バッド・ジーニアス 危険な天才たち

史上最大の入試頭脳ゲーム、スタート!

映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』のフル動画を無料視聴する方法を、目障りな広告を一切排除したうえで簡潔に紹介。
今すぐ『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』を見るなら動画リンクをチェック。

中国で実際に起こったカンニング事件をモチーフに製作されたタイ映画で、大ヒットを記録したクライムエンタテインメント。製作はジラ・マリクン、ワンリディー・ポンシティサック。小学校から中学校の間で優秀な成績を示し、その賢い才能を見込まれて進学校に特待奨学生として転入を果たした女子高生リン。その能力はそのまま素直に評価されていけばよかったが、学校という世界は理不尽だった。テストの最中に友人のグレースをある方法で手助けしたリンの噂を耳にしたグレースの彼氏パットは、試験中にリンが答えを教える代わりにお金を稼ぐというリスクのあるビジネスを持ちかける。さまざまな工夫を重ねたテクニックを駆使し、学生たちは試験を攻略。かなり危ういこともありながら、リンの売り上げも順調に増していた。そして多くの受験生の願望を手玉に取ったリンたちは、さらなる問題に直面。アメリカの大学に留学するため世界各国で行われる大学統一入試「STIC」攻略という巨大な舞台に挑むが…。

原題:Bad Genius / 製作:タイ(2017年) / 日本公開:2018年9月22日 / 130分 / 制作:Jor Kwang Films / 配給:マクザム、ザジフィルムズ 

映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』予告篇|9.22(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開

(C)GDH 559 CO., LTD. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

次の展開を予測できる?!
緊迫感溢れるハラハラドキドキの一瞬を食い入るように見つめてしまうサスペンスはいかがですか。そんな心をワクワクさせる映画をお望みなら、動画配信サービスを推薦します。ネット配信が多数揃っているこのサービスは、通勤通学の移動中に観たいのであればスマホでOKであり、家でひとりで普通に見たいのであればパソコンでもOKだし、大画面で観たいのならテレビでもOK。あらゆる視聴スタイルに対応しており、完璧な鑑賞体験が手に入ります。

「無料」を嫌う人はいない!
誰にでもあるファーストデビュー。そんな瞬間を祝福するように無料トライアルは体験を順調に促進させてくれます。家にいながらの視聴が実現できる、言い換えれば無料ホームシアターのようなネット鑑賞は、お試しというには嬉しすぎる最高の初心者ラッキーチャンスです。期間など気になりません。「これって一度登録すると解約できないパターンでは?」と怪しむ人も安心です。解約は登録よりも時間がかかりません。それこそあまりにもすぐ終わるので思いついたときに実行可能です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」の鑑賞はダメです。「被害なんて実際に起こっているの?」と信じない人もいるかもしれません。もちろん統計的な数値として浮かび上がるほどの具体性はないでしょうが、問題は着実にネット社会からリアルを蝕んでいます。被害報告すら上げづらいことも。本来は言うまでもないですが、合法性うんぬんかんぬん以上にリスク回避の点でも重要だということです。

迷ったときは?
そういえばあの話題作はどうなったのかなどと思っているうちにDVDよりも早くネット配信されている場合もあります。しかし、配信中のVODの存在は五里霧中というか、とにかくわかりにくいです。サイト内で確認はできますが、数が多すぎるので追い付かないという現実的な壁にぶちあたります。「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。各サイトを手作業目視で確認していたらそれだけで今日一日の大切な余暇が費やされます。このページで配信傾向を理解することで、目安を付けることができるのであとは最終チェックするのみ。情報更新がほどよく適度に行われ、レコメンドされるサービスも配信状況に合わせて変化していくのでフレキシブル。「見慣れないサービスがあるなぁ」という人はむしろラッキーです。そういう初利用の状態ならば、特別な無料視聴のビックチャンスです。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はサイトで当日に確認するまでわからないのが現状です。「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

広告ブロックに気をつけて
動画は正常状態ならば何も問題なく再生できると思いますが、いくつかのトラブルのせいで上手くいかないことがあります。まずは重すぎるという問題。タスクマネージャーをチェックするとわかるのですが、あちこちに重たいプログラムが同時並行で作動していると、動画再生が妨害されてしまいます。その原因はブラウザに不必要な拡張機能があると起きたりします。調子に乗って導入しすぎることは多いです。今は使っていないものはありませんか? 本当にそれは必須か確認してみましょう。「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料動画サイトとの違い
YouTubeやニコニコ動画はそれはもう大盛況でありとあらゆる動画だらけの遊園地みたいな世界です。しかし、その場所に不満を持っている人もいるでしょう。例えば、「これ、いいな」と思った動画をひとつ選択して視聴して見たらサムネイルとは全然違うテキストだらけの動画だったとか。釣りのような騙し系も氾濫しており、他サイトに誘導するものもあります。これは利用規約に違反するものですが、たいていは削除が追い付いていないので放置状態。VODはそんな惨状はないです。「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

高評価作品は観る価値あり
「あれもしたい、これもしたい」という多忙なあなたは映画を手当たり次第に鑑賞するような膨大な時間はないかもしれません。選別する必要が生じます。ならば受賞作など評価の高さを目安にすると最も的確に得をできるでしょう。「え~、そういう映画は小難しいのじゃないの?」そんな変に考えすぎることはないのです。自分の思ったように映画を受け止めて気持ちを表現すればいいだけ。個人的なランキングでも作りませんか。「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』をさらに知る

★スタッフ
監督:ナタウット・プーンピリヤ
脚本:ナタウット・プーンピリヤ、タニーダ・ハンタウィーワッタナー、ワスドーン・ピヤロンナ
撮影:パクラオ・ジランクーンクム
音楽:フアランポン・リディム、ウィチャヤー・ワタナサップ

★キャスト(キャラクター)
チュティモン・ジョンジャルーンスックジン(リン)、チャーノン・サンティナトーンクン(バンク)、ティーラドン・スパパンピンヨー(パット)、イッサヤー・ホースワン(グレース)、タネート・ワラークンヌクロ

★『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の評価

IMDbRTMETA
7.792%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
やられた! こんなにも面白いとは! タイ映画と聞いて完全に舐めていた。これはハリウッドのどのサスペンスよりも巧みなプロットと練りに練られた展開に思わず、凄い!と感激の声を漏らす驚きの一作です。正直、これは予想外。こんなのズルい。生まれながらの環境や貧富の差より怖いものですが、それがどんどん泥沼に人を簡単にハメていくのだから、ブルブル…。日本もこうやっていつのまにか手を汚していく人は底知れずに多いだろうな。
●シネマトゥデイ 
カンニングがテーマなので軽い学園コメディかと油断していたら、いやいや一級のサスペンス映画がどしんと待ち受けていて思わず口があいてしまいました。最後のあれとかなんですか。サービスしすぎでしょう。これはもう絶対に観てほしいとお節介に勧めたくなる面白さで、完敗です。監督含め3人で1年半かけた脚本らしいですが、その成果はハッキリわかる。日本だと本当にこれシナリオを推敲したのかという作品もあるというのに、タイは凄い。
●FANDANGONOW 
日本でも教育現場では点数操作など不正があるけど、タイも同じらしい。「タイではカンニングは皆がやっている事としてすっかり当然のように当たり前になってしまった悲しい状況がある。教育者もテスト問題を売ったり、学校でワイロをもらう事も日常茶飯事」そんな関係者の言葉に、こうなったらおしまいだと思いつつ、それをしてしまうことで得られるメリットのデカさが人を狂わすのかなと思ったりも。とにかく言えることは映画は最高。