追想(2018)

一生忘れられない恋だった

映画『追想』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画再生画面を妨害する広告は無いです。
今すぐ『追想』を見るなら動画リンクをチェック。

ブッカー賞受賞作家イアン・マキューアンの小説「初夜」を、シアーシャ・ローナン主演で映画化した異色のラブストーリー。1960年代のイギリスを舞台に、静かな海辺のホテルで新婚初夜を迎えた人生の新しいスタートをきった若い夫婦の心の機微を描いた。製作総指揮にはジョー・オッペンハイマー、ベス・パッティンソン、ノーマン・メリー、ピーター・ハンプデンなどが名を連ねる。62年夏、結婚式を終えた歴史学者を目指すエドワードと若きバイオリニストのフローレンスは新婚旅行で、ドーセット州のチェジル・ビーチを訪れていた。二人での時間を過ごしていくなかで、ビーチ近くのホテルの部屋で食事をする新婚の2人は、初夜の興奮や歓喜、そして不安とさまざまな感情に襲われる。心は少しずつ変化していた。そのまま会話が緊迫してしまい、二人の間に漂う空気が気まずくなり、2人は関係性を壊すような口論を始めてしまう。ホテルを飛び出してしまったフローレンスをエドワードは追いかけるが…。

原題:On Chesil Beach / 製作:イギリス(2018年) / 日本公開:2018年8月10日 / 110分 / 制作:Number 9 Films / 配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES 

映画『追想』予告編

(C)British Broadcasting Corporation / Number 9 Films (Chesil) Limited 2017


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『追想』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
切なく葛藤と悩みを抱えてさまよう大人たちの恋は味わい深いものがあり、時々見たくなる映画のジャンルです。そんな数多くの名作もある作品たちを見たいのであれば、動画配信サービスを活用してみましょう。ネット配信されている映画を多数取り揃えているものであり、スマホもテレビもパソコンも、媒体を選べずに視聴できるという自由なスタイルが特徴です。画質や再生が不安定なのでは?と心配する人もいるかもしれませんが、最近ではダウンロード機能を備えているものもあるので、そうやってローカルな環境で見られるようにしておけば、通信量を一切気にする必要はありません。安心して通勤通学中でも視聴できます。動画配信サービスは種類が結構あり、どれを選ぶべきか迷います。一番いいのは自分の見たい作品を扱っているVODを選択することですが、なかなか探すのは難しかったりします。そこでこのページでは、配信中のVODを整理してまとめています。視聴できるVODはレコメンドしているので、その中から自分の利用していないVODを優先的に選ぶといいでしょう。無料体験を試すチャンスです。他サイトと違って定期的に情報更新をしているので、作品チェックに活用してみてください。

「無料」より安いものなし!
しかも、利用者が最も喜ぶビギナーズ・ギフトとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。「ねえねえ、映画を無料で観られる方法って知っている?」「そんなのあるわけないじゃん」「実はね…」こんな秘密の裏技でもない、正々堂々の方法が無料お試しという選択肢です。「退会させないトラップじゃない?」それはありませんと明言できます。某評判の悪いアレと違って解約にかかる手間はほぼないので、始めるのもやめるのも再開するのもかなり個人の好き勝手にできます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「追想」の鑑賞はダメです。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。「聞こえますか。今、未来からあなたの脳内に語りかけています。合法な動画を見るのです。運命の分かれ道です」…戯言じゃないです。

配信しているのはコレ!
数か月前の公開映画から数年前、十数年前と、その範囲は自由自在な新旧ハイブリット・ラインナップがあなたを待っています。ただし、面倒な部分がひとつあって、それは利用者の鑑賞したい作品を配信しているサービスを特定するというステップであり、これは避けられません。「追想」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。動画を探しまわることに疲れていませんか。いい加減にさっさと見たいはずですし、スッキリしたいものです。このページさえあれば今までの苦労なんて無かったように便利になります。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。VODはいくつもあるのでそれごとに無料お試しは可能。つまり、まず1つ目の1か月体験が終わって、次の2週間体験に、そしてまた別の…と連続利用もできなくはないです。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、フェアなレコメンドを最重視。他にありがちな一部のみのサービスを紹介するという露骨な誘導はせずに、あくまで日本で展開しているサービスの中から視聴可能なものをフラットに上下関係優劣をつけずに表示しており、最終的な判断はユーザーにお任せしています。自分に合うものを納得いくまでじっくり選びぬくことが大事です。単純に「追想」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

