シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

シュールでオカシイ、吸血鬼の日常

映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』のフル動画を無料視聴する方法を紹介。たくさんサイトを確認する手間が省けます。
今すぐ『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』を見るなら動画リンクをチェック。

現代社会で共同生活を送るバンパイアたちの楽しい日常を、俳優たちの即興演技とモキュメンタリー形式を取り入れて描いたニュージーランド製ホラーコメディ。製作はタイカ・ワイティティ、チェルシー・ウィンスタンリー、エマニュエル・マイケル。ニュージーランドの首都ウェリントンで一緒に暮らすバンパイアのビアゴ、ディーコン、ブラド、ピーターは、毎晩のように歌い踊ったり行きつけのパブで遊んだりと愉快で退屈の無い毎日を満喫していた。もちろんバンパイアなのでいろいろと人間と同じようにはいかないのだが、それでも人生は謳歌できる。ある日、ピーターが人間の大学生ニックにうっかり噛みついてバンパイアに変えてしまう。しかも、ニックが人間の親友スチューを何の考えもなしに普通にシェアハウスに連れてきたことから、思わぬ大騒動が巻き起こる。

原題:What We Do in the Shadows / 製作:ニュージーランド(2014年) / 日本公開:2015年1月24日 / 85分 / 制作:Resnick Interactive Development / 配給:松竹メディア事業部

映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』予告編

(C)Shadow Pictures Ltd MMXIV


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

大笑いしまくれば気分もスッキリ!
人生に疲れた時は現実を吹き飛ばしてくれるコメディを見て大笑いすることで嫌なことを忘れましょう。そんな気分爽快な作品をたっぷり満喫したいときは、動画配信サービスを活用してみるのがオススメです。これはネット配信であり、サービスによっては無料配信しているものもあります。また、スマホやパソコンなど視聴メディアを自由に選択できるので、ちょっとした時間つぶしで鑑賞するのにも最適です。空き時間にクスリと笑顔になれます。

「無料」より安いものなし!
手に抱えきれないほどの映画パッケージでも、ネット配信は重さゼロ、かつ無料であっさり体験できてしまうのです。どんな時でも必ず最初の登録という初めの一歩があるものですが、その瞬間から一定の期間に限って無料という扱いになります。初心者お試しは誰でもトライすることができます。「退会に解約金とかはかからないよね?」そんな心配はトイレに流しましょう。どこかのスマホキャリア企業と違って解約に縛りはなく、自由に好きな時期に、無料でサービス利用停止できるユーザー安心設計です。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」の視聴はダメです。恐ろしい体験談をした人は数知れず。例えば、ただ執拗な広告なんて無視すればいいと思っていてもそうはいきません。サイトにアクセスしているだけで裏では正体不明のプログラムが動作し、PCなどの機器に異常な負荷をかけてクラッシュさせてきます。千載一遇のチャンスを見逃すなかれ。公式プレゼンツなサービスこそが何の心配もいらない選択肢です。

あなたの選択は自由!
インターネット時代の全盛期ですからデジタルでの動画提供は主流。VODの取り扱いもいち早く始まるのは珍しくないです。ところが、素人ビギナーの頭をカオスな状態にさせてくるのが、VOD内における配信動画探し。全サービスごとにラインナップは千差万別で個別確認に混乱は不可避。「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。アイコンを使ってわかりやすく紹介しているのがこのページです。アイコンが存在すれば、すぐさま見られる可能性が高いです。存在しない場合は、今は配信していないかもしれません(後々で追加される場合も)。「これだけを登録しておけばOKです!」とゴリ押しするようなことはしません。それはさすがにユーザーを無視しすぎていますから。無料体験はその性質上、一生で何度も繰り返し味わえるものではないので、これを契機にして自分の映画愛を燃え上がらせる燃料にしてみましょう。

