ザ・プレデター(2018)

最強の戦闘生物が戻ってきた

映画『ザ・プレデター』のフル動画を無料視聴する方法を、目障りな広告を一切排除したうえで簡潔に紹介。
今すぐ『ザ・プレデター』を見るなら動画リンクをチェック。

1987年の1作目公開以来、世界中に多くのファンを生み出した「プレデター」シリーズの正統続編として製作されたSFアクション。製作総指揮はビル・バナーマンとアイラ・ナポリエッロ。元特殊部隊員の傭兵クイン・マッケナは、メキシコのジャングルに突如として墜落した宇宙船と、その船に乗っていた謎の生物プレデターを目撃。そこにあるのは命を一瞬で奪う恐怖の存在だが、凶悪で危険なプレデターの存在を隠匿しようとする政府に拘束されてしまう。クインは、墜落現場から持ち帰っていたプレデターのマスクと装置を自宅に送り届けていたが、クインの息子で天才的な頭脳をもつ少年ローリーが、ふとしたことが理由で装置を起動させてしまう。それはさらなる悲劇の開始となる。装置から発せられるシグナルによってプレデターがローリーのもとに出現、それだけでも大変だったが事態は人智を超えたエスカレートをしていく。さらにそのプレデターを追い、遺伝子レベルでアップグレードした究極の戦闘スキルを持った凶悪性全開のプレデターまでもが姿を現し、事態は混沌を極める。

原題:The Predator / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年9月14日 / 107分 / 制作:Davis Entertainment / 配給:20世紀フォックス 

映画『ザ・プレデター』予告 究極のプレデター降臨編

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ザ・プレデター』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

過激な映像がてんこ盛り!
ハラハラドキドキのスリルを提供してくる映画は皆のお楽しみには欠かせない刺激です。そこでそんな映画をたっぷり見るのであれば動画配信サービスがよく注目されます。これはネット配信を多数取り揃えた、インターネット版レンタル店のようなものですが、サービスの中には映画館で使用できる割引クーポンに交換できるものがあります。割引は最大で無料。劇場公開作をタダで視聴できる、レアな経験をしてみたいと思う人は押さえておきましょう。

「無料」を嫌う人はいない!
追加でお得なものもあります。プラスアルファというよりメインかもしれません。初回無料トライアル・エントランスです。今ではこの無料お試しはビデオオンデマンド系サービスを代表する嬉しい特典となっています。稀にこの初心者優遇を用意していないものもありますが、基本はあると考えてよいです。「無料期間なんて1日程度であっさりと終わるんでしょ?」そんなことはありません。たいていは映画を多数鑑賞し続けても余りある時間が確保されており、しばらくはゆっくりと落ち着いて楽しめます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ザ・プレデター」の鑑賞はダメです。ダメージレポートとしての具体例を紹介しましょう。例えば、動画を見る目的でアクセスすると真っ先に再生ボタンをクリックします。すると変なページに飛びます。消そうとするとさらにおかしなページに飛び、いつのまにか不正アプリのインストールに誘導されます。これらアンダーグラウンドなサイトが安全になることはあり得ないので、素直に使用をストップするのが吉です。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。ところが、話題性抜群という需要の高さが困ったことにもなり、大小多くの企業がサービス展開し始めた結果、配信状況の正確な理解がとてつもなく大変になりました。「ザ・プレデター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。各サイトを手作業目視で確認していたらそれだけで今日一日の大切な余暇が費やされます。このページで配信傾向を理解することで、目安を付けることができるのであとは最終チェックするのみ。目の前に「これだけ使ってください!」とこれみよがしに押し付ける鬱陶しい宣伝はなく、オール・フェアにVODを提示しています。一生に一度というのはオーバーかもしれないですが、無料体験というのは初回のメモリアルな時期だけのスペシャルチケットなのでゲットするしかないです。

あなたはどっち派?
ネット上に転がっている低品質動画では翻訳が自動機械翻訳だったりして非常に粗雑もしくは間違いだらけのものになっています。それでは映画の内容を理解なんてとてもできません。VODは字幕と吹替を選択可能で(作品による)、ユーザーの嗜好に合わせるだけでなく、当然最高クラスのプロによる翻訳を提供しています。字幕では英語を選択できるものもあるので、勉強にも適宜使えます。「ザ・プレデター」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

