アンクル・ドリュー / Uncle Drew

1億再生動画が元ネタ。この爺さん、半端ない!

映画『アンクル・ドリュー』のフル動画を無料視聴する方法を紹介。たくさんサイトを確認する手間が省けます。
今すぐ『アンクル・ドリュー』を見るなら動画リンクをチェック。

NBAのスター選手カイリー・アービングが特殊メイクで老人に扮し、ストリートで勝負を挑むという、米ペプシのCM用ドッキリ企画から生まれたキャラクター「ドリュー爺さん」を長編映画化した青春スポーツコメディ。製作総指揮にはルイス・アーベッター、アジエル・リバース、マーク・ギルバー、ジョン・フィッシャーなどが名を連ねる。あるトラウマが原因でプロ選手の夢を脱落し、ストリートバスケチームのコーチをしている青年ダックス。そこにはかつてのような華々しい世界などはひと欠片もない。退屈な日常が、かつて伝説のバスケ選手だったドリュー爺さんとの出会いによって変わる。再び勝利を目指す人生が戻る。ドリームチームを結成してニューヨーク最大のストリートバスケ大会に挑んでいく。

原題:Uncle Drew / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年11月9日 / 103分 / 制作: / 配給:REGENTS 

映画『アンクル・ドリュー』本予告

(C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『アンクル・ドリュー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画で大笑いをしよう!
疲れた時はフレッシュな気分になれるスポコンコメディを満喫しましょう。元気と体力を一気に回復できます。そんなパワフルな映画が揃っているのが、動画配信サービスです。これは人気も増えており、使っている人も多いものですが、まだ利用していない人もいるはず。また、他に企業のサービスがいくつもあるので、そちらに手を出して見るのもいいです。自分に合ったサービスが見つかるかもしれません。エキサイティングできるでしょう。

「無料」で感謝!
動画が見れるだけで満足してはいけません。なにせトライアルを無料で体験できる利点が初心者限定でセットアップされています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「そうはいっても好きな時に退会できないと意味ない…」その心配も大丈夫。登録したら解約不可能みたいな悪質なカルト勧誘っぽいことは断じてありません。あなたの自由意思でその場ですぐに止められます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトに手を出すべきではないです。それで「アンクル・ドリュー」の鑑賞はダメです。「問題なんてあるの?」その質問には何時間で語り尽くせないほどに注意喚起ができます。法律上の視点だけではありません。自分にさえも危害が加えられかねないのです。そんな被害報告はニュースで見たことがなくても、それは単に泣き寝入りしているだけです。千載一遇のチャンスを見逃すなかれ。公式プレゼンツなサービスこそが何の心配もいらない選択肢です。

どれを選べばいい?
新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、人気がありすぎるのも困りもので、需要の増しているVODは多種多様な企業がサービス展開しており、把握は困難。配信の有無を調べるのも疲れます。「アンクル・ドリュー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この作品ページでは、配信中のVODはコレとコレです…といった具合に、瞬間的に把握できる手助けをするヘルプ機能を持っています。まずはざっくりと全体の動向を知りたいときに便利です。他にも似たサイトはありますが、フルムビバースでは特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。映画館鑑賞できなくともDVDがあるし、それをコピーすれば…なんていうのは今は違法です。最もライトな視聴手段はネット配信。これは動かぬ事実です。

あなたはどっち派?
今さら字幕や吹き替えでイチイチ揉めたくはないですが、でもこればかりは人のこだわりとして譲れない場合もあり、軽視はできません。DVDなどでは両方あるので選べますが、VODはどうでしょうか。これが普通のネット動画なら片方だけなこともありますが、しっかりしているVODは選択機能があって切り替えが可能です。中には英語字幕を表示できるものもあるので、勉強に使いたいならベスト。「アンクル・ドリュー」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

