志乃ちゃんは自分の名前が言えない(実写映画)

伝わらなくてもいい、伝えたいと思った

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画再生画面を妨害する広告は無いです。
今すぐ『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』を見るなら動画リンクをチェック。

漫画家・押見修造が実体験をもとに描いたコミックを、南沙良と蒔田彩珠のダブル主演で実写映画化した青春ドラマ。プロデューサーは田坂公章と伊達毅、製作は安井邦好、崔相基、二宮清隆、鷲見貴彦。言葉を話すのが上手くできないために周囲となじめずにいた高校1年生の大島志乃。しかし、同級生の岡崎加代と校舎裏で出会ったことをきっかけに、彼女と一緒に過ごすようになり、気の知れた友達ができる。それは新しい青春の充実だった。コンプレックスから周囲と距離を置き、無意識に卑屈になっていた志乃だが、加代にバンドを組もうと誘われて今までにない変化を経験していく。人生にかつてない色が加わったような爽やかさ。やがて、志乃をからかった同級生の男子・菊地が強引にバンドに加入することになり…。

原題:志乃ちゃんは自分の名前が言えない / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2018年7月14日 / 110分 / 制作: / 配給:ビターズ・エンド 

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』予告編

(C)押見修造/太田出版 (C)2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
心温まるヒューマンドラマは私たちの人生に思わぬきっかけを与えてくれます。そんな映画を観ることはかけがえのない価値です。では作品にたくさん触れ合うにはどうすればいいのでしょうか。オススメは動画配信サービスです。利用したことのない人は、ネット配信で作品をいっぱい見れるものくらいの認識しかないかもしれませんが、それだけでなく、映画館での割引クーポンがあったり、配信されたばかりの準新作をポイントで購入できたりします。さらには無料試用の期間が用意されているので、その期間はタダ。あの映画も無料で見れてしまうのです。そんな美味しい話があるかと思うかもしれませんが、これはちゃんと公式が提供しているれっきとしたサービスです。解約したいときはすぐにできるので安心してください。では新作のレンタルorネット配信が始まったら、動画配信サービスのなかで視聴可能なものはどれなのか。その情報については、このページでは視聴可能なVODが整理しているので、判断の役に立つはずです。フルムビバースでは特定のサービスだけを推奨するような贔屓はしていません。あくまで観ることができるVODを平等にリストしています。掲載がない場合は、作品が配信されるかどうか情報の更新をお待ちください。

「無料」は全て初心者のため!
初散歩ならぬ初VODならば無料お試しトライアルの切符をゲット。これは各サービスで用意済みなのでチャンスは多め。効率的なコストパフォーマンスで動画を見たいという考えは当然です。ケチでもなんでもなく、節約を望むのは何も悪いことではありません。VODならば最安で映画を堪能できるので大満足でしょう。「上手い話には裏がある。登録にてこずるのでは?」と信じていない人も楽勝。要するにアカウント作成と同じ。パパッと済ませれば、最速でも1分はかからないでしょう。審査も無しです。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の再生はダメです。「動画が見れるからいいや」なんて淡い期待で手を出すつもりならそれは大きく裏切られます。再生なんてろくにスムーズにいかず、広告が映像の邪魔をしてきます。それを閉じようとしても不快な別ページに飛ばされてしまい、戻ることもできません。今は何ともなくともいつ何時、底の見えない足場で地雷を踏んでしまうかはわかりません。足が吹き飛べば動画の気分も爆散します。

