キックボクサー ザ・リベンジ

リブート第2弾

映画『キックボクサー ザ・リベンジ』のフル動画を無料視聴する方法をシンプルに紹介。動画探しに迷うことはもうありません。
今すぐ『キックボクサー ザ・リベンジ』を見るなら動画リンクをチェック。

ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演による1989年の「キックボクサー」から始まったアクションシリーズの7作目。製作総指揮にはラリー・ニーリー、スティーブン・マイケル・ソードリング、ジャン=クロード・バン・ダム、ブライアン・オシェイなどが名を連ねる。闇試合で命を落とした兄の遺志を継ぎ、全米格闘技界の覇者となったカート・スローンだったが、その栄光も一瞬で奪われる。人生の転落はすさまじい勢いであり、あっという間に奈落の底へ。極悪プロモーターのムーアによる策略にはまり、遠くタイの刑務所に投獄されてしまったのだった。ここで生きるには強さを示すしかない。妻を人質にとられ、賭け試合に出場を強制されたカートは、同じ監獄の囚人ブリッグスの力を借り、かつての師匠デュランドのもとで厳しいトレーニングを積んで試合にのぞむが…。

原題:Kickboxer: Retaliation(「キックボクサー リタリエーション」) / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年11月5日 / 110分 / 制作:Our House Films / 配給:ハーク / 前作:『キックボクサー リジェネレーション』

映画『キックボクサー ザ・リベンジ』予告編

(c)2017 by kickboxer II Retaliation, LLC. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『キックボクサー ザ・リベンジ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

この動画がアツい!
世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけの魅力がぎっしり詰まっている証拠です。そんなエネルギッシュな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用してみましょう。これはネット配信であり、旧作をデジタル配信で見るものですが、劇場公開作をお得に見る方法も用意されています。割引クーポンをポイントと交換して入手することで、最大でタダで映画チケットが手に入ります。知らなかった人はぜひとも活用しましょう。

「無料」で感謝!
そして絶対に忘れてはいけないこと。無料スタートをお約束できるトライアルという選択肢がセットされています。不必要にコスト浪費をするのは勘弁してほしい。ましてやサービスが自分に合わないのは最悪。そんな心配症でも期間限定であれこやこれやとサービス内の動画を含む体験ができます。「解約って登録したすぐ後にでもできるのですか?」その質問のアンサーはシンプル。その日のうちにでも可能です。登録するだけで一回は試してみて、その後に利用を続行するかを考えるのが便利です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「キックボクサー ザ・リベンジ」の鑑賞はダメです。ある専門家はこうも言っています。「違法サイトは動画をタダで見せてくれる親切なところではない。それを釣り餌にして相手の油断を誘う偽善者だ」と。出回っている所在不明な動画コンテンツは必ず何かの危険をともなうので関わらないようにしましょう。せっかく便利で有能なフルサービスがあるのですから、自分の足元を腐食させるような存在に乗っかるべきではありません。

いちはやくウォッチ!
「次々と更新される怒涛の映画情報を見ていたら、VODに今から手を出したい!」そんな抑えられない衝動も納得。ところが、素人ビギナーの頭をカオスな状態にさせてくるのが、VOD内における配信動画探し。全サービスごとにラインナップは千差万別で個別確認に混乱は不可避。「キックボクサー ザ・リベンジ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。できれば最短コースで動画にありつきたいという本音は誰にでもあるはずです。このページでは動画リンク下部に配信中のVODをアイコン表示しているので、すぐに判断できます。対応対象としてカバーしているVODの多様性はトップクラス級。大手からあまり知られていないものまで、多種多様な顔が並びます。映画館鑑賞できなくともDVDがあるし、それをコピーすれば…なんていうのは今は違法です。最もライトな視聴手段はネット配信。これは動かぬ事実です。

配信はいつ終わる?
「あのサービスに登録はしたはいいんだけどさ、いざアプリで開いたら見たいやつがないの!だから速攻アンインストールした!」そんなお怒りの声もごもっともですが、事前に確認すれば回避できるかもしれません。というのも配信終了日時はアナウンスされている場合があるからです。こちらのサイトではHuluやNetflix、AmazonPrimeの配信スケジュールをまとめているページがあるので参考にできます。「キックボクサー ザ・リベンジ」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

