search サーチ(2018)

検索だけで展開する新感覚

映画『search サーチ』のフル動画を無料視聴する方法を、目障りな広告を一切排除したうえで簡潔に紹介。
今すぐ『search サーチ』を見るなら動画リンクをチェック。

物語がすべてパソコンの画面上を捉えた映像で進行していくサスペンススリラー。製作はティムール・ベクマンベトフ、セブ・オハニアン、アダム・シドマン、ナタリー・カサビアン。16歳の女子高生マーゴットが突然姿を消し、行方不明事件として通常の流れで捜査が開始されるが、家出なのか誘拐なのかが判明しないまま37時間がむなしく経過する。このまま何もせずに待つのは嫌だった。娘の無事を信じたい父親のデビッドは、自分でも何かをしようと、マーゴットのPCにログインして、Instagram、Facebook、Twitterといった娘が登録しているSNSにアクセスを試みる。最初は当然パスワードがわからないので悪戦苦闘するが、なんとか諸問題をクリアしていく。だがそこには、いつも明るくて活発だったはずの娘とは別人の、デビッドの知ることはなかったマーゴットの姿が映し出されていた。

原題:Searching / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年10月26日 / 102分 / 制作:Bazelevs Company / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 

映画『search/サーチ』予告(10月26日公開)

(c) 2018 Sony Pictures Entertainment, Inc.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『search サーチ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

先が気になる動画をお約束!
心臓がドキドキ、背中がゾクゾクするようなサスペンスを味わいのであれば、動画配信サービスは欠かせないツールです。レンタル店で借りるよりも、充実したラインナップからネットですぐに視聴できるこのサービスは、今では当然のように日常的なものになりました。スマホやパソコン、テレビなど自分に合った好きな媒体で視聴できるのも嬉しいポイント。出演者の過去作や関連作も同時に検索できて、動画視聴が止まらなくなります。

「無料」より安いものなし!
実際のユーザーから聞かれる最も好意的な意見は「無料体験が本当に動画も見れるし、便利だった」というものです。初心者というターゲットに限定されていますが、基本はみんなに舞い込んでくるチャンスなので、これを知らずにスルーしてしまうのはあまりにもお得な機会を損しているだけです。「どうせ自分には上手く扱えないに決まっている」そんな最初からイジケナイでください。びっくりするほどに簡単で、アカウントを作るのも数分で完了し、そのまま待機もなく動画を再生できます。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「search サーチ」の視聴はダメです。厄介事は各所に潜在しています。例えば、そのようなウェブページは広告で儲けているために、異常に頻繁かつ妨害的な広告の表示で、ユーザーを誘導しようとします。また、有害な不利益を招くリダイレクトを連発させる場合もあります。本来は言うまでもないですが、合法性うんぬんかんぬん以上にリスク回避の点でも重要だということです。

あなたの選択は自由!
映画はインターネットで見るものという習慣はすでに若い人の間では定着以前に常識になり、VODは頻出手段でもあります。でもVODの配信作品は数千から数万と莫大。この中の顔ぶれは日々変化し、観たい作品の状況を追跡するのは、蠢くアリの群れの1匹を注目し続けるくらいに疲れてきます。「search サーチ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「イチイチ確かめている時間も惜しいから、さっさと済ませたい」そういうときこそ、このページです。配信中のVODをアイコンで視覚的に整理して一覧にしています。適度に情報更新も行われます。目の前に「これだけ使ってください!」とこれみよがしに押し付ける鬱陶しい宣伝はなく、オール・フェアにVODを提示しています。「こんな名前のVODは全然知らなかった」もしそんな出会いができれば、無料動画への道筋が目の前に開けてくるので、天の恵みみたいなものです。