登録情報は最小限
登録時の個人情報入力で、プライバシー保護を不安視する人の意見は多いです。自分のデータが何に使われるのか知りたいのは当然。利用規約を読むように提示されますが、文章が長すぎて普通は読み切れません。ただVODはそうした情報が二次的に横流しになる事例はほぼなく、迷惑メールや電話がかかってくるという体験報告もないです。なので他の悪質な噂の多いサービスと比べたら、はるかに安全といえるのではないでしょうか。これなら試験的無料利用にも躊躇せずに踏み出せます。あとは「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

表現規制を避けるなら
映画は映画倫理機構という組織の元でレイティングシステムが運用されています。区枠は「G」「PG12」「R15+」「 R18+」となっており、とくにR18になってしまえば広告やCMでの宣伝が著しく規制され、劇場公開も激減します。またモザイク処理などで映像本来の意図が伝わらないことも。しかし、VODにはそのような余計なお世話となりかねない審査に邪魔されません。クリエイターにとってもやりたいことができる喜びがありますし、視聴者にとっても刺激的な動画を鑑賞できる嬉しい貴重な場になります。「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」も規制なしでどうぞ。

高評価作品は観る価値あり
手当たり次第に映画を貪るのもそれはトレジャーハントのようでテンションをあがりますが、忙しい現代人にとっては無駄なく生活したいので良作だけを鑑賞して効率性を重視したいかもしれません。普段は見たことがない傑作映画はそれだけの価値があるものです。基準となるのは著名な賞に輝いている作品、もしくは批評家や評論家に絶賛されている作品。専門家の見識や眼は侮れませんから、セレクト時の材料になります。「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」だって何度でも鑑賞したいのでは? 1回ではわからないネタもあります。動画を一時停止して初めて「え!」と気づく場合も。実はこんな伏線になっていたことを知る瞬間は快感です。でも劇場でリピートするのはちょっとマニアすぎてハードルは高いです。複数回見ると下手をすれば5000円とかかかってしまいます。でもVODならば何度見ても追加の発生料金は無し。そこはDVDと同じです。好きなように動画を停止してもいいし、巻き戻しても構いません。

『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』をさらに知る

★スタッフ
監督:タイカ・ワイティティ、ジェマイン・クレメント
脚本:タイカ・ワイティティ、ジェマイン・クレメント
撮影:リチャード・ブラック、D・J・スティップセン
音楽:プラン9

★キャスト
タイカ・ワイティティ、ジェマイン・クレメント、ジョナサン・ブロー、コリ・ゴンザレス=マクエル

★『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』の評価

IMDbRTMETA
7.696%76
映画comY!FM
3.2???3.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』の感想

●FILMAGA
ヴァンパイアの共同生活を取材陣が突撃するというドキュメンタリー形式で描いたコメディ。面白いのはヴァンパイアだけでなく、狼男や他の異形の者たちも登場していて、彼らが現実社会でユニークにも生きている姿が印象的。彼らなりの苦労が見えてきて、頑張っているんだなと応援したくなる。でも、やっぱり食事はテンションあがっていくのか、意味もなく追いかけまわす光景はアホでしかない。一体、こいつの大人としての成熟はあるのか。
●TOHOシネマズ
さすがタイカ・ワイティティ監督、いちいち笑わせにきますね。この監督は『マイティ・ソー バトルロイヤル』の監督もしています。どちらにも共通する、徹底してふざけまくる精神がもうくだらなさすぎて。ヴァンパイアのテラスハウスを覗き見た感じなのだけど、ほんとうにただただバカ。ヴァンパイアって長生きしている割には全く生活力も聡明さもないのはなぜなのか。でも、こいつらを見ていると絶対に嫌いにはなれないから不思議です。
●DAILYMOTION
ゆるゆるヴァンパイアモキュメンタリーホラーコメディ。かつて経験したのこのない、絶妙な映画が楽しめます。前半、ちょいグロや痛くて辛いシーンもあるので注意。でも、血がビュービューでますが、思いっきりギャグ演出なので、嫌な感じはしないです。それどころか、ソファが血で汚れるのを気にしていたり、マヌケな風景にしか見えないのが笑いどころに。終盤の意外なトラブル展開といい、まさかまさかのノリで観客を驚かしてくれます。