ペンギン・ハイウェイ

僕の夏はペンギンとお姉さんでいっぱいだ

映画『ペンギン・ハイウェイ』のフル動画を無料視聴する方法を、安全性を確認できないサイトは除外して紹介しています。
今すぐ『ペンギン・ハイウェイ』を見るなら動画リンクをチェック。

人気の作家・森見登美彦による日本SF大賞を受賞した小説をアニメーション映画化。短編『陽なたのアオシグレ』『台風のノルダ』を手がけたスタジオコロリドの第1回長編作品。美術監督は竹田悠介と益城貴昌。毎日学んだことをノートに記録している真面目で熱心な勉強家の小学4年生アオヤマ君は、通っている歯医者のお姉さんと仲良し。そのお姉さんが一番の興味関心といってもいいほどだった。お姉さんも、ちょっと生意気で大人びたアオヤマ君を楽しそうに可愛がって、日々をなんとなく接していた。ある日、彼らの暮らす街に突然ペンギンが現れる。海もないただの住宅地になぜ場違いなペンギンが現れたのか、それはありえない珍事。アオヤマ君は謎を解くべく持ち前の探求心でこつこつと観察&分析の繰り返しで研究を始めるが、そんな折、お姉さんが投げ捨てたコーラの缶がペンギンに変身するところを目撃する。

原題:ペンギン・ハイウェイ(「ペンギンハイウェイ」「ペンギンハイウエイ」) / 製作:日本(2018年) / 日本公開:2018年8月17日 / 119分 / 制作:スタジオコロリド / 配給:東宝映像事業部 

『ペンギン・ハイウェイ』 スペシャルトレーラー

(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3

▼『ペンギン・ハイウェイ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
気持ちよく絵が動き、軽快に物語を前進させるアニメ映画は見ていて清々しい気持ちにさせてくれます。そんな豊富な作品たちを見たいのであれば、動画配信サービスがオススメです。間違っても違法なサイトでの視聴はやめましょう。これらのブラックなサイトはときに個人情報を盗むページに誘導する広告を表示したり、はたまた再生を途中でストップして爆音で音を流すなど、非常にユーザーにとってデメリットしかないものです。そんなサイトに頼らずとも今は動画配信サービスという公式のものがあるのですから、そちらを活用しましょう。このサービスならば、低画質なこともないですし、余計なポップアップ広告もありません。安定して高画質な動画を再生できます。新作でもネット配信がスタートすれば、VODでも取り扱いを開始します。その際はこのページで該当作品が配信されているVODがどれなのかチェックしましょう。VODは数多く存在し、そのどれで自分の見たい作品を配信しているのかを判断しなくてはいけませんが、フルムビバースでは視聴可能なVODの情報を定期的に更新しています。類似サイトと違って、コピペで同じVODだけを勧めることはせず、しっかりその都度レコメンドしているので、情報の質が違います。

「無料」ですよ!タダ!
「利用は料金が発生するし…」と考えても冷静に思案してみてください。これ以上のお得さは無いです。なぜなら無料お試しがあるのです。映画は全てをDVDで揃えています…なんてハイパーリッチは人間はまずいないでしょう。図書館みたいになりますから。これがあれば初使用者に限って節約ポリシーでネット鑑賞が試用できます。「無料というのはあまりにも都合が良くて怖い」そんな不安はデリートしましょう。これはつまり初心者に限定した、一度触ってみればすぐに魅力がわかりますよという入門サポートなので大丈夫。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ペンギン・ハイウェイ」の再生はダメです。無料で動画が見られるからといってそんなサイトにアクセスしようものなら、自分の知らない間に悪質な手段でリスクを背負わされることになります。視聴をせずにただサイト内で検索しているだけでも、その有害性は全く回避できないので油断なりません。迷う暇があったら正規サービス。そうでなくとも選択肢はひとつ。損をする決断はしないようにしましょう。

あなたの選択は自由!
インターネット時代の全盛期ですからデジタルでの動画提供は主流。VODの取り扱いもいち早く始まるのは珍しくないです。動画鑑賞への展望を削ぐのはVOD配信の急激な変化についていけるかということです。レンタルショップ以上に商品陳列がめまぐるしく変わるのは予想外に厄介だったりします。「ペンギン・ハイウェイ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの動画リンク下部にアイコン表示があるならばそれこそ配信アクセス可能なお知らせです。数が多ければ多いほど選択肢は増えます。気分でも選んでいいですし、できれば動画の有無だけでない要素も検討材料に。その名のとおり、フルムビバースでは映画(ムービー)がたっぷり(フル)と共存空間(ユニバース)を構築しています。まだまだVOD体験が白紙ならば今こそ最初の足跡を残すべきです。初めての人ほどに有利な一面が積み重なるので、スーパーダッシュを決められます。

