英国総督 最後の家 / Viceroy’s House

独立を目前に激動のインドを描く

映画『英国総督 最後の家』のフル動画を無料視聴する方法を、安全性を確認できないサイトは除外して紹介しています。
今すぐ『英国総督 最後の家』を見るなら動画リンクをチェック。

1947年、独立前夜のインドを舞台に、激動する歴史に翻弄された人々の姿を描いたヒューマンドラマ。製作総指揮にはキャメロン・マクラッケン、クリスティーン・ランガン、ナターシャ・ワートン、ティム・オシェイなどが名を連ねる。最後のイギリス統治者として、インドのデリーにある総督の家に訪れたルイス・マウントバッテン。そこは単なるゴージャスな建物というだけではない。多様な価値観の宝庫だった。宮殿のごとき豪華絢爛な総督の邸宅では、ヒンズー教、イスラム教、シーク教など立場の異なる宗派の教徒たち500人が一斉に同じ使用人として懸命に働き、ルイスと家族が暮らす2階では、政治のエリートたちが、独立後に統一インドを望む多数派と、分離してパキスタンを建国したいムスリムたちとに分かれ、いつ終わるかも見えてこない連日連夜の論議を続けていた。それが日常。そんな日々の中、使用人のインド人青年ジートと令嬢秘書のアーリアという身分の異なる二人が、宗派の違いを超えて惹かれあうのだが…。

原題:Viceroy’s House / 製作:イギリス(2017年) / 日本公開:2018年8月11日 / 106分 / 制作:Pathé / 配給:キノフィルムズ 

『英国総督 最後の家』予告映像 2018年8月11日(土・祝)全国公開

(C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED, RELIANCE BIG ENTERTAINMENT(US) INC., BRITISH BROADCASTING CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE AND BEND IT FILMS LIMITED, 2016


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『英国総督 最後の家』の無料動画を見る方法

遠く離れた異国の歴史に触れる最も身近な手法は映画を観ることです。そこでたくさんの作品に出会えるチャンスの多い動画配信サービスを活用しましょう。こちらではさまざまなジャンルのその国ごとの歴史を描いた作品が多数ネット配信というかたちで揃っています。配信と言ってもDVDなどで見るのと変わりありません。高画質で安定した再生環境を備え、かつスマホやパソコン、テレビでもどの媒体でも自由気ままに安易に視聴できるのです。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「今は節約を心掛けているので…」と本心にストップをかけるなら、無料動画トライアルの存在を知ってからにしてください。「無料なんてズルくないのかな?」そんな危惧は心配しすぎ。しっかり公式サイト内で提供してくれている、卑怯でもない、正統な手段ですから胸を張って使わせてもらいましょう。おカネはそれからです。「必ずそうするとは限らないけど無料中で解約はできますか?」この疑問は頻出するもので、本音はずっと使ってほしいですが、それでも止めたいのならば阻むことはできません。臨機応変、自由に可能です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「英国総督 最後の家」の鑑賞はダメです。危険をもたらす手口は巧妙。メールアドレスを入手し、ランサムウェアで乗っ取り要求したり、リモートデスクトッププロトコルで機器自体を支配下に置いたり、ソフトウェアの脆弱性を巧みに突いたり、ただの動画視聴が引き金になることもあり得ます。具体的な失敗例を語るのは失礼かもしれないので控えますが、世の中にはそんな不法サイトでヘマをした人は結構います。

これに決めた!
「配信リストを眺めていると、映画を観たい欲がガンガン沸き上がってくる!」そうなればもう欲望に一直線。「好きこそ物の上手なれ」というべきか動画が見たいなら試さずにはいられませんが、好きの気持ちが爆走する前に配信状況の確認だけはうっかり忘れしないように。「英国総督 最後の家」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「イチイチ確かめている時間も惜しいから、さっさと済ませたい」そういうときこそ、このページです。配信中のVODをアイコンで視覚的に整理して一覧にしています。適度に情報更新も行われます。フルムビバースではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。配信は永遠ではありません。あとで観ればいいやと放置していると、いつのまにか動画が消えていることもありえるので要注視です。