情報の充実度はピカイチ
映画の予告動画を見る人はどれくらいいるのでしょうか。ネタバレ回避のために見ないようにしている人から、作品の雰囲気を掴むために積極的に見る人までいろいろ。こちらのページでもそのトレイラービデオを掲載しています(もちろん公式提供のものです)。やはり映画の質や傾向を把握するには実際の映像が一番なので貴重な判断材料です。VODに登録する前にまずは見たい映画の面白さをあらためて確認するも良し。「チャールズ・ストーン3世」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

動画はフルの方がいい
気づかずに動画を見ている人もいますけど、テレビ放送で流れる映画はフルではなく、時間の制約上、いくつかのシーンをカットして編集していることがあります。これが意外に重要な場面だったりして、作品の印象を大きく左右する場合も。これではなんだか消化不良です。しかし、VODならば完全なフル動画を提供しています。意図的な短縮版ではないのです。じっくり最後までの鑑賞を確約できます。「アンクル・ドリュー」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「アンクル・ドリュー」を1度だけで満喫できたと思えますか? まさか途中までしか見ていないという人はいないと思いますが、全部観ても意外な見逃しがあるものです。伏線は至る所にあり、オチを知ってから見ると違った印象になることも。映画は噛めば噛むほど味が出るガムになる場合もあるのです。かといって映画館は複数鑑賞のコストがバカになりません。数千円のお金がサイフから消えるのは嫌です。そこでVOD。たった数百円の料金であらゆる映画を何十回と視聴できます。

『アンクル・ドリュー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アンクル・ドリュー』をさらに知る

★スタッフ
監督:チャールズ・ストーン3世(関連作品:『ドラムライン』)
脚本:ジェイ・ロンジーノ
撮影:クラッシュ
音楽:クリストファー・レナーツ

★キャスト(キャラクター)
カイリー・アービング(アンクル・ドリュー)、リル・レル・ハウリー(ダックス)、ティファニー・ハディッシュ(ジェス)、シャキール・オニール(ビッグ)、レジー・ミラー(ライツ)、クリス・ウェバー(プリーチャー)、ネイト・ロビンソン(ブーツ)、リサ・レスリー(ベティ・ルー)、エリカ・アッシュ、J・B・スムーブ、マイク・エップス、ニック・クロール

★『アンクル・ドリュー』の評価

IMDbRTMETA
5.763%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『アンクル・ドリュー』の感想

●無料ホームシアター 
あいつ年寄りだぜ、なんでここにいるんだよ。ちょっと付き合ってやろうぜ、これも高齢者のためだよ。そうだな、ハハハ。そんな舐めてた年寄りが実はとんでもないウルトラスポーツプレイヤーだった。番組の企画として日本でもあるドッキリを映画化しましたみたいなノリ。これは完全に年寄り設定ということで、そのサプライズはないのだけども、やっている本人がプロなので、観客としてはすげぇな気分で楽しめる。衝撃はありませんが。
●FILMAGA 
バスケ大会で勝ち上がりながら過去を克服していく話として、テーマが超わかりやすくもしっかり整備されたプロットとあって、王道中の王道なので安心してリラックスできる映画です。カイリーがパスを散らして、インサイドではシャックが君臨し、アウトサイドからミラーがスリーを狙う。チームプレイも必見で、バスケ好きはそういうテクニック戦術からも分析できていいと思います。バスケ部の仲間と一緒に観れば盛り上がること間違いなし。
●TOHOシネマズ 
現役NBAプレイヤーのカイリー・アービングのパフォーマンス! これが全てですね。絶頂期の突然の解散で、完全燃焼できないまま、ずっと時間が止まっていた爺さん達のタイムカプセルが今ここでぱっくり開き、そこからあふれ出るエネルギー。ありえない展開に「なんでやねん!」「そんな事あるかい!」とツッコミを入れながら観るおバカ映画の筈。でも不思議。目から塩水が。おかしいな。水漏れかな。大笑いするために見に来たのに…。