スティール・サンダー

二大アクションスターが夢の共演

映画『スティール・サンダー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画再生画面を妨害する広告は無いです。
今すぐ『スティール・サンダー』を見るなら動画リンクをチェック。

ジャン=クロード・ヴァン・ダムとドルフ・ラングレンという2大アクションスターがタッグを組み、テロリストたちが収容されている潜水艦の内部で繰り広げる戦いを描いたアクション。製作総指揮にはパシャ・パトリッキ、デビッド・アレン、チャド・ロウ、ジャン=クロード・バン・ダム、ビビアナ・ザラゴイシャなどが名を連ねる。CIAの極秘情報を流出させた容疑者を追っていたウィーラーは、謎めいた武装組織に突然襲われて身柄を拘束され、テロリストたちの収容所になっている堅牢な密室である潜水艦「ブラック・サイト」に連行される。そこは強固なセキュリティの施された閉鎖空間。艦内にはマルコという謎の男が幽閉されており、CIAの流出したデータにアクセスするために必要な鍵についてあれこれと厳しく尋問されたウィーラーは、隙を突いて取調室を上手く脱出し、その秘密を抱えたマルコに協力を依頼。マルコを独房から解き放ち、潜水艦からの決死の脱出を図るが…。

原題:Black Water / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年7月28日 / 105分 / 制作: / 配給:インターフィルム 

映画 『 スティール サンダー 』 劇場用公式予告

(C)2018 BLACK WATER LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『スティール・サンダー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
俳優マニアにとってアクション映画はフィルモグラフィの中でも追いかけるのが楽しい作品群ジャンルです。個性豊かな作品で共通したアクションセンスは燃えてきます。そんな俳優関連作を観たいのであれば動画配信サービスが役に立ちます。ネット配信によって作品をたくさん見ることのできる便利なツールですが、検索機能や関連作紹介機能も充実。この俳優が出演している作品だけを探すことも一瞬でできます。どんどん視聴が止まらなくなって止め時が見つからないほどハマってしまうかもしれません。さらに無料お試しが用意されていますから、タダで映画を観ることが一定期間中はできてしまうという嬉しい特典も。無料動画のような感覚で体験すれば、まず間違いなく快適さを実感できるしょう。解約についてはすぐに可能なので安心してください。そうなってくると気になるのが自分の見たい作品がどの動画配信サービスで扱っているのかという疑問。そこでこのページでは視聴可能なVODをレコメンドしています。配信中のVODは整理して、一覧化しており、情報を更新していますので、参考にご利用ください。

「無料」で感謝!
普通でも役に立つのにさらなるメリットとして、お試しが無料で可能という、サービス利用の促進策が初心者オンリーで使えたりします。「今月はちょっとお金がピンチなんだよね…。でも見たい映画があって…」そういうタイミングで真価を発揮する初回トライアル。これはまたとないラッキーチャンスなのです。「上手い話には裏がある。登録にてこずるのでは?」と信じていない人も楽勝。要するにアカウント作成と同じ。パパッと済ませれば、最速でも1分はかからないでしょう。審査も無しです。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「スティール・サンダー」の鑑賞はダメです。「私のiPhoneはセキュリティが万全だから大丈夫って聞いた」それは嘘です。どんなメーカーの機器でも必ず脆弱性があり、深刻なリスクの修正も間に合わないこともあり、自分のあずかり知らぬところで大ダメージを受けていることも否定できません。そのようなよろしくないサイトで流通する動画は、正規の映画本編ではないフェイクやダミーの場合もあります。

あなたの選択は自由!
作品のデジタルビデオ供給は今や一般化しており、ディスクよりもVODで見ている人の方が多数派になる勢い。あみだくじみたいにあとはVODを選んでもいいのですが、せっかくなら自分の見たい映画をたくさん配信しているやつを厳選したいものです。それには手掛かりが必要になります。「スティール・サンダー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題は考えているよりも難しくなく終わらせられます。このページのアイコン表示を見れば、ある時点における配信中サービスが一目瞭然で、一番にスピード重視という人にこそ利便性抜群です。同類な動画紹介サイトは他にもありますが、ファクト重視のフルムビバースは勝手にVOD紹介を制限せず、全部を等しく掲載。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

