ガンジスに還る(2016)

映画祭で絶賛されたインド映画

映画『ガンジスに還る』のフル動画を無料視聴する方法を紹介。たくさんサイトを確認する手間が省けます。
今すぐ『ガンジスに還る』を見るなら動画リンクをチェック。

インドの新鋭シュバシシュ・ブティアニ監督が弱冠27歳で手がけ、ベネチア国際映画祭などで賞賛された、雄大なガンジス河を背景に誰にでもいつか訪れる「死」というテーマをユーモアと人情味を交えて描いたヒューマンドラマ。製作はサンジャイ・ブティアニ、サジダ・シャルマ、シュバシシュ・ブティアニ。ある日、不思議な夢を見たことがきっかけで自らの死期を悟った父ダヤは、ガンジス河の畔の聖地バラナシに行くと頑なに宣言する。家族は反対するが微塵も決意を曲げないダヤに、やむを得ず息子ラジーヴが付き添うことになる。それはもう好きなようにやらせるしかなかった。安らかな死を求める人々が集う施設「解脱の家」にたどり着き、ダヤは残された時間を施設の仲間とともに心穏やかに過ごそうとするが、どうしても付いてきたラジーヴとはぶつかり合うばかりで距離ができる。これでは空気が悪くなってしまうだけ。しかし、雄大なガンジス河の流れが、次第に父子の関係を解きほぐしていく。

原題:Hotel Salvation(「ホテル・サルベーション」「ガンジスにかえる」) / 製作:インド(2016年) / 日本公開:2018年10月27日 / 99分 / 制作: / 配給:ビターズ・エンド 

『ガンジスに還る』予告編

(C)Red Carpet Moving Pictures


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ガンジスに還る』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

心を震わす出会いがある!
社会の喧騒で生きていると忘れてしまいがちな大切なことを思いださせてくれるヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんな記憶に残る映画を観たいときは、動画配信サービスを利用してお得に見ましょう。実はこのサービスはネット配信だけでなく、劇場で使える割引クーポンをもらえるサービスもあります。毎月もらえるポイントでクーポンと交換し、映画館のチケット代をタダにすれば非常に大助かり。嬉しい体験です。

「無料」は全て初心者のため!
アンテナを張るべきはここからです。動画を無料で見られるお試しコースがあるというのは絶対に知っておきたいところ。どんな時でも必ず最初の登録という初めの一歩があるものですが、その瞬間から一定の期間に限って無料という扱いになります。初心者お試しは誰でもトライすることができます。「解約って登録したすぐ後にでもできるのですか?」その質問のアンサーはシンプル。その日のうちにでも可能です。登録するだけで一回は試してみて、その後に利用を続行するかを考えるのが便利です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ガンジスに還る」の鑑賞はダメです。不正アプリが審査をすり抜けて公式アプリストアに紛れ込む例もあり、サイト利用を通して自然にインストールを促される場合も。あれこれと手口を変え、姿を変えて侵入を試み続ける「良くない存在」にとって、違法動画視聴者は絶好の騙しやすい相手です。千載一遇のチャンスを見逃すなかれ。公式プレゼンツなサービスこそが何の心配もいらない選択肢です。

どれを選べばいい?
公開真っ最中の映画でもネット配信のその日は来ます。VODでもその瞬間を待機するのは得策のひとつ。でも、重箱の隅をつつくつもりはありませんが、細かい部分で留意すべきことがあります。「あれれ、どれで配信しているんだっけ?」という混乱を回避できるようにしないとダメです。「ガンジスに還る」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。あてもなくウロウロの暗闇の森を歩いていても出口にはたどりつけません。このページでは単に無料であることを知らせるのではなく、どこで配信しているのかという場所をルート表示して道案内しています。「これだけを登録しておけばOKです!」とゴリ押しするようなことはしません。それはさすがにユーザーを無視しすぎていますから。映画館最優先主義な人もVODは捨てがたい存在です。鑑賞料金の割引があるなど併用できるサービスを選択材料にしておけばニッコリできます。

