最後のランナー(2016)

名作「炎のランナー」のその後を描く

映画『最後のランナー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画再生画面を妨害する広告は無いです。
今すぐ『最後のランナー』を見るなら動画リンクをチェック。

アカデミー賞4部門を受賞した『炎のランナー』のモデルとなった人物で、1924年のパリ・オリンピックで金メダルを獲得したエリック・リデルのメダル獲得後のエピソードを、実話をもとに描いた人間ドラマ。製作はマーク・バシーノ、ジム・グリーン、スティーブン・ラム、スティーブン・シン。オリンピックという最高の晴れ舞台で金メダルを獲得したエリック・リデル。成功を手にした彼は敬虔なクリスチャンであるため宣教師として生きる道を選択し、オリンピックの翌年に中国の天津へと旅立った。その先では大きな試練が待っていた。1937年、日本軍の占領下におかれた天津は外国人を取り巻く環境が劣悪化し、人道支援を続けるリデルも欧米民間人とともに収容所に入れられて絶望的な状況に追い込まれる。過酷な環境下でリデルは体調不良に苦しむが、自分にできるのは走るのみ。無我無心で走ることによって不屈の信念を示し、仲間たちの希望となっていく。そんな中、リデルが金メダリストであることが収容所の指揮官の耳に入り、指揮官がリデルにレースを申し入れる。

原題:On Wings of Eagles / 製作:中国・香港・アメリカ(2016年) / 日本公開:2018年7月14日 / 96分 / 制作:Goodland Pictures / 配給:ブロードメディア・スタジオ 

『最後のランナー』予告

(C)2017 Goodland Pictures (C)2017 KD Multimedia Limited Innowave Limite


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『最後のランナー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
「映画を無料で見る? 旧作であれば動画配信サービスで探して視聴できるかもしれないけど、新作は無理だよね」いいえ、そんなことはありません。劇場公開作がシアター公開中にネット配信されることはなくとも、映画館でお得に見るために動画配信サービスが役に立つ時があります。それは割引クーポンが手に入るのです。それを使って劇場でもともとあるお得な割引デーのタイミングと合わせて利用することで無料鑑賞も可能です。しかも、VOD自体は無料お試し期間が用意されているので、安心して手を出すことができます。映画がネット配信された場合はこのページで配信状況を整理しています。表示されている動画配信サービスを選択して作品鑑賞が可能か最終チェックをしましょう。あなたの利用していないサービスをまず試すのがオススメです。先にも書いたように無料お試しが利用できるはずです。

「無料」で感謝!
しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。いくら資産があっても映画に全投資できるようなハイパーリッチは少ないです。みんなは財布とにらみ合い、生活を考えながらも楽しみを映画に見いだそうとしてます。VODは助けになります。「無料期間が早期にシャットアウトしちゃったら?」と危惧する声もあるでしょうが、動画を複数視聴するのにじゅうぶんな猶予があるので、あなたのカレンダーに合わせて試用を満喫できるでしょう。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「最後のランナー」の鑑賞はダメです。不正アプリが審査をすり抜けて公式アプリストアに紛れ込む例もあり、サイト利用を通して自然にインストールを促される場合も。あれこれと手口を変え、姿を変えて侵入を試み続ける「良くない存在」にとって、違法動画視聴者は絶好の騙しやすい相手です。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

配信しているのはコレ!
数か月前の公開映画から数年前、十数年前と、その範囲は自由自在な新旧ハイブリット・ラインナップがあなたを待っています。しかし、VODは流動的すぎるという難点がこびりついています。展開する企業の多さも尋常ではなく、配信作品の顔ぶれも毎日のように変化して、追いかけるのもやっと。「最後のランナー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。1分1秒を無駄にしたくないという現代人にはタイム節約になるサポートページが役に立ちます。こちらでは該当作品を配信中のVODを探す作業を簡略化する頼もしいスーパーヘルパーになれます。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フルムビバースにはそんなリンクは皆無です。VODはいくつもあるのでそれごとに無料お試しは可能。つまり、まず1つ目の1か月体験が終わって、次の2週間体験に、そしてまた別の…と連続利用もできなくはないです。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、フェアなレコメンドを最重視。他にありがちな一部のみのサービスを紹介するという露骨な誘導はせずに、あくまで日本で展開しているサービスの中から視聴可能なものをフラットに上下関係優劣をつけずに表示しており、最終的な判断はユーザーにお任せしています。自分に合うものを納得いくまでじっくり選びぬくことが大事です。単純に「最後のランナー」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