試写も良いけど…
初お披露目の新作映画を鑑賞できるのはやはり試写会の専売特許です。なかなか縁のない人もいるかもしれませんが、案外と申し込むだけなのでハードルは低め。日付と時間と場所を合わせるのがネックですが、それさえクリアできるならこれ以上のベストウォッチはありません。ごく一部の配給作品ではネット視聴できるオンライン試写も実施しているので、レビュー意欲のある方はトライすると良いかもしれません。その際は動画再生可能かどうかのチェックを忘れずに。無論、試写自体は無料ですので、お金は気にせずに。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「英国総督 最後の家」でもあります。家にデンとあるテレビを使えれば大画面鑑賞できます。このパターンは、対応可能機種か機能追加機器が必要です。各自で持っているパソコンを使うと、比較的大きな画面で鑑賞でき、対応ブラウザもほぼすべての会社のものに適応しており、スムーズに見れます。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

動画はフルの方がいい
気づいていない人も珍しくないですけど、テレビの民放ロードショー番組などでは映画放映時は多くのシーンがカットされ、放送枠におさまるように編集されています。仕方がないこととはいえ、映画の持ち味は完全に見れないことは、フル動画とは言い切れず、欠落は隠せません。しかし、VODにはその点もカバー。ネット配信の柔軟性は余計な編集を必要とせず、ラストまでじっくり鑑賞をお約束できます。「英国総督 最後の家」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。一度登録したらそう簡単に解約できないような仕組みになっている…そんな悪質詐欺みたいな恐怖は味わいたくありません。でもさすがにそこまでの酷いものはないです。もしあるのだとしたらとっくのとうに行政上の注意や警告を企業が受けています。安心してください。専用ページで「契約を解除する」を選択するだけで完了。時間にすれば1分もかからないでしょう。ページ画面の仕様は変更になりうるので公式サイトの「よくある質問」等を要確認です。

『英国総督 最後の家』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『英国総督 最後の家』をさらに知る

★スタッフ
監督:グリンダ・チャーダ(関連作品:『ジョージアの日記 ゆーうつでキラキラな毎日』)
脚本:ポール・マエダ・バージェス、グリンダ・チャーダ、モイラ・バフィーニ
撮影:ベン・スミサード
音楽:A・R・ラフマーン

★キャスト(キャラクター)
ヒュー・ボネビル(マウントバッテン卿)、ジリアン・アンダーソン(エドウィナ・マウントバッテン)、マニシュ・ダヤル(ジート・クマール)、フマー・クレイシー(アーリア)、マイケル・ガンボン(ヘイスティングス・イズメイ)、ダンビール・ガニー(ジャワーハルラール・ネルー)、オム・プリ(アーリアの父)、ニーラジ・カビ(マハートマ・ガンディー)、サイモン・キャロウ(シリル・ラドクリフ)、デビッド・ヘイマン(エワート)、デンジル・スミス(ムハンマド・アリー・ジンナー)、リリー・トラバース(パメラ・マウントバッテン)、ジャズ・ディオール(トゥリープ)

★『英国総督 最後の家』の評価

IMDbRTMETA
6.671%53
映画comY!FM
3.9???3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『英国総督 最後の家』の感想

●無料ホームシアター 
「インドの独立」と「パキスタン建国」の成り立ちについてあなたはどれだけ知っているだろうか。この作品はその無知な自分とおさらばする絶好の機会になる。それは世界史の勉強というだけでなく、今では必須の知識ともいえる他国を知るということだから、やっておいて損はない。当時のインドは「ヒンドゥー」と「ムスリム」の宗教対立が激化していた。それは今の時代とも重なる。過去を理解して、現在を再考し、未来につなげる。良いことだ。
●シネマトゥデイ  
「ヒンドゥーもムスリムも、どちらの宗教(神)も本物です。宗教によって国を分ければ、それは対立を生むだけです」そんな偉人の言葉の意味を知ることができました。綺麗ごとではない、本当の融和の大切さです。「インドとしての単一国家としての独立」か「インドとパキスタンへの分割」かという悩みはじゅうぶん理解できます。しかし、その発想は祖国を思うが故。なので、本来は応援されるべきことであり、悪い事はないのですがね。
●ユナイテッドシネマ 
インドの女性監督の作品とのことで、新鮮な気分で鑑賞。最後の総督、マウントバッテン卿は、妻とともに、全面的に理想的かはわからないが善意の人と描かれている。しかし、彼のインドを平和裡に独立させるという努力は、結局は、結論が決まっていた世界を統べる大国間の政治力学の中で、ひとつの駒として踊らされていた虚しいものだった。それもまた歴史であり、現実なのかもしれない。それを踏まえてもこの作品はとても興味深いものだった。