ブラック・クランズマン / BlacKkKlansman

カンヌ大絶賛、まさかの潜入

映画『ブラック・クランズマン』のフル動画を無料視聴する方法を、目障りな広告を一切排除したうえで簡潔に紹介。
今すぐ『ブラック・クランズマン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:BlacKkKlansman(ブラッククランズマン) / アメリカ(2018年) / 日本公開:2019年3月22日 / 135分 / 制作:Legendary Entertainment / 配給: 

映画『ブラック・クランズマン』予告編
映画評論家の町山智浩さんが映画『ブラック・クランズマン』を徹底解説‼

(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

動画
▼『ブラック・クランズマン』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る

VOD2 Huluで動画を見る

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『ブラック・クランズマン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
さまざまな国の歴史を知りたければ映画を用いて勉強するのが一番いいです。そんな作品が多数揃っている動画配信サービスは現在人気上昇中。利用者は増えており、今ではレンタル店以上に当たり前の存在になりました。あらゆる媒体で視聴でき、移動中であればスマホ、個人でじっくり見たいのであればパソコン、大画面で迫力満点に鑑賞したいのならテレビと、必要に応じてスタイルは変化可能。これが次世代の映画を観る手法なのです。

「無料」は全て初心者のため!
初利用の人のための親切コースも整備されています。あなたが望むなら無料お試しトライアルを真っすぐ歩めます。初めてのウェルカム・デイである登録日はぜひ覚えてほしいところであり、ここから設定された一定期間の範囲に限り、無料お試しを全身で体験できる最高エンタメタイムが待ち受けています。「これって一度登録すると解約できないパターンでは?」と怪しむ人も安心です。解約は登録よりも時間がかかりません。それこそあまりにもすぐ終わるので思いついたときに実行可能です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。慢心は命取り。それは大袈裟でもなく、人命とはいかなくても、人生には癒えない傷跡を残すことになることも。個人情報流出は今ではさまざまなプライバシーと結びつき、連鎖反応的に他の犯罪を誘発していき、取り返しのつかないことになります。なので、やはり公式に勝るものはないです。クリーンな健全性120%の映画体験に身も心も捧げましょう。

迷ったときは?
劇場公開したばかりの新作は即座に配信はなくとも、そこまで大きく待たせる時代でもないので、スタンバイしておきましょう。でも、ひとつだけアラートがあります。「登録を勇んでやってみたはいいけど、作品の配信に自分の見たいものがない」という問題。これは厳重に注意必須です。「ブラック・クランズマン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。各サイトを手作業目視で確認していたらそれだけで今日一日の大切な余暇が費やされます。このページで配信傾向を理解することで、目安を付けることができるのであとは最終チェックするのみ。他サイトにありがちな形式文章で機械的に量産した紹介ページとは違って、こちらでは作品ごとのマッチしたレコメンドになるように調整済みです。レコメンドはあくまで推薦なので、絶対にこれを使ってくださいという押しつけではないので、ぜひとも自分で使って試行してみてください。

お試し無料はいつまで?
皆が気になるお試し無料期間はサービス各社でその時間が違うので必ず頭に入れておくべきです。例えば、2週間だったり、30日だったり、31日だったり、月末までだったり。事前に期限終わり近くになるとたいていはメール通知があったりしますが、見逃していたりすると、そのまま有料に移行するケースも。ボケっとうっかりすると「ジョン・デビッド・ワシントン」を雑に流してしまいかねないのです。要するに何か無駄にしたくないのならばあなたは考えるべきです。どの動画を見たいのかを。まずは見てみたい作品を上位10作くらい挙げてみましょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ブラック・クランズマン」でもあります。テレビの場合は、対応済みのメーカーのものか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、話題作が放映されるとSNSでも大盛り上がりをする民放TVでの映画ですが、実は結構シーンがカットされてしまっており、本来のフルの内容を満喫はできていません。番組時間帯の都合なのですが、本音はフルバージョンを楽しみたいものです。そこでVODならば自由気ままにフル動画を鑑賞可能。仲間と一緒にフル体験で映画をじっくりシェアもできます。「ブラック・クランズマン」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。一度登録したらそう簡単に解約できないような仕組みになっている…そんな悪質詐欺みたいな恐怖は味わいたくありません。でもさすがにそこまでの酷いものはないです。もしあるのだとしたらとっくのとうに行政上の注意や警告を企業が受けています。安心してください。専用ページで「契約を解除する」を選択するだけで完了。時間にすれば1分もかからないでしょう。ページ画面の仕様は変更になりうるので公式サイトの「よくある質問」等を要確認です。

