クレイジー・リッチ!

アジア俳優尽くしでまさかの大ヒット!

映画『クレイジー・リッチ!』のフル動画を無料視聴する方法を、安全性を確認できないサイトは除外して紹介しています。
今すぐ『クレイジー・リッチ!』を見るなら動画リンクをチェック。

シンガポールを舞台に不動産王の御曹司である恋人と、彼の裕福な一族との間で揺れながら本当の幸せを探求する独身女性の葛藤を、アジア系キャストをメインに描いたハリウッド製ラブコメディ。製作総指揮はティム・コディントン、ケビン・クワン、ロバート・フリードランド、シドニー・キンメル。ニューヨークで仕事するレイチェルは、親友の結婚式に出席する恋人のニックと一緒にシンガポールへ赴く。愛する人との一緒の外国に楽しみを期待するが、実はとんでもないことが待っていた。初めてのアジア旅行への期待と、初めてニックの家族に会うことの緊張感を高めるレイチェルが出発当日の空港で案内されたのはファーストクラス。なぜこんなにも良い待遇なのかと思えば、どうやらニックはそれなりにお金があるらしい。しかし、本当はさらに想像を超えていた。シンガポールの不動産王の超有名一族の御曹司で、社交界の女性たちから熱い注目を集める人気の独身男という、ニックの一面を知ってしまう。もはや桁外れのクレイジーなリッチっぷりに困惑。そのニックの恋人として場違いではと不安を高めるなか、2人の交際をよく思っていないニックの母や家族親戚一同、さらには元カノとの対立と、レイチェルは苦境に立たされてしまう。

原題:Crazy Rich Asians / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年9月28日 / 120分 / 制作:SK Global Entertainment / 配給:ワーナー・ブラザース 

映画『クレイジー・リッチ!』予告【HD】2018年9月28日(金)公開

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る

▼『クレイジー・リッチ!』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及の速度は想像以上!
気分爽快に大笑いして素直にリフレッシュしたいときは、コメディ映画で心も体もストレスを吹き飛ばしましょう。動画配信サービスでは笑い疲れるほどたくさんの作品が揃っています。数多のネット配信作品が勢揃いしており、スマホからパソコン、テレビまで幅広いメディアで視聴可能。さらに高画質で、余計な広告もなしに、安定した再生環境が完備されているので、安心してください。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、ユーザーにとって非常にお得な特典があります。それが無料お試しキャンペーンです。初回登録時から一定期間、料金の請求なしで機能をお試しできるものですが、当然のようにアカウントを作って終わりではなく、作品動画を観ることもできます。最初の5分しか見れないなんてことはなく、ちゃんと全編を観ることが可能です。「一度登録したら解約できないなど、トラブルがあるのでは?」と心配する声もあるかもしれませんが、簡単に数ステップで退会できるので問題ありません。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「クレイジー・リッチ!」の鑑賞はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

「無料」を嫌う人はいない!
「VODは旧作を見るものでは?」そんな声もあるでしょうが、実は劇場公開作品を観るのにも使えます。登録時にもらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをもらえるサービスがあるものもあるのです。割引といっても最大で無料になるほどなので、意外と簡単にタダで映画館で鑑賞する体験を手に入れることも夢ではありません。ポイントは月ごとにたまるので早めに登録しておくと、ポイントがためることができます。新作でもネット配信されれば、VODでももちろん配信されることになりますが、肝心のVODは種類がたくさんありすぎてどれを選べばいいのか困るのが難点。「いざ登録したけど、観たい作品がない!」なんてことになったらストレスがたまるだけです。VODの配信作品は流動的で、確認は面倒です。そこでこのページでは視聴可能なVODを作品ごとに整理しています。配信しているならバナーでレコメンドするので参考にしてください。他の類似サイトのように情報の更新がないなんてことはありません。適宜にバージョンアップをして情報がリニューアルするので新鮮です。

