青夏 きみに恋した30日

この恋は期間限定です

映画『青夏 きみに恋した30日』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画再生画面を妨害する広告は無いです。
今すぐ『青夏 きみに恋した30日』を見るなら動画リンクをチェック。

講談社「別冊フレンド」で2013年から17年にかけて連載された南波あつこの人気コミックを、葵わかなと佐野勇斗の主演で実写映画化した青春ラブストーリー。エグゼクティブプロデューサーは源生哲雄、プロデューサーは辻本珠子と坂部康二。運命の恋を夢見る都会育ちの女子高生・理緒は、自分の知っている世界と全然違う大自然の広がる田舎で夏休みを過ごすことになる。そこで地元の男子高校生・吟蔵と出会った理緒は、一見クールだけど実は優しい吟蔵に心を奪われ、だんだんと心を寄せようと励んでみる。しかし、現実は厳しかった。そんな思いもむなしく「住む世界が違う」とあっさりフラれてしまうことになり、一瞬の夢は消えていく。そんな折、理緒に思いを寄せる祐真が東京からはるばる会いにやって来て…。

原題:青夏 きみに恋した30日 / 製作:日本(2018年) / 日本公開:2018年8月1日 / 113分 / 制作: / 配給:松竹 

『青夏 きみに恋した30日』予告編
4年ぶりの共演!葵わかな&佐野勇斗 映画『青夏 きみに恋した30日』単独インタビュー

(C)2018 映画「青夏」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『青夏 きみに恋した30日』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
恋にトキメク純粋な青春映画はいつの時代も若い人を中心に人気の高いジャンルです。作品数も多く、常に新作も追加されています。そんな作品をなるべく多く見たいという気持ちになったら、動画配信サービスがオススメです。人気が高まりつつあり、その利用者数はとどまることを知らず増える一方。アンケート調査によれば6人に1人が利用しているという統計もあります。今ではすっかり身近な映画鑑賞ツールとなったといえるでしょう。

「無料」はやっぱり魅力的!
このサービスには無料お試しキャンペーンがあり、本来はお金を払うべきところを、期間限定で無料で利用できます。つまり、配信作品をタダで見られるのです。もちろんすべての作品ではありませんが、何が見られるかはサービスによって異なります。一度登録しても解約できるので、もし期間内で退会すればお金の請求もありません。なので、安心して試してみてください。この特典は人によってチャンスの機会が違うので要チェックです。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「青夏 きみに恋した30日」の再生はダメです。無料で動画が見られるからといってそんなサイトにアクセスしようものなら、自分の知らない間に悪質な手段でリスクを背負わされることになります。視聴をせずにただサイト内で検索しているだけでも、その有害性は全く回避できないので油断なりません。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

どれを選べばいい?
新作映画もいつかはネット配信されますし、とくに大作であれば、その可能性は高いでしょう。そこで問題になるのが、たくさんあるVODの中でどのサービスで自分の見たい作品を扱っているのかを判断する必要があるということ。ひとつひとつ確認していくのはかなり大変です。「青夏 きみに恋した30日」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページでは視聴可能なVODを整理してまとめています。他のサイトと違って、情報更新が適度にされていき、特定のサービスだけを贔屓して推薦することはしませんので、安心してください。レコメンドされているVODの中に、自分の利用したことがないものがあれば、無料体験を試すラッキーなタイミングなのでぜひ検討して観てください。

登録情報は最小限
初めてのVODであるならば、初心者特有のわからないことがポンポンと沸いてくるものです。まず最初の壁は登録だと思うのでしょうが、これが思っている以上に簡単に飛び越えられるハードルです。登録と言っても複雑な審査があるわけでもなく、要するにアカウント作成なので、必要最低限の情報入力のみで完結。時間に換算すれば1分程度で完了するような手短さ。ちょっとした空き時間でも可能な作業量です。もちろん登録が終わればすぐに作品動画を視聴開始できます。あとは「青夏 きみに恋した30日」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、フェアなレコメンドを最重視。他にありがちな一部のみのサービスを紹介するという露骨な誘導はせずに、あくまで日本で展開しているサービスの中から視聴可能なものをフラットに上下関係優劣をつけずに表示しており、最終的な判断はユーザーにお任せしています。自分に合うものを納得いくまでじっくり選びぬくことが大事です。単純に「青夏 きみに恋した30日」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

