イコライザー2(2作目)

シリーズ第2弾。完全抹消するか、されるか

映画『イコライザー2』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画再生画面を妨害する広告は無いです。
今すぐ『イコライザー2』を見るなら動画リンクをチェック。

オスカー俳優のデンゼル・ワシントンが、アントワン・フークア監督とタッグを組んだアクションサスペンス『イコライザー』の続編。元CIAエージェントで、昼間の表の顔とは別に、世の裁けない悪人を19秒で抹殺していく「イコライザー」としての顔を持つ主人公ロバート・マッコールの戦いを描く。製作にはトッド・ブラック、ジェイソン・ブルメンタル、デンゼル・ワシントン、アレックス・シスキンなどが名を連ねる。現在の表の職業として、日中は平凡なタクシー運転手として懸命に働いているマッコールだったがいきなり大切な人を失う。それはCIA時代の元上官で親友のスーザンが何者かに殺害されてしまったのだった。こんな状態になってしまったら、ただ黙って何事もなく生きているわけにはいかない。独自に捜査を開始したマッコールは、スーザンが死の直前まで手がけていた任務の真相に近づいていくが、それは闇に手を出すも同じだった。やがてマッコール自身にも命を脅かすような危険が迫る。そして、その手口から相手はマッコールと同じ専門的な特殊訓練を受けていることが判明。相当な実力があると思われた。同時に仲間として信頼していたはずのCIAの関与も明らかになっていく。

原題:The Equalizer 2 / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年10月5日 / 121分 / 制作:Columbia Pictures / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント / 前作:『イコライザー

『イコライザー2』予告編

© 2018 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『イコライザー2』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

誰にも止められない動画鑑賞!
圧倒的な強さを誇る主人公が巨悪をバッタバッタとなぎ倒していくアクション映画は、見るものを爽快な気分にさせてくれます。そんな数々のアクション映画を観るなら、動画配信サービスがオススメです。知らない方のために軽く解説すると、現在も人気急上昇中のサービスであり、簡単に言えば作品動画を公式で見られる動画サイト。定額料金を払うことで見放題になるタイプと、コンテンツ課金ごとに作品をひとつひとつ見られるものがあります。利用者数は増えており、とあるアンケート調査では6人に1人が利用しているという結果もあります。完全に一般的なツールとして身近に定着したといっていいでしょう。

「無料」はやっぱり魅力的!
このサービスはお金がかかるわけですが、嬉しいのは無料お試しキャンペーンが用意されているということ。無料動画的な紹介がされるのもこれのおかげ。登録して利用し始めた一定期間、サービスの利用でお金が請求されることはありません。配信として扱っている作品について、タダで動画が見られるのであり、とてもお得です。もちろん解約自体も簡単にでき、退会はスムーズに数ステップで完了できるので、安心して利用してください。また、これ以外にもサービスによっては、劇場で使用できる割引クーポンがポイントでもらえるので、映画館で鑑賞する映画もタダにできるというメリットもあります。これも無料お試しキャンペーンで手に入るポイントを使えます。全部の公開映画を見たいというのはさすがに無理ですが、どうしてもこれが見たいという作品には絶対に利用したくなる特典です。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「イコライザー2」の視聴はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

いちはやくウォッチ!
今はそんなに観る気持ちがない人も騙されたと思ってサイトをキョロキョロ眺めてください。一気に鑑賞意欲が吹き上がってきます。一方の欠点ではないですか、VODを遠ざける要因になっているのが、サービスの過剰な展開。おそらく慣れない人はこの選択肢の多さに動画どころではなくなり、二の足を踏むことに。「イコライザー2」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示アイコン画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フルムビバースは無意味な誘導リンクはゼロです。豪勢なフルスクリーン映像体験をするなら劇場のシアター環境ですが、VODもそれら大手のシネコンと連動しているものを優先すると良いでしょう。