フェアにオススメします
ビデオサーチができるこのフルムビバースはただの動画紹介サイトではありません。なにせ情報量が類似サイトよりもはるかに多く、取り扱っている種類は10種を超えます。それはどれも何かを依怙贔屓していることではなく、平等公正に扱っているので、変な問題もなければ、露骨な宣伝もありません。対象範囲のVODは専用のページで詳細に一覧化しているのでそちらでさらに機能を調べることもできます。単純に「ザ・プレデター」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

無料動画サイトとの違い
無料で映画動画を見るには?と聞かれれば誰でも動画共有サイトの名を答えてしまいます。世の中にはインターネットの誕生から間もなくして動画コンテンツが主流になり始めた時期を出発点に、今では個人でも動画を量産できるという大動画氾濫時代です。しかし、そんな溢れてしまった動画は良いも悪いも入り乱れているので、その利用には細心の注意が必須。でもVODはあまり気にしなくていいのです。なぜなら公式しか提供しないものですから。詐欺動画が出回ることはないです。「ザ・プレデター」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

表現規制を避けるなら
「あれれ…なんか前に観た時と内容が違っているような…そもそもあのシーンが消えている?」そういう風に思った時は規制によってカットされたかもしれません。とくに暴力的なシーンは映画には多いものですが、子どもには少々キツイ内容ですので、制限がかかるのはやむをえません。でも大人は普通に見たいものです。逆にそこを楽しみにしたいと思う人も大勢います。VODはそのような編集はないので大丈夫。ネット特性を生かしてアカウント切り分けによる対処で子どもと大人の住み分けをしています。「ザ・プレデター」も無規制で。

『ザ・プレデター』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ザ・プレデター』をさらに知る

★スタッフ
監督:シェーン・ブラック(関連作品:『ナイスガイズ!』)
脚本:フレッド・デッカー、シェーン・ブラック
撮影:ラリー・フォン
音楽:ヘンリー・ジャックマン

★キャスト(キャラクター)
ボイド・ホルブルック(クイン・マッケナ)、トレバンテ・ローズ(ネブラスカ・ウィリアムズ)、ジェイコブ・トレンブレイ(ローリー・マッケナ)、キーガン=マイケル・キー(コイル)、オリビア・マン(ケイシー・ブラケット)、スターリング・K・ブラウン(トレーガー)、トーマス・ジェーン(バクスリー)、アルフィー・アレン(リンチ)、アウグスト・アギレラ(ネトルズ)、ジェイク・ビューシイ(ショーン・キース)、イボンヌ・ストラホフスキー(エミリー・マッケナ)、ブライアン・プリンス(プレデター)、マイク・ドプド、ニオール・マター、ピーター・シンコダ

★『ザ・プレデター』の評価

IMDbRTMETA
6.535%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ザ・プレデター』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
B級大作としてのビックパフォーマンスなエンタメムービーだと思えば全然許されるレベル。こんな大雑把な一作を作れるのもアメリカらしい芸当。映画の内容は1週間後に覚えている自信ないほどの典型的な構成になっているのですが、それは置いといても、暇つぶしとして考えるなら合格です。これ以上うるさく言う奴は、プレデターに殺されてしまいますよ。一番強い奴選手権としてまだまだこれからも強敵が登場しそうですがどうなのでしょうか。
●シネマトゥデイ 
僕の心を掴んで離さない「プレデター」の待望の新作はフェチズムを刺激し続ける最高のご褒美だった。まるで犬に大量のドックフードを与えたように、私は尻尾をぶんぶん振り回して涎を垂らしたのでした。下品だが小気味で心地よい会話、頭を潰し腕を切り裂くゴアゴアしまくりな血生臭い戦闘描写、強くパワフルでスマートなヒロイン像、はぐれ者の少年という要素など、とにかく一部のファン向けだけに特化したつくりになっているのが素晴らしい。
●イオンシネマ 
シェーンブラックは21世紀を代表する最高の娯楽映画作家の一人として堂々のランクインで良いと私の中で、くす玉が割れました。おめでとう。あなたが100人目のプレデターです! そんなジョークは別としてたぶん心の清らかなごく普通の上品な生活を送っている大衆の皆さんは今作は気に入らないと思う。これは一般人は完全にスルー前提で作っている。マニアックなピンポイント狙い撃ちだ。R15だから子供が観れないけど年齢に達したら見てほしい。