ファースト・マン / First Man

月へ降り立った男の軌跡

映画『ファースト・マン』のフル動画を無料視聴する方法を、シンプル・イズ・ベストでわかりやすく推薦。
今すぐ『ファースト・マン』を見るなら動画リンクをチェック。

デイミアン・チャゼル監督&主演ライアン・ゴズリングのコンビが再びタッグを組み、人類で初めて月面に足跡を残した宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生を描いたドラマ。製作総指揮はスティーブン・スピルバーグ、アダム・メリムズ、ジョシュ・シンガー。ジェームズ・R・ハンセンが記したアームストロングの伝記「ファーストマン」を原作に、ゴズリングが扮するアームストロングの視点を通して、歴史的な偉業の裏側を人間心理にスポットをあてて描く。人類初の偉業となった月面着陸という難しいミッションに取り組む乗組員やNASA職員たちの奮闘、そして人命を犠牲にしてまで行う月面着陸計画の意義に葛藤しながらも、不退転の決意で絶対に失敗できないプロジェクトに挑むアームストロング自身の姿がそこにあった。

原題:First Man(「ファーストマン」) / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2019年2月8日 / 138分 / 制作:Universal Pictures / 配給:東宝東和 

映画『ファースト・マン』特報

(C)Universal Pictures


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ファースト・マン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

最高の映像体感ができます!
歴史上の名を遺した人物を描く伝記作品は勉強にもなりますが、映像で観て理解すればさらに面白くもなってきます。そんな人物の人生を描く映画を堪能したいときは、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信といってもテレビで見てもじゅうぶんな大迫力の高画質映像を満喫できます。また、劇場で使える割引クーポンと交換できるサービスもあり、最大でタタでチケットが手に入ります。早めに登録してポイントを貯めるのも手です。

「無料」はやっぱり魅力的!
元気が出るのはこの情報を知ってから。あなたは初めての方ですか? ならば1度限りの無料トライアルをお試しあれ。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「これって一度登録すると解約できないパターンでは?」と怪しむ人も安心です。解約は登録よりも時間がかかりません。それこそあまりにもすぐ終わるので思いついたときに実行可能です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ファースト・マン」の鑑賞はダメです。無料で動画が見られるからといってそんなサイトにアクセスしようものなら、自分の知らない間に悪質な手段でリスクを背負わされることになります。視聴をせずにただサイト内で検索しているだけでも、その有害性は全く回避できないので油断なりません。オフィシャルを勧めようとしないなどそれこそ何かしらのフェイクに過ぎないのですから、この忠告は忘れないように。

迷ったときは?
そういえばあの話題作はどうなったのかなどと思っているうちにDVDよりも早くネット配信されている場合もあります。しかし、映画会社から携帯会社、TV企業、独立系企業など多様なサービス・プレゼンターがそれぞれのVODを展開していることもあり、まさに十人十色の幅広さです。「ファースト・マン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。各サイトを手作業目視で確認していたらそれだけで今日一日の大切な余暇が費やされます。このページで配信傾向を理解することで、目安を付けることができるのであとは最終チェックするのみ。フルムビバースは他サイトとは情報更新への向き合い方が違います。記事を作った初期のままで内容を放置するようなことはしていません。映画館に勝るものはないというこだわりはわかりますが、VODはそのサポートも可能。鑑賞料金が割引にならないか、調べる価値はあるでしょう。

あなたはどっち派?
外国映画を観る時のチェックポイントは「字幕」を選ぶか「吹き替え」を選ぶかという二択。片方しかないこともありますが、ネット配信時はどちらでも選べたりする機会が多いので悩むものです。好きなように選んでいいのですが、このこだわりは譲れない人もいます。外野の意見は気にせずに自分の趣味で構いませんので、VODならではのお手軽さで遊んでみるのも良いのではないでしょうか。「ファースト・マン」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

