オペレーション:レッド・シー

中国海軍全面協力!

映画『オペレーション レッド・シー』のフル動画を無料視聴する方法を、目障りな広告を一切排除したうえで簡潔に紹介。
今すぐ『オペレーション レッド・シー』を見るなら動画リンクをチェック。

香港アクション界の巨匠ダンテ・ラムによる、2015年に内戦の続くイエメンから多くの自国民や外国人を救出した作戦をもとに描いた中国製ミリタリーアクション。中東の某国で内戦が勃発し、現地に在留する自国民を混乱した現地から助け出すため中国海軍が救出作戦を展開。それは緊急性が高く、事態はいつ緊迫化するかもわからない。多くの中国人が現地を脱出する一方、一部の人々が大使館などに取り残されて、人命にかかわるピンチに陥ってしまう。危機的な状況にある人々を救出する任務を負った「蛟竜突撃隊」の精鋭たちは、プロフェッショナルな技能を駆使して血しぶきも肉片も吹き飛ぶ激戦を潜り抜けながら助けを呼ぶ自国民を救出していく。戦闘は激しさを増し、それでも前に進む。しかし、1人の女性がテロリストによって連れ去られてしまい、蛟竜突撃隊は決断を迫られるが、選択はひとつだった。テロリストの制圧下にあるさらなる危険地帯に足を踏み入れていく。

原題:紅海行動 Operation Red Sea / 製作:中国・モロッコ(2018年) / 日本公開:2018年9月22日 / 143分 / 制作: / 配給:クロックワークス 

命を懸けて救い出す。 『オペレーション:レッド・シー』 予告

(C)2018 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『オペレーション レッド・シー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
大迫力の映像を見たいのなら戦争大作の右に出るものはいません。銃弾や爆発の吹き荒れる世界は映画の中だけにしたいものですが。そんなスペクタクルムービーがたくさん揃っているのが動画配信サービスです。レンタル店でも映画を探すことはできますが、イチイチ見つけるのは面倒くさいものです。VODであれば、好きな時好きなタイミングで自由に視聴できるので、忙しい現代人にぴったりです。しかも、ユーザーにとって非常に便利な無料お試しつき。これはよく商品でもあるもので、登録してから一定の期間はタダで使えるというもの。料金の請求はなく、作品動画を無料で見られるというのは嬉しい体験です。これで自分の再生環境でちゃんとスムーズに観れるかも試せるので、安心できます。もちろん、退会も簡単にできるので、登録したら困るということもなく、気軽に試せます。ネット配信が始まればVODでも視聴が可能になることがほとんどですが、気になるのは自分の見たい作品がどのサービスで視聴できるのかという問題です。VODはたくさんありますが見れる作品は個々で違います。そこでこのページでは視聴可能なVODを整理しています。情報は適宜更新しており、レコメンドしているので参考にしてください。他サイトと違って特定のVODだけを勧めることはしていませんので、自分に合ったものを探して見てください。

「無料」を嫌う人はいない!
これで満足してはいけません。ファーストユーザーのあなたには無料トライアルがトッピングオーダーができます。さすがに役に立つというのは宣伝で散々言われても、結局は自分しだいなところもあります。無料で初回期間だけ試せるというのであれば、大きな不安も取り除きやすいです。「これって一度登録すると解約できないパターンでは?」と怪しむ人も安心です。解約は登録よりも時間がかかりません。それこそあまりにもすぐ終わるので思いついたときに実行可能です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「オペレーション レッド・シー」の鑑賞はダメです。怖い話は山ほどありますが、フィッシング詐欺サイトへの誘導を目的とした手口にも使われており、迂闊に個人情報を入力するなどは絶対にしてはいけません。何かしらの通販サイトを装うものもあるので、それが正式に存在するサイトか確認しないと地獄を見ます。動画共有サイトは誰でもアップロードできるぶん、とにかく無法地帯になっているので、そんな地雷原からはただちに立ち去りましょう。

