セラヴィ!(2017)

最強の人生讃歌!

映画『セラヴィ!』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画再生画面を妨害する広告は無いです。
今すぐ『セラヴィ!』を見るなら動画リンクをチェック。

エリック・トレダノ&オリビエ・ナカシュ監督が、パリ郊外の古城で開かれる結婚式を舞台に、人々の人生や思惑が交差していく様子を軽妙なタッチで描いたコメディドラマ。製作はニコラ・デュバル=アダソフスキ、ヤン・ゼヌー、ローラン・ゼトゥンヌ。30年間もの長いキャリアで数多くの結婚式を成功させてきたベテラン・ウェディングプランナーのマックスは、近頃、自分の仕事に終わりを迎えようと引退準備を考え始めていた。誰にでも終わりがくる。そんなある日、ピエールとヘレナというカップルからの依頼で、17世紀の城を式場にした豪華絢爛な結婚式をプロデュースすることになり、意気込む。いつも通り、人にとって大事な式を成功させるため様々な準備を整えて当日に臨むマックスだったが、全く良い気配がなかった。ウェイターはあまりにもだらしない恰好、スタッフのひとりは新婦を口説き始め、オーケストラはワンマンショー気取りだったりと、ありえないトラブルが続発して困っていく。マックスの努力は全て泡と消え、感動的になるはずの式は大惨事と化してしまう。

原題:Le sens de la fete(C’est la vie!) / 製作:フランス(2017年) / 日本公開:2018年7月6日 / 117分 / 制作: / 配給:パルコ 

映画『セラヴィ!』予告編

(C)2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『セラヴィ!』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
なぜか落ち込んだ時は元気をもらえる映画が見たくなるもの。この映画もそのひとつであり、監督は過去作でもそうした元気提供作品をたくさん生み出してきました。そんな作品を鑑賞したいと思ったときに、便利なのが動画配信サービスです。スマホなどちょっと時間が空いたときに鑑賞することもできますし、家でなるべく大きな画面で視聴したいと思ったときはテレビでも観れます。もうDVDを借りる必要性はほぼないです。特典を見たいときくらいでしょうか。その動画配信サービスは嬉しい事にお試し期間があって、無料で期間中は利用できます。つまり、実質的にタダで映画を鑑賞できるわけです。これを逃さない手はないと思いませんか? 紹介しているVODを目でチェック、その後は動画リンクへGOです。あとは実際のサイトで視聴可能かを最終チェックするのみ。このステップだけであとは無料動画体験にレッツエンジョイできます。配信の扱いは場合によっては期間が限られますから、なるべくお早めに登録するなどして、楽しみいただくのがベターだと思います。後悔しても遅いですし、そういう残念な経験をした人の声もチラホラ聴けますから。

「無料」より安いものなし!
お目当てのムービーのビデオ探しをする前に、喜びをプラスしてくれるビギナーお試しを入手しない手はないでしょう。「ねえねえ、映画を無料で観られる方法って知っている?」「そんなのあるわけないじゃん」「実はね…」こんな秘密の裏技でもない、正々堂々の方法が無料お試しという選択肢です。「サービスの利用停止はすぐにできますか?」という質問は最も頻繁に寄せられるものです。その答えはいつもひとつ。とても簡単にできます。自由に退会ができないようなことはないのでご安心を。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「セラヴィ!」の鑑賞はダメです。「私のiPhoneはセキュリティが万全だから大丈夫って聞いた」それは嘘です。どんなメーカーの機器でも必ず脆弱性があり、深刻なリスクの修正も間に合わないこともあり、自分のあずかり知らぬところで大ダメージを受けていることも否定できません。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

これに決めた!
「もしかして、これって最高の動画鑑賞ベストチャンスなのでは?」と思うなら、今はそれを黙々と信じるのみです。注意すべき大きな特徴は配信の状態であり、これは1年ごとに変わるのではなく、週単位、下手をすれば1日単位でチェンジしてしまうということであり、目が追い付きません。「セラヴィ!」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。今、見ているページにアイコン画像が表示されていませんか? これは配信している可能性が高いことを示しています。そうしたアイコン・リストが1個もないのならば、情報待ちか、まだ未配信と考えるべきかもしれません。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フルムビバースにはそんなリンクは皆無です。なお、どんなに配信状態を正確にリアルタイムで反映していたとしても、今日の中身は今日、自分でラスト確認するのを推奨します。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「セラヴィ!」でもあります。パソコンやスマホだけでしか視聴できないと思っている人もいますが、家にあるテレビでも鑑賞可能です。ただし、条件が発生します。どんなテレビでも良いわけではなく、対応可能な機種でないといけません。詳しくは各テレビメーカーの公式サイトの取扱説明書などを確認すると良いです。最新のテレビならば最初からVOD関連の機能が追加されているので迷うこともないはずです。大画面で鑑賞すれば圧倒的な映像体験を堪能できます。