配信しているのはコレ!
最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作まで、新旧混合映画は魅惑的で今すぐ見たくなります。しかし、VODは流動的すぎるという難点がこびりついています。展開する企業の多さも尋常ではなく、配信作品の顔ぶれも毎日のように変化して、追いかけるのもやっと。「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。VOD自体が明快に配信通知システムを広く展開してくれると嬉しいのですが、現実的に厳しいので、まずはこのページで配信確認を補助して視聴の準備に使ってください。もちろんこのサイトは何も登録は求めません。レコメンド内容が全く同じコピペで量産するような雑な紹介はせず、個々の作品に合わせて調整を加えながら、動画配信の有無を検証しています。無料動画で夢心地になれる数少ない絶好の機会です。いつまでも配信が続くわけではないので、観たいと思った時に行動しましょう。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間は魅惑的な響きですが、調子に乗っているとそのせっかくのタイムスケジュールを台無しにすることもあります。例えば、登録日からひと月という設定もあれば、登録月の月末までで終わるものも。後者のパターンでは、例を挙げると「26日」に登録して月末が「31日」だとしたら5~6日しか試せないことになって「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を眼球に刻み込む余裕もないかも。つまり有効的なスケジュール管理が必死なので、時間のマネジメントが苦手な人は事前に休暇をとれるなどの条件にタイミングを合わせると上手くいくはず。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、フェアなレコメンドを最重視。他にありがちな一部のみのサービスを紹介するという露骨な誘導はせずに、あくまで日本で展開しているサービスの中から視聴可能なものをフラットに上下関係優劣をつけずに表示しており、最終的な判断はユーザーにお任せしています。自分に合うものを納得いくまでじっくり選びぬくことが大事です。単純に「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。素人考えだとフィルタリングでじゅうぶんな効果がありそうですが、これはただのブラックリストなのでどんどん新設される危険サイトの増殖に追い付けません。ブロッキングもドメインを変えられると意味がないです。そこで正規サービスを推薦して定着させるのが重要。VODはまさに適役。不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」合法視聴方法を拡散しましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。もし解約が困難な仕様だったら…と不安がるのも理解できます。けれども解約は1分もかからない短時間で完了します。各サービスによって細部は異なりますが、基本は同一。まず用意された解約ページにアクセス。登録情報を入力して本人確認します。続いて「契約を解除する」を選択。その後に本当にそれでいいのかと忠告が表示されたり、アンケートが画面に出たりしますが、テキトーに進みます。それで終わり。電話をすることもなし。あっという間です。

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』をさらに知る

★スタッフ
監督:湯浅弘章(関連作品:『THE NEXT GENERATION パトレイバー 第6章』)
脚本:足立紳
撮影:今村圭佑
音楽:まつきあゆむ

★キャスト(キャラクター)
南沙良(大島志乃)、蒔田彩珠(岡崎加代)、萩原利久(菊地強)、山田キヌヲ(小川悦子)、奥貫薫(大島由美)、小柳まいか、池田朱那、柿本朱里、中田美優、蒼波純、渡辺哲

★『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.83.623.9
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』の感想

●無料ホームシアター 
何度もリピートしたくなる素晴らしい映画でした。この鑑賞後の気持ちをどう表せばいいのか、本当に困る。吃音で人と上手く話せない、音痴、空気が読めない、その他、コミュ障な要素として働いてしまうものの数々。そんな「誰かに何かを伝える力」に何処か難を抱える、高校生たちの物語が優しく展開されるのです。なぜか涙が止まらない。これは観客によっては心に深く突き刺さるようなメモリアルな作品になることは絶対にそうだと断言できる。
●FILMAGA 
もう涙で前が見えない。前半に、かよちゃんが、しのちゃんに言った「また明日ね 」が、後半では、「じゃあね、バイバイ」になる。あのバスに乗らずに、ぎりぎりまで、お互い何を言うか、何を言わないでおくか、考えていたのかなとか、いろいろ考えてしまう。それくらい劇中のキャラクターに感情移入してしまうのだった。激烈で感動的なサクセスでなくとも人にはドラマがある。そこにあるのは私だけの物語。でも共感させられる。不思議だ。
●BILIBILI 
「ずっとそんな喋り方だったの?」じゃないだろ!って作中の教師の世間知らずに怒りが湧いたのですが、実際にどういう対応が正しいのかはわからない。というか、正しさなんであるのか。人付き合いに正解なんてないのかも。だからこんなに悩むんだ。そんな気持ちになった。ラストは思ってたのとは全く違う展開。最初のカラオケのシーンでは胸に突き刺さるものがあったから、もっと歌声を聴きたいのが本音。これはどこかで聞けないのかな。