パスワードは大事
世の中の人はパスワードを軽視している人が多すぎる…というのは多くのセキュリティアドバイザーが指摘することです。「どうせ覚えやすいものにしないといけないし、誕生日とかでいいでしょ」それはもうハッカーにあなたのアカウントをプレゼントしたも同然。これを防ぐためにも厳重で流用しないパスを独自に設定すべきです。使い回しは絶対にしないでください。芋づる式で簡単に掌握されてしまいます。予測のつかない固有のパスで動画鑑賞を邪魔されずに快適にできます。安全な「クレイジー・リッチ!」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

動画はフルの方がいい
映画を観る手段はいろいろですけども、見られる内容が同一とは限りません。例えばテレビで放映される映画。昔から気軽に鑑賞できる形態として一般化していますが、これは編集が加えられ、シーンカットされているケースが多いです。尺を放送時間におさめるための避けられないことなのですが、フルで見れないので、映画の重要シーンや展開が削られていたりも。VODは制約無しなのでそんな心配は要りません。「クレイジー・リッチ!」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

高評価作品は観る価値あり
昔はインターネットも発達しておらず映画情報を知る手段も無かったのでトレジャーハントのように映画との出会いを一喜一憂しているのも普通でした。しかし、今ならば高評価の作品を事前に調べることも容易いのです。それによって有効的に1日を無駄にせずに、より多くの作品を見られるのなら、全体を考えればプラスの利点と考えても良いのではないでしょうか。レビューサイトもいいですし、受賞の有無で判断するのも良いです。「クレイジー・リッチ!」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

海賊版サイトは無料ではありません
「Free Download」と書かれたボタンらしきものをクリックすると怪しげなページに飛ぶ…これは海賊版サイトやそれモドキのウェブサイトに普通に見られるスパム騙しコンテンツです。あなたに動画を正常に見せる気などなく、隙あらば個人情報を狙う腹をすかしたハイエナのように群がってきます。「クレイジー・リッチ!」がタダ見できるならば手を汚してでも…という邪の感情は負のスパイラルで起こし、ろくな目に遭いません。今では無料性をともなう正規プレゼンツのサービスがしっかり揃っているのですから、それを無視する言い訳には何もならないでしょう。

『クレイジー・リッチ!』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『クレイジー・リッチ!』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジョン・M・チュウ(関連作品:『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』)
脚本:ピーター・チアレッリ、アデル・リム
撮影:バーニャ・ツァーンユル
音楽:ブライアン・タイラー

★キャスト
コンスタンス・ウー、ヘンリー・ゴールディング、ジェンマ・チャン、リサ・ルー、オークワフィナ、ハリー・シャム・Jr.、ケン・チョン、ミシェル・ヨー、ソノヤ・ミズノ

★『クレイジー・リッチ!』の評価

IMDbRTMETA
7.793%74
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『クレイジー・リッチ!』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
欧米文化圏のアジア人蔑視は体験したことがある人にしかわからないが、それはいまだに根深いので、嫌になっている人も多い。しかし、この映画はやってくれた。オールキャストアジア人でひたすらアジアンなつくりなのに、ついに未知の領域に踏み込んで新しい壁を開いた。誰が大ヒットすると予想しただろうか。そんな奇跡に思わず身震いしてしまう。これはアジア人必見のとてつもない珍事件だ。これを見逃すとアメリカ映画史を語れない。
●シネマトゥデイ 
タイトルどおり。ケバケバ趣味悪成金ファミリーがクレイジーに暴れ回るというその無茶苦茶に観客は爆笑するだけ。ただ、邦題はなぜ「アジアン」を抜いてしまったのか。そこは残念でならない。そこが重要なのに。日本が一番アジアを軽視しているようで悲しくなってくる。今からでも邦題を変更できないものか。イエローという差別用語がついに反転するその盛り上がりを実感できる人はいなかったのか。日本の島から出ていないなら無理か…。
●BILIBILI 
アジア人メインのハリウッド作品がすっかり現れてきた。これがその先発隊として花火を打ち上げた。それも豪華な、とびっきりのド派手なやつを。キャストを全てアジア人にしてホワイトウォッシングを綺麗に洗い流したので、この爽快感を味わってほしい。とても気持ちよく既存の偏見を浄化している。もちろん皮肉も込めて。ただ、ちょっと中国人が多いのは残念。もっと日本人がデビューしていく必要があるなと思ってしまったのも本音です。