迷ったときは?
新作配信のスピードはネット映画鑑賞の普及率の上昇にともない、需要も増しており、無料視聴への期待も高まっています。登録したくなりましたか? 動画を見るぞと思っても一旦ストップです。どのサービスが良いのでしょうか。映画でさえも配信のラインナップは毎日毎週容赦なく変わってます。「オペレーション レッド・シー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「イチイチ確かめている時間も惜しいから、さっさと済ませたい」そういうときこそ、このページです。配信中のVODをアイコンで視覚的に整理して一覧にしています。適度に情報更新も行われます。フルムビバースの最優先事項は安全性。談合も稟議も裏取引もなく、素直に安心保障済みのサイトだけを動画リンクで紹介しています。配信は永遠ではありません。あとで観ればいいやと放置していると、いつのまにか動画が消えていることもありえるので要注視です。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「オペレーション レッド・シー」の肝心な動画が連発で停止する、頻繁な遅延を起こしてしまう、画質が荒いものに切り替わる…そういうシチュエーションに遭遇したら家のネット設定環境などを再検討しましょう。無線LANはかなり障害物に弱いので1階にルーターがあると2階には届かないこともあります。また他の隣家などにある無線電波と競合してしまっていることも。こうなると大幅な見直しが必要かもしれません。

邪魔な広告は無し!
巷に溢れる非公式なサイトでは、大量の広告バナーをあちこちに並べているものがいっぱいありますが、運営上の収益として必要というのはわかるとしても、なるべく画面は綺麗にスッキリしてある方が良いに決まっています。フルムビバースはそうしたユーザーの需要に応えるために身を削りながら、見やすさを保証し、「オペレーション レッド・シー」視聴を妨げません。このサイトを見渡すとわかるでしょうが、明らかに広告量は少ないです。とくにスマホにありがちな追尾型のバナーやタップ連動型、画面変移型のうざったいものはゼロなので、嫌な思いをせずに済みます。

高画質で見られる?
細部まで作りこまれた映画なのですから、最高水準の高画質で鑑賞したいものです。VODの画質は貧相で荒いと思っているそんな先入観はだいぶ薄まってきましたが、あらためて高品質であることは保証します。今ではスマホですら4Kレベルの解像度再生ができたりする時代。パソコンでもディスプレイの性能の良いものも比較的高価でもありません。VODはそれらスペックのある視聴機器との相性が抜群。画質は選択できることも多く、あなたのネット環境に合わせてチューニングしながら「オペレーション レッド・シー」の動画を楽しみましょう。

表現規制を避けるなら
映画という映像媒体コンテンツなら避けられない表現規制の問題。劇場上映やテレビ放送ではレーティングという独自の業界規則で諸々の制約が生じ、人知れず内容が精査されています。このままでは提供不可と判断されると、シーンカットやモザイク処理などがあったり、倫理的なトラブルで自粛という事態も起こります。これではクリエイティブな自由度は鎖につながれるだけ。しかし、独立性の高いVODならば、そうした枠とは外れて展開していることがあるので、映画を純粋に視聴できます。

『オペレーション:レッド・シー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『オペレーション レッド・シー』をさらに知る

★スタッフ
監督:ダンテ・ラム(関連作品:『オペレーション・メコン』)
撮影:フォン・ユンマン

★キャスト
チャン・イー、ホアン・ジンギュ、ハイ・チン、ドゥー・ジアン、ホアン・ジンユー

★『オペレーション レッド・シー』の評価

IMDbRTMETA
7.086%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『オペレーション レッド・シー』の感想

●無料ホームシアター 
どうせ中国を褒めたたえる感じなんだろうとタカを括っていたら予想を超える上玉にびっくりしたのはここだけの話。やはりさすがの中国政府バックアップもあって尋常ではないスケールで、ミリタリーファンの喜ぶツボを押さえている。これならアメリカにも負けていないし、日本なんて蚊帳の外。これからの世界の映画の覇権をとってやるという勢いを感じさせるのでした。馬鹿にしているのであれば、今作はそんな舐めてかかるべきではないと断言します。
●FILMAGA 
もうチャイニーズムービーはチープだとは口が裂けても言えないな。そんなことを思いながら次々と目の前で起こる映像を眺めていたのでした。もうそうするしかありません。話はとくだん特殊でもなく、定番なのですが、ビジュアルの迫力で持っていかれます。それにダンテラム監督ですから、話運びは上手く、実力もあって、普通に見ることができるものに仕上がっています。そこらへんの意味不明なアメリカ映画よりははるかに面白いと思います。
●BILIBILI 
軍事ネタが好きなシネフィルであればこれは鑑賞しておいて損はない。タイトルがそこはかとなくハズレ臭がするが、大丈夫。中身はかなりしっかりしている。実際の整合性みたいなことを気にせず、適当に頭をからっぽにして観るエンタメ快作だと思えばOK。やっぱり優れた作品とはいえなくても、見ごたえを確保するなら、制作資金は大事なのか。日本ではとうてい無理なスケール規模をさらっとやってしまう中国パワーを見せつけられると茫然とする。