試写も良いけど…
新作映画ほど思わず先走ってでも見たくなるものはないです。海外では先に公開されていたりして、羨ましい限りであり、ウズウズしてきます。そんなときは試写という方法を検討してみる価値はあるかもしれないです。無料で申し込んで運さえよければドリームが叶う。こんなことはまさに貴重な体験。ネットのオンライン試写もあったりするので、面倒だからスケジュールや場所に縛られたくない人もチャンスあり(それでも時間制限がありますが)。無料で見るのですからちゃんと宣伝にも貢献しておきましょう。「スティール・サンダー」も無料試写で。

広告ブロックに気をつけて
GoogleのChromeなどブラウザで動画視聴のために外部リンクをクリックした際に「ポップアップがブロックされました」といきなり表示されて無反応…そういう状況が強制発生する事例が稀にあります。その原因は広告ブロックツールだったりします。ブラウザと広告除去機能が組み合わせによってはエラーとなるケースが、とくにバージョンアップ時にたびたび報告されやすいです。これでは動画の安定視聴さえも阻害されます。「スティール・サンダー」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

動画はフルの方がいい
映画はそれなりの上映時間があり、1~2時間、長いものだと3時間を超えることもあります。しかし、長すぎるゆえにテレビ放送などでは編集されて部分的にカットされたバージョンになっていることも。これではフル動画は見れません。そこでVODの出番です。ネット配信には時間の制約はないので、初めから終わりまで作品の完全版を堪能し、隅々までしゃぶりつくせます。動画がフルなのは保証できます。「スティール・サンダー」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

俳優好きにも必須
俳優の皆さんはなんであんなに素晴らしいのでしょうか。同じ人間とは思えないと感じる人も多いでしょう。VODは俳優での検索が可能。例えば「この人の出演作がどれくらいあるのかな」と思ったら、配信作品から調べて、その気があれば視聴もできます。「え、この人が出ていたの?」とびっくりする発見があるかもしれません。「ジャン=クロード・ヴァン・ダム」の芝居は一見の価値ありと言い切れます。何度も繰り返し鑑賞してもその惚れ惚れとする姿勢にうっとりです。しかし個人的な資金力には限界が…。でも安心してVODで低コストで追いかけられます。

『スティール・サンダー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『スティール・サンダー』をさらに知る

★スタッフ
監督:パシャ・パトリッキ
脚本:チャド・ロウ
撮影:パシャ・パトリッキ
音楽:スペンサー・クリーガン

★キャスト
ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ドルフ・ラングレン、アル・サピエンザ、ジャスミン・ウォルツ、パトリック・キルパトリック、クリス・バン・ダム、コートニー・ターク、アレクサンダー・バイシェルボイム、ランス・E・ニコルズ、マーク・シャーマン、カフル・ペンドレッド、アーロン・オコンネル、イアン・ネイルズ

★『スティール・サンダー』の評価

IMDbRTMETA
4.60%16
映画comY!FM
?????3.0
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『スティール・サンダー』の感想

●無料ホームシアター 
世の中のアクション俳優にとってコイツとコイツが一緒に戦ったら最高だよなと考えて妄想することはもはやご飯の献立を考えるのと同意義といえるのだが、それはわかる人にしかわからないようだ。カップリングみたいなものだと思うのだが、なぜ通じないのか。そんな夢のバディやマッチとして、このヴァンダムとラングレンというカードは手が震えるものであるのは当然といえる。どちらも渋い活躍で華々しい映画界の成功から離れている存在だけど。
●シネマトゥデイ 
海外版のポスターはカッコいいのですよ。ヴァンダムの口にガムテープが貼られてただならぬ雰囲気。またヴァンダムは酷い目に遭うのかと往年のファンは彼の身を心配するいつものコースを辿るはず。しかし、なぜか日本のポスターはガムテープなし。なぜ? ヴァンダムに配慮したの? いや、そんなの逆にファンはがっかりだよ。彼は苦境に立たされてこそ強くなる存在なのに。そのへんわかっているのですか。そんなことを問い詰めたい今日この頃。
●イオンシネマ 
ヴァンダムといえば蹴り。しかも大股のド派手なやつ。毎回これでもかとサービス精神でキック&キックを披露してくれるのがまた最高。なのになぜか今作は舞台が潜水艦。蹴りどころか激しいアクションをするのには絶望的な状況。これによってヴァンダムの魅力ゲージに甚大なダメージが入り、大幅なパワーダウンが発生。脳筋率は少し少なめになってしまったが、そのぶんの駆け引きやどんでん返し、軽口要素は含まれているのでそれで勘弁して。