1987、ある闘いの真実

これが実話だと信じられるか

映画『1987、ある闘いの真実』のフル動画を無料視聴する方法を、目障りな広告を一切排除したうえで簡潔に紹介。
今すぐ『1987、ある闘いの真実』を見るなら動画リンクをチェック。

チャン・ジュナン監督が、韓国民主化闘争の実話を描いた社会派ドラマ。1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。私たちは本当の自由を手に入れるまでこの闘いを止めたりはしない。南営洞警察のパク所長は北分子を徹底的に排除するべく、日ごとに取り調べを激化させて圧力を強める。そんな中、過剰に突き進んだ詰問によってソウル大学の学生が死亡してしまう。この事件は完全に隠匿され、闇に葬られた。警察は隠蔽のため遺体の火葬を申請するが、違和感を抱いたチェ検事は検死解剖を命じ、拷問致死だった事実が明らかになる。それは社会に激震をもたらすことになる。さらに、政府が取り調べ担当刑事2人の逮捕だけで事件を収束させようと狙っていることに感づいた新聞記者や刑務所看守らは、真実を公表するべくジャーナリズムの意地で動きに出る。また、殺された大学生の仲間たちも立ち上がり、事態は韓国全土を巻き込む民主化闘争へと展開していく。

原題:1987: When the Day Comes / 製作:韓国(2017年) / 日本公開:2018年9月8日 / 129分 / 制作:Woojeung Film / 配給:ツイン 

1987、ある闘いの真実 – 映画予告編

(C)2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『1987、ある闘いの真実』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

激動の歴史を目撃せよ!
韓国映画の歴史を切り込むスタイルは世界で高く評価されており、一度は観ておくべきと断言できる優秀な映画が多いです。そこでそんな作品に触れるのであれば、動画配信サービスで漁って見るのもいいでしょう。旧作も観れますが、劇場公開作を鑑賞するのにも使えます。サービスの中には、劇場で使える割引クーポンと交換できるものがあり、最大で無料にすることも可能。このチャンスを見逃せません。

「無料」を嫌う人はいない!
実際のユーザーから聞かれる最も好意的な意見は「無料体験が本当に動画も見れるし、便利だった」というものです。何事も利用しないとその真価もわからないもので、他人のオススメも自分には当てはまらないこともあります。そこでお試しが役に立つのです。使ってみれば「なるほど」と合点がいく部分も多いはず。「これって一度登録すると解約できないパターンでは?」と怪しむ人も安心です。解約は登録よりも時間がかかりません。それこそあまりにもすぐ終わるので思いついたときに実行可能です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「1987、ある闘いの真実」の鑑賞はダメです。厄介事は各所に潜在しています。例えば、そのようなウェブページは広告で儲けているために、異常に頻繁かつ妨害的な広告の表示で、ユーザーを誘導しようとします。また、有害な不利益を招くリダイレクトを連発させる場合もあります。なので、やはり公式に勝るものはないです。クリーンな健全性120%の映画体験に身も心も捧げましょう。

迷ったときは?
劇場公開したばかりの新作は即座に配信はなくとも、そこまで大きく待たせる時代でもないので、スタンバイしておきましょう。でもVODの配信作品は数千から数万と莫大。この中の顔ぶれは日々変化し、観たい作品の状況を追跡するのは、蠢くアリの群れの1匹を注目し続けるくらいに疲れてきます。「1987、ある闘いの真実」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。アイコンを使ってわかりやすく紹介しているのがこのページです。アイコンが存在すれば、すぐさま見られる可能性が高いです。存在しない場合は、今は配信していないかもしれません(後々で追加される場合も)。うんともすんとも動かない鈍い情報サイトとは違い、表示速度も速く、内容も更新されていくので、新しめの情報を得やすいのが売りです。早起きは三文の徳と言いますが、VODの場合が早チェックは三倍の得です。無料になる、見逃さない、関連作も観れる…メリット多数なのです。

