菊とギロチン(2018)

女相撲が叩きつける青春群像劇

映画『菊とギロチン』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画再生画面を妨害する広告は無いです。
今すぐ『菊とギロチン』を見るなら動画リンクをチェック。

瀬々敬久監督が、『ヘヴンズ ストーリー』以来8年ぶりとなる自身のオリジナル企画として手がけた青春群像劇。プロデューサーは坂口一直、石毛栄典、浅野博貴、藤川佳三。大正末期、人びとが閉塞感にあえぐ関東大震災直後の社会が揺れ動いた日本。ある日、東京近郊に女力士たちに交じって、元遊女などワケあり娘が集まって構成された女相撲の一座「玉岩興行」が出現する。夫の暴力に耐えかねて家出をして女相撲に加わった経歴を持つ新人力士の花菊は、「強くなって自分の力で生きたい」という一心で厳しい練習を重ねていた。自分を鼓舞して限界に挑戦する日々。興行当日、会場には師と仰ぐ思想家の大杉栄が無残に殺害されたことへの復讐を画策するためにこの地に流れ着いた中濱鐵と古田大次郎らアナキスト・グループ「ギロチン社」の若者たちの姿があった。社会への怒りはとめどなく若い体に溢れている。格差のない平等な社会という理想を標榜する彼らは、懸命に奮闘する女力士たちの戦いぶりに魅了され、彼女たちと行動を共にするようになる。

原題:菊とギロチン / 製作:日本(2018年) / 日本公開:2018年7月7日 / 189分 / 制作: / 配給:トランスフォーマー 

映画『菊とギロチン』予告編

(C)2018「菊とギロチン」合同製作舎


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『菊とギロチン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
「旧作映画を無料で見るなら動画配信サービスというのは知っているけど、新作映画はさすがに無理だよね…」そんな考えは捨ててください。実は劇場で今まさに公開されている映画も、お得に鑑賞する方法があります。それが動画配信サービスのなかでも劇場割引クーポンがもらえるものを活用する手段です。これで最大で無料鑑賞も夢ではありません。そうそう乱発できる裏技ではないですが、ここぞというときに利用しましょう。もちろん関連作品を一緒に鑑賞するのも良いことです。配信されている作品の中には監督の過去作や出演者の関連作もありますから、それを見ることでさらに映画体験のフレッシュさを高めることができるでしょう。ではレンタル配信が始まったらどの動画配信サービスで視聴できるのだろうか。そんなときはこのページでレコメンドしているVODを参照してください。このサイトでは作品ごとに配信されているVODを整理して、まとめています。よくある他のサイトでは常に同じVODだけを勧めてくるものがありますが、フルムビバースではそのようなことはしていません。常に平等に作品ごとに視聴可能なVODを紹介しています。どのVODがいいのかは個人のユーザー環境や好みによって違いますので、断言はできないものです。

「無料」を嫌う人はいない!
新入生のようにワクワクの気持ちでこの動画パラダイスにやってきたのなら、無料のトライアルをどうぞ持っていってください。「無料なんてズルくないのかな?」そんな危惧は心配しすぎ。しっかり公式サイト内で提供してくれている、卑怯でもない、正統な手段ですから胸を張って使わせてもらいましょう。おカネはそれからです。「よく広告でもみるけど本当に無料なんてあるの?」と思っているなら太鼓判を押せます。これは間違いなく初心者への無料救済策。最初の一歩を踏み出せないあなたに贈るプレゼントボックスです。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「菊とギロチン」の再生はダメです。強制表示される広告はアダルト系のものが多いですが、中には登録しないと動画が見れないかのように誤認させるものも。それで登録でもしてしまえば、プライバシーはなくなると思ってください。流出騒ぎになってからではもはや手遅れとなります。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

これに決めた!
「井の中の蛙大海を知らずとは言わせない。今日から映画を観まくるぞ!」そんな冒険心を沸騰させる動画の旅へ送り出します。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「菊とギロチン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が開始したサービスをロゴアイコンで掲示しています。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フルムビバースは無意味な誘導リンクはゼロです。なお、どんなに配信状態を正確にリアルタイムで反映していたとしても、今日の中身は今日、自分でラスト確認するのを推奨します。

邪魔な広告は無し!
リーチサイトの中には危ないサイトへ誘導するものがあります。そこは危険だらけ。「Download」や「Watch」などわざとクリックを誘う紛らわしい表示を混ぜ合わせた、非常に悪意のあるコンテンツが満載で、気をつけていても罠に嵌ることがあります。対して、フルムビバースではクリーンな構成を心掛け、「菊とギロチン」視聴を妨害しません。すでに業界関係の企業や組織が議論して練り上げた広告自主規制ルールがあり、このサイトでもその決まりを守って悪質な広告形態は排除しています。だから今まさに見ている画面上の広告料が極小なのです。

