日日是好日(にちにちこれこうじつ)

樹木希林から学ぶ人生の大切なこと

映画『日日是好日』のフル動画を無料視聴する方法を、シンプル・イズ・ベストでわかりやすく推薦。
今すぐ『日日是好日』を見るなら動画リンクをチェック。

エッセイスト森下典子が約25年にわたり通った茶道教室での日々をつづり人気を集めたエッセイ「日日是好日『お茶』が教えてくれた15のしあわせ」を、黒木華、樹木希林、多部未華子の共演で映画化。プロデューサーは吉村知己、金井隆治、近藤貴彦。「本当にやりたいこと」を見つけられず大学生活を流されるままに送っていた20歳の典子は、いろいろと凄い噂が絶えない「武田のおばさん」が茶道教室の先生であることを聞かされる。まさかその存在が自分の人生を変えていくとは知らずに、ただ何となくの時間を過ごしていた。母からお茶を習うことを勧められた典子は気のない返事をしていたが、お茶を習うことに乗り気になりたいというこの美智子に誘われるがまま、自分の意志も固まらずに茶道教室に通い出す。当然ながら全然自分の知らない世界。分からないことだらけで途方に暮れる。全くの無知な状態で「決まりごと」だらけのお茶の世界に触れた典子は、がむしゃらに努力する。それから20数年にわたり武田先生の下に通うこととなり、就職、失恋、大切な人の死などを経験し、お茶や人生における大事なことに気がついていく。

原題:日日是好日 / 製作:日本(2018年) / 日本公開:2018年10月13日 / 100分 / 制作: / 配給:東京テアトル、ヨアケ 

黒木華&樹木希林共演『日日是好日』予告編
『日日是好日』樹木希林さんインタビュー

(C)2018「日日是好日」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『日日是好日』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

映画を観るなら今はこれ!
心温まるヒューマンドラマの良さは年齢によって深みが変わることにあります。なのであらためて見直すのもいいものです。そんなハートウォーミングな作品を楽しみたいときは、動画配信サービスを使ってお得に見れないか検討してみましょう。これはネット配信ですが、普段利用したことがない人でも敷居は低いです。さらに劇場で使える割引クーポンと交換できるサービスもあるので、映画館でタタでチケットを入手したいのなら試す価値ありです。

「無料」はやっぱり魅力的!
元気が出るのはこの情報を知ってから。あなたは初めての方ですか? ならば1度限りの無料トライアルをお試しあれ。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「登録の難易度が初心者向きではないのでは?」と気分が乗らない人も、トライすればすぐに理解できます。複雑な点もなく、入力する項目も単純な基本しかないので一瞬で終了です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「日日是好日」の再生はダメです。具体的にどのような危険性が検出されるのか、特定のウイルス対策ソフトで一部のサイトを調査してみると、不可解な動作をするプログラムが頻繁に検出され、情報を盗み取るページにアクセスしていることを示すアラートがヤバさを物語ります。知らないだけで無数に「やめればよかった」と懺悔している人がいるので、その仲間入りしたくないなら今すぐ離れましょう。

どれを選べばいい?
直近で公開された映画でもいつかはインターネット上での配信が始まり、それと共にVODでの解禁も近いです。でも、誰もが思うツッコミも。VODは多すぎるということ。その数は増えているので、名前を挙げると凄い大変です。加えて配信が流動性があってどんどん変わるのでお手上げに。「日日是好日」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「コレとコレとアレを配信しているVODはどれなんだろうな~」そんなご要望にもバッチリお答え。情報は更新に対応できるように定期的にリライトされ、アイコンで視覚的に提示しています。全く初期状態から更新もないような鈍感不動の紹介サイトとは違います。こちらの掲載内容は変化するので鮮度は一定のほどよさ。なお、配信作品はベルトコンベア式に新しいものがどんどん流入していき、消えていくものもありますので、要注視です。