俳優好きにも必須
作品鑑賞の最大のチェックポイントは俳優であると断言する人は少なくありません。それだけの魅力がこの俳優陣にはあります。スター級の大物から、ちょっと話題のトリックコメディアン、芸能界を揺るがす時の人、はたまた個人的に応援したいあの人。そんなそれぞれの推しに対して、VODでは検索することでより身近になります。「葵わかな」の芝居は一見の価値ありと言い切れます。何度も繰り返し鑑賞してもその惚れ惚れとする姿勢にうっとりです。しかし個人的な資金力には限界が…。でも安心してVODで低コストで追いかけられます。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「青夏 きみに恋した30日」の視聴をして「ああ~、満腹満腹」と自己満足に浸っているのもいいのですが、少しSNSに手を伸ばしてみませんか。というのも今はネットで評判が拡散することで話題が生まれ、視聴者もアップするという時代です。あなたのコメントでも反響が起きるかもしれませんし、意外なバズりを見せるかも。文章力や絵(イラスト)に自信があるなら頑張ってみては? 一言でもツイートするだけでも違います。

『青夏 きみに恋した30日』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『青夏 きみに恋した30日』をさらに知る

★スタッフ
監督:古澤健(関連作品:『一礼して、キス』)
脚本:持地佑季子
撮影:小宮山充
音楽:得田真裕

★キャスト(キャラクター)
葵わかな(理緒)、佐野勇斗(吟蔵)、古畑星夏(万里香)、岐洲匠(祐真)、久間田琳加(あや)、水石亜飛夢(ナミオ)、秋田汐梨(さつき)、志村玲於(タカヤ)、霧島れいか、南出凌嘉、白川和子、橋本じゅん、愛美、佐藤寛太

★『青夏 きみに恋した30日』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.81.983.2
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『青夏 きみに恋した30日』の感想

●無料ホームシアター 
青春よりも暑い夏で「青夏」なのか。そんな体験をした人は日本中にどれくらいいるかはわかりませんが、きっと経験したい人はたくさんいるはず。そんな人のために作られた作品だと言うのはすぐにわかりますね。等身大の胸キュンという感じですが、ひとついえるのは徹底して田舎が美化されていましたね。いかにも都会の人が考える、最高に自然がいっぱいで気持ちのいい爽やかな「田舎」です。イメージの中の世界ですが、これも妄想ですかね。
●FILMAGA 
夏休みだけの時期に限られた恋、一方的な誤解・衝突を経てからの急接近、家業と夢との板挟み、許嫁や三角関係、いかにも夏らしい花火や祭りなど、ザ・少女マンガ的展開のオンパレードでとことん観客にサービスしてくれるという贅沢な映画。青春から遠ざかってしまった大人の心に、消えかけていたあの頃の感覚に火を灯すための、いわば花火になればいいという狙いなのかもしれないです。それが成功したかどうかはあなたが確認してください。
●BILIBILI 
胸キュン映画は好きな方ですが、これは胸キュン度が平均ラインくらいですかね。逆にいえばクセがないので、そこまで無理やりなものはないのです。素直に見れるでしょう。変なキャラクターとかいないし。このフレッシュな空気感満載の作品に必要な最低限のものは揃っています。純粋無垢な美男美女、綺麗な環境、感情的な挿入歌。だから普通に見れるなら問題はないのです。ただ、それ以上の意外性はないので、ちょっとそこは欠点でもあります。
●MOVIX
若手不足なのか、新しい逸材を発掘したいのか、主演の葵わかな含めフレッシュな2人が頑張っていました。爽やかな恋愛映画になっていましたが、まさに中学生くらい向けなのかな。気になるのは、この作品を都会と田舎の人で観た時、感想がかなり変わってくるのではということ。とくに地方出身民はどう思っているのか。きっとまあまあ映画だしねという「察してあげる」感じになっていると思いますが。私の地元には佐野勇斗はいなかったです。