蜜のあわれ(2016)

二階堂ふみがキュートに怪演

映画『蜜のあわれ』のフル動画を無料視聴する有益な方法を紹介。たくさんサイトを確認する手間が省けます。
今すぐ『蜜のあわれ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:蜜のあわれ / 日本(2016年) / 日本公開:2016年4月1日 / 105分 / 制作:ステューディオスリー / 配給:ファントム・フィルム

映画『蜜のあわれ』予告編

(C)2015「蜜のあわれ」製作委員会

動画
▼『蜜のあわれ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 安定再生

VOD2 Huluで動画を見る 機能充実

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

VOD9 Gyaoで動画を見る

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV
FOD ▼FOD

▼『蜜のあわれ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

映像はネットでも!
エキセントリックでファンタスティックな独特の映像と世界観のタッチで楽しませる映画は見ているだけでワクワクしてきます。そんな独創的な作品を満喫したいなら、人気も増している動画配信サービスを活用してお得に見ましょう。このサービスは出演俳優で作品を検索できるものもあるので、関連作を連続してどんどん鑑賞することもできます。スマホでも、パソコンでも、テレビでも、タブレットでも、どれでも見られるので便利です。

「無料」は全て初心者のため!
初利用の人のための親切コースも整備されています。それを通るのは自由に可能です。あなたが望むなら無料お試しトライアルを真っすぐ歩めます。サービスによる多少の差はあるのですがじゅうぶんな設定期間、動画鑑賞を無料でお試しできるもので、初回特典のような形式です(一時キャンペーンではないですが永続であるという保証もなし)。「サービスを離脱する解約手順に条件は?」という疑問はあるかもしれませんが、特には無いです。退会の作業は瞬間的に終わるほどの手短さなので、自分が止めたいときにすぐに止めることが確実に可能です。石井岳龍監督の「蜜のあわれ」もアリ。

恐ろしさは知ってからでは…
違法な動画サイト等は決して信用できないものであり、入念に気を付けてください。それで二階堂ふみ主演の「蜜のあわれ」の再生はダメです。勘違いされやすいですが、サイトのURLが表示されるブラウザ・バー上に「この接続は保護されています」と書いてある場合があるでしょう。第三者に送信情報が見られないことを説明する文章が表示されたものもありますが、これは絶対的な安全性を示す意味は何一つ全くありません。これだけ危ないとわかっているなら利用する方が愚かです。人生をクラッシュさせたくなければ道はひとつです。

これに決めた!
「次々と更新される怒涛の映画情報を見ていたら、VODに今から手を出したい!」そんな抑えられない衝動も納得。でも、重箱の隅をつつくつもりはありませんが、細かい部分で留意すべきことがあります。「あれれ、どれで配信しているんだっけ?」という混乱を回避できるようにしないとダメです。大杉漣出演の「蜜のあわれ」フル動画を視聴できるVODはどれなのかという疑念を悶々とさせ、気になると思います。「この作品を配信しているVODはこちらです」というアナウンス(厳密には補助情報)としてお役に立てることができるのがこのページであり、自力でなんとかするよりも作業工程を短縮できてスムーズに進みます。1日1回の更新とはいきませんが、他サイトよりははるかに頻繁な情報アップデートで、動画へのアクセスを促進しています。お望みの無料動画にタッチできるかは今のタイミングしだいです。明日、明後日の配信を保証はできないので、関心を持ったときが使いどきです。

家族にバレない?
VODはどの媒体でも使えるので誰でも見れてしまうのはメリットですが、その代わり「これ、見られたくないな…」という映画に関してどうするかという問題が発生します。そういうシチュエーションは多いです。アダルト系や残酷系というコンテンツもあり、それを回避できる安全策がしっかり用意されているのが嬉しいところ。キッズバージョンに切り替えればそうした映画はフィルタリングできます。また家族別でアカウントを切り替えることで他人に私的な視聴履歴を見られないようにもできます。これでプライベートを確保して、みんなでワイワイと満喫可能。「蜜のあわれ」は大人だけで。

