ビブリア古書堂の事件手帖(実写映画)

本がつなぐ感動のミステリー

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』のフル動画を無料視聴する方法をシンプルに紹介。動画探しに迷うことはもうありません。
今すぐ『ビブリア古書堂の事件手帖』を見るなら動画リンクをチェック。

シリーズ累計640万部を突破した三上延原作のベストセラーミステリー小説を、黒木華と野村周平の主演で実写映画化。プロデューサーは服部美穂と千綿英久。五浦大輔は祖母の遺品から夏目漱石の直筆と思われる署名が入った「それから」を見つけ、鑑定してもらうため北鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」を訪れる。そこでの出会いが人生に大きな機転をもたらすとは思ってもみなかった。店主である若い女性・篠川栞子は極度の人見知りだったが、本に対して並外れた情熱と知識を持っている不思議な女性だった。それはただの物知り以上の価値がある。その能力によって大輔が持ち込んだ本を手に取って見ただけで、大輔の祖母が死ぬまで隠し通してきた秘密を解き明かしてしまう。まるで本を使った探偵のように解き明かすのだった。そんな栞子の推理力に圧倒された大輔は、足を怪我した彼女を助けるためにいろいろと不便な部分で店を手伝うことになる。やがて大輔は、栞子が所有する太宰治「晩年」の希少本をめぐり、大庭葉蔵と名乗る謎の人物が彼女を付け狙っていることを知る。

原題:ビブリア古書堂の事件手帖 / 製作:日本(2018年) / 日本公開:2018年11月1日 / 121分 / 制作: / 配給:20世紀フォックス映画、KADOKAWA 

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』予告編(主題歌入り)

(C)2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ビブリア古書堂の事件手帖』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

心に染み入る動画もある
普段は見えない人の心の機微に焦点をあてたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんな心を揺さぶる作品をお得に見たいのならば、動画配信サービスを利用しましょう。これはネット配信であり、旧作のデジタル配信作品を見るものですが、劇場公開作品を見るのにも有用です。具体的には、もらえるポイントで割引クーポンと交換できるものがあり、最大でタダでチケットが手に入るので、知っておくと役に立つ利点です。

「無料」で感謝!
そして絶対に忘れてはいけないこと。無料スタートをお約束できるトライアルという選択肢がセットされています。1か月まで無料体験できたら最高だと思いませんか。期間は各サービスによって違うので要相談ならぬ要確認ですが、多くのサブスクでも何かと実装されている嬉しい特典であります。「解約って登録したすぐ後にでもできるのですか?」その質問のアンサーはシンプル。その日のうちにでも可能です。登録するだけで一回は試してみて、その後に利用を続行するかを考えるのが便利です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ビブリア古書堂の事件手帖」の再生はダメです。勘違いされやすいですが、サイトのURLが表示されるブラウザ・バー上に「この接続は保護されています」と第三者に送信情報が見られないことを説明する文章が表示されたものもありますが、これは絶対的な安全性を示す意味は何一つ全くありません。これだけ危ないとわかっているなら利用する方が愚かです。人生をクラッシュさせたくなければ道はひとつです。

これに決めた!
「次々と更新される怒涛の映画情報を見ていたら、VODに今から手を出したい!」そんな抑えられない衝動も納得。数に勝るものはないと言いますが、贅沢な悩みというのはわかっていても、このVODの多さだけはちょっと嬉しい悲鳴です。選択肢が多すぎて目移りしてしまうこと必須です。「ビブリア古書堂の事件手帖」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。サポート向けに作られたこのページでは視聴可能性の高いVODをピックアップ。掲載情報がゴチャゴチャしていることはなく、アイコンですぐにわかるようになっているので、無駄な時間を浪費しません。全く初期状態から更新もないような鈍感不動の紹介サイトとは違います。こちらの掲載内容は変化するので鮮度は一定のほどよさ。ずっと機会があるとは考えないでください。焦らせるつもりはありませんが、残念ながらいつかは配信も終わります。せっかくの無料動画でも意味なしです。

見たい動画をメモしよう
「これ、前から気に入っていたのだけど、今はちょっと忙しくて手が離せないからな~。忘れてしまいそう…」そういう場合もあるでしょうが、フルムビバースではウォッチリストが用意されているのでそこでメモができます。これでブラウザのお気に入りやノートアプリを使う必要性はなくなり、省エネ&効率化。「Favorite」ボタンで各作品をマークして観終われば外すこともでき、臨機応変に個人の「見たい映画」を整理可能。「ビブリア古書堂の事件手帖」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

原作もついでに見よう
日本でも海外でも小説や漫画の映画化は完全にスタンダードとなり、あらゆる有名作から名作まであちこちで映像化が進んでいます。となると原作を見てみたくなるのも頷けます。VODの中にはオールマーケットなコンテンツサービスを自称し、電子媒体で原作も同一機能として提供しているものもあります。これならばわざわざ購入のために本屋などに行かなくても済むのです。もちろん「私は応援の気持ちも込めてちゃんとカタチとして買っておきたい!」という意見も尊重しますので、上手く使い分けてください。

動画はフルの方がいい
映画を観るなら誰しもがフルで見たいというものです。変に欠けている映画を観て大喜びする人はよほどの変人か、上手い具合に騙されているだけです。映像が中途半端になっていたら、ストーリーもわからないことにならないにせよ、大事な部分が抜けてしまって理解はふじゅうぶんになりますし、嬉しくはないでしょう。VODは当然のようにオール・ノーカット。最後まで視聴できるのでDVDと遜色はありません。「ビブリア古書堂の事件手帖」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

俳優好きにも必須
俳優はなぜあんなにも美しいのでしょうか。眼福という言葉はまさにこの瞬間にあるようなものです。同じ人間とは思えない至高の存在を眺めているだけで身も心も浄化されていくようで、本当に幸せいっぱいになれます。VODは俳優でも検索できるのをご存知でしょうか。出演作がズラッと並ぶとニヤニヤが止まらない気持ちになります。「黒木華」の演戯に酔いしれたい? それはオススメしたいところですし、きっと当人も役者冥利に尽きるでしょう。そのためにはある程度のマネーパワーがいるとしてもVODでコストダウンさせることは可能です。

『ビブリア古書堂の事件手帖』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ビブリア古書堂の事件手帖』をさらに知る

★スタッフ
監督:三島有紀子(関連作品:『幼な子われらに生まれ』)
脚本:渡部亮平、松井香奈
撮影:阿部一孝
音楽:安川午朗

★キャスト(キャラクター)
黒木華(篠川栞子)、野村周平(五浦大輔)、成田凌(稲垣)、夏帆(五浦絹子)、東出昌大(田中嘉雄)、神野三鈴、高橋洋、酒向芳、桃果、渡辺美佐子

★インタビュー
・野村周平「もともと僕は現場で結構しゃべるタイプなので、監督ともたくさん話はしました。大輔の内面的な部分は僕に任せてくださった印象があります。どちらかというと見え方でいろいろと演出をされた感じです」

★『ビブリア古書堂の事件手帖』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ビブリア古書堂の事件手帖』の感想

●無料ホームシアター 
不思議な印象を受ける特殊な映画。当たり障りなく平凡な物語はすこぶるシネコン向きなのだけれど、撮り方や音の使い方はミニシアター志向で、これは明らかに安易な映画化とは違うと思った。黒木さんや東出さんも良かったですが、本作品は夏帆さんが秀逸過ぎて、画面でメロメロになりました。キャスト目当てで観た人は正解です。ごり押しの俳優じゃなくて、こういう作品にマッチしたものが一番なのだと痛感するばかりです。
●FILMAGA 
テレビドラマ? そんなのはなかった。これはミステリーとして出してはいけない話だと思う。語弊はあるけど、そこはね。完全に描きたいのは本を取り巻く1人の女性の恋物語であり、その結末でしかないから、謎解きみたいな安易なものではない。人間の謎というか、人という生き物の意味不明さがボロリと出ている。古書から読み取れる過去の恋物語に関しては良かったが、問題はその先にある深みにどこまでハマれるかということだろう。
●MOVIX 
心で読み解く映画です。古書を愛する篠川栞子は良い味を出していましたし、一冊が数十万円するという本の偉大さもしっかり感じ取ることができました。サスペンスは気にしないでください。セピア色の昭和な雰囲気漂う中で、夏帆ちゃんと東出さんの切ない恋をずっと見ていたかったのですが、あれも美化されているだけで、実際はもっと別ものだったのかな。本を読むのは心の空想を広げることなので、可能性は無限に拡大しますね。