パスワードは大事
バリエーション豊富なVODラインナップに夢心地になる前に「使い方」を知るべきです。いや、それよりも前に大事なのはパスワードです。「え? そんなのは自分の覚えられる簡単な数字の羅列でいいでしょ?」そんな考えだと簡単にアカウントを乗っ取られてしまいます。多くの他サービスでパスワード流用すると一気にリスト攻撃で第三者にログインされてしまうことがあります。絶対に固有のパスを考えて、面倒でもメモしておくのが推奨されます。安全な「追想」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

動画はフルの方がいい
今さら何を言っているんだという感じもしますが、映画鑑賞するなら当然本編をフル視聴できないと意味がありません。さすがに半分でも良いです…みたいな人は特殊でしょう。ワクワクのオープニングからフィナーレの余韻に浸れるエンディングまで、全てをしゃぶりつくしてこその鑑賞。フルサイズ、フルタイム、フルクリアの3点が揃ってこそのコンプリートです。VODならばそこも抜かりなし。「追想」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

俳優好きにも必須
俳優の皆さんはなんであんなに素晴らしいのでしょうか。同じ人間とは思えないと感じる人も多いでしょう。VODは俳優での検索が可能。例えば「この人の出演作がどれくらいあるのかな」と思ったら、配信作品から調べて、その気があれば視聴もできます。「え、この人が出ていたの?」とびっくりする発見があるかもしれません。「追想」の演技をたっぷり堪能して、その一挙手一投足に心を躍らせるのも最高です。知らなかったその人の意外な一面を覗けることもあったり? ますますファンになって夢中になるかも!

『追想』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『追想』をさらに知る

★スタッフ
監督:ドミニク・クック
脚本:イアン・マキューアン
撮影:ショーン・ボビット
音楽:ダン・ジョーンズ

★キャスト(キャラクター)
シアーシャ・ローナン(フローレンス・ポンティング)、ビリー・ハウル(エドワード・メイヒュー)、エミリー・ワトソン(ヴァイオレット・ポンティング)、エイドリアン・スカーボロー(ライオネル・メイヒュー)、アンヌ=マリー・ダフ(マージョリー・メイヒュー)、サミュエル・ウェスト(ジェフリー・ウェスト)

★『追想』の評価

IMDbRTMETA
6.469%62
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『追想』の感想

●無料ホームシアター 
綺麗で非現実的な少し浮き上がった恋愛なのかなと思いましたが、かなり生々しい作品でした。相手が望む事と自分が望む事に大小問わず相違があった時に、お互いが歩み寄ろうとしないと破綻してしまうのは、経験がある人もおおいはずですが、まさにそんな状態でした。過去暗い秘密がありそうな場面がフワッと映るのですが、でもそれはラストに示されるのみ。この多くを語らないゆったりとした雰囲気が非常に好みにハマって楽しめました。
●シネマトゥデイ  
シアーシャローナン目当てで鑑賞。そういう人は多いでしょうね。最近かなり注目度が上がって、すっかりファンもついてしまっていますから。そういう客層の人たちは大満足できると思います。ボタンの掛け違いから瞬く間に崩れてしまうという流れを描いているお話で、「追想」という非常に無駄のないシンプルなタイトルが示すとおり、過去を振り返るしかない現実の打つ手なしさ。恋はどんどん前に進み、後ろにはいけないという事実が刺さる。
●イオンシネマ 
若気の至りという便利な言葉がありますが、勢いだけで燃え上がる恋も時にはあるわけで、そういうのを否定はできませんよね。むしろ完全に計算して恋をしている人なんているのでしょうか。恋が実るためにはさまざまな障害があって、それらは当人の人生をかけても乗り越えることは至難の業。そんな危ういハードル競争を続けるという持久戦が恋愛とするならば、もうそれは体力勝負。無論、逆走はできないというルール。苦しさを思い出しました。