君が君で君だ(2018)

この愛は純情か、それとも異常か

映画『君が君で君だ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画再生画面を妨害する広告は無いです。
今すぐ『君が君で君だ』を見るなら動画リンクをチェック。

愛する女性が憧れる人になりきり、自分の名前すら捨て去って10年間にわたり彼女を見守り続けた3人の男たちの愛の行方を、疾走感あふれる映像で描き出す異色の恋愛ドラマ。エグゼクティブプロデューサーは加藤和夫。自分のアイデンティティであるはずの名前を捨てて、彼女が大好きな尾崎豊、ブラッド・ピット、坂本龍馬になりきった3人の男たちは、どんどん想定外の方向へ突き進んでいく。その先には何があるのか。

原題:君が君で君だ / 製作:日本(2018年) / 日本公開:2018年7月7日 / 104分 / 制作: / 配給:ティ・ジョイ 

映画『君が君で君だ』予告編 【この愛は純情か、それとも異常か】
池松壮亮、完成作を観て"ハチャメチャだった" 映画『君が君で君だ』単独インタビュー

(C)2018「君が君で君だ」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『君が君で君だ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
一風変わっている、でもドラマチックでわけもわからず感情を動かされる、そんな恋愛映画を見たいのであれば、今すぐ行動あるのみ。それが新作映画であっても、旧作でも、動画配信サービスは心強い味方になります。このVODは、ネット配信作品を多数取り扱い、見られるようにしているものですが、実は劇場で使える割引クーポンを手に入れることもできます。もちろん、関連作を見るのも良し。配信作品をチェックして、監督の他作品や俳優の出演作を観るも良し。自由な鑑賞スタイルで、自分に合った利用方法を選びましょう。自分の見たい作品がなくても、いつかネット配信されることもあります。そんなとき、どの動画配信サービスで視聴可能なのか判断する必要がありますが、このページは配信中のVODを整理してまとめています。もしその中に自分が利用していないサービスがあれば、チャンスです。無料お試しを活用して、無料動画体験を手にすることができます。一度登録すると、退会するのがめんどくさいということがないのかと思っている人も大丈夫です。解約は数ステップで簡単にできます。

「無料」を見逃すな!
「無料ではなく有料だしね…」そんな財布のひもが固い人にも、気持ちを緩めてくれるのがお試しの刺激的な誘惑です。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「アカウントは具体的に何に使うのですか?」その漠然とした問いかけに答えるなら、VODで見た動画などの視聴状況を把握し、支払いを管理するものです。詳しくは各社サイトをご確認ください。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「君が君で君だ」の再生はダメです。慢心は命取り。それは大袈裟でもなく、人命とはいかなくても、人生には癒えない傷跡を残すことになることも。個人情報流出は今ではさまざまなプライバシーと結びつき、連鎖反応的に他の犯罪を誘発していき、取り返しのつかないことになります。そのようなよろしくないサイトで流通する動画は、正規の映画本編ではないフェイクやダミーの場合もあります。

あなたの選択は自由!
作品のデジタルビデオ供給は今や一般化しており、ディスクよりもVODで見ている人の方が多数派になる勢い。ただし、配信リストは固定ではありません。つまり、ずっといつでも配信している映画もあれば、ある期間で配信が終わってしまうものもあります。「君が君で君だ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。混乱する前にこのページに載っている動画リンクを含むVODレコメンド・スペースを参照してみましょう。サジェストしている情報量も多いのですが、長所はアイコンの明快なわかりやすさです。紹介している文章がどの作品もみな同じということはなく、個々の映画に合わせてのフィッティングによって質と適正を適度に維持しています。このサイトはCookieの使用を前提にしているのでシークレットモードなどのブラウザでは機能しないこともあります。気をつけてください。

