若おかみは小学生!(映画)

感涙の声、多数! 異例のロングヒット!

映画『若おかみは小学生!』のフル動画を無料視聴する方法を、ランキングサイトなど騙しリンク無しでストレートに紹介中。
今すぐ『若おかみは小学生!』を見るなら動画リンクをチェック。

累計発行部数300万部を誇る人気児童文学シリーズ「若おかみは小学生!」をアニメーション映画化。美術監督は渡邊洋一、CG監督は設楽友久、撮影監督は加藤道哉。小学6年生の女の子おっこは交通事故で両親を亡くすという不幸な境遇を経験した。そして祖母の経営する旅館「春の屋」に引き取られ、新しい生活をおくることになる。そこでは全ての環境が違っている。虫だってトカゲだって身近にいる。旅館に古くから住み着いているユーレイ少年のウリ坊や、転校先の同級生でライバル旅館の跡取り娘・真月らと知り合ったおっこは、ひょんなことから春の屋の若おかみの修行を始める。もう一時もぼーっとしている時間はない。常に忙しく働く毎日。失敗の連続に気分も失墜するおっこだったが、個性豊かな仲間たちに支えられながら、少しずつではあるが前に進む。次々とやって来る変わったお客様をもてなそうと努力を重ねるうちに、一歩一歩成長していく。そして自分の過去とも向き合うことになる。

原題:若おかみは小学生! / 製作:日本(2018年) / 日本公開:2018年9月21日 / 94分 / 制作:DLE、マッドハウス / 配給:ギャガ 

【公式】『若おかみは小学生!』9.21(金)公開/本予告

(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『若おかみは小学生!』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

涙を流す動画がある!
心温まるヒューマンドラマは実写だけの専売特許ではありません。アニメでもその魅力が詰まった作品は確実に存在します。そんな素晴らしい劇場作を見たいのであれば、動画配信サービスを上手く使ってお得に観ましょう。旧作をネット配信で見ることがメインですが、このサービスは貰えるポイントで割引クーポンと交換でき、それを使うことで映画鑑賞料金を最大でタダにできたりします。ゼロ円でチケットを入手できる数少ない確実なチャンスです。

「無料」で感謝!
初心者であることを後ろめたいと思ってはいけません。ラッキーな救済策があるのですからむしろ幸運ではないでしょうか。家にいながらの視聴が実現できる、言い換えれば無料ホームシアターのようなネット鑑賞は、お試しというには嬉しすぎる最高の初心者ラッキーチャンスです。期間など気になりません。「登録の難易度が初心者向きではないのでは?」と気分が乗らない人も、トライすればすぐに理解できます。複雑な点もなく、入力する項目も単純な基本しかないので一瞬で終了です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「若おかみは小学生!」の再生はダメです。パソコンやスマホが熱くなることはたびたびあると思いますが、悪質な動画サイトはその熱の帯び方が尋常ではありません。夏場にもなると火傷するほどの温度になることもあり、機器を焦がすことになって、破損につながります。かなりの痛手になります。シネマティックな日々を過ごすのに不正空間に身を投じる必要はありません。何も自分の手を汚してまでする価値はないです。

迷ったときは?
「(/・ω・)/新作を待ってたよ!」と配信待機している皆さんもただ待つだけではなく、理想的な無料視聴を逃さずに。パーフェクトに思えてもストップして考えるべきが一点。あなたは絶対にこれが見たいという映画を欲しているのでしょうか。ならば登録前に確認を推奨します。「若おかみは小学生!」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はスピーディに解決しましょう。「観たい作品を配信中のVODを一気にチェックできたら…」という需要を叶えることができます。むやみに時間を浪費する事態は今後はサクッと回避できます。情報更新がほどよく適度に行われ、レコメンドされるサービスも配信状況に合わせて変化していくのでフレキシブル。なお、配信作品はベルトコンベア式に新しいものがどんどん流入していき、消えていくものもありますので、要注視です。

家族にバレない?
サブスクリプション系のビデオオンデマンドは家族向けとしてフィットするような機能も充実。同じ家庭でもお父さん・お母さん・兄・姉・弟・妹・祖父母…それぞれの利用の好みは違うので同一アカウントで住み分けするのは大変かもしれません。でも大丈夫。個別で切り替えできるのでプライバシーを確保したまま動画を見れます(この機能は全てのVODに搭載されているわけではありません)。また同時利用もサポートしているものもあり、これで同じ家の中である人はテレビ、ある人はスマホでと違う動画を観ていてもOK。