無料動画サイトとの違い
一般的な動画サイト(YouTubeやニコニコ動画)は煩わしい登録などの作業もなくすぐさま動画を見放題というのがメリットであり、そのため全世代に普及し、ビジネスでも活用されるようになったものですが、デメリットも散在。詐欺的な騙し動画もあれば、中身がスカスカの空虚なゴミ動画まで。誰でもアップロードできるゆえに品質に関する保証はないです。そこでVODの出番。全てがマネジメントの行き届いた動画で埋め尽くされるので、ストレスゼロの気持ちのいい、「最後のランナー」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。ずっと使い続けたいのはやまやまだけど、いつかはサービス利用をやめるときだって来るかもしれません。そもそも自分に全然合わなかったら困ります。そこで気になるのが解約の手続き。スマホなどは解約に面倒なイメージがあるせいで、VODも同じではないかと危惧する人もいますが、全くそんなことはありません。用意済みの退会ページに移動して契約解除をポチっとするだけ。それで終わり。スマホから普通にできるので、お待たせする時間もゼロで、スピード解決します。

俳優好きにも必須
俳優の姿にキャーキャーと黄色い悲鳴を上げるのも映像コンテンツの醍醐味であり、ついつい夢中になってしまうこと。あんなドキドキのセリフ、刺激的な仕草、目線の動き、大胆な熱演、メロメロな愛嬌…全てがご褒美になる嬉しい大サービスです。VODは俳優出演作の抽出ができるので、イチオシをプッシュするのもラクです。「ジョセフ・ファインズ」の絶技が光る役者魂はそれはもう素晴らしいです。ファンを増やしたいな…と思っているなら、それであればVODで布教活動をしていくのが効率的に上手くいきます。勧めやすいですし、DVDよりも手軽です。

『最後のランナー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『最後のランナー』をさらに知る

★スタッフ
監督:スティーブン・シン
脚本:スティーブン・シン、マイケル・パーカー、クリストファー・C・チャン
撮影:チェン・チュウキョン
音楽:スコット・グリアー

★キャスト
ジョセフ・ファインズ、ショーン・ドウ、エリザベス・アレンズ、小林成男、リチャード・サンダーソン、ジェシー・コーブ

★『最後のランナー』の評価

IMDbRTMETA
5.8??%??
映画comY!FM
?????3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『最後のランナー』の感想

●無料ホームシアター 
映画自体はスポーツ映画というよりは歴史映画でかなり過酷な内容になっていて、第二次大戦中の中国の現実をそのまま描いている。なので、当然これは避けられないことなのだが、日本人の描写はキツイ。確かにこの時代の日本は自国民に対しても平然と酷いことをしていたわけで、外国であれば容赦するわけもなかった。そういう実情も踏まえて、最悪の世界だからこそ育っていく競争力と不屈の精神があるのだろう。それも納得の映画として心に刻まれた。
●DAILYMOTION
思った以上に宗教に対するメッセージ性の強い作品になっているので、いわゆる「炎のランナー」とそのままな雰囲気を期待すると、あれれと違和感を感じるかもしれない。時代設定上はかなり日本が悪側になってしまう時期なので、見るのがつらい人もいるかもという部分もあって、日本公開が厳しいのではないかと思ったが、ちゃんと上映して良かった。地獄のような日々でも一歩一歩前に進む。このマラソンはゴールが見えないという恐怖がある。
●イオンシネマ 
オリンピックで金メダルを獲得すれば、あとは栄光と華やかな勝ち組の人生が待っている。そう思ったが、現実はそんな期待を踏みにじるくらいの酷いリアルが待っていた。メダルでさえも何の役に立たない戦争という障害。それは全力で走っても追い抜くことはできない、永遠に付きまとってくる、恐ろしい存在。それでも走るということがここから脱出するカギになる。これが人生は何が起こるかわからないという不可思議さそのものなのかと思う。