7月22日 / 22 July

ノルウェー史上最悪の事件はなぜ起きたのか

映画『7月22日』のフル動画を無料視聴する方法を、シンプル・イズ・ベストでわかりやすく推薦。
今すぐ『7月22日』を見るなら動画リンクをチェック。

2011年7月22日にノルウェーの首都オスロとウトヤ島で発生した連続テロ事件の全容を、ポール・グリーングラス監督が映画化。製作はスコット・ルーディン、ポール・グリーングラス、グレゴリー・グッドマン、イーライ・ブッシュ。ビリヤルはウトヤ島で行われたサマーキャンプに参加し、同年代の仲間たちと一緒に未来を語っていた。一方、アンネシュ・ベーリング・ブレイビクは車に爆発物を積み込み、政府庁舎を爆破。その後、銃を手にウトヤ島へ車を走らせる。危険は何の妨害もなく迫っていた。政府庁舎で起こった爆発事件しか知らないウトヤ島の若者たちは、その犯人がこの島に向かっているとは想像もしていなかった。そして、島に惨劇が起こる。政府を含むノルウェー全土に衝撃が走るが…。

原題:22 July / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年10月(Netflix配信) / 143分 / 制作:Scott Rudin Productions / 配給:Netflix 

22 JULY | Official Trailer [HD] | Netflix

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】
VOD2【Hulu×】
VOD3【TSUTAYATV×】
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『7月22日』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
Netflix(ネットフリックス)は世界で一番勢いのある動画配信サービスとなりました。作品数の多さも売りですが、その魅力の一番はオリジナルコンテンツ。ここでしか見られない特別な作品がたくさん揃っており、他のサービスでは経験できない映画を観ることで、独自の満足感を得られます。しかも、字幕や吹き替えも対応済みなので、好みを選べるのは良いものです。大きい画面で観たいならテレビにも対応しているのでそちらで視聴しましょう。

「無料」はやっぱり魅力的!
伝えたいのはここから。あなたにとっておきの無料お試しコースとも言えるトライアルがスタンバイしています。登録という記念すべきファースト・デイがあると思いますが、それを起点に特定の期間まで、あらゆる機能を含めて基本は制限もなくそのサービスも体験できるもので、欠点もなし。「これって一度登録すると解約できないパターンでは?」と怪しむ人も安心です。解約は登録よりも時間がかかりません。それこそあまりにもすぐ終わるので思いついたときに実行可能です。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「7月22日」の視聴はダメです。詳細な危険事例を説明すると、大小さまざまな問題が山積しているので挙げきれないのですが、あなたの使用機器を破壊するリスクから、アカウントや口座の不正使用まで、それはもう人生が滅茶苦茶になる可能性があります。絶望的な目に遭うのは不可避です。どうせならちゃんと製作者に還元できる視聴をしましょう。それが応援であり、次の作品を生む原動力にもなるのです。

これに決めた!
「配信作品を眺めるだけでVODを使ってみたい欲求が沸き上がった!」その気持ちをスッキリさせましょう。しかし、世の中には幸か不幸か映画が山のように流布しているのがネックとなってしまい、配信状態はまるで毎日変わる天気のように不安定で、判断は困難です。「7月22日」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「コレとコレとアレを配信しているVODはどれなんだろうな~」そんなご要望にもバッチリお答え。情報は更新に対応できるように定期的にリライトされ、アイコンで視覚的に提示しています。どれだけ他に同様サイトがあれど、ひたすら同じVODを勧めるページばかり。こだわりのフルムビバースは品質と鮮度が違います。ビデオ・オン・デマンド特有の映像コンテンツ(オリジナル作品)など、複合的な視点でサービスをチョイスするのもアリです。