あなたはどっち派?
外国映画を観る時のチェックポイントは「字幕」を選ぶか「吹き替え」を選ぶかという二択。片方しかないこともありますが、ネット配信時はどちらでも選べたりする機会が多いので悩むものです。好きなように選んでいいのですが、このこだわりは譲れない人もいます。外野の意見は気にせずに自分の趣味で構いませんので、VODならではのお手軽さで遊んでみるのも良いのではないでしょうか。「イコライザー2」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、民放の番組で映画が放映されているときはたいてい複数のシーンがカットされています。中には30分以上の大幅カットも珍しくないです。これでは映画の本来の面白さが大きく消失してしまい、その作品を100%見たとは言えません。でも、VODならそこも抜かりありません。決められた尺がないので最初から最後のエンドクレジットまで映画全編を鑑賞できます。「イコライザー2」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

俳優好きにも必須
シアターであろうとホームであろうと作品視聴するなら俳優陣の顔ぶれで評価する人は少なくないです。注目点は個人差があります。「佇まいだけで見惚れる。声の質が耳に残る。瞳に釘付けになる…」そんな片想いでも成就する気分になれる映画鑑賞。VODは俳優をマスターするのに最適で、出演作を抽出できるので大満足です。「デンゼル・ワシントン」の素晴らしい演技は最高のエンターテインメント・ショーであり、詩的な読み応えすらもあるかもしれません。まだ見ぬ一面にストレスも忘れて今日から新しいフォロワーになってしまうかも。

海賊版サイトは無料ではありません
巷でひっそりと拡大している違法なアップロードによる動画が揃った海賊版サイトは一見すると無料で視聴できるように見えますが、実は利用者は損失を受けています。あなたのIPアドレス、住所、アカウント情報などプライバシーを入手し、不正使用することが悪質サイトの真の狙いです。「イコライザー2」が見れるという誘い文句についていくと、無料どころが大損害でノックアウトされます。一度利用すればあなたの使用履歴は残ってしまうのですでに袋のネズミ。こうなっては後々のリカバーも難しいので、最初から関わらないのが得策です。

『イコライザー2』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『イコライザー2』をさらに知る

★スタッフ
監督:アントワン・フークア(関連作品:『マグニフィセント・セブン』)
脚本:リチャード・ウェンク
撮影:オリバー・ウッド
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

★キャスト(キャラクター)
デンゼル・ワシントン(ロバート・マッコール)、ペドロ・パスカル(デイヴ・ヨーク)、アシュトン・サンダース(マイルズ・ウィテカー)、ビル・プルマン、メリッサ・レオ

★『イコライザー2』の評価

IMDbRTMETA
7.150%50
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『イコライザー2』の感想

●無料ホームシアター 
デンゼルワシントンは怖いという恐怖の象徴と化した「イコライザー」は、敵に同情するような無敵パワーで悪党を蹂躙していく、「悪役の方が可哀想になってくる」ような圧倒的弱肉強食ムービーだったわけですが、アクションファンを唸らせました。2作目となる今作も、あの前作の基本軸をなぞりつつパワーアップして、まさしく全て消してやるといわんばかりの横暴な主人公が、相手をボッコボコにしているという凄い映像がまた見られます。
●シネマトゥデイ  
前作はびっくりするような理不尽な主人公のパワープレイに観客が「ぽかーん」となるような作品だったのです。これで珍しく1作目にして映画の基本となるフォーマットが確立していました。そこで続編となる「2」では上手く拡張してきました。拡張というよりは派手さなのかな。単純に映像をゴージャスにしたわけではありません。イコライザー的な上下の敵わない感じがそのままに、相変わらず敵をぶっ倒していきます。敵いません。
●ユナイテッドシネマ 
これからセキュリティは全部マッコールにまかせればいい。警察なんていらない。諜報部員もいらない。国家も必要ない。今や世界中が権力者をあてにしなくなった時代、こういうイコライザーにガチで期待してしまう人は増えているのだろう。デンゼルおじさんは皆に求められている。ここまでの求められ方だともはやヒーローではないか。とくにアメリカでの人気は高く、やはり人種的には主人公級の大物になれるこの俳優も期待され続ける。