悪いサイトを追い出すために
世界中のインターネットのダークな一面を象徴する海賊版動画の存在は、消しても消えないしつこさです。この効果的な業界の健全化の役割を担うと期待されているのがVOD。専門的な認識では、フィルタリングやサイトブロッキングなどの手段ではその場しのぎにしかならず、それよりも安価で使いやすいサービスを広める方が悪質な動画を駆逐することができると言われています。VODは見事にその効果を発揮しつつあり、これからもより多くの人に紹介していけばプラス効果となるので「日日是好日」合法視聴方法を拡散しましょう。

動画はフルの方がいい
映画はそれなりの上映時間があり、1~2時間、長いものだと3時間を超えることもあります。しかし、長すぎるゆえにテレビ放送などでは編集されて部分的にカットされたバージョンになっていることも。これではフル動画は見れません。そこでVODの出番です。ネット配信には時間の制約はないので、初めから終わりまで作品の完全版を堪能し、隅々までしゃぶりつくせます。動画がフルなのは保証できます。「日日是好日」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「日日是好日」の視聴が済めば、そのままツイートや投稿でどんどん自分の感想を流していきましょう。「動画のこのシーンが良かった」「私はこのサイトで動画を見たよ」という情報はさらなる映画ファンを増やす素材になります。映画関係のハッシュタグも使ってみるのも意外に効果的です。「#映画好きな人と繋がりたい」などの便利なタグがあるので遠慮なく追加していきましょう。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「日日是好日」だって何度でも鑑賞したいのでは? 1回ではわからないネタもあります。動画を一時停止して初めて「え!」と気づく場合も。実はこんな伏線になっていたことを知る瞬間は快感です。でも劇場でリピートするのはちょっとマニアすぎてハードルは高いです。複数回見ると下手をすれば5000円とかかかってしまいます。でもVODならば何度見ても追加の発生料金は無し。そこはDVDと同じです。好きなように動画を停止してもいいし、巻き戻しても構いません。

『日日是好日』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『日日是好日』をさらに知る

★スタッフ
監督:大森立嗣(関連作品:『光』)
脚本:大森立嗣
撮影:槇憲治
音楽:世武裕子

★キャスト(キャラクター)
黒木華(典子)、樹木希林(武田先生)、多部未華子(美智子)、原田麻由(田所)、川村紗也(早苗)、滝沢恵(由美子)、山下美月(ひとみ)、郡山冬果(典子の母)、岡本智礼(典子の弟)、鶴田真由(雪野)、鶴見辰吾(典子の父)、荒巻全紀、南一恵

★『日日是好日』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.8???3.9
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『日日是好日』の感想

●無料ホームシアター 
まるで本当に教室に通っているような気分に浸っていたと思います。忙しい現代社会で全てがせわしなく動いている世の中。どうしても私たちは立ち止まって相手と向かうようなことはせず、日々膨大な情報量を次々と目で流していくだけの作業でしかない。そんな毎日を少し止めてこの映画と向き合ってみるのもいいのではないでしょうか。この作品の流れる時間は全然違います。まるで時計の針がゆったりと進むように、1秒が10秒くらいに感じます。
●FILMAGA 
やりたい事が見つからない女子大生が、ふとしたきっかけで茶道を始める。きっとこういう経緯をたどる人は多いのではないか。そんな距離感で茶道を続けているうち、いつしか20年余の歳月が流れる。時間は遅いようで、でも進んでいた。もう、彼女にとってそれは生活の一部になり、体に沁み込んでいる。20代から40代までの主人公を黒木華が誠実に演じ、彼女を導く師匠を慎ましくも上品に樹木希林が演じている。惜しくももう見れない姿になった。
●BILIBILI 
まず樹木希林さんが最初に登場したところで、もう泣いてしまった。不幸な出来事が公開前にあって、一層この映画の立場が深まってしまったのですが、それも置いといて、いい映画だったと実感しています。門外漢の女子大生がお茶を習うコメディ的な導入部から、じんわりと少しずつ深い茶道の世界を描くタッチは普通に見ても楽しい。しかし、今作の味わいを深めるには人生の経験を分かち合う共感の精神が必要になるかもしれない。