情報の充実度はピカイチ
情報満載のフルムビバースは単純に動画調べに使う以上の利便性を網羅的に提供しています。例えば、インタビュー記事の引用もあって、作品の深掘りができたり。また、トリビア的な雑学を知って、意外な面白さに気づいたり。トレイラー動画を視聴するのも定番なので外せません。こちらではメイキング動画をピックアップしていることもあるので、「この映画はこうやってクリエイトされたのか~」と感心するも良し。「エリック・トレダノ」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、民放の番組で映画が放映されているときはたいてい複数のシーンがカットされています。中には30分以上の大幅カットも珍しくないです。これでは映画の本来の面白さが大きく消失してしまい、その作品を100%見たとは言えません。でも、VODならそこも抜かりありません。決められた尺がないので最初から最後のエンドクレジットまで映画全編を鑑賞できます。「セラヴィ!」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。もし解約が困難な仕様だったら…と不安がるのも理解できます。けれども解約は1分もかからない短時間で完了します。各サービスによって細部は異なりますが、基本は同一。まず用意された解約ページにアクセス。登録情報を入力して本人確認します。続いて「契約を解除する」を選択。その後に本当にそれでいいのかと忠告が表示されたり、アンケートが画面に出たりしますが、テキトーに進みます。それで終わり。電話をすることもなし。あっという間です。

『セラヴィ!』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『セラヴィ!』をさらに知る

★スタッフ
監督:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ(関連作品:『サンバ』)
脚本:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ
撮影:ダービッド・シザレ
音楽:アビシャイ・コーエン

★キャスト(キャラクター)
ジャン=ピエール・バクリ(マックス)、ジャン=ポール・ルーブ(ギイ)、ジル・ルルーシュ(ジェームス)、バンサン・マケーニュ(ジュリアン)、アイ・アイダラ(アデル)、スザンヌ・クレマン(ジョジアーヌ)、アルバン・イワノフ(サミー)、バジャマン・ラベルヌ(ピエール)、ジュディット・シュムラ(エレナ)、エレーヌ・バンサン(新郎の母)

★『セラヴィ!』の評価

IMDbRTMETA
6.9??%??
映画comY!FM
3.6???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『セラヴィ!』の感想

●無料ホームシアター 
「最強のふたり」という作品を何度も宣伝で聞いてきたような気がしますが、今回は本当に監督作ですね。最も感銘を受けた映画のうちのひとつといっても過言ではないので、その監督とあれば、楽しみにするのは避けようがない期待。たぶんそういう人は多かったはずです。グランドホテル形式で、前半様々なキャラが次々と登場するという構成は、かなりベタなユーモア要素アリの王道ドラマに仕上がっていました。インパクトは薄めですが、良い映画です。
●シネマトゥデイ  
タイトルは「まぁ、これも人生さ!」みたいな肯定のメッセージでしょうか。目まぐるしく慌ただしく展開する流れと、マシンガントークの様な台詞のやり取りにどうしたって意識が持っていかれますが、あまり深く考えずにノリで楽しむ映画なんだと思います。他人の結婚式や他人の苦労を横から覗いてくすりと笑う感覚という感じで、うまい具合に他人事的なスタンスで向き合えばベストポジションになると思います。そんなお気楽さでも人生です。
●イオンシネマ 
ザ・ヨーロッパ映画です。これ以上のないテンプレです。映画館でなくても後で家でじっくり見るのがいいかもしれませんね。劇中で流れる「君の瞳に恋してる」は、サビを聴かせてくれない意地悪な使い方でしたが、最終的にはエンドクレジットでしっかりフルコーラス楽しめるように配慮されていて、そこは良かったなと。前半でしっかりキャラクターを把握できるし(逆にそこが重要です)、後半の畳みかけもシンプルながら盛り上がりました。