閃光少女 Our Shining Days

中国の青春音楽学園ムービー

映画『閃光少女 Our Shining Days』のフル動画を無料視聴する方法を、ランキングサイトなど騙しリンク無しでストレートに紹介中。
今すぐ『閃光少女 Our Shining Days』を見るなら動画リンクをチェック。

上海国際映画祭メディア大賞で最優秀作品賞をはじめ主要部門を総なめにした、中国民族音楽を学ぶ少女の奮闘を描いた青春音楽ドラマ。私たちの音楽はもうどこまでも止まらない。高校の伝統音楽部に所属する、元気が取り柄の少女ジン。彼女は、西洋音楽部のリーダー的存在であるイケメンのワン先輩に一目惚れし、居ても立っても居られず部活仲間のヨウとともに作戦を練る。なんとか相手を見返して一気に自分の実力を見せつけるような作戦がいる。そこで学校で除け者扱いされているコスプレ集団と協力して斬新な異色のバンドを結成する案を思いつく。いまいち意欲のないメンバーたちだったが、バンド活動を通して少しずつ自分たちを見つめ直すと同時に、パワフルな伝統楽器の素晴らしさを内外に示していく。これであれば今までにないことができるはず。ジンとヨウは、容姿ではなく心や強い意志が自分たちを輝かせるということを音楽で表現できるのか。

原題:閃光少女 Our Shining Days / 製作:中国・香港(2017年) / 日本公開:2018年8月18日 / 103分 / 制作:Edko Films / 配給:武蔵野エンタテインメント 

閃光少女

(C)2017 Edko Films Ltd. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『閃光少女 Our Shining Days』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

感動動画は意外にそこに!
国が違っても青春は同じ。共通点の多いジャンルなので意外にハマってしまうことも多いです。そんな作品に触れてみたいなら、動画配信サービスを利用してみましょう。利用者も急増しているこのサービスは、今では作品鑑賞には欠かせないツールでもあり、スマホ(Android・iPhone)からパソコン、テレビまで、あらゆる媒体に対応しているので、自由な需要にこたえて、急速に利用者を増やしました。お得に鑑賞するなら、利用しない手はないでしょう。

「無料」を嫌う人はいない!
そして大事なことなので頭に刻み込んでください。無料でこのエンタメ空間に体験入部できるというハッピーな特典です。なんとなくのイメージで掴めると思いますが、これは試供品のようにオンラインサービスを特定期間まで無料で使えるものです。動画を実際に視聴して使用感覚を評価できます。「これって一度登録すると解約できないパターンでは?」と怪しむ人も安心です。解約は登録よりも時間がかかりません。それこそあまりにもすぐ終わるので思いついたときに実行可能です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「閃光少女 Our Shining Days」の鑑賞はダメです。慢心は命取り。それは大袈裟でもなく、人命とはいかなくても、人生には癒えない傷跡を残すことになることも。個人情報流出は今ではさまざまなプライバシーと結びつき、連鎖反応的に他の犯罪を誘発していき、取り返しのつかないことになります。これだけ忠告すれば選択肢はひとつ。100%安全のシネマ体験にはオフィシャルな動画サービスが絶対です。

どれを選べばいい?
直近で公開された映画でもいつかはインターネット上での配信が始まり、それと共にVODでの解禁も近いです。ところが、そうは問屋が卸さないもの。VODの多さと複雑さは、素人であればクラクラするほどであり、判断は困難。確認作業をしようにもまず何をすればやらです。「閃光少女 Our Shining Days」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。各サイトを手作業目視で確認していたらそれだけで今日一日の大切な余暇が費やされます。このページで配信傾向を理解することで、目安を付けることができるのであとは最終チェックするのみ。動かぬ岩のように内容が微動だにしないなんてことはなく、フルムビバースは更新頻度は適切に設定しており、なるべく有用な情報を探せます。レコメンドはあくまで推薦なので、絶対にこれを使ってくださいという押しつけではないので、ぜひとも自分で使って試行してみてください。