フェアにオススメします
VOD横断チェックができるフルムビバースでは、各作品の配信サービスをパッと確認するのに有効な参考資料になりますが、フェアな扱いを重視しているのがポリシーです。それは基本的な指針になっています。どれかを仲間外れにして扱わないということもなく、特別な推奨枠もありません。そもそもどれが適切なのかは、ユーザーによって異なるのが当たり前です。こちらが勝手に決めつけることではありません。単純に真木よう子出演の「蜜のあわれ」の配信の有無だけでなく、明らかな問題性をを発生させない安全動画環境になる出会いを届けていきたいと思います。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は常に惹かれてしまうほどに魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。高良健吾出演のアダルトドラマ「蜜のあわれ」は? これを誤解すると大変ですし、変なクレームにつながりかねません。簡潔に言えば、最初の月額料金か、一定期間の間だけ料金の支払いが発生しないという意味です。それは何も変わらない部分です。見放題系のサービスならわかりやすく、期間内はいくら動画を見ようとも無料。一方で、単体ごとにレンタル的に購入するものはあくまで保有している専用ポイントに左右されます。基本は初回時に一定のポイントが入手できるのでその範囲であれば実質的にはタダと同じです。

表現規制を避けるなら
映画の一番インパクトのあるシーンで規制が入ると嫌なものです。モザイクなどの処理はレーティング上でやむを得ないというのは理解できますが、どうせなら素直に全部を鑑賞したいもの。その気持ちは誰でも持っているものでしょう。それが物語上の重要なシーンだとしたら困るし、実際に意味が伝わらなくなるパターンもあり得ます。VODならばTV業界とも映画業界とも異なる規制基準で動いていることもあって、その心配が少ないです。表現規制にはうんざりだという人ほど、思う存分にクリエイターの表現したかったものを満喫できます。永瀬正敏出演の「蜜のあわれ」も無規制で。

『蜜のあわれ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月18日時点での『蜜のあわれ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」「FOD」です。

  • 2019年9月30日時点での『蜜のあわれ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「auビデオパス」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『蜜のあわれ』をさらに知る

詩や俳句、随筆などさまざまなジャンルの作品を残した作家・室生犀星が、晩年の1959年に発表した会話のみで構成されたシュルレアリスム小説の古典を石井岳龍監督のメガホンにより映画化。『蜜のあわれ』のエグゼクティブプロデューサーは香山哲と小西啓介、プロデューサーは小林千恵と森重晃。自分のことを「あたい」と呼ぶ愛くるしい赤子と、赤子から「おじさま」と呼ばれる老作家。親子以上に年の離れた二人だが、他愛もなくとめどない会話を交わし、夜になると体を寄せ合って寝るなど、独特の関係性を築きながら仲睦まじく暮らしていた。それは二人だけの世界で介入者はいない。赤子はある時は女(ひと)、ある時は真っ赤な金魚と姿を変えるが、普通の人間には彼女の正体はまったくわからない。そんな中、老作家の過去の女が幽霊となって現れた。

★『蜜のあわれ』のスタッフ


監督:石井岳龍(関連作品:『ソレダケ that’s it』、『シャニダールの花』)
脚本:港岳彦
撮影:笠松則通
音楽:森俊之、勝本道哲

★『蜜のあわれ』のキャスト


二階堂ふみ、大杉漣、真木よう子、高良健吾、永瀬正敏、韓英恵、上田耕一、渋川清彦、岩井堂聖子

★インタビュー


・二階堂ふみ「ふたりで踊るところは、ほぼ私が振り付けたんです。現場で振り付けを考えて、それがすごく楽しくて」
・大杉漣「今まで踊ったのは、地元(徳島)の阿波踊りくらいしかなかったもんですから、二階堂さんにリードしていただいて、見よう見まねで」

★『蜜のあわれ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.23.013.3
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『蜜のあわれ』の感想

●『蜜のあわれ』映画無料夢心地 
変な夢みたいな映画で、終始これはリアルなのか、ファンタジーなのかはわからず、ずっと彷徨っているような気分になります。フラフラしていると可憐な赤い金魚少女に翻弄されるのです。そして素晴らしいのはその金魚少女をCGなしで生身で体現して見せる二階堂ふみの女優力です。彼女は人間じゃないのかもしれませんね。そうじゃないとこの色香はだせないですから。セクシーと無邪気を両立させる、この赤い存在にメロメロになるのは無理もないです。
●『蜜のあわれ』MOVIX 
とりあえず、二階堂ふみさん恐ろしい女優だ…。ダンな世界観、舌足らずな喋り方やきれいな丸み、金魚と幽霊という死の儚さを感じる存在。昔、飼っていた金魚が死んでしまったときのことを思い出しました。それを3次元で表現する、二階堂ふみさんのあの可愛らしい表情、ダンス、かしこまっているようで要望を通す物言いに惹かれるのはもちろん、文芸的なほどよいエロスも感じるムッとした空気も素敵。金魚は少女になれば大歓迎なんですけど…。