高画質で見られる?
今のインターネット動画のクオリティを知っている人ならともなく知らないのならば驚きます。すでにDVDを通り越してスマホですらも4K標準になりつつあり、シネマモードを搭載して映画鑑賞に最適化された視聴をサポートするものまで出現。ネット動画=低品質という認識は古いのです。「それだと重いから通信制限がなぁ」という不満があるなら、事前にWiFi環境でダウンロードして動画をローカル内で観れる機能もあったりします。これで通信制限に引っかかることはないので怖くはないです。「ファースト・マン」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
スマホで映画を観ている人は信じられないかもしれません。それは何か? ホームシアターの世界です。名前は聞いたことはあっても無料ばかりを先行させているととてもじゃ手が伸びない代物。でもそのハイクオリティは個人の自宅映画館と呼ぶべきスケールで、動画鑑賞の次元が大きく激変するのです。「ファースト・マン」も最高級に。どうやってそんな贅沢ルームを構築するのか、それが肝心。それなりの備品が要ります。映像を映すスクリーンとプロジェクター。それに音響にこだわるならオーディオシステムも必要になるでしょう。お値段を投資してもほしいか要相談です。

高評価作品は観る価値あり
あなたの映画を観るうえでの作品選びの基準は何でしょうか。動画配信サービス上でサムネイルをただ眺めているだけでは永遠に決まらないこともあります。なにしろ多すぎるという問題もあり、お手上げになったりしますから。そこで賞の受賞やレビュー評価を参考にしてみるのもいいでしょう。映画サイトなんてヤラセだよと疑うかもですが、しっかりしているところは根拠もあって納得させられます。こちらのページでは一括確認も可能です。「ファースト・マン」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『ファースト・マン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月11日時点での『ファースト・マン』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ファースト・マン』をさらに知る

★スタッフ
監督:デイミアン・チャゼル(関連作品:『ラ・ラ・ランド』)
脚本:ジョシュ・シンガー
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ

★キャスト(キャラクター)
ライアン・ゴズリング(ニール・アームストロング)、クレア・フォイ(ジャネット・アームストロング)、ジェイソン・クラーク、カイル・チャンドラー、パトリック・フュジット、キアラン・ハインズ、イーサン・エンブリー、シェー・ウィガム、コリー・ストール、パブロ・シュレイバー

★『ファースト・マン』の評価

IMDbRTMETA
7.688%85
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ファースト・マン』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
ドキュメンタリーのように進んでいく内容であり、そこにはひとりの人間の苦悩があった。天才的なミュージカルテクニックとセンスで世界を躍らせたあの「ラ・ラ・ランド」の生みの親、デイミアン・チャゼルが今度は宇宙を舞台に人生の行き着く先を独自に描く。監督の持ち味はじゅうぶん活かされており、音楽要素はないように思うが、そこにクセともいうべき、監督独自の人間論が見え隠れしている気がするのは気のせいだろうか。
●シネマトゥデイ 
演出が素晴らしく、もう一度観たいなと思うシーンの連続。これぞ新しいスペース・ムービーの誕生。アメリカ映画はどうしても宇宙モノは派手にしたがるが、これはしっかりそこを抑えて、丁寧な演出が目を楽しませ、感動を生む。初公開時の会場のスタンドオベーションがこの映画の素晴らしさを現すように、誰もが思わず感激を表現したくなる。相変わらずこの監督の素晴らしい卓越した映像と表現力には脱帽するばかりである。
●FANDANGONOW 
ひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍だ。そのフレーズは聞いたことがあるあのニール・アームストロング。その人の伝記映画です。「ララランド」で史上最年少でのオスカー監督賞を受賞し、「セッション」でもノミネート経験を持つデイミアンチャゼルの挑戦は成功したと思います。人類で最初に月面着陸を果たした功績を高らかに描くのではなく、しんみりでも雄大に確かな映像で綴る。魅惑的なドキュメントです。