動画はフルの方がいい
映画を観るなら誰しもがフルで見たいというものです。変に欠けている映画を観て大喜びする人はよほどの変人か、上手い具合に騙されているだけです。映像が中途半端になっていたら、ストーリーもわからないことにならないにせよ、大事な部分が抜けてしまって理解はふじゅうぶんになりますし、嬉しくはないでしょう。VODは当然のようにオール・ノーカット。最後まで視聴できるのでDVDと遜色はありません。「若おかみは小学生!」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「若おかみは小学生!」の動画を観終わって「うんうん満足だな!」と自分のシャッターを閉じてしまう前に「ちょっと人に宣伝してみるか」と別の一歩を踏んでみませんか。それは余計なおせっかいになることを危惧しているなら心配ご無用です。映画というのはそうやって人気の地盤を拡大するものです。SNSでの拡散力はこれまでもいくつもの話題作を生み出す爆発的なスマッシュヒットの燃料となってきたのです。

高評価作品は観る価値あり
昔はインターネットも発達しておらず映画情報を知る手段も無かったのでトレジャーハントのように映画との出会いを一喜一憂しているのも普通でした。しかし、今ならば高評価の作品を事前に調べることも容易いのです。それによって有効的に1日を無駄にせずに、より多くの作品を見られるのなら、全体を考えればプラスの利点と考えても良いのではないでしょうか。レビューサイトもいいですし、受賞の有無で判断するのも良いです。「若おかみは小学生!」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『若おかみは小学生!』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『若おかみは小学生!』をさらに知る

★スタッフ
監督:高坂希太郎(関連作品:『茄子 アンダルシアの夏』)
脚本:吉田玲子
音楽:鈴木慶一

★キャスト(キャラクター)
小林星蘭(関織子/おっこ)、水樹奈々(秋野真月)、松田颯水(立売誠/ウリ坊)、薬丸裕英(関正次)、鈴木杏樹(関咲子)、ホラン千秋(グローリー・水領)、設楽統(神田幸水)、山寺宏一(木瀬文太)、遠藤璃菜(秋野美陽/みよちゃん)、小桜エツコ(鈴鬼)、一龍斎春水(関峰子)、一龍斎貞友(田島エツ子)、てらそままさき(蓑田康之介)、小松未可子(神田あかね)、花澤香菜(関峰子/少女時代)、田中誠人(木瀬翔太)、折笠富美子(木瀬寅子)

★雑学(トリビア)
・公開が同時期だった『ザ・プレデター』と『ヴェノム』とは、映画館でポスターが並ぶと『若おかみは小学生!』の愛らしい作風と『ザ・プレデター』『ヴェノム』の恐ろしい作風のギャップが際立つということが話題を呼び、SNSを中心に盛り上がりを見せた。結果、『若おかみは小学生!』の公式Twitterアカウントが『ザ・プレデター』と『ヴェノム』のそれぞれの公式Twitterアカウントをフォローするまでになった。

★『若おかみは小学生!』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
4.3???4.1
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『若おかみは小学生!』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
児童文学原作で小学生以下向けと聞いたら、普段ならスルーしてしまう人が圧倒的多数。でもこれは要注目リストに加えてほしい。もしあなたが後悔したくないのならば。木っと見逃してしまうのは惜しい。映画ランキングにさえ影響するような、とんでもない隠し玉がこの映画なのだから。ストーリーと演出が絶妙に噛み合った盛り上げがキッズをターゲットしているとは思えないレベルの完成度だったし、正直、驚きすぎて脳内が停止状態だった。
●FILMAGA 
バカにしていた自分が大馬鹿ものでしたね。はい、反省しています。これを傑作と言わず、何を良作と思えばいいのかというクオリティ。丁寧な演出でしっかり感情移入させクライマックスは涙を禁じ得ませんでした。なんでこんなにも心を揺さぶられるのか。不思議な時間でしたね。凄まじい好評の嵐だったのと、個人的に高坂監督と吉田玲子さんの作品が好きだったので鑑賞したわけですが、それは大正解だったと思うし、本当に出会えてよかった。
●BILIBILI 
王道のテンプレ。12歳の少女が、色んな人と触れ合って、自分なりに前を向いて生きていく。そんなひたむきな姿と、彼女が精神的に縋っていた、頼りにしていたものとどう折り合いをつけていくか。その葛藤がドラマになって最後のフィナーレにつながる。この年齢にここまでのものは背負わせすぎだし、大人や行政は何をしているんだと怒りたい気持ちもありますが、それを抑えても最高の名作を劇場で観れたことに感激が止まりません。