家族にバレない?
家族でVODを共有することもできるので、個別に面倒くさく登録することは必要ありません。誰か一人でも使っていれば、そのまま一緒に使うことが可能。案外と家族の誰かがもう使い始めているかもしれないので、まずは聞いてみましょう。それならば自分は料金を払わずに無料で済むかもしれません。その際、気がかりなのは上手くシェアできるのかという点。どうしても視聴履歴を他人に見られるのは嫌だということも。でもファミリーアカウント機能はそのあたりの配慮もあるのでリラックスしましょう。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する際に入力する情報は、名前、メールアドレス、アカウントパスワード、生年月日、電話番号などだけです。仮に電話番号入力があっても実際に電話がかかってくる事態は起きません。メールスパムのようなしつこい煩わしさもゼロです。クレジットカードの支払い情報登録に躊躇することもあるでしょうが、これはイタズラでもなりすましでもないことを証明する役割もあります。初回お試しなら請求無しで無料のままなので、気楽に手を出してみましょう。あとは「ペンギン・ハイウェイ」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ペンギン・ハイウェイ」は? 初めて利用する人は必ず登録が必要になるものですが、その日を起点に特定の期間、支払い料金が保留されると考えると良いでしょう。月額の料金請求はその期間後となります。期間が終了したからといって2月分の料金になるわけではありません。まさに初回無料ということです。当然、すでに過去に登録したことのあるユーザーは基本的に使えないテクニックとなるので注意(その場合は登録した時から有料)。しっかり覚えておきましょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「ペンギン・ハイウェイ」の鑑賞体験を利用ユーザーが非常に多いTwitterやInstagramなどで広めていけば、どんどん映画の輪が拡大。新しい見方や知識も得られて相乗効果は抜群。フレンドも一気に増えます。コミュニケーション促進をするならただ情報を流すのではなく「#映画好きと繋がりたい」「#映画好きな人と繋がりたい」といったタグを併用していくとさらに円滑にいきます。

『ペンギン・ハイウェイ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ペンギン・ハイウェイ』をさらに知る

★スタッフ
監督:石田祐康(関連作品:『陽なたのアオシグレ』)
脚本:上田誠
キャラクターデザイン:新井陽次郎
音楽:阿部海太郎

★キャスト(キャラクター)
北香那(アオヤマ君)、蒼井優(お姉さん)、釘宮理恵(ウチダ君)、潘めぐみ(ハマモトさん)、福井美樹(スズキ君)、能登麻美子、久野美咲、西島秀俊(アオヤマ君のお父さん)、竹中直人(ハマモトさんのお父さん)

★『ペンギン・ハイウェイ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.8???3.9
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ペンギン・ハイウェイ』の感想

●無料ホームシアター 
アニメーション自体は普通に思えたのに、観終わった後のこの爽快感はなんなのだろう。もし今作を観ようか観まいか検討中のフォルダにいれているのであれば、それは今すぐに「見る」というフォルダに移し替えるべきだと推薦しておく。ストーリーは一貫して現実離れしており、とくにそれはペンギンという非常に痛快な動物で表される。お姉さんの声は蒼井優が担当しているということも個人的にはなかなかの動機になったのも記しておこう。
●FILMAGA 
ジュブナイルかつSFで、ほんのり恋愛要素も入れながら、最後まで興味が途切れることなく、どんどん進んでいくので、なんか王道な奴が見たいと思ったら、これで間違いなく満足するはず。アニメでしか表現できないビジュアルイメージや、少しデフォルメされたペンギンたちの動きが、夏のうだるような暑さを吹き飛ばす効果もあった。原作ファンからしても「よくもまぁ、こんなに難しい作品を!」というような一作に挑戦した心意気や見事。
●BILIBILI 
想像していたのと違った。なんだ、このクセのある話。でもそれは理解できないという意味ではない。むしろわかる。わかりまくりで困る。おっぱい、そしてお姉さん。結婚相手としてもう決めている。思い込み激しい系の困った男子も小学生となるとなんか純粋でキラキラして見えるからズルい。これはこの年代からセーフ。ちょっとでも変わるとアウト。そのギリギリを攻めている。この作品は、あらゆる親子、そしてお姉さんファン必見だ。
●CRUNCHYROLL
お姉さんはいきなりペンギン出すし、森の奥には謎の球体出てくるし、大丈夫かこのアニメ!?と思ってしまうのはしょうがない。でも最終的には見て良かったと思いました。主人公の意識高い系少年は、好奇心旺盛で子供らしからぬ台詞回しが意味不明に笑えるし、そして何よりもおっぱいへの愛。もうこれだけで信頼できます。ペンギンをメインキャラクターにしたストーリーはなかなか手強いですけど、実に上手くまとめていました。