食べる女(2018)

もっと美味しくなる

映画『食べる女』のフル動画を無料視聴する方法を、ランキングサイトなど騙しリンク無しでストレートに紹介中。
今すぐ『食べる女』を見るなら動画リンクをチェック。

小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、鈴木京香ら豪華女優陣が共演し、「食」と「性」をテーマに8人の女たちの日常を描いた筒井ともみの短編小説集「食べる女 決定版」を映画化。エグゼクティブプロデューサーは大跡一郎と中馬啓介。プロデューサーは宮田昌広、柳迫成彦、片岡公生、小林勝絵。雑文筆家のトン子こと餅月敦子は、古びた日本家屋の古書店「モチの家」の女主人で、誰よりも料理をこよなく愛する人だった。料理は自分の心を表現できる、大切な手段のひとつ。彼女の家には、恋や人生に迷える女たちが夜な夜な集まってくるという変わった状況があった。その顔ぶれも実に個性が強く、それぞれが一筋縄ではいかない。トン子を担当する編集者で男を寄せつけないドドこと小麦田圭子、ドドの飲み仲間であるドラマ制作会社の白子多実子、求められると断れない困った性分の古着屋店員の本津あかり、妖艶で惑わす魅力を振りまくごはんやの女将・鴨舌美冬ら。みんなが料理を求めている。年齢も職業も価値観もバラバラな彼女たちを、おいしい料理を作って迎え入れるトン子だったが…。

原題:食べる女 / 製作:日本(2018年) / 日本公開:2018年9月21日 / 111分 / 制作: / 配給:東映 

映画『食べる女』 本予告

(C)2018「食べる女」倶楽部


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『食べる女』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画のフルサービスを!
女性視点で作られた作品はたくさんありますが、どれも生きる希望を沸かせてくるような愛しい映画があって定期的に観たくなります。そんな映画を探しているときは、動画配信サービスを活用しましょう。お得に観られるのは旧作だけではありません。劇場公開作もポイントで交換できる割引クーポンで安く見られます。その最大額はなんと無料。映画館でチケットをタダで手に入れる機会はなかなかありません。

「無料」は全て初心者のため!
そして大事なことなので頭に刻み込んでください。無料でこのエンタメ空間に体験入部できるというハッピーな特典です。初めてのウェルカム・デイである登録日はぜひ覚えてほしいところであり、ここから設定された一定期間の範囲に限り、無料お試しを全身で体験できる最高エンタメタイムが待ち受けています。「登録の難易度が初心者向きではないのでは?」と気分が乗らない人も、トライすればすぐに理解できます。複雑な点もなく、入力する項目も単純な基本しかないので一瞬で終了です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「食べる女」の再生はダメです。厄介事は各所に潜在しています。例えば、そのようなウェブページは広告で儲けているために、異常に頻繁かつ妨害的な広告の表示で、ユーザーを誘導しようとします。また、有害な不利益を招くリダイレクトを連発させる場合もあります。自動的に注意喚起アナウンスができればいいのですが無理なので、あなたの基本の判断力と倫理だけが頼りになってきます。

どれを選べばいい?
劇場公開したばかりの新作は即座に配信はなくとも、そこまで大きく待たせる時代でもないので、スタンバイしておきましょう。ところが、そうは問屋が卸さないもの。VODの多さと複雑さは、素人であればクラクラするほどであり、判断は困難。確認作業をしようにもまず何をすればやらです。「食べる女」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればアイコンでご案内しています。どれだけ他に同様サイトがあれど、ひたすら同じVODを勧めるページばかり。こだわりのフルムビバースは品質と鮮度が違います。なお、配信作品はベルトコンベア式に新しいものがどんどん流入していき、消えていくものもありますので、要注視です。

配信はいつ終わる?
ビデオオンデマンドは永遠に配信するものではなく、いつかは終了してしまいます。サービスによっては事前の公表をがさりげなく提示されており、いつ消えるかもわかってきます。ただし、目立ちません。そこでフルムビバースでは別ページで一覧化しており、一括で確認できます。あくまで目安という参考程度にしてほしいところですが、自分でいちいち確認するよりはマシなので利用推薦です。「食べる女」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

