ボヘミアン・ラプソディ(2018)

伝説を超えた「彼」の物語

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のフル動画を無料視聴する方法を紹介。たくさんサイトを確認する手間が省けます。
今すぐ『ボヘミアン・ラプソディ』を見るなら動画リンクをチェック。

世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。製作総指揮にはアーノン・ミルチャン、デニス・オサリバン、ジャスティン・ヘイザ、デクスター・フレッチャーなどが名を連ねる。クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用するという豪華さでも話題になった。その伝説はこうやって生まれた。そこには自分らしく生きようとした一人の人間の叫びがあった。「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、パワフルで華やかな活躍の裏にあった知られざる人生の全てをエネルギッシュなストーリーとして描き出していく。

原題:Bohemian Rhapsody(「ボヘミアンラプソディ」) / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年11月9日 / 135分 / 制作:20th Century Fox / 配給:20世紀フォックス 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!
BOHEMIAN RHAPSODY (2018) | Behind the Scenes of Queen Biopic Movie

(C)2018 Twentieth Century Fox


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ボヘミアン・ラプソディ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの大熱狂をもう一度!
実在の人間の生き様をエネルギッシュにアツく描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんな思わず盛り上がってしまう人生に酔いしれるなら、人気も増えている動画配信サービスをうまく活用しましょう。「それってネット配信だから映画館の公開作には意味ないのでは?」と思っているなら安心してください。実は劇場で使える割引クーポンを交換することができるポイントをもらえるサービスもあります。最大でタダになるので便利です。

「無料」を嫌う人はいない!
動画が見れるだけで満足してはいけません。なにせトライアルを無料で体験できる利点が初心者限定でセットアップされています。これはこれまでサブスクリプション系のサービスに挑戦してこなかったビギナーにこそ便利。期間限定でのフリー体験ができるので自分にマッチするか触って確認できます。「そうはいっても好きな時に退会できないと意味ない…」その心配も大丈夫。登録したら解約不可能みたいな悪質なカルト勧誘っぽいことは断じてありません。あなたの自由意思でその場ですぐに止められます。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ボヘミアン・ラプソディ」の視聴はダメです。ある専門家はこうも言っています。「違法サイトは動画をタダで見せてくれる親切なところではない。それを釣り餌にして相手の油断を誘う偽善者だ」と。出回っている所在不明な動画コンテンツは必ず何かの危険をともなうので関わらないようにしましょう。人は過ちに気づいたときにはもう手遅れになっていることがいつものオチなので、そうならないためにも心掛けましょう。

どれを選べばいい?
新規話題作はその熱気が冷め始めた頃、スルッとネット動画配信を開始していることも多く、VODは注視すべきです。ところが、素人ビギナーの頭をカオスな状態にさせてくるのが、VOD内における配信動画探し。全サービスごとにラインナップは千差万別で個別確認に混乱は不可避。「ボヘミアン・ラプソディ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。各サイトを手作業目視で確認していたらそれだけで今日一日の大切な余暇が費やされます。このページで配信傾向を理解することで、目安を付けることができるのであとは最終チェックするのみ。普通の映画データベースサイトは数あれど、フルムビバースは数多のVODから個人感想ブログまで網羅しているのが特色です。新作はできれば映画館での鑑賞で爆音上映とか4DXとか最高体験をしたい…そういう要望ならばVODはサポート可能なものもあるので要注目です。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。DVDやブレーレイであればどちらも用意されていることが多いですが、VODでも整備されているものがあります。その形態はサービスによって異なるのですが、片方だけのものもあれば、両方から選択できる場合も。中には英語字幕をチョイスできたりもするので、語学学習に使う人もいます。「ボヘミアン・ラプソディ」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画はフルの方がいい
ノーシンキングなのだとしたら一回は関心を持ってほしいのですが、テレビ放送の映画の放映で満足していませんか? それはカットされているので本来のフル動画ではないですよ。こんなものでは「あの映画、面白かったよね~」と語っても「え、あのシーン、観てないの?」なんて言われてしまいます。でも、VODは余計な手を加えることなく、オープニングからスタッフクレジットまでしっかりウォッチ可能です。「ボヘミアン・ラプソディ」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

ホームシアターのススメ
あなたは何で動画を見るのがお好きですか? スマートフォンは誰でも持っているでしょうが、もっと最高動画を楽しみたくないですか? お金をコツコツ貯めれば自宅にホームシアター環境をセットアップできます。今はかなりお買い得な値段で用意可能。まるで映画館が無料で手に入ったようなものです。「ボヘミアン・ラプソディ」も最高級に。プロジェクターが必要になるのですが値段はマチマチです。しかし、買えないような金額ではありません。音響にこだわるのならばオーディオ機器も完備することになりますが、これはあなたの家の構造なども考慮するとなお良いです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「ボヘミアン・ラプソディ」の鑑賞体験をTwitterやFacebook、Lineなどで流せば、その作品をまだ知らない人にも知ってもらうチャンスになり、そこから新しいフレンドや仲間ができる繋がりを広げることも。コミュニケーションを円滑にするなら映画関連のタグなどを用いてみるのも良いです。Twitterなら「#映画好きと繋がりたい」「#映画好きな人と繋がりたい」をプラスしましょう。

『ボヘミアン・ラプソディ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ボヘミアン・ラプソディ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ブライアン・シンガー(関連作品:『X-MEN:アポカリプス』)
脚本:アンソニー・マッカーテン
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
音楽:ベッキー・ベンサム

★キャスト(キャラクター)
ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー)、ルーシー・ボーイントン(メアリー・オースティン)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー)、ジョセフ・マッゼロ(ジョン・ディーコン)、エイダン・ギレン(ジョン・リード)、アレン・リーチ(ポール・プレンター)、トム・ホランダー(ジム・ビーチ)、マイク・マイヤーズ(レイ・フォスター)、アーロン・マカスカー(ジム・ハットン)

★『ボヘミアン・ラプソディ』の評価

IMDbRTMETA
8.460%49
映画comY!FM
??4.744.4
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ボヘミアン・ラプソディ』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
とにかく曲がいいのでその他の脚本というか、実写だからしょうがない話の穴の部分が気にならないでいいという美味しい一作。それぐらいの熱量が曲にあるから強いし、無敵。これぞ応援上映に向いていると思う。もしくは絶叫大合唱上映とか。スクリーンで見れば完全にライブ。なるべく大勢で見たいので、満員の映画館で観るべき。もし自宅で見るのであれば、これはなるべくたくさんの友人を集めて上映会をしないとダメだと思う。
●シネマトゥデイ 
多くの著名なスターと同様に、フレディは悲劇のヒーローだった。孤独に殺されたスター。みんなから愛されたのに誰にも愛されていないという自暴自棄な底なし沼にハマり、抜けだせない男の生き様と終わり。タイトルにあるボヘミアン・ラプソディはその一つを語る叫び。ステージに立てば彼はスターであることは誰でもわかり、ラスト20分のライブなんかは本当に圧巻で、鳥肌が立ちっぱなし。これが人生なら全然悪くないではないか。
●イオンシネマ 
Queenの曲はよく聴いていたものの本人達のことはほぼ知らなかったという素人なのでフレディの孤独や苦悩、またそのカリスマ性や生き様、人間らしさに大変感銘を受けて、人生観を変えるほどのインパクトで震えた。ラミマレックがクセあるフレディマーキュリーの仕草、ステージの見せ方をしっかり演じ切っているので、フィクションの映画だとは全然思えない。タイムスリップしてあの時代に戻ったようだ。これを見たら熱唱するしかない。