字幕・吹替、選択は自由
海外映画を観る時の分かれ道となる分岐点は「字幕」「吹き替え」の選択肢です。ネット上では論争になっていることもしばしばですが、もうこれには明確な正解はありません。字幕だと俳優の音声がそのまま聞けるのでオリジナル派には必須。しかし、文字を追うのは大変(リスニング力があるならOKですが)。吹替は翻訳センスを問われるのでかなりの運試しでもあり、お墨付きの出来栄えなら安心できます。VODでいっそのこと見比べしてみるのも、見慣れた「search サーチ」の面白さの発見につながるかもしれません。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「search サーチ」でもあります。ご家庭のテレビで見たい人もいるでしょうが、まずは対応可能かを確認すべきです。新しく購入される際は詳しい人に聞いておくとよいでしょう。パソコンならば、迷いはありません。ブラウザではたいてい対応済みですので、ネットにつながってさえいればOK。スマホはiPhoneやAndroidのどの機種でもほとんど視聴可能(よほど古くなければ)。アプリさえインストールしてしまえば、あとは流れに沿ってアカウントを作り、すぐに動画鑑賞に移れます。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「search サーチ」の視聴が済めば、そのままツイートや投稿でどんどん自分の感想を流していきましょう。「動画のこのシーンが良かった」「私はこのサイトで動画を見たよ」という情報はさらなる映画ファンを増やす素材になります。映画関係のハッシュタグも使ってみるのも意外に効果的です。「#映画好きな人と繋がりたい」などの便利なタグがあるので遠慮なく追加していきましょう。

高評価作品は観る価値あり
あなたは見る映画をどのように選んでいますか? ランダムで運任せ? それともビジュアル重視でインスピレーションを刺激されるもの? いやいや俳優でストレートに選ぶ? それとも友達やネットのオススメ? こちらとしては評価の高い作品も良いですと推薦したいところ。映画賞を獲っている作品はとりあえず観ておけばその価値を探ったりしてさらに深掘りできる楽しみがあります。解説も豊富なことが多いのでそこもGood。「search サーチ」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『search サーチ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『search サーチ』をさらに知る

★スタッフ
監督:アニーシュ・チャガンティ
脚本:アニーシュ・チャガンティ、セブ・オハニアン
音楽:トリン・バロウデイル

★キャスト
ジョン・チョウ、デブラ・メッシング、ジョセフ・リー、ミシェル・ラー

★『search サーチ』の評価

IMDbRTMETA
7.992%71
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『search サーチ』の感想

●無料ホームシアター 
2018年のベスト級の一作で、これを観ずにはこの年は語れません。WindowsXPのホーム画面から始まり、PC画面やYouTubeのフォーマットの変わり様で時間経過を見せるという、なんかのCMかと見間違うようなスタイリッシュな冒頭からワクワクさせるのです。そして、次々起こる展開。といっても全てはスクリーンの中。いや、ディスプレイの中というべきか。この斬新なスリルは一度味わえば病みつきになるので、騙されたと思って一回見てほしい。
●FILMAGA 
これぞイマドキな作品。逆にネットに疎い人はちんぷんかんぷんで、情弱にはツラいかも。そんな人は見ないだろうけど。facebook、instagram、tumblr、Gmailと片っ端から調べていくと浮かび上がるのは自分の知らない身近だと思っていた存在の裏側。エゴサとかは誰でもしたことがあるかもしれませんが、これは最悪です。インターネットあるあるネタがうまく話に落とし込まれているので、この語り口こそ褒められるべき一点なのでしょうね。
●ユナイテッドシネマ 
企画モノでカメラアングルも窮屈さを感じるのでは?という当初の懸念は観てしまえば「なるほど!」と払拭されたが、それにしてもこのアイディアは見事。地味に主人公がアジア人なのも新鮮。こういうタイプの作品がヒットするアメリカの傾向は、日本にはないので羨ましい。もっと日本も同じような大作ばかりでなかう、こういうインディペンデント系を推していくべき。これだって日本でも普通に作れてしまうのだから。サーチするまでもなく明白だ。