邪魔な広告は無し!
リーチサイトの中には危ないサイトへ誘導するものがあります。そこは危険だらけ。「Download」や「Watch」などわざとクリックを誘う紛らわしい表示を混ぜ合わせた、非常に悪意のあるコンテンツが満載で、気をつけていても罠に嵌ることがあります。対して、フルムビバースではクリーンな構成を心掛け、「君が君で君だ」視聴を妨げません。見てすぐにわかると思いますが、スマホ画面でもこのページにはほとんど広告がデフォルト状態でも表示されません。しつこく追尾してくる広告にうんざりしていたあなたにも使いやすいと自負できるシンプルさです。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。素人考えだとフィルタリングでじゅうぶんな効果がありそうですが、これはただのブラックリストなのでどんどん新設される危険サイトの増殖に追い付けません。ブロッキングもドメインを変えられると意味がないです。そこで正規サービスを推薦して定着させるのが重要。VODはまさに適役。不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「君が君で君だ」合法視聴方法を拡散しましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。もし解約が困難な仕様だったら…と不安がるのも理解できます。けれども解約は1分もかからない短時間で完了します。各サービスによって細部は異なりますが、基本は同一。まず用意された解約ページにアクセス。登録情報を入力して本人確認します。続いて「契約を解除する」を選択。その後に本当にそれでいいのかと忠告が表示されたり、アンケートが画面に出たりしますが、テキトーに進みます。それで終わり。電話をすることもなし。あっという間です。

俳優好きにも必須
多彩な魅力を合わせ持つ映画エンターテインメントの立役者はまさしく俳優です。マッチョなあの人、セクシーなあの方、アバンギャルドな異彩を放つあの子、熱狂してドハマりになってしまうファンが生まれるのも納得の唯一無二のカリスマ性。そんなムービー・スターの出ている動画を抽出できるのも、検索機能を持つVODの強みです。「君が君で君だ」の芝居は一見の価値ありと言い切れます。何度も繰り返し鑑賞してもその惚れ惚れとする姿勢にうっとりです。しかし個人的な資金力には限界が…。でも安心してVODで低コストで追いかけられます。

『君が君で君だ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『君が君で君だ』をさらに知る

★スタッフ
監督:松居大悟(関連作品:『アイスと雨音』)
脚本:松居大悟
撮影:塩谷大樹
音楽:半野喜弘

★キャスト(キャラクター)
池松壮亮(尾崎豊)、キム・コッピ(姫)、満島真之介(ブラピ)、大倉孝二(坂本龍馬)、高杉真宙(宗太)、中村映里子、山田真歩、光石研、向井理、YOU

★インタビュー
・池松壮亮「僕は1990年生まれで、尾崎さんが1992年に亡くなっているのでリアルタイムでは知らないのですが、父親がファンだったので、保育園の送り迎えのときに2人で大合唱するのがお決まりでした」

★『君が君で君だ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.43.073.9
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『君が君で君だ』の感想

●無料ホームシアター 
設定が奇抜なだけにとんでもない映像を見せられるのかと身構えましたが、なんてことはない。普通の純粋なロマンスでした。僕が僕であるために、君が君であるために、正しいことが何なのか。歌のとおりです。青春時代いつも傍らに尾崎豊がいた世代の自分としては、劇中スマホ着メロが「I LOVE YOU」だった時など、ちょっとしたポイントにセンサーが反応してしまうのでした。そんな個人の人生観がそのまま影響してくる映画です。
●FILMAGA 
モテない人しかわからないようなニュアンスをちょいちょい挟んでくる松居監督の「わかっている」感じ。一ミリも格好良いシーンないのにどこかかっこよく見えるのは、うがった見方をすれば、役者だしイケメンだからといえるのですが、でも監督はどんなに社会的なダメ人間とみられている奴でも輝く瞬間があるだろうと伝えたいのではないか。たとえ、それが童貞であろうが、おかしい人であろうが、そんな人間を優しく見てくれるのだ。
●BILIBILI 
正直、このまま愛とはこうだ、と言われたらどうしようかと思ったけど、誰も答えを出せてなくて、ちゃんと観客に疑問を投げかけているからいい。「君が君で君だ」というタイトルが素晴らしく、この時点でこの映画は勝っている。1度、いや2度3度観るべき作品だと思ったし、その魅力は説明できないのだけど、確実に言えるのは青春映画の邦画史上かつてない個性が光る映画だということ。これを見逃して今後の邦画は語れないだろう。
●MOVIX
10年もの間、1人の女性にストーカーをし続ける3人の男。普通の常識であれば、こいつらはアウト。ドン引き必須のクズ。しかし、この映画、それをなぜか切り捨てない。観客のありとあらゆる感情を剥き出しにしたかと思うと、一瞬で見たこともない展開を見せる。こんなにシナリオに振り回される映画は初めてだった。「少し切ないです。」は1番笑ったところで、そういうセリフのマジックがある映画が大好物の人は、まず目に入れておくべき。