『ブラック・クランズマン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ブラック・クランズマン』をさらに知る

ロン・ストールワースが2014年に上梓した「Black Klansman」を原作とし、アメリカの白人至上主義団体KKKに潜入捜査した黒人捜査官を描いたスパイク・リー監督作。『ブラック・クランズマン』の製作はジョーダン・ピール。ロン・ストールワースはコロラドスプリングスで働く警察官で、同地で初めて警察官に採用されたアフリカ系アメリカ人という実績を持っていたが、仕事はそこまでやりがいのあるものではなかった。そんな彼にしかできない任務が現れる。1979年、ストールワースは巡回中にクー・クラックス・クラン(KKK)の新しい支部の構成員を募集する張り紙を目にした。とっさの行動と思いつきにより、白人のレイシストに成りすまして支部と接触を試みるが…。

★『ブラック・クランズマン』のスタッフ
監督:スパイク・リー(関連作品:『オールド・ボーイ』)
脚本:チャーリー・ワクテル、デビッド・ラビノウィッツ、ケビン・ウィルモット、スパイク・リー
撮影:チェイス・アービン
音楽:テレンス・ブランチャード

★『ブラック・クランズマン』のキャスト
ジョン・デビッド・ワシントン、アダム・ドライバー、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、ヤスペル・ペーコネン、コーリー・ホーキンズ、ライアン・エッゴールド、マイケル・ジョセフ・ブシェーミ、ポール・ウォルター・ハウザー、アシュリー・アトキンソン

★『ブラック・クランズマン』の評価

IMDbRTMETA
7.995%83
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『ブラック・クランズマン』の受賞
第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でグランプリを受賞。

★『ブラック・クランズマン』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●『ブラック・クランズマン』無料ホームシアター 
KKKと黒人の闘争というテーマを聞くと、シリアスで重苦しいのかなと怪訝な顔をしている人は帰らないでください。実際はノリの良い面白い作品で、超あっさり見れる最高のエンターテイメントです。このスタンスはさすがスパイクリー監督だと舌を巻くレベル。これが「万引き家族」と競い合ったわけですが、全然違う雰囲気の作品が集まるのもカンヌらしい。あまり歴史について知らなくても勢いだけでも楽しめるので全然気にする必要はゼロです。
●『ブラック・クランズマン』シネマトゥデイ  
普通に面白いじゃないか。てっきり真面目なやつだと思ったのに。かなりハラハラさせられる場面もあり、全編飽きないで見ることができたのが意外なくらい。終わってからも余韻に浸りたいという気持ちにさせるのは、やっぱり史実がありますからね。それを軽視するわけにはいきませんし。これをプロパガンダだとか言っちゃうのはなんでしょうか、KKKのメンバーか何かなんですか。日本にはそんな人はいないことを願っていますが…危なそう…。
●『ブラック・クランズマン』ユナイテッドシネマ 
ライトなタッチで導入の敷居を低くして、最終的には人種差別について考えさせる、抜群のバランス。アメリカはこんな闇を抱えていながら、自由と平和を謳って他国に空爆しているのだから、もう笑うしかない。そんな諦めのような新境地で笑いにして歴史をコミカルにあえて描いているところに、黒人の皮肉魂を感じる。このKKKは今なおアメリカに思想として根付き、さらなるとんでもない陰謀論集団などを生み出している。本当に懲りない国だ。
●『ブラック・クランズマン』MOVIX
鑑賞の価値あり。繰り返します。観ておいて損はありません。これは評価されるのも納得の一本。ちょっと字幕ではニュアンスが伝わらないのではと思うような言葉遊びもあるし、なるべく現地のテンションを感じ取ってほしいのですが、厳しいでしょうか。ブラックな歴史をブラックなユーモアでブラックな語り口で鮮やかに映し出す。ただの陰湿な暗~いドキュメンタリーのような感じとは全然異なる、新しいアメリカ社会の裏を暴く映画でした。