配信はいつ終わる?
ビデオオンデマンドは永遠に配信するものではなく、いつかは終了してしまいます。サービスによっては事前の公表をがさりげなく提示されており、いつ消えるかもわかってきます。ただし、目立ちません。そこでフルムビバースでは別ページで一覧化しており、一括で確認できます。あくまで目安という参考程度にしてほしいところですが、自分でいちいち確認するよりはマシなので利用推薦です。「ガンジスに還る」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

見たい動画をメモしよう
ただの動画配信サイトリンク集ではないフルムビバースでは作品メモ機能があります。いわゆるウォッチリストやマイリストと呼ばれるものです。この作品一覧はプライベートなもので他人に覗かれることはありません。自分だけのノートに活用できます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「Favorite」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。「ガンジスに還る」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

パスワードは大事
多種多様な動画を内包するVODは何のアクションもなくそのまま使えるわけではありません。まずはアカウント作成が要るのは誰でもわかるでしょう。その際はパスワード設定が必須ですが、今から言うことは絶対に守ってください。何よりもパスは複雑に。とくに予測される単純な単語(辞書に載っているものではダメ)は使わず、他で使ったパスを流用してもいけません。その過ちをすると、いとも簡単に乗っ取られるので、最悪の事態を回避するなら厳守しましょう。安全な「ガンジスに還る」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

海賊版サイトは無料ではありません
無料で誘い込む海賊版関連のサイトは見分けるコツがあります。ひとつはブログランキングページがあること(アクセス数を稼ごうとしている)。もうひとつは動画再生しようとすると真っ先に別の広告に飛ぶということ(間違っても情報入力すべきではありません)。セキュリティソフトではシャットアウトできません。「ガンジスに還る」がどうしても見たいという気持ちを逆手に取られてはいけません。考えうる最悪のシナリオは、あなたの生活や家計の崩壊です。これらサイトとは縁切りをして、合法性一択に絞り、なんの不安も欠片もない状況で動画を楽しむのが最重要です。

『ガンジスに還る』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月2日時点での『ガンジスに還る』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ガンジスに還る』をさらに知る

★スタッフ
監督:シュバシシュ・ブティヤニ
脚本:シュバシシュ・ブティヤニ
撮影:マイケル・マクスウィーニー、デビッド・フーラー
音楽:タジダール・ジュネイド

★キャスト(キャラクター)
アディル・フセイン(ラジーヴ)、ラリット・ベヘル(ダヤ)、ギータンジャリ・クルカルニ(ラタ)、パロミ・ゴーシュ(スニタ)、ナブニンドラ・ベヘル(ヴィムラ)、アニル・ラストーギー(ミシュラ)

★『ガンジスに還る』の評価

IMDbRTMETA
7.2100%80
映画comY!FM
?????3.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ガンジスに還る』の感想

●無料ホームシアター 
今、私は静かな満足感に満たされています。こんなにも心に染み入るインド映画が今まであっただろうか。避けることはできない人間の「死」について描かれた作品なのだが、端々に感じられる独自のユーモアと妙に迸る人間臭さで、観た後になぜか無性に遠くを見つめたくなる。騒がしい街を離れて、何もない平原をずっと見ていたいような気分というべきだろうか。心のステージが一段上に上がったような感覚は観た人にしかわからない。
●FILMAGA 
インド映画だが、これ見よがしの「踊り」のシーンは出てこない。賑やかなパフォーマンスはないから、エンタメ要素は低い。とはいえ、主人公たちが赴く、インドの聖地バラナシ(ベナレス)の祝祭の様子は、しっかりと作品中に収められており、その少し現実から逸脱した瞬間に、それが物語のターニングポイントともなっている。とにかくうまい構成だ。作品はそれほど暗くはない。むしろ、希望さえ感じさせるのだから、不思議なバランスの映画だ。
●イオンシネマ 
インド映画って煌びやかな衣装を着た集団が盛大に歌って踊る派手なシーンが必ず入ると思ってたけど、そういうシーンの無いインド映画って初めてで、とてもフレッシュな体験ができた。しかも、日本人でも共感できる物語なのがまたいい。生まれ変わったらカンガルーになりたいって言うお父さんのセリフが、世界にいる世の親の気持ちを凄い表現しているのではないかなと。どこか明るく送り出す葬儀というのも良いのかもしれない。