無料動画サイトとの違い
一般的な動画サイト(YouTubeやニコニコ動画)は煩わしい登録などの作業もなくすぐさま動画を見放題というのがメリットであり、そのため全世代に普及し、ビジネスでも活用されるようになったものですが、デメリットも散在。詐欺的な騙し動画もあれば、中身がスカスカの空虚なゴミ動画まで。誰でもアップロードできるゆえに品質に関する保証はないです。そこでVODの出番。全てがマネジメントの行き届いた動画で埋め尽くされるので、ストレスゼロの気持ちのいい、「菊とギロチン」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

俳優好きにも必須
多彩な魅力を合わせ持つ映画エンターテインメントの立役者はまさしく俳優です。マッチョなあの人、セクシーなあの方、アバンギャルドな異彩を放つあの子、熱狂してドハマりになってしまうファンが生まれるのも納得の唯一無二のカリスマ性。そんなムービー・スターの出ている動画を抽出できるのも、検索機能を持つVODの強みです。「菊とギロチン」の芝居は一見の価値ありと言い切れます。何度も繰り返し鑑賞してもその惚れ惚れとする姿勢にうっとりです。しかし個人的な資金力には限界が…。でも安心してVODで低コストで追いかけられます。

高評価作品は観る価値あり
がむしゃらに映画を見まくるというのも今の時代ならばそこまで金もかけずに実現できるのですが、時は金なりですので、労力を節約したいときもあります。かといって1度に3作品同時鑑賞なんて荒業は精神的にも体力的にも推奨しません。そこで世間的に評価の高い映画から手を出すのがまずはとっかかりになります。受賞作はそれだけの有意な価値がある証拠ですし、アート的な観点で素晴らしい体験を与えてくれるものです。「菊とギロチン」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『菊とギロチン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『菊とギロチン』をさらに知る

★スタッフ
監督:瀬々敬久(関連作品:『友罪』)
脚本:相澤虎之助、瀬々敬久
撮影:鍋島淳裕
音楽:安川午朗

★キャスト(キャラクター)
木竜麻生(花菊ともよ)、韓英恵(十勝川たまえ)、東出昌大(中濱鐵)、寛一郎(古田大次郎)、嘉門洋子(玉椿みつ)、前原麻希(梅の里つね)、仁科あい(若錦まき)、田代友紀(羽黒桜まつ)、持田加奈子(小天龍よし)、播田美保(与那国うし)、山田真歩(小桜はる)、大西礼芳(勝虎かつ)、和田光沙(日照山きよ)、背乃じゅん(最上川せん)、原田夏帆(2代目小桜)、渋川清彦(岩木玉三郎)、嶺豪一(三治)、荒巻全紀(倉地啓司)、池田良(河合康左右)、木村知貴(仲喜一)、飯田芳(小川義雄)、小林竜樹(田中雄之進)、小水たいが(小西次郎)

★『菊とギロチン』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.5???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『菊とギロチン』の感想

●無料ホームシアター
戦前のアナーキストと、女相撲。共通点はどちらも世間からはおかしな奴らと思われていた。つまり社会から浮いた存在。それがつながりあい、何か今の日本に残そうとしている。それは映画として今作が作られたことにも通じる運命的なものではないかとさえ思う。しかも、最近も相撲業界で女性厳禁の体質の異常性が垣間見えたばかり。日本は戦争と社会経済発展を経験して変わったという。本当だろうか。大切なものは今も見失ったままではないのか。
●FILMAGA 
大正という時代と、女相撲という題材と思想が混ざり混沌が錯綜する。このテーマ性、見事に今のリアルを射抜いている。さすが監督。狙いが見事だ。花菊の自分のやりたいことに対する現実とのギャップ、すれ違う願い、過ぎゆく時もまた日常生活に存在するもどかしさ。しっかり青春映画にもなっているのも素晴らしい。これは意外な名作として邦画界で語り継ぐ一作ではないかとさえ思う。生きた時代を映す鏡として、観る価値はおおいにあるだろう。
●BILIBILI
冒頭の覗き穴ショットより監督による観客へのストレートな引き込みが始まる。これは見ているんだ、ありのままの世界を、そして今のあなたたちも。そんなことを訴えるようだった。また、スポーツ映画としての迫力も美しいほどに洗練されている。たくさんの女力士が身体をはった土俵上の対戦シーンは、丁寧に撮られていて完全に集中していた。女相撲とギロチン社は格差のない平等な社会を目指すことで繋がっていた。私たちは何とつながるべきか。