字幕・吹替、選択は自由
公開前から議論になりがちな翻訳と吹替問題。一歩間違えれば作品の完成度さえも台無しになりかねないので、ピリピリするのは当然です。だからこそ観客は字幕と吹替の選択はこだわります。VODは両方に対応していることが多く、幅広いユーザーの好みにマッチ。中には英語字幕を選択できるものもあり、リスニング練習に使っている人もいます。そういう狙いでサービスを判断するのも良いでしょう。できれば両方を比較してみてください。意外な一面から「7月22日」の面白さの発見につながるかもしれません。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する際に入力する情報は、名前、メールアドレス、アカウントパスワード、生年月日、電話番号などだけです。仮に電話番号入力があっても実際に電話がかかってくる事態は起きません。メールスパムのようなしつこい煩わしさもゼロです。クレジットカードの支払い情報登録に躊躇することもあるでしょうが、これはイタズラでもなりすましでもないことを証明する役割もあります。初回お試しなら請求無しで無料のままなので、気楽に手を出してみましょう。あとは「7月22日」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、話題作が放映されるとSNSでも大盛り上がりをする民放TVでの映画ですが、実は結構シーンがカットされてしまっており、本来のフルの内容を満喫はできていません。番組時間帯の都合なのですが、本音はフルバージョンを楽しみたいものです。そこでVODならば自由気ままにフル動画を鑑賞可能。仲間と一緒にフル体験で映画をじっくりシェアもできます。「7月22日」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

ホームシアターのススメ
無料だけで満足していてはいけません。動画を見る最高環境、ホームシアターを目指してみませんか。「でも高いのではないか」なんて不安も当然。しかし、今は比較的安価な機器が発売されており、数万円程度で質の高いものが買えます。これなら自宅でVODを映画館スタイルにアップグレード。「7月22日」も最高級に。どうやってそんな贅沢ルームを構築するのか、それが肝心。それなりの備品が要ります。映像を映すスクリーンとプロジェクター。それに音響にこだわるならオーディオシステムも必要になるでしょう。お値段を投資してもほしいか要相談です。

『7月22日』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『7月22日』をさらに知る

★スタッフ
監督:ポール・グリーングラス
脚本:ポール・グリーングラス
音楽:スーネ・マーチン

★キャスト
アンデルシュ・ダニエルセン・リー、ヨン・オイガーデン、ソルビョルン・ハール、ジョナス・ストランド・グラヴリ、オラ・G・フールセス、ウルリッケ・ハンセン・ドヴィゲン

★『7月22日』の評価

IMDbRTMETA
6.880%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『7月22日』の感想

●無料ホームシアター 
Netflixがまたもややってくれた。このインパクトある映画を作って平然と配信する神経が凄い。無論、褒め言葉だ。普通であればこれは大作レベルであり、もっとVIP待遇を受けてもいい。しかし、映画界の風当たりは冷たく、カンヌは知らん顔。それでもクリエイターたちは自分の作るべきものをストレートに描き、世に送り出している。その手段はどうでもいい。とにかくNetflixに登録しているなら観るべきだし、今からこのために登録するのもありだ。
●シネマトゥデイ 
観ていられなかったです。目をつぶってしまうシーンが何度もありました。特に前半。理不尽な理由で撃たれていく若者の姿に怒りを抑えられません。本当に可哀想で、実際はこの何倍も苦しんだのでしょう。怖かったろうに。これがフィクションではないなんて。その後も全然怒りはおさまりません。犯人の気にもしていない態度にムカムカ、平然と自分を正当化する発言にボルテージが突破、私がその場にいたら絶対に顔を殴っています。
●TOHOシネマズ 
臨場感あふれる映像で映し出されるのは事件。それも史実の話。なので常に気分はブルー。しかし、これは全ての人間が観るべきだ。大げさでもなく。子どもがいる家庭はもちろん、そうじゃない人も。政治に関わる人も。犯人が典型的なネトウヨ思考なのはいいとして、それがどうやって罰を受けるのかという期待はしていけない。そんなの意味ない。この映画はそういうカタルシスはなく、ただその事件に関わった全ての人の葛藤をありのままに見せる。