見たい動画をメモしよう
「これ、前から気に入っていたのだけど、今はちょっと忙しくて手が離せないからな~。忘れてしまいそう…」そういう場合もあるでしょうが、フルムビバースではウォッチリストが用意されているのでそこでメモができます。これでブラウザのお気に入りやノートアプリを使う必要性はなくなり、省エネ&効率化。「Favorite」ボタンで各作品をマークして観終われば外すこともでき、臨機応変に個人の「見たい映画」を整理可能。「食べる女」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

悪いサイトを追い出すために
世界中のインターネットのダークな一面を象徴する海賊版動画の存在は、消しても消えないしつこさです。この効果的な業界の健全化の役割を担うと期待されているのがVOD。専門的な認識では、フィルタリングやサイトブロッキングなどの手段ではその場しのぎにしかならず、それよりも安価で使いやすいサービスを広める方が悪質な動画を駆逐することができると言われています。VODは見事にその効果を発揮しつつあり、これからもより多くの人に紹介していけばプラス効果となるので「食べる女」合法視聴方法を拡散しましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「食べる女」鑑賞完了後に解約もアリ。解約は何よりも大事な注目ポイントです。サービスが続く限りずっと利用してほしいというのは運営者側の本心ですが、どうしても利用できない状況になったり、他の魅力的なサービスに心変わりしたり、値上げにともない利用サービスを厳選したり、諸々の事情が発生することは避けられません。その場合の退会はスムーズに進められると理想ですが、VODは解約がすぐに終わるのも嬉しいところです。専用ページで数クリックで完了。思いついたその日に完了できます。

『食べる女』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『食べる女』をさらに知る

★スタッフ
監督:生野慈朗(関連作品:『余命』)
脚本:筒井ともみ
撮影:柳島克己
音楽:富貴晴美

★キャスト(キャラクター)
小泉今日子(餅月敦子)、沢尻エリカ(小麦田圭子)、前田敦子(白子多実子)、広瀬アリス(本津あかり)、山田優(茄子田珠美)、壇蜜(米坂ツヤコ)、シャーロット・ケイト・フォックス(豆乃・リサ・マチルダ)、鈴木京香(鴨舌美冬)、ユースケ・サンタマリア(タナベ)、池内博之(豆乃修治)、勝地涼(白石)、小池徹平(友太)、笠原秀幸(矢々田)、間宮祥太朗(シノザキ)、遠藤史也(哲太)、RYO(米坂トキヲ)、PANTA(お客さん)、眞木蔵人(淳)、小島聖(桃井はる)、宇田琴音(桃井由有羅)、鈴木優菜(米坂ミドリ)、瀧福之助(米坂リュージ)

★『食べる女』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『食べる女』の感想

●無料ホームシアター 
世の多様な女性の生き方・食・性を描いていて、どれも共感を刺激されるばかりでした。時代はどんどん変化していますが、こういうウーマン・ムービーは作られ続けるでしょう。人は美味しいものを食べているときに幸せになるといいますが、今作は性に焦点をあてているのが特殊なパターンだと思います。きっとその部分がフィーチャーされるでしょうが、全体的に女性の素の在り方を描いているので、そこまで下世話なものにはなっていません。
●シネマトゥデイ 
満腹中枢と性欲中枢が同じ位置にあるのは女性脳だけらしいけど、それが本当かどうかは置いといて、作品の方向性は嫌いではありません。劇中に美味しそうな料理が色々と出てくるのお腹が鳴りそうになりますから、事前に腹ごしらえをしておくことを強く推奨します。沢尻エリカを独特に過ぎる言葉責めで絶頂に誘うユースケ・サンタマリアが観られるので、それだけでも一見の価値あり。そして壇蜜の静かなぶっ壊れ感もさすがの貫禄でした。
●BILIBILI 
オムニバス的な恋愛話を食と絡めて展開しているのは定番。グルメ・LGBT・豪華女優・子供・SEX・猫と全部詰め込んだ感じは闇鍋を思わせる。そのため贅沢なゴージャスなフルコースというよりは、味付けにこだわらないネタありきの山盛りだたと思って食べることにしましょう。本作のテーマはスローフーズ・スローセックスであるがそれ以上にスローなライフという要素のアピールさが邦画の変わらないスタンダードなんだなと痛感する一作。