます。粗雑な文章は掲載認めません。「飯塚健」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を感想テキストと複合させながら好きなように自分の期待を膨らますのも良しです。

俳優好きにも必須
多彩な魅力を合わせ持つ映画エンターテインメントの立役者はまさしく俳優です。マッチョなあの人、セクシーなあの方、アバンギャルドな異彩を放つあの子、熱狂してドハマりになってしまうファンが生まれるのも納得の唯一無二のカリスマ性。それからはもう追いかけてしまうだけの日常がスタート。そんなムービー・スターの出ている動画を抽出できるのも、検索機能を持つVODの強みです。人気もかなり高いカジュアルなスター「高杉真宙」の名演を見物したいでしょう? マニアでなくとも関連登場作に目がいくのであれば、その本能に従いましょう。でもなかなか骨が折れるのもわかります。だからこそVODに頼ってしまっていいのです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているアプリでスマホに入れている人も多いSNS。映画を見た後にもその感想などを気の向くままに語り合いたいときは何でもいいのでSNSを駆使しましょう。横浜流星出演の青春の眩しいヒューマンドラマ「虹色デイズ」の鑑賞はそれで終わるのではなく、SNSで感想を流すことでさらなる変化が生まれます。バズることで映画が大ヒットするかもしれませんし、思わぬ発見につながって映画の楽しさを発掘できるかもしれません。友人との輪を強固にして、さらなる新しい絆を生み出して、フレンドの増加にもつながることも。どんな媒体でもいいので鑑賞報告をしてみるだけでもぜひともお試ししてみてください。

『虹色デイズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年5月5日時点での『虹色デイズ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『虹色デイズ』をさらに知る

集英社「別冊マーガレット」に連載された水野美波原作の人気少女コミックを実写映画化し、性格も趣味もバラバラなイケメン男子高校生4人組の友情と恋を描いた青春ドラマ。ピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん、チャラくて軽々しく異性とも付き合う女好きなまっつん、物静かで常に自分のリズムを崩さない超マイペースな秀才つよぽん、いつも笑顔だけど実は相手をアグレッシブに攻めていくドSな恵ちゃんは、常に一緒につるんでいる離れることのない親友同士。4人はにぎやかで楽しいこれ以上ない充実した青春ど真ん中の高校生活を送っていたが、関係性は思わぬかたちで緩みだす。恋に奥手ななっちゃんが同級生の杏奈に片思いしたことから、彼らの日常に思わぬ変化が起こりはじめる。それは若い心が新しい刺激に揺れ動く青春の日々の煌めきの延長。彼らは何を経験していくのか。

★『虹色デイズ』のスタッフ


監督:飯塚健(関連作品:『榎田貿易堂』)
脚本:根津理香、飯塚健
音楽:海田庄吾

★『虹色デイズ』のキャスト(キャラクター)


佐野玲於(なっちゃん:羽柴夏樹)、中川大志(まっつん:松永智也)、高杉真宙(つよぽん:直江剛)、横浜流星(恵ちゃん:片倉恵一)、吉川愛(杏奈:小早川杏奈)、恒松祐里(まり:筒井まり)、堀田真由(ゆきりん:浅井幸子)、坂東希(千葉ちゃん:千葉黎子)、山田裕貴(筒井昌臣)、滝藤賢一(田渕先生)

★『虹色デイズ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.9???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『虹色デイズ』の感想

●『虹色デイズ』無料ホームシアター 
「ザ・青春」という感じを純度120%で表現しましたという一作です。これ以上いうことはあるのかという気持ちよさ。今時の高校生はあんなに青春を謳歌してるのかは知りませんが、きっとたぶんごく一部の選ばれし高みに到達した上級者の世界なのでしょう。そのへんは察してあげるとして、イケメンだらけのキラキラワールドを楽しむという目の保養としての作品なのかもしれません。ハッキリいって同世代の男が見るとは思えないですし。
●『虹色デイズ』シネマトゥデイ  
男子高校生の日常を描いた、暖かな感じがとても懐かしく、見終わった後のスッとする爽快さが予告動画どおりの展開ですし、お約束を守ってくれます。特徴的な抜群のコメディセンスに、光やセットが映し出す透き通った映像美、そして各シーンを盛り上げる音楽の使い方など、全てがエモーションを高めてくれます。テキトーに流し見するくらいがちょうどいいと思ったのですが、思わず見入ってしまいました。本当に眩しすぎる青春だったな~。
●『虹色デイズ』BILIBILI  
キラキラ、キュンキュン、虹色の様に男女7人が各々の色を奏でるという超ベタな青春ドラマ。OPから、フジファブリックの虹がかかって、この映画の客層はここです!というのをこれ以上ないハッキリとしたかたちでアピールしてきますね。その後もフジファブリックのバームクーヘン、阿部真央、SUPER BEAVERなどが流れ、そして主題歌は降谷建志のソロプロジェクト。ここまでの音楽映画だったとは思わなかった。テンション上がってしまいました。