配信はいつ終わる?
「あのサービスに登録はしたはいいんだけどさ、いざアプリで開いたら見たいやつがないの!だから速攻アンインストールした!」そんなお怒りの声もごもっともですが、事前に確認すれば回避できるかもしれません。というのも配信終了日時はアナウンスされている場合があるからです。こちらのサイトではHuluやNetflix、AmazonPrimeの配信スケジュールをまとめているページがあるので参考にできます。「閃光少女 Our Shining Days」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。今は見る時間がないけど後で見るために…。気になる新作だから…。そんなときに映画の存在を忘れずにメモするために使えます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「Favorite」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。「閃光少女 Our Shining Days」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

パスワードは大事
パスワードは使い回ししてはいけません。そう何度も厳しく注意喚起してもなぜか過ちを犯してしまう人が後を絶ちません。これはサービス側のミスが問題だと考えているのか、自分自身の行動を改めない人は多く、これでは意味はなし。VODを完璧に心配なく使用するにはユーザー個人のセキュリティ・リテラシーが必要です。パスワードは推測できない複雑な英数字の羅列にすること(単語禁止)、流用はやめること…このルールは破れば最悪の破滅が待っています。安全な「閃光少女 Our Shining Days」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「閃光少女 Our Shining Days」の視聴ですっかりご満悦になって「あとは寝るだけ」そんな感じで就寝する前に、ちょっとだけその感想をSNSに呟いてみましょう。利用者だけでいいのです。できれば作品のハッシュタグをつけて。運が良ければ公式配給アカウントがリツイートしてくれるかも。それだけでなくそれがきっかけで鑑賞者をぐんと増やすこともできたり、この動画促進効果は侮れません。

『閃光少女 Our Shining Days』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『閃光少女 Our Shining Days』をさらに知る

★スタッフ
監督:ワン・ラン

★キャスト(キャラクター)
シュー・ルー(チェン・ジン)、パン・ユーチャン(リ・ヨウ)、リュー・イョンシー(シャオマイ)、イーソン・チャン、ルー・チャオホワ(ベイベイ)、ハン・チョンユィ(ターター)、リー・ヌオ(サクラ)、ルオ・ミンチエ(ワン・ウェン)、チェン・ユィシー(チョン・ヨウアン)、ラー・スーホン

★『閃光少女 Our Shining Days』の評価

IMDbRTMETA
6.9??%??
映画comY!FM
4.0???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『閃光少女 Our Shining Days』の感想

●無料ホームシアター 
こんな映画を待っていた。強引ながら流麗に面白さを持続させるポップでコミカルなノリ。それでいて邦画にあるようなウザさはない。純粋にエモくひたすら熱い。これぞ清純の学校もの定番の魅力。わざとらしい演出なんて使わくなても彼女彼らの青春は光り輝いているのだ。そんなことを思わせる。少女漫画のような突っ込みどころ満載でありながら、それを恥ずかしいと思わない清々しさを大人はもう一度思い出してほしいと痛感するばかりでした。
●FILMAGA 
オタク描写では黒執事とかラブライブとか日本のコンテンツが出てくるあたりに、漫画やアニメの影響力を思わせる。ここで描かれるのはいわゆるコスプレこみで楽しむ系のビジュアル・オタクだけど、それが楽器がめちゃくちゃ上手くて実は天才なんて設定も、明らかにラノベ的で、このあたりも含めてこれは現在のオタクたちに向けた作品になっているのだろうな。それを知らない大人の世代は、これが今のアジアの若者たちなんだとわかってほしい。
●BILIBILI 
予想以上にいい。邦画でも、この手の作品では良く使われる恒例演出がほとんどだけど、その使い所といい、度合いといいクドくも無く、物足りなさも無く、バランスが良かった。コスプレ・アニメ・マンガと中国伝統音楽が融合したスーパー青春ムービーで、最後の音楽パフォーマンスといい、やりたいことをやった、だから後悔はない!という気持ちが溢れている。青春はこれだからいい。世間体を気にせず、体当たりで今を生きる。素敵な一瞬だ。