登録情報は最小限
「電話番号とか入力はしたくないな~」その気持ちもわかりますが登録時の入力する情報は主に本人確認とセキュリティ認証、そして支払い情報の確保のみに使われ、自分のあずかり知らぬところでの流用はないので極度に心配しなくてもOKです。「クレジットカードとか、無料お試しの利用でも必要なの?」と思っているかもですが、それは必ず求められ、悪ふざけでの登録を防止する意味もあります。規定の条件さえ適用できるならば、普通に無料になっていくので、問題はありません。あとは「キックボクサー ザ・リベンジ」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

フェアにオススメします
ビデオサーチができるこのフルムビバースはただの動画紹介サイトではありません。なにせ情報量が類似サイトよりもはるかに多く、取り扱っている種類は10種を超えます。それはどれも何かを依怙贔屓していることではなく、平等公正に扱っているので、変な問題もなければ、露骨な宣伝もありません。対象範囲のVODは専用のページで詳細に一覧化しているのでそちらでさらに機能を調べることもできます。単純に「キックボクサー ザ・リベンジ」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「キックボクサー ザ・リベンジ」は? 別に難問でも難壁でもないのですが、基本軸は明快。初回(これは絶対です)の料金(サブスク的な支払いです)が一定期間(サービス毎に違ってきます)に限って発生しないということ。問題は作品対象。ポイント制ならば登録時に貰える範囲でやりくりできるもののみ(例えば400ポイント使って2作品とか)。見放題ならば考えはシンプルなので配信中の動画を好きに見まくれます。なるべく期間内にたくさん鑑賞するのが最終的な費用対効果が高くなります。

『キックボクサー ザ・リベンジ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『キックボクサー ザ・リベンジ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ディミトリ・ロゴセティス
脚本:ディミトリ・ロゴセティス、ジェームズ・マクグラス
撮影:ヘラルド・マドラソ
音楽:アダム・ドーン

★キャスト(キャラクター)
アラン・ムーシ(カート・スローン)、サラ・マルクル・レイン、マイク・タイソン(ブリッグス)、ジェシカ・ジャン、ハフソー・ユリウス・ビョルンソン、スティーブン・ソードリング、サム・メディーナ、マイルズ・ストロメン、クリストファー・ランバート(ムーア)、ジャン=クロード・ヴァン・ダム(デュランド)

★『キックボクサー ザ・リベンジ』の評価

IMDbRTMETA
5.092%54
映画comY!FM
?????2.6
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『キックボクサー ザ・リベンジ』の感想

●無料ホームシアター 
さあ、始まりました。世紀の一戦。今回はシリーズものの続編ですが、そんなことは気にしなくても構いません。観てください、この観客のボルテージ。誰も期待していないかと思いましたが、意外に見に来るものがいるのです。そして、誰もがそこまでのことは渇望していません。全員がポップコーン片手に少し目を楽しませる映像を流してくれればいいくらいとしか思っていないレベル。それでもこの男たちは闘うしかないのです。それが人生ですから。
●FILMAGA 
マイクタイソンやヴァンダレイ・シウバという、そこらへんで生まれてしまった、知る人ぞ知る有名人を連れてきて派手さを追加した一作。タイトルにあるキックボクシングはほぼ関係ないので、題名は変えた方がいい。「ドリーム・バトル・ロワイヤル」みたいな感じに。何をリベンジするのかもあやふやになっているので、視聴者には広い心を保つ余裕が必要になる。敵ボスキャラに何が出てくるかを見守る映画といっても差し支えないだろう。
●ユナイテッドシネマ 
これが21世紀のキックボクシングだ。まずはどつく、そして投げ飛ばす。キック? それはいいじゃないか。とにかく目の前の屈強な男を倒そう。ヴァン・ダム師匠は名だたる著名人のゲスト出演に存在感がフェードアウトしていないか。そういう部分では目立つ人ではないから、しょうがないのかもしれないが。前作から主人公となったエリックは総合格闘家になって、「キックボクシング? 知るか!」となっているので、このシリーズも迷子である。