登録情報は最小限
記念すべきビギニング・デーとなる日にすべき登録作業。この段階で入力することになるのは、名前、生年月日、メールアドレス、パスワード、他には電話番号も要る場合も。そんなに情報を提供して大丈夫かなと思っているなら、ご安心ください。迷惑メール&迷惑電話はありませんし、アカウントは簡単に削除ができます。忘れそうになりますが、支払い情報も欠かせません。最初に入力してもお試しが適用される人なら請求はすぐにはされないので、過度に不安がらなくてOKです。あとは「1987、ある闘いの真実」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「1987、ある闘いの真実」鑑賞完了後に解約もアリ。キャリアスマホの解約はなにかと面倒な契約の縛りばかりでうんざりしていたことも多いものでした。しかし、VODの解約はその心配は捨て去って結構です。なにせワンクリックで瞬時に退会ページへ進み、そのままの流れで解約できます。変な制限はなく、電話確認もないので、実質1分程度で終わって済ますことができ、あなたの望む日に完了。これにより動画を観終わってもう必要ないと思った人でも、すぐさまにストップできます。もちろん再開もすぐにできます。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「1987、ある闘いの真実」の視聴はそれだけでも最高ですが、その気分を他人にお裾分けしましょう。余計なお世話になるんじゃないかという危惧は要りません。SNSを使えば爆発的な拡散によって映画を好きになってくれる人が急増することもあります。今の時代はそうしたバズるというムーブメントが映画宣伝には欠かせないもので、公式アカウントも積極的にフォローしたりリツイートしたりして支援してくれることもあります。

高評価作品は観る価値あり
がむしゃらに映画を見まくるというのも今の時代ならばそこまで金もかけずに実現できるのですが、時は金なりですので、労力を節約したいときもあります。かといって1度に3作品同時鑑賞なんて荒業は精神的にも体力的にも推奨しません。そこで世間的に評価の高い映画から手を出すのがまずはとっかかりになります。受賞作はそれだけの有意な価値がある証拠ですし、アート的な観点で素晴らしい体験を与えてくれるものです。「1987、ある闘いの真実」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『1987、ある闘いの真実』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『1987、ある闘いの真実』をさらに知る

★スタッフ
監督:チャン・ジュナン(関連作品:『ファイ 悪魔に育てられた少年』)
撮影:キム・ウヒョン
音楽:キム・テソン

★キャスト(キャラクター)
キム・ユンソク(パク所長)、ハ・ジョンウ(チェ検事)、ユ・ヘジン(ハン・ビョンヨン)、キム・テリ(ヨニ)、ソル・ギョング(キム・ジョンナム)、パク・ヘスン(チョ・ハンギョン)、イ・ヒジュン(ユン・サンサム)、カン・ドンウォン(イ・ハニョル)、ヨ・ジング(パク・ジョンチョル)

★『1987、ある闘いの真実』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
4.2???4.2
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『1987、ある闘いの真実』の感想

●無料ホームシアター 
近くて遠い国である韓国についていろいろな話題も多いが日本人の関心の低さは尋常ではない。韓流ブームとか騒いでいたわりにはあの国の歴史には疎い日本人にはぜひ見てほしい一作がこの映画だ。詳しく語るまでもない。観ればいい。シリアスに独裁政権vs反独裁政権の構図で突き進むパワーあふれるドラマ。あるシーンで催涙弾を打ち込む際に射程距離を棒で叩いて思いっきり変えるところが、この映画の権力構造の象徴なのではないだろうか。
●FILMAGA 
2時間超を感じさせない、考えるエンタメ映画の真骨頂。つまらないハリウッドの中国に媚びた映画を観るくらいならこれを2回観る方がまだタメになる。そう断言できる一作だった。本当にこういう作品こそヒットすればいいのに。恥ずかしながら、たった31年前の隣国のことなのにこの事件を全く知らなかった自分としては、この作品のインパクトは雷に打たれた級のものだった。もう震えるなんてものじゃない。頭からこびりついて離れない。
●BILIBILI 
ただ民主化を勝ち取ったとはいえ大統領が悲惨な末路を必ず辿る韓国、ひるがえって自国日本も考えて見たりするとろくな状況ではない気がする。政治は必ず腐敗する。政治家は国民を裏切る。だから権力を見張るしかない。ときに声を上げる。それに映画が役割を果たしている。韓国の映画界はそこだけ見ても日本よりも一歩進んでいる。自国の暗部をエンタテインメントとして作り上げて魅せる韓国の映画界